<< 【恋の花】 | main | 【いとしの猫っ毛】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ネガティブな受けが好き

    0
       最近の新しい?私の萌えの扉です
      基本は男らしい・ツンな受けが好きなので
      ウジウジしてる受けって苦手だったんですが・・・・


      ちょっと前のネガ受けイメージって
      小さくて可愛くて女の子みたいな小動物受けちゃんが
      不幸な目にあって自分の境遇を嘆く
      「なんで僕だけこんな目に合うんだろう・・・」
      男の攻め様を好きになって
      「こんな僕なんて彼には好きになってもらえない」
      ウジウジメソメソウルウルキュンキュンしてる感じだった印象
      さらさらの髪 小さくて細くて華奢な守ってあげたくなる身体
      白くて小さな顔に大きなうるんだ瞳
      小作りな鼻にバラ色の頬にさくらんぽのような唇
      女の子よりお前のほうが可愛いから!!!
      性格も少女マンガの主人公より乙女だから!!!
      女より可愛い時点で勝ち組だと思うんだが
      私はそういう男らしくんまいウジウジ受けは苦手なんですが・・・・・



      私が最近見るネガティブ受けって
      細くてひょろいがそこそこ背があって男の体
      (もやしっ子ぽくって筋肉はない)
      猫背・黒髪・もっさり髪・眼鏡・細い目
      真面目・地味・読書好き・頭は悪くない・リアリスト
      ↑に5つ以上あてはまるマイナス思考君
      綺麗で可愛いわけではない普通の男がグルグル悩んでるのが
      何だか男らしくはないんだけど
      女ぽくはなくっていいな〜と思うのです




      私はネガティブ受けにハマったきっかけは
      ヤマシタトモコさんかな〜
      ネガ受けのポイントにすごいあてはまってます
      【イルミナシオン】【タッチ・ミー・アゲン】
      【恋の心に黒い羽】【恋の話がしたい】
      とかの初期作品が特に好きだったりします
      もうBL作品は描かないのかな・・・・?
      短編で私が好きだったのが
      【恋の心に黒い羽】の中にある【その火をこえてこい】
      暗い・地味・本好き・黒髪・ひょろい受け!!
      また三島作品で私が3番目に好きな作品の名言使ってるが・・・・
      ヤマシタさんの読書の傾向が似てると言うにはおこがましいです
      好きだったりします
      読書傾向ってその人の好みがモロでますからね〜



      最近だったとまんま!だったのが
      【ネガティブ君とポジティブ君】秀良子
      メガネ・黒髪・もっさり髪・真面目・読書・猫背・ひょろい
      もうそのまんま!!でした
      そしてキスしかしてないのに可愛くて面白かった
      初期設定のキモかったネガティブ君も見てみたかった
      【リンゴに蜂蜜】も表題作はネガ受け君でした
      暗い・メガネ・もっさり・ひょろい



      嶋二【本気になったメリーマン】も良かったです
      ネガネ・黒髪・もっさり髪・ひょろ・頭いい
      最初、純なのにやさぐれて
      男作る・タバコ吸う・はすっぱ?になったのも面白かった
      少ししか絡みはないけど、この作家さんは不思議と色っぽい



      【最果ての恋】新井サチ
      メガネ・もっさり髪・黒髪・頭いい
      他作品が結構サバサバした性格男前受けが多いい印象だったので
      この受けの女々しさがこの作家さんにしたら意外でした〜
      他のネガ受けと違うのは、顔が良くって女にモテてます
      ただ、元がゲイなのでモテていても暗いんですよねぇ
      この作品は女の子キャラもそれぞれ美人・可愛くて良かった




      ここらで気づきましたが、ここまでの受けちゃん全て
      自分が男が好きなことにグルグル悩んでいるんですよね
      元がネガティブなのもあるけど
      悩みの中心がセクシャルマイノリティ
      でも、上に書いた苦手だったウジウジ受けちゃんと
      明らかに違うのは私が好きなネガティブ受けちゃんは
      「女の子のように可愛くない」んですよね
      だから「男で可愛くなくて暗くて面白みのない自分なんか・・・」と
      ウジウジグルグルしてしまう
      「男の俺なんて・・・」となるのが自然に感じるんですよ〜
      また、ウジ可愛い受けちゃんと違って
      悩んでいる割に攻め様意外とも体の関係があったり
      男の恋人が他にいたり、当て馬さんにフラフラしちゃってる
      心は一途なのに、体は別!みたいな
      ウジ可愛い受けちゃんと悩みは同じ
      「男が好きなんて」「こんな僕なんて」なのに
      開き治ると言うか、男の欲望に忠実?というか
      流されやすいと言うか、一人が堪えられないほど弱いのか
      「初めてじゃなくってごめんね」状態なんですよね〜


      そして、そんなネガティブ君を覆す男は大概
      単純で明るくて人気者タイプ!!
      そのおおらかさで受けの頑なさを崩すのです〜


      他にも色々手持ちでネガティブ受け探してみました
      鈴木ツタ【WORK in】
      夏目イサク【ノーカラー】
      トジツキハジメ・明治カナ子・深井結巳なんかも
      ネガティブ受けが作品はパッと出てこないけどありそう



      ちょっと特徴から離れていますが
      国枝彩香【春に孵る】
      一応、黒髪・もっさり髪・ひょろいです
      でも、国枝さんの絵が美しすぎるのかスゴイ美人に見える
      特に「美人」「キレイ」とかの表現はないんですが
      美しいんだけど暗〜いんですよね
      で、このお話は短編なのに作り込まれていて
      雰囲気から語り手から物語の引っ張りやラストのオチとスゴイ!!
      「BLを越えてオチがすごい作品だけど
       男同志じゃないと出来ないな〜」となる
      だけどBLか?と言われると愛はありそうでどこにもない
      ただ妖しい雰囲気と耽美さがある
      国枝さんはこういう閉じられ一瞬の苦しく美しい時間を書くのが上手いよな〜
      限られた人数だけで完結している歪な関係
      禁忌と狂気と危うさがある絶対崩れてしまうのがわかる止まった日々
      だからこそ、夢のように魅力的で美しい物事
      解放感からの閉塞感
      二度と帰れない・恐ろしくて帰りたくない
      でも、忘れらない忘れてはならない
      涙がでるほど辛くだからこそ美しい時間
      そういうのが漫画から感じられるのがすごい



      お話は小さな少女が語り手で進みます
      (BLで珍しい・・・たまに山田ユギさんは少年語りはやりますし
       ヤマシタトモコさんは女性語りやりますが)
      彼女は両親を亡くして祖母の元にいます
      父の弟である叔父さんがたまに来るのを楽しみしています
      その叔父が母の弟であるもう一人の叔父がいる
      別荘に夏休み連れて行きます
      怠惰で楽しく不思議な日々はやがて忘れられない思い出になる



      ネタバレ
      別荘にいた母方の叔父さんは
      姉(少女の母)の夫(少女の父)と関係をして
      それを知った姉は夫を殺して
      自殺してしまったんですよね〜
      そして、叔父さん同志はムチで打ちながら体を重ねていて
      母方の叔父さんは実は狂っていた。。。。。と
      少女が来た時はそれでもまたマトモだったらしい
      最後、亡くなってしまったようで
      その間、叔父さんがずっと面倒を看ていた



      叔父さんと姉と夫の過去編
      死ぬ間際の叔父さん達の看取られ編
      これから主人公が進む未来編
      BL関係なく読んでみた〜い!!!
      叔父さん達の間に愛があったのかも気になる




      暗くて壊れいて色っぽ怖い母方の叔父さんが素敵です
      国枝さんは「業が深い話」を目指したようです
      これがちゃんと真面目に成長したストーリーテラーの少女にも
      「業の深さ」が最後あるのがいい
      ほがらかに悪い攻め×見るからにヤンデル受け
      とも、あとがきでおっしゃってますがまさにそうです


      ちなみに脳内音声では
      受けは野島健児さんか鈴木千尋さんでした



      私、長髪or女顔の美人受けって嫌いなんですが
      国枝さんの作品は不思議と全然平気です
      萌えとか関係なくお話自体が面白く読めるんですよね
      別名義の漫画も好きだったりしますし
      水城せとな・ヤマザキトモコ・山田ユギとかはBLのが好きなんですが




      これからもネガティブ受け作品を探していきたいと思います


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:39
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM