<< 【傲慢な龍のしもべ】 | main | 【Love Seeker 3】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【淫らなキスに乱されて】

    0
       森川智之×置鮎龍太郎



      この作品と間違えてを鳥海×福山【淫らな罠に堕とされて】買ってしまい
      図らずも、小西×笹沼とこちらと3作品揃ってしまいました・・・
      この作品は先に小西×笹沼を聞いてシリーズ集めました
      挿絵の陸裕千景子?さんの絵が好きでして
      その後、陸裕さんの絵目的で小説を数冊買ってしまうほど
      陸裕さんの絵が素敵でした〜
      挿絵見るだけでも原作小説を購入して良かったです


      お話ですが
      「あれ?お事件が強すぎてラブが少ないぞ
       きっとCD化でカットされちゃったんだね」
      と思ったのが
      原作読んだきっかけなんですが
      そしたら原作もお事件中心でラブが少なかった・・・というね
      愁堂れなさんのお話は毎回そんな感じなんですよね
      (他の作品もちょっと読んでみた・・・)
      本格お事件小説が読みたい時は一般のミステリーやサスペンス読むし
      BLなんだから男同志の愛中心の話がいいな〜・・・と思いました
      原作がそうだからしょうがないんですけどねぇ
      もう少し、お事件に絡めながらもお互いが惹かれていくエピソードや
      二人の気持ちの移り変わりがわかるモノローグや
      後日談的な二人っきりの甘イチャっぷりがあってもいいと思うんだよねぇ



      でも、何だかんだお事件BLが小説でもCDでも苦手なのに
      このシリーズの小説を全部そろえてしまったのは
      お話はともかくキャラがすご〜くいいんです
      カップル同志もイイんですが
      15年来の幼馴染の三バカトリオ
      置鮎・小西・鳥海の関係える
      置鮎さんはずっと鳥海さんが好きで
      そのことを小西さんは知っていて
      鳥海さんに福山さんという恋人が出来て
      自分も森川さんという恋人が出来たのに
      ず〜っと置鮎さんはモヤモヤしてるんですよね
      で、小西さんは置鮎さんを慰めたりするんですが
      もしかしたら小西さんも昔置鮎さんが好きだった!?

      みたいな感じがシリーズ通して薄らあるのです
      そこにお互いの恋人たちが絡んでくるのが面白い
      本当に恋愛中心のお話にしたら、どのカプももっと楽しいのに
      ぶれずに新婚カプの鳥海×福山
      女王様受の笹沼さんは置鮎さんにヤキモチ妬いていて
      本来はワイルド攻の小西さんが振り回されてるし
      森川さんは小西さんを「兄貴と慕っていて
      置鮎さんに対してヘタレな年下攻めだったり
      事件をなくした話だけCDにしてほしいくらいです
      いつも本編より陸裕さんの描く数ページの
      後日談的巻末漫画が楽しみだったりします




      このCDでは森川×置鮎の出会い編
      検事を辞めて弁護士になった置鮎さんが
      検事の鳥海さんにふざけて(置鮎さんは切ない恋心を隠して)
      キスしたのを記者の置鮎さんが写真に撮り
      その写真を盾に自分が追っている事件に協力を要求しますが
      挑発的な置鮎さんに思わず襲ってしまう森川さん・
      ・・


      粗野でオラオラ年下攻めの森川さん素敵なんですが
      すぐにメロメロ年下ワンコ攻めになってしまいます
      陸裕千景子さんの絵見てもメガネツン美人弁護士だもんな〜
      メロメロになってもしょうがないな〜てなもんです
      年下くんなのに若さにまかせて無理やり襲っては
      その後真面目に謝っています


      出だしの鳥海&置鮎の高校時代の話が切なくて好きです
      メインカプとの会話より好きかもしれません
      鳥海さんが「実は男が好きなんだ」と告白されて
      置鮎さんは(自分のことを好きなのかも?)と思うんですが
      別の男の話をされて
      (恋人ならいつか別れるかもしれない
       でも親友ならずっと一緒にいられる)

      友達であることを選ぶんです
      この時の置鮎さんのモノローグの切なさを滲ませた声が素敵
      感情が篭っていてたおやかで切なくて
      美人だけどちゃんと男で決断力があって
      ただのナヨナヨ受けちゃんじゃない意志の強さがあって
      だからこそ、この決断が辛いじゃないのよ〜!!!


      小西さん相手に鳥海さんへの思いを語る置鮎さんも好き
      「あんな鈍感な野郎に惚れたオマエが不憫でならなかったぜ」
      という小西さんに置鮎さんからの
      「バカ・・・」
      受けちゃんの「馬鹿」が好きな私には堪りませ~ん!!!
      ラブじゃなくって友情の「馬鹿」なんですが
      少し恥ずかしそうな感じがすごく可愛い
      そして、その後小西さんの温かな友情に置鮎さんは涙ぐみます
      この、ちょっと鼻をすするだけなんですが
      すご〜くすご〜く上手なんですよ
      色っぽくて可愛くて切なくてキュ〜ンてなります
      私、野島健さんと緑川さんと置鮎さんの泣き演技がすごく好きです
      他の方も上手だったり可愛かったりするんですが
      このお三方は役や場面によって泣き方も違う演技力もそうなんですが
      私のBL萌え心にすごく訴える泣き演技なんです
      上手い下手よりも萌え心にクル絶妙な感じなんです
      好みだとは思うんですが。。。。
      (良く調べてみたら三人とも同じ事務所)


      以上のシーンとかを聞くと
      普通のBLだったら鳥海×置鮎でしょう〜!!
      もしくは小西×置鮎でしょう〜!!!
      て、なります
      この3人でカップルが出来上がった方が
      BL王道展開好きの私としは面白かった気がします
      中津(置鮎さん)主人公編の小説を読むと毎回
      「三バカトリオでカップルが出来上がってれば良かったのに
      毎回思ってしまいます・・・・
      あ!でもそうるとタローちゃんが出てこないのは嫌だな〜






      絡みはほ〜んの少しで二回ともフェードアウトです
      少しでも十分色っぽい置鮎さんの吐息なんですが
      せっかくの森川さん攻めなのに勿体ないな・・・・と思ったり
      そういう意味では絡み目的での購入はお薦めできません
      置鮎さんは受けの時は話してるだけで色っぽいので
      それはそれで我慢?できたりします





      ただ・・・・ただ・・・残念なのは
      この時置鮎さんが鼻声なんです
      私、透明感たっぷりの通ったキレイ高音よりは
      鼻声・ダミ声・ハスキー声の中低音が好きなんですが
      そんな私でも「鼻声だなぁと思います
      もうそれが一枚丸々気になってしょうがなかったです・・・・
      せっかく貴重な置鮎受け作品なのに
      美人年上弁護士っておいしい役なのに
      無念です・・・無念すぎます





      CDのお話自体はお事件ものなので
      置鮎さんが弁護士してる会社が不正を働いていて
      それが森川さんの過去に関係していて
      最後、証拠を掴もうとする置鮎さんが悪モノに襲われそうなって
      鳥海&小西&森川の攻めトリオが助けにくる定番
      です
      細かいところは色々ありますが、こんな感じ
      お事件で語ることは私は特にありません
      一枚で綺麗にまとまってお事件がどうなるのか楽しめます
      私はお事件BLが好きじゃないんですが、好きな人はいいんじゃないかな?
      お事件BL【天使の啼く夜】よりは
      【淫ら〜シリーズ】のが展開が気になるように良くできてると思いますよ
      ただ、もう少し恋愛面が聞きたいのよ、やっぱり
      キャラ&声優さんが良いから尚更そう思います
      BGMはところどころコミカルすぎるところが・・・・
      ムービックさんは結構BGMのミスチョイスがありますね
      「そこでこういうBGM!?」みたいな
      コミカルシーンではいいんですがシリアスシーンがイマイチだったかな




      ちなみにこのシリーズのCD一番楽しみなのが
      小説同様に本編より事件後の親睦会?です
      鳥海×福山・森川×置鮎の2カプ
      小西さんのみフリーで焼肉飲み会です
      森川さんところに置鮎さんをお嫁に出す父の気持ちになる
      小西さん&鳥海さん
      新妻のように甲斐甲斐しい福山さん
      皆に突かれてオドオドする森川さん
      3バカの昔話とかしちゃっています
      下の名前を呼び合う森川×置鮎二人が初々しくて可愛い
      絡みはないんだけどこの最終トラック2つを聞くと
      「やっぱり聞いてよかったな〜」て思うシリーズです



      置鮎さんの受け声が聞けるだけで満足
      私は中低音受声が好きなんですが
      受け声になると細く高音目に声を作りがち
      だけど置鮎さんは、音域は中低音を保ちながら
      野太さを無くして声の柔らかさで受け声を作る方なんですよねぇ
      だから、線の細いナヨナヨした受けちゃんじゃなっくて
      ちゃんと男らしさを残しながら美人で色っぽくなってるんです
      高音にならないのにたおやかな滲むような色気があるんですよ〜!!
      色っぽい受け声って色々ありますが
      置鮎さんの声は柔らかさの中に美形美人ぽい芯の強さもあり
      ただ話しているだけでフェロモン溢れているんですよ〜!!
      中低音のまま、声の柔らかさで美人受けぽさを出す方って
      今まで置鮎さんしかいなかったんですが
      最近、日野さんが受けの時にそういう感じになるのを発見しました
      声質が似てるわけではないんですけどね〜
      日野さんも可愛くて柔らかくて好きな中低音なんですが
      色気フェロモン的には置鮎さんのがある気がします
      置鮎さんの大人美人受けすごくイイよ〜!!!!!






      森川×置鮎カプで続編でているんですよね〜
      絡みが全然ないうえにお事件がやっぱり絡んでくるCD
      中津・置鮎が鼻声じゃない状態で聞きたいし
      シリーズを三作買ったのでそのうち続きも買う予定です
      最愛タローちゃん(笹沼さん)が聞きたいので続き出してほしいシリーズです













      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM