<< 【饒舌に夜を驕れ】 | main | 【恋愛指南!】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【ひとひらの祈り】

    0
       【鈍色の空、ひかりさす青】の番外短編です


      【鈍色の空、ひかりさす青】で思ったのは
      「いっぱい詰め込みすぎ〜!!」てことです
      攻めの過去も壮絶で
      受けは現在進行形で不幸真っただ中
      学校でいじめられてるだけで学生時代って相当きついはず
      木原音瀬【月に嗤う】は普通の過程で普通の子がイジメられていて
      イジメ意外ヒドイことないのにその閉塞感から家出するほどだし
      家庭内の不和も親の離婚問題だけでもキツイです・・・・
      凪良ゆう【未完成】では「普通にあることでしょう〜」と軽くなりながらも
      高校生の主人公の懊悩や苦しみがありましたし
      そこに、暴力や性的虐待などなど加わったらちょっとやりすぎな気がしました
      さらには改造銃だしたりとか・・・・
      崎谷さんはどこに向いたいのかな?と思った


      普通に筆力があれば、家庭内が滅茶苦茶になっているだけで
      受けちゃんは十分に不幸に思わせることができたはず
      なぜにあそこまで色んな要素を詰め込んでしまったのか
      お話はシリアス調なのに設定がやりすぎていて
      「イタイお話」どころか「ギャグ」に思えて
      「これやりすぎだよ〜!!」とちょっと笑ってしまいました
      シリアスで現実的な舞台なのにすっごくフィクション臭がありました



      吉原先生【二重螺旋】とかもやりすぎ不幸のオンパレードなんですが
      あれはもう「こういうもんだ!」みたいな世界観ができてますし
      吉原先生自体がお話を別に真剣に捉えてほしいってわけでもない
      そのやりすぎ不幸の中に萌を見つけてほしい・・・というスタンスな気がする
      山藍紫姫子さんとかもそうですね・・・・
      また、木原さんの痛い話や設定はちゃんとそれが
      物語と登場人物に向いていて必要に思えますが
      崎谷さんの受けの不幸ぐあいは「別にここまでやらなくてもいいのに」と
      その割に感情移入できない・・・というか
      あまりに不幸すぎて現実感がないので
      主人公への薄幸萌みたいのがない不思議な作品でした





      基本私は、小さくてうじうじ美人可愛い受けに萌を感じられないのですが
      それでも???と思ったりしました
      萌ないタイプの受けでも崎谷作品は楽しく読めるんですけどねぇ
      なんだかんだと崎谷作品好きですし





      で、今回の続きモノです
      くっついた後の二人の話がメインだったので
      近年の崎谷作品にない昔の崎谷さんみたいなエロ描写がありました
      これ!!これだよ!!崎谷さんの良さは〜!!
      甘くてエロくて切なくてよかったと思います
      あと、崎谷作品に良くでるウザイ女がいないのも良かった
      ・・・・・そう思って読んでいたけど
      この作品は昔の同人誌の改稿版みたいですね
      昔の作品だからエロが近年にない甘さだったのかな・・・・
      改稿前のエロがたんまりあるバージョンも読んでみたかった
      最近の作品に比べるとよかったんですが
      それでも「あれ?エロ甘書くならもうちょっと何か甘い気がするのに・・・」
      と、いう違和感?があったり・・・・
      ただ、本当最近のイヤに説教ぽい&説明が多いい作品に比べて
      ちゃんと主人公二人に焦点があっていて読みやすかったです



      攻め様の過去編を抜かせば・・・・
      あとがきや作品中の攻めが読んでいる本を見て
      読書好きの私は崎谷さんが本来書きたい?書いてみたい?
      モノがわかる気がしました・・・・・
      〇ーベル賞作家に文豪に鬼才作家ですからね・・・・
      何というか
      「崎谷さんが書けるもの」
      「崎谷さんが書きたいもの」
      「読者が崎谷さんに書いて欲しいもの」
      この3つが全てバラバラな気がしました
      文を書ける&読みたい人がいて商業ベースに乗ってる
      それだけで私はどんな分野の作家さんも尊敬するのですが
      それでも「この作家さんにはまだこのテーマは無理かなぁ?」とか
      「文章がいまいちだな〜」と生意気にも思ってしまいます
      崎谷さんの目指したい?方向性が今回初めてわかって
      応援したい!!というよりも
      「それは・・・・無理じゃないかな〜」
      「そっち方面に作風が行ったらもう買わないなぁ」と思いました



      これがかわいさんや木原さんだったら読んでみたくもあるんですが
      崎谷さんの文章力ではやや厳しいものがあるのではないか?と
      辛口ながら思ってしまいました
      最近は崎谷BLCDもちょっとイマイチになってますし
      惰性で買い続けているけど
      このまま突っ走るなら読まなくなりそうな気もしてしまいました
      だって、試しに?書かれたBL関係ない攻め過去話が
      ち〜っとも面白くなかったんです!!
      BLじゃないから面白くない!とかじゃなくって
      ああいうシリアスな重い話の時に引き込むほどの文章じゃない・・・というか
      だって、木原さんの作品とかたまにBL関係以外の話をしていても
      それなりに引き込まれて読んでしまうじゃないですか
      かわいさんは絶版になった小説でBL関係ない
      和物ファンタジーがありましたけど面白かった
      榎田さんもBL要素がなくても文面白かったですし
      須和さんのBLじゃない話も面白かったな〜と




      崎谷さんは男女モノの恋愛小説を書くようですね
      今回のシリアスモノよりはむいてるかな?と
      購入する気はありませんが・・・・




      前も書きましたが
      崎谷さんは自分は望んでないのかもしれないけど
      BL恋愛エロ甘を書くのはスゴイ上手ですし
      読者もそれを望んでいるのだから
      なんだか勿体ないな〜っと思います
      小説技法的な文や表現力
      設定や心理描写や構成力は普通なんですが
      BL萌書くのはすごい上手いんですよね
      それこそ、自分の好みじゃない受けちゃん話でも私が読めるぐらい
      小さくて可愛くて女の子みたいでウジウジネガティブな受けって
      読むのが苦痛で10pぐらいしか読めなかったりしするんですが
      崎谷作品だと不思議とそれなりに読めてしまいます・・・
      場合によってはちゃんと萌たりしてしまう・・・・




      今月は信号機シリーズの新刊
      もちろん購入しますが・・・・
      かわいさんと凪良さんと岩本さんの新刊のが楽しみです
      ちょっと前は好き作家は別だけど
      崎谷小説が一番発売楽しみだったのにな〜







      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM