<< 【ヒミツの新薬実験中!】 | main | 【天使の啼く夜】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【あしたのきみはここにいない】

    0
       鳥海浩輔×鈴木千尋



      鳥海攻めで一番好きな作品です
      作品が好きというよりは
      この作品での鳥海さんの役&トーンが好き
      鳥海さんの攻めっぷりが色っぽいんだもんよ〜
      ワンコ系も強引系もいいんだけど
      私はちょっと古い乙女ゲから鳥海さんの声を好きになったので
      (なので某有名な隊士声を出してる鳥海さんを知らない・・・)
      こういう甘〜い気だるげな声が一番イメージだったりします
      また、大人甘いフェロモン系がピッタリハマる!!
      この攻めの鳥海さんはまさにズルい大人の男
      ズルくて優しくて女にモテて、絶対自分を好きにならない男
      好きになったら自分がすごく辛いのわかってるのに
      それでもすごく好きになってしまう・・・・
      こういう男性ってタイプは違うけど結構いて
      別れたり、付き合ってなくてフラれたりして
      その後普通に好きな人が出来て幸せになっても
      まだ好きとかじゃなくて何だかんだ忘れられないで、フッと思い出して
      「あの人のことメチャクチャ好きだったし、
      もうあれぐらい夢中にはなれないなぁ」てなるタイプだと思います・・・・
      片思いは苦しいけど、付き合っても色んな意味で大変なタイプというか
      BLとかラストのオチは抜きにして
      「こういう男いそうだ〜」てなりました


      で、こういうタイプは好き嫌い別れそうなんですが
      鳥海さんの甘い声がこのズルい男をすごく魅力的にしてるんですよ
      「これなら受けちゃんじゃなくても落ちちゃうよ!!」
      何度もなりました 




      鈴木千さんは崎谷作品の小さくて可愛い受けタイプ
      今だと武内さんが演じそうなタイプといいますか・・・
      声質的に水島さん福山さん岸尾さん下野さん代永さん宮田さんなどの
      小さくて可愛くて中性的な少年系
      (大概、目が大きくて華奢で色が白い)
      純粋で一途で一生懸命で性格も優しくて良い子で可愛い
      ・・・・・私のプログを一通り見た方は分かると思うんですが
      私、こういうBL王道みんなが好きなカワイ子ちゃん受け苦手なんですよ!!
      鈴木千さんの声自体は好きですし
      ま〜、このカワイ子ちゃん受けがピッタリくる高音少年系の綺麗可愛い声です
      原作イメージ&カワイ子ちゃん声にハマっています
      演技力も申し分なく、揺れ動く気持ちを切なく可愛く表現しながら
      エロの時は甘く色っぽく吐息やちょっとした一言も素敵です

      ですが!!!

      私が好きな鈴木千さんの声は大人声なんですよね
      【不遜で野蛮】のエリート低音美人
      【テレビくんの気持ち】の真面目淫乱ツン
      【目を閉じればいつかの海】のたおやか美人
      【君知るや運命の恋】の健気切なげ美人
      清楚でありながら意志の強さがあり
      大人の色気と包容力と優しさがる大人美人
      が好きなの〜!!
      小さくて可愛くて攻め様に振り回されるキュルルン受声は求めてないのです
      私の変な拘りがそうなだけで
      この鈴木千さんはスゴク可愛くてイイ子でキュンキュンする受けちゃんだと思う
      ただ、この高音可愛い少年声が私は全体的に苦手でして・・・
      最初聞き始めるといつも違和感があって1トラック目で止めてしまう
      でも、私の好きな中〜低音受け声の方が演じたら
      お話のイメージは合わないわけで・・・・
      この作品はこれすごいイイ完成度なので文句ないです
      私の好みがちょっとズレてるんだよな〜・・・・
      カワイイ声が嫌いなワケじゃないので、いつか可愛い声受けも克服したいです
      カワイイ受け声が平気になれば
      良作らしいあの作品も、一般アニメでは好きなあの方の受けも
      好き原作であるあの作品も楽しく聞けるんですよね〜
      何故に私は可愛い受け声を楽しむことができないのか?
      自分のねじまがった王道をいかない萌えがたまに憎いです
      一先ず、低音可愛くない受け好きの私がワヤワヤするほど
      この鈴木千さんは文句なしに可愛らしいです




      先生×生徒
      BL王道的には先生が生徒にイケないことする話で
      間違ってはいないんですが
      これは生徒の方から先生に頼んでしてもらってます
      生徒の方が先生を好きで好きで仕方がないのです
      だから、体だけでもいいから・・・と関係を迫るのは受けちゃん
      切なげな「先生・・・」の一言が背徳感もあり色っぽいです
      ただ色っぽいだけでなく、好きで仕方がない気持ちが込められてる
      「先生・・・・」
      吐息交じりの「キスして・・・」も色っぽかった
      頼まれれば何でもしてくれるけど、言わなければ何もしてくれない
      だからこそ、色んな思いが篭ったお願いまじりの
      「キスして・・・」が切ないんですよね


      鳥海先生はズルい&酷い男でして最初に釘を刺します
      「傷ついてみる?」
      「好きになってあげないよ」
      「優しくないよ?」
      「気持ちいいことだけしようね?」
      この言い方が!!!
      気だるげでフェロモン入り混じっっていてですね
      こんな風に言われたら受けちゃんじゃなくっても頷いちゃうよ〜!!!
      攻め声に惹かれることはあまりないのですが
      この鳥海さんの柔らかくて色気が入った声は素晴らしかったぁ




      結局何だかんだあって両想い
      鳥海先生が鈴木千を拒否していたのは
      学生時代の恋なんてすぐに冷めてしまうのを身をもって知っていたから
      これ、普通にBL王道なら昔先生にフラれた・・・・とか何ですけど
      先生と付き合ったはいいけど、自分が先に飽きてきて自然消滅
      ホントに『生徒との恋は憧れの延長だった』て自覚があるんですよねぇ
      ちょっと意外でした
      だからトラウマとかじゃなくって、普通に『ダメになる』て思ってるんですよね



      エロシーンは鈴木千さんが可愛いです
      ただ私は前記の通り、可愛い受け苦手なので萌えはなかった
      なので、鳥海さんの優しいヤンデレ?っぷりがすごかった
      「孕ませたいよに始まり
      「女なら孕ませて結婚するのに」
      受けちゃん自身もちょっぴりひいてました
      病んでる?けど愛情た〜っぷりなんですよね
      執着愛っぷりが凄まじかったです
      あの前半のツンは何だったの?てぐらい・・・・・
      ん・・・入れちゃう・・・」
      この吐息交じりの言い方も色っぽかった〜!!!
      色っぽいというよりエロいのか・・・・





      そして、個人的に付き合い始めてからの先生の
      ヤンデレ執着愛の加速っぷりがスゴイ好みでした〜
      大学・バイトの帰宅時間に毎日電話
      出かける時は誰とどこで会うかチェック
      門限10時で車でお迎え
      手料理お風呂膝抱っこ着替えと手取り足取り

      メチャクチャ甘甘なんですよ〜
      甘いんだけど、よく考えると束縛が激しい・・・・
      受けちゃんも「何だかなぁてなってます
      この甘さとヤンデる?愛情?執着?のバランスが良い
      病んじゃうほど愛されたいわぁ・・・・
      この鳥海さんの甘い束縛っぷりと聞くと思います
      束縛なんて面倒でイヤなはずなのに
      受けちゃんが羨ましくなる優しいヤンデレ〜
      あの気だるげ大人フェロモン先生はどこ行ったの〜?て感じです
      個人的にラスト7分のこの後日談がすごく好きでして
      ひたすら受けちゃんを甘やかす鳥海先生を聞いていたいです





      また、可愛い鈴木千さんに最後まで違和感があった私ですが
      「成長期だもん!

      「違うもん!

      この「もん!」の可愛さには耳を疑いました
      巻き戻して何度も聞くぐらい可愛かった・・・・・
      萌えとは関係なく可愛かったです
      可愛いんだけど元気がいいので媚を感じないところが良かったのか
      BLCDで他のカワイイ声の方の「〜もん」を何度か聞いたんですが
      それには『受けちゃんだから可愛く』というあざとさが滲んでいる気がしてしまったの
      (実際可愛いので演技として間違ってないんですが
       男が小さくて可愛くてどうするんだよ?
       それなら小さくて可愛い女の子でいいじゃんか!という私はひねくれ者なので)
      全編カワイイからこそ!この鈴木千さんに萌えられなったのに
      最後にきて「カワイイ」と普通に思えました





      CDの作り自体丁寧で演出も良かったです
      メイン二人が柔らかい高〜中音なため耳に優しい
      BGMとかがも柔らかくて優しくて作品にあっていますし
      その入り方や曲想が物語を上手く盛り上げています
      (たまに変なBGMで気分を削いだり、入りが悪いBGMもあるので)
      ちょっとした学校のざわめきなどもリアル
      お話自体も綺麗にまとまっていて王道を踏みながらも
      適度に先が読めなかったり、思った展開や運びと違ったりで
      派手さはないものの飽きることがありません
      最後まで致しているのは一回ですが
      キスシーンや途中までしているところが数回あるのと
      常時、鈴木千さんが切なめの震えるトーンであること
      鳥海さんがフェロモンダダ漏れ状態だったのもあって
      作品全体が薄いベールをまとうように色っぽいです
      ヤッテルだけのエロじゃなくって、雰囲気が桃色薄紫状態




      トークも二人が仲良さげでほのぼのしました
      私が聞いた鈴木千さんはトークで早口になることが多いイメージでしたが
      鳥海さん相手にリラックスして話していて
      それが何でかがトーク内容からも窺われます



      一枚だけど丁寧に綺麗に雰囲気を大事に作られた良作
      カワイイ鈴木千さんと色っぽい攻めの鳥海さんが楽しめます

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 05:22
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM