<< 【恋じゃないけど】桜賀めい | main | 【ひとひらの祈り】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【饒舌に夜を驕れ】

    0
       「なんちゃってSAT」モノらしいです


      でも、かわいさんの筆力でBLなんちゃって度が低く感じました
      相変わらずお仕事描写が丁寧
      丁寧すぎるが故に「BLでここまで書く必要ないんじゃない?」てな
      感じのことも言われるかわい作品なんですが
      「テロリストのPラソル」「Mークスの山」とかのミステリーよりも
      硬めサスペンスの一般作品が好きだったりすると
      この仕事描写がBLなのにリアルな感じがよかったりします
      ちゃんとドキドキするんですよね
      王道&先読みできる展開なのに
      「ちゃんとテロを捕獲出来るのかな?」とBL関係ないところが面白かったり
      夜光花さんもそんな感じです
      「犯人は誰なの?」「過去にどんなことがあったの?」などと
      BLに関係ないお話部分が面白くなったりする
      ただ、人によっては「そんなのより二人の関係を書ききって」と思うでしょう
      そこがBLの難しい?ところですよね
      お話自体のクオリティ?面白さ?を高めることと
      BL的な面白さ(萌え)とのバランスが必要というか・・・・
      私はかわい作品が好きなんですが
      それは萌えよりも「文章が好き」というのが大きい気がします
      表現方法がBLよりも一般作品に近いんですよね
      なのでBL小説を今まで読んでこなくて、一般書籍(ラノベじゃなく文学系)が
      好きだった私としては読みやすい・・・・
      木原作品が一般作品ぽい文芸作品?だ!と思われやすいですが
      文章はBL小説の中で一番うまいかもしれないけど
      私にとって木原さんは「辛辣なBL小説」て感じです
      BL=ハッピーで甘いという図式が成立しないだけで
      結構作品自体はBLだと思います
      シリアスやサスペンス?や厳しい状況説明をしても
      その全てが結局「二人」に関係することで
      木原流BLを説明するのに必要な文ばかりなんですよね


      かわいさんや夜光さんみたいに
      「この話がなくてもBL部分はかけるよね」という
      悪く言えばBL的に不必要なお話
      良く言えば小説的にBL関係なく面白いお話
      ではなくって、木原作品は「全てBLとして必要なお話」
      なので木原さんがBL人気高いのがわかる気がします
      どんなに辛くて酷くて最低でも常にメイン二人に物語がむいてる
      なので私にとっては木原作品って
      「すごくBLな作品だな〜」と思っています
      かわいさんや夜花さんがBL関係ない話を書くのを想像できるけど
      (ミステリーやほのぼの系や時代物や和物など
       実際かわいさんはBLじゃない漫画の原作してますよね)
      木原さんは想像は出来るけどBL離れたときに
      その作品が面白のか?というとどうなんだろう〜って思ったりします




      で、今回のお話も仕事描写が結構あるので
      BL的な部分だけ読みたいと物足りない感じがあると思う
      結構、周りの登場人物が多いいし書き込まれているので
      二人の関係だけを追求するともっと心情を書き込んで欲しい!てなるかも
      かわいさんの作品は「いつ好きになったのか?」というのが
      たま〜に語られてない時があるんですよね・・・
      BL小説って親切で「受のここに惚れた」「攻のここが素敵」と
      ハッキリと好意が作者によって説明されている
      でも、一般作品って「読者に想像する余地」を残してる作品もあって
      「好き」「素敵」「かわいい」「かっこいい」とか言葉で表すのではなく
      ちょっと目を合わせただけだったり、少しはにかんでみたりなど
      行動や描写で登場人物が「好意を表して」いて
      それをどう取るかで「恋愛だった」「ただの同情」「友情に近い愛」など
      読み手によって感覚が違うのも面白みなんですよね
      ところがBLは「攻め受けが好き合うことが前提の話」なので
      そういう細やかな表現よりもダイレクトに恋愛になってしまうし
      読者はそれを求めてしまう
      (王道BLが私は好きなのでその気持ちもわかる)
      そんな中、かわいさんの作品は
      「たくさん説明しなくても二人の態度を見てればわかるでしょう?」と
      読者が作者の意図?を読み上げていく節がある気がします
      わかりやすい・文章で全て説明してくれている親切な小説になれていると
      「なんでちゃんと書いてくれないの?」「二人はどこで惹かれあったの?」て
      やっぱりなる気がしますし
      そういう説明されてる文のがBL読むにあたっては楽なんですが・・・・・
      文学作品とか≪良い読者≫って
      「書かれていないモノや作者が小説に込めたテーマをどれだけ読み取れるか」
      だと、私は思っています
      表面的な物語を追うだけじゃ本当に読んだことにはならないんですよね
      なので、自分の気分や年齢や経験によって
      読み返すたびに新しい発見があるのが私にとって良い小説かな?て思います
      面白い小説は近年たくさん出ていますが
      今でもソーセキやらダザイやらタニザキやら昔の文豪の作品が廃れない
      読み継がれていっているのは面白い小説だからというよりも
      読むたびに新しい発見がある小説だからかな〜
      かわいさんも【未成年】という作品で
      攻が書いた小説を主人公が読んだ時に
      「話を読むことはできたけど、あいつがこの小説で訴えたいことを
       俺は本当には読み取れない気がする
       どうすればちゃんと小説を読むことができるんだ?」みたいなことを書かれていて
      かわいさんがどういう風に小説というものを捉えているか分かった気がしました
      そういう小説がBL小説にとってイイとは言い難いんですが
      (BL小説はわかりやすくサクサク読みたい人が多いいと思うし)
      かわいさんの作品はところどころを表現がBLらしくない情緒?があって
      好きなんですよね〜






      そんなこと考えてBL小説なんて読まないわ!!!てな感じが多数だと思うので
      そういう意味ではこの作品も好き嫌いがでそうです
      まず、BLでアクションモノなのに地味なんです
      スパイ物・検事物・医者物・政治物・ヤクザ物とかBL的にお事件があって
      盛り上がりそうなネタを扱ってもかわいさんの作品て落ち着いている
      何というかBL話を盛り上げるために取り上げているのではなくって
      人物に沿った職業がソレだった・・・・みたいな
      まぁ・・・アレですよ
      サスペンス・ミステリー小説を読むと派手に書かれているものも
      ノンフィクション・ドキュメント・インタビューものを読むと
      内情は地味だったりしますしね
      「BLなんだからサービスしてよ!」という感じです
      私は全体にこのかわいさんのスタンスが好きなんですが
      BL小説的には華やかさや心理描写が足りなく感じるかもしれません
      (心理描写は足りなくないと上記の理由から思うんですが
       説明されないものはわからない・・・・て言う感覚で読むと
       足りないと思います)




      萌的には受けがかっこいい・・・・
      攻め並みに受けがカッコイイです
      私は強い受けが好きです
      せっかく男同士なんだもの男女間にはないものが読みたいじゃないですか!
      小さくて細くて白くて柔らかくて可愛い女の子はいますし
      ↑の特徴は女性的な長所で男性的な長所ではないんですよね
      そういう子がいいなら素直に女にいけばイイと私は思ってしまう
      長身・筋肉・バネ・強さ・硬さなど男特有の美しさってある
      女性では絶対マネできない手に入らない美しさです
      どうせ男同士なんだから、そういう「女にはない部分」に惹かれてほしい
      私はいつもBLにそれを求めています
      なので、冷静沈着文武両道俊敏さとしなやかさとナイフの扱いの一流さなど
      SATの能力が高く、身体的に恵まれ天性のリーダーシップがある攻め様と
      タメを張れる強さを持つ受け様に私はメロメロでした〜
      裏テーマ?が「攻×攻」だけあって
      受けがカッコイイのです・・・・
      もし拐われてもピンチになっても、自分でどうにか出来る技量があります
      「助けて〜」とシクシク泣いたりしません


      男惚れされるタイプの攻めはいますが
      受けもタイプの違うそういうタイプなんですよね
      そういうイイ男同士が過酷な仕事場で友情・厚情・ 欽慕・敬意など
      色んな情をもって接してく愛情に変化していくのが良かった




      とっても男らしい美形な受けはプライドが高いです
      なのに、攻められると恥ずかしながらも気持ちよくなっちゃうのがイイ
      ギャップがあるのですよ
      まさか可愛くないような奴が可愛く見えるなんて!という
      攻め様が優しいのにオヤジのようにエロいのが良かったな〜
      ガタイのいい攻め様ですが、受け様もそれなりに鍛えているので
      ちょっとやそっと無理しても壊れなさそうです
      慣れてるフリしてリードしようとするのに、結局二人で手探り?で
      男同士のはじめてのエッチをする過程も良かった





      受け様が襲って関係を持っち攻め様もノリノリだったものの
      「怪我した自分に同情して抱いてれた」と思っているので
      受けは攻めを避けまくります
      受けに対して愛情を自覚した攻めは追っかけ回します
      その結果、ホテルの最上階のいい部屋を取っちゃうあたりが・・・・
      攻めの愛情が深くて甘〜い
      それに対してダッシュで本気をかけて逃げるのが
      「ここまでされたら大人しくついていくしかない・・・」みたいな
      よくあるBL受けらしくない、諦めの悪さでよかったです
      いつも思うのですが、本当に嫌なら男同士だし殴り合っても抵抗すればいいのに・・・と
      男女だと力で叶わないかもしれないけど
      男同士なら万が一でもどうにかなるかもしれないのにな〜と



      崎谷作品だと攻め様が逃げる受けちゃんを追いかけるも
      「こんなに逃げるんだったらもう知らん!」と冷たくなって
      受けちゃんが泣きながら
      「本当は好きなの〜!!冷たくしてごめんね」すがり付き
      「しょうがないな〜。俺も好きだよ♫」
      てな感じの、攻めのツンデレ?行為があったりしますよね
      【しなやかな熱情】【しじまの海に浮かぶ月】【ねじれたEDGE】
      崎谷BL様式美として嫌いじゃないんですが
      私としては攻め様には逃げる受けはトコトン追いかけてほしい!!
      深〜い愛情で逃げても逃げても追いかけまくって欲しい!!
      そういう意味で、かわいさんや岩本薫さんや夜光花さんの攻め様は
      追いかけまくってくれるので好きだったりします
      今回も追いかけまくってくれました〜

      あげくにルチル文庫初の〇カメ酒が・・・・・
      まさかエロエロ作品じゃなく、かわい作品でこれに出会うとは!!
      完結後の短編でのお風呂エッチも甘くて良かったです〜



      かわい作品にしてはエロ多め
      「BLでのエロはなくてもいい、キスしたら次の朝ぐらいの感じで
      行為の前後の関係性が好き」みたいなことを
      昔、何かのあとがきで書いていたかわいさんだったので
      このエロさはちょっとびっくりでした
      BLの濡れ場って好みがありますが、私かわいさんの好きです
      榎田さん・和泉さん・木原さん・愁堂さんとかは
      好き嫌いじゃなくってなぜかあまりエロスを感じなかったりするので
      好みなんですけどね〜






      BLって結局、文体もカップリングもお話の作りも好みが大きいですよね
      例えば私なんかはどんなに良く出来た面白い&文のうまいBLであっても
      小さくて可愛い小動物みたいなピルピルした受けちゃんだったら萌ませんもん
      そしたら「出来はいいけど面白くないな〜」てなる
      今回は私はすごい面白かったです
      男らしい受けが好きな方にはおすすめ
      ちなみに私の好きな男前受け作品二作↓
      いつき朔夜【溺れる人魚】
      夜光花【銀月夜】
      こういう受けが好きな方は好きかも〜
      ちなみに3作とも黒髪単発ツリ目受けですね・・・・

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM