<< 木原音瀬さん | main | 【純情】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【夜明けには優しいキスをして】

    0
      最近好きな作家さんです
      話の中の説得力と一人称が徹底しているのが好き
      「なんでそうなっちゃうの?」というBLファンタジーが少ない

      BL小説って何だかんだとありながらも
      最終的には男が二人出てきてくっつくまでの過程を楽しむ話
      最後のゴール自体は決まっているので
      途中経過をどう面白く読ませるか?が大事なんじゃないかな〜っと

      すっごくあっさりこのお話を説明するなら
      昔の罪の意識から自分を罰するように追い詰め
      辛い仕事を選び、恋人のDVも甘んじて受ける主人公を
      攻めがどうやって立ち直らせるか?みたいな
      こう書くと意外と王道だったりしますし
      BLにおいて可哀想な受けちゃんではもっと酷い状態の人もいるのですが
      主人公の罪の意識の描き方がやり過ぎない丁寧さなのがいいです

      それと、BLでは可哀想な受けを優しい攻めが救ったところで
      普通はお話はハッピーエンドになるのですが
      こちらはそのDV男の救済まで書いてるのが良かった
      救済するといっても軽い気持ちでなされる優しさや同情ではなく
      それこそ受けが自分の生活や幸せや人生
      (攻めとのハッピーエンド)を犠牲にして
      愛情でも同情でも友情でもなくDV男に全てを尽くします
      それは献身的な可哀想な愛情ではなく
      全てを受け入れて納得した受けでDV男を受け入れているんですよね〜

      BL小説において、そういう当て馬酷い系の男に対する救済って
      中々書かれないというか
      書かれる場合はスピンオフで違うキャラが出てくる安易なものです
      他人が他人を本当に救おうとしたら、自分の人生を全て投げ出さないと無理です
      それが精神的な痛みであれば自己犠牲がなければ人を救えない
      こういう気持ちはBLでは攻→受、受→攻に対しては与えられる慈愛ですが
      それを別の人物に対して与えてるというのが珍しかったです

      そういう「自己犠牲的な愛情」を卑屈になるのではなく
      大きな強い気持ちで持つことができるようになった主人公の成長
      その成長に攻めの愛情が必要だったわけで
      不幸や状態から脱したのが攻めのおかげだけど
      能動的に動いていて結果的に不幸な受け自身が自分で乗り切った
      そういう強さを持つ過程があるのがイイ話だな〜と思いました

      「他人が他人を救うことができるのか?」
      「人は本当に憎しみを癒すことができるのか?」
      そういうテーマは一般書でも良くとりあげられていますが
      とても難しいテーマ中々答えが出ないものです
      M浦綾子「塩狩峠」 花村M月「ブルース」
      M本輝「優駿」 M上龍「イン・ザ・ミソスープ」など
      何かを脱する事の難しを感じるんだよな〜
      それとともに、一度暗い淵を見た人はそこを脱したいと思いながらも
      何も信じられない、信じられないから救われないという悪循環
      重いテーマをBL=男同志の夢愛物語でやるのは
      エッセンスとして扱う分にはいいけど、テーマにはしづらい
      それを結構真正面からこの作品は頑張ったんじゃないかな?と

      榎田 尤利【夏の塩・夏の子供】では
      魚住くんの成長を描いていて
      その中で病気の少女と魚住くんとのやり取りは
      魚住君が少女に対しての向き合いによって
      少女に希望と救いを与えたように感じますが
      結局完璧に救いを与えることはできませんでした
      それによって魚住君は人間として成長をしますし
      このお話は魚住君の物語で少女に対する救済の物語でないし
      BLなのであの締めでもいいと思いますが
      もし書ききるならどうなったのかなぁ?と思います
      魚住君はその少女のためにどれほどのことができたのかな〜?と

      崎谷はるひ【垂直線上のストイシズム】【平行線上のモラトリアム】
      攻めの昔の恋人?が堕落的な男でして
      それによって攻めが色々グルグルするのが物語の中心にあり
      その昔の恋人・靖那との関係や過去にどう主人公が決着をつけるか?が
      テーマとしてあると思うんですが
      「お前はお前可哀想だけど理解はできない」
      「理解を示す相手は俺じゃないし、俺じゃ救えない」
      「だから、もうお互い違う道を行こう(もうちょっかいかけないでね)」
      すっごく大人な対応だと思うし
      BLとしてはうざったい昔の男を排除するのはアリなんだけど
      心の傷を持っている靖那のその堕落的なところを含めて惹かれていたし
      靖那にかなり影響されている攻めが最終的にそれを切り捨てるようなやり方が・・・
      その靖那に振り回されてるダメな自分を含めて攻めの性格や人格なのに
      その自分の一部を否定してないものとしてしまう
      目を逸らしているだけで一生ソレを主人公の中にあるし
      また靖那は何も救われない
      靖那が救われないことには主人公は一生心のどこかに残る
      そういう乗り越えられない・救えない・投げ出すようなやり方なら
      こういう難しいテーマをBLでやらなければいいのにな〜と思いました
      色々悩んで答えが出ないのが当たり前の重いテーマで
      それでもそれなりに作者がBLの話の筋とは別に答えを出せるならいいけど
      出せないなら、そこまで掘り下げないで
      BLのエッセンスとしておいしい所だけ取れば良かったのに・・・・と
      崎谷さんはBL作家としてはすごく好きなんですが
      それ以外と小説的なテーマを持つと書ききれてない気がします
      (BL作家としてはすごく好きでコンプしてるほどなんですが・・・
       この話に関してはもうちょっと違う落としどころが欲しかったな〜っと)


      凪良さんは、感情の流れが丁寧なのと
      可哀想な受けが何でも持ってる攻め様に救われるだけでなく
      ちゃんと受けに覚悟や強さや男らしさがあるのが好きです
      あとがきの感じも作者が小説を丁寧に扱ってるのがいいです

      私はどうもBL小説を読む時にBL萌え以外のところも気になるんですよねぇ

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 00:09
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM