<< 【はなやかな哀情】 | main | 【三軒隣の遠い人】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【蛇淫の血】

    0
      堀内賢雄×平川大輔



      平川さんが好きならいいけど
      そうじゃないなら「何だかなぁ」てな感じの作品だと思います
      ただ、平川さん受けが好きなら聞いて損はしないかも?
      普通に平川受けが好きぐらいの私でも
      「この平川さん・・・・スゴイ」と聞いて良かった感があります
      ただ、お話はイマイチです
      声優さん方は無駄に豪華でフリートークで平川さんが恐縮してます


      ヤクザ×普通の子でデロデロエロいのを想像していたので
      葛藤もさほどなくサクサク進んでいく話に呆然
      「あんなにヤクザ嫌がっていたのにそれでいいの?」
      「いつ賢雄さんを好きになったの?」とか
      BLによくある突然の心変わりにも唖然


      また、メイン二人がモノローグを担当しないで
      全然恋愛に絡んでこない飛田さんがストーリーをナレーションしてます
      「その時〇〇は走り出した」みたいに
      外側から二人や状況を語っているんですよね
      そのためにどうも主人公の気持ちが伝わりにくい
      私は飛田さんの声がすご〜く好きなので
      たくさん飛田さんが話しているのは嬉しかったんですが
      BL手法的には失敗かなぁ・・・・と
      【神官は王に愛される】も女性ナレーションで話が進みますが
      こちらはBL童話風なので聞けなくもない・・・かな?
      ただ、やはり続刊の主役モノローグのが好きだったりします
      う〜ん・・・、全然恋愛面に絡んでこないのにモノローグやるのは
      ちょっと無理があるかもしれない
      メイン二人の恋愛を見守る【ハピネス】の坪井さんは良かったかな
      あと、山藍作品【THE DARK BLUE】てな作品で
      三角関係ぽいやつで最後フラれる?方がモノローグしてたのは
      ありだな・・・・と思った
      (この作品今では故・塩沢さん出演作品でレアものみたいですね
       捨てた記憶がないから、まだ実家にあるような気がするんですが・・・・
       すごい昔、BLCD自体が珍しかった時に中古屋で見かけて何となく購入して
       声優さんにも山藍作品にも思いれがない時だったので
       それこそ何となく聞いて「すごいな」て思ったきりでした
       ドロドロより吉原作品【幼馴染】のが好きだった・・・・若かったのね)



      想像したよりお話が王道ではなかった〜
      ヤクザの息子だけど普通の子として生きてきたところに
      ヤクザの跡目を狙う義理の兄が命を狙ってきます
      そこで頼った人らはヤクザの親許で部下の堀内さんが
      平川さんを守ってくれますが、その代わりヤクザの跡目を継げと言い
      抵抗する平川さんを監禁します

      BL的にはここで堀内さんが平川さんを無理やり襲ってくれる!!
      「いう事聞かないなら身体で教えてやるよ!」てな具合でくると思ったのに
      「こんな子供に興味がない」とばかりに堀内さん冷たいの・・・
      あれ〜???
      BLヤクザなのに結構理性的だぞ?と
      平川さんも監禁はされてるけどエロいことも酷いこともされてないぞ?と
      私、可哀想で涙にくれる平川さんが好きなので
      普通っぽい大学生の平川さんに物足りなさが・・・・
      お話がシリアスで上手に出来上がっているならいいんだけど
      そういうんじゃないなら何だかんだと
      BL王道に乗ってしまった方が面白くなりそうなのにな〜と思いました
      「ありきたりでつまらない!」という見方もあるけど
      王道はやはり王道でいいもんなんだなぁっと実感



      賢雄さんが意外と理性的な分、ヤクザの息子がぶっとんだ奴でした
      平川さんを拉致って媚薬を仕込んでエロオークションにかけて
      ムチャクチャにしてから殺そうとしてるんですよね
      個人的にはこの媚薬仕込まれた平川さんを聞くだけで
      このCDは買った価値がありました!
      つ〜か、最初に書いたけどお話を楽しむよりも
      平川さんを色っぽい声を楽しむCDかと・・・・
      ちなみに媚薬はBL七不思議アイテム
      中でSYA精してもらわないと中和しない謎アイテムです
      泣き喘ぎながら絶望と快感で
      「ヤダ・・・ヤダ・・・」言ってるのがエッロ〜!!!
      しかもモブが「味見ぐらいいいよなぁ」と襲われてます
      そこにギリギリ賢雄さんが助けに来ますが
      ええ、もちろん
      仕込まれた媚薬で体は疼きっぱなしです
      「頭おかしくなりそ・・・・」
      この言い方がすごくグワングワンして
      喉を鳴らしてるような感じが独特に苦しそう
      「暑くて疼いて・・・・」
      「どうしよう・・・・これ・・・・」
      「中にSYA精して貰わないと
       治まらない薬だって・・・」

      エッエッ泣きながら訴えてるのが可哀想
      可哀想エロい
      (平川さん独特の可哀想エロさなんですよ〜)
      しかも薬の概要をモジモジエグエグハァハァしながら説明していて
      そのくせ賢雄さんがすごく冷静なギャップがエロ可哀想!
      結局、平川さんのエロさにやられて、致しちゃうわけですが
      「イタ〜イ・・・ヤダ・・・・」
      と、痛がってる状態から気持ちよくなる喘ぎ分けがまた
      痛くて苦しくて混乱して戸惑ってるのに最終的には
      「抜かないで・・・・
       このまま・・・出して・・・」

      ムッハ〜

      鈴木千さんと平川さんは喘ぎわけが上手ですね〜
      鈴木達さん・神谷さん・緑川さんあたりは
      痛がったり嫌がったりしてもいつも気持ちよさそうで
      それはそれで好きなんですが
      痛そうなのがちゃんと痛そうなのも可哀想でいいです
      やっぱり可哀想な平川さんいいな〜


      刺青も入れられちゃんですが
      苦しそうな吐息がこれまた色っぽい・・・・
      「刺青なんて酷いこと・・・やめて・・・・」
      涙ながら訴える声がメッチャ被虐心をそそります
      それを「少しだけだから良いだろ?」
      男気ムンムンで耳元でお願いする賢雄さんズルい
      断れないよね〜
      ただ、私の勝手な思い込みでもうちょっと痛そうでも良かったかなぁ・・・
      現代の器具を使ってやるタトゥじゃなくって
      手掘りの刺青ってその筋の人でも苦痛に失神するほどって聞いたんですが
      ま〜、BLなのでそこまでやる必要がないのでいいんです
      ただ私が苦しそうに呻く平川さんが聞きたかっただけなので



      刺青をしてもらった後の平川さんが気だるげで可愛い
      刺青後って高熱がでるんですが
      その状態で「しよう・・・・〇ックス」と賢雄さんを誘うのです
      このちょっと物憂げで柔らかい頼りない平川さんが
      今回一番可愛かった
      「無理だ」と断る賢雄さんに
      (よく冷静に断れるな〜
       この賢雄さんは本当にとっても理性的)
      「キスして」「そばにいて」と吐息交じりに頼んだところとかも可愛い
      それを聞いて添い寝してあげちゃう賢雄さんとのやりとりが
      多分、このCD一番のメイン二人の萌えポイントかと・・・・
      両想いになった後より、ここの二人のがすごい柔らかくて良かった



      賢雄さんが自分を守るために怪我して
      また、義兄に呼び出されて
      「もう賢雄さんに手を出さない」条件で
      義兄の部下になることを誓いますが
      また媚薬しこまれて、部下たちに襲わせます

      で・・・もちろん助けに来るんですが
      これ、助けにくるの遅いんですよ〜
      ガッツリモブの男にヤラれちゃってから
      助けが来るんです
      遅い・・・遅いよ・・・・
      この時の平川さんの喘ぎが
      「ぐああああがあああああ」てな感じで
      ちっとも色っぽくないし、気持ち良さそうでもないんです
      あれですね、千葉進さんの脇腹さされたような
      「ぐわがああああああ」に近いものを感じます
      ガツガツ突っ込まれてるしモブのセリフがゲスいです
      私、攻め以外に受けが無理やりって嫌いなんですが
      「これだけの数の男たちに朝までしたら
       きっと心も体も壊れてしまう」
      と受けちゃんも冷静?で
      この時点では精神が壊れちゃって絶望してる感じもなく
      その後どうどうと立ち回りをしてヤクザの跡目としての
      宣言なんぞをしちゃいます
      中々肝っ玉が太い受けちゃんで悲壮感がないです
      BLCDで名もないモブに最後までされちゃうって
      珍しいと思うのである種聞いてみるのもいいかもしれません


      ただ、二面性がでてヤクザに覚醒したはずなのに
      平川さんの声やキメセリフでの変化があまりないのが残念だったかも
      平川さんならその変化が出せたと思うので
      演出でこうなったのかな〜??




      内容や脚本とかイマイチで感情移入できない
      モノローグが主人公じゃないのも原因かも
      (飛田さんの声がたくさん聴けるのはいいけど・・・)
      何でいきなりそう思うの?という突然の心代わりがある
      受けちゃんが二回も同じ人に拉致され
      同じようなアイテムで襲われて
      (二回目は遅いけど)攻め様が助けに来るという
      二回も同じことが起こっているのも・・・・



      媚薬喘ぎ・イタイ→気持ちいの変化・モブ相手・両想い
      平川さんの喘ぎ分けを聞くには良いかも
      何だかんだとエロ可哀想な平川さんが聞けて私は満足です





      フリートークが結構面白かったです
      賢雄さんが「相手は誰でしたっけ?」と言ったら
      「浪川」「岸尾」とか大輔違いで言われていたり
      「大輔が私を連れて逃げて〜とか言われた困っちゃう」
      「住む?」「家族が一人増えました」など
      宝亀さんも面白い!
      ベテランさんがワイワイしていて良かったな〜
      昔のBLCDはやっぱり豪華な気がします








      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:14
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        以前のブログから拝見していました。
        突然消えてしまって残念に思っていたのですが、ふと思い立ってググってみたらまたここでKさんの感想を見ることが出来て、とても嬉しいです!

        私もこの作品を平川さん目当てで買って、ストーリーがいまひとつだなぁと思っていました。
        ですが、その後原作を読んでみたら、心情描写は丁寧だし、主人公の二面性や絵に関するエピソードも必然性をもって詩情たっぷりに描かれているしで、大好きなBL作品の一つになりました。なのでこのCDの出来は本当に残念だなぁ〜と今でも思っています…。
        それでも、Kさんの書かれているとおり、平川さんの「しよう、○ックス」「キスして」が可愛くてたまに聞き返してしまうんですが(笑)

        それでは、これからもKさんの素敵な感想を楽しみにしていますね。
        • 通りすがり
        • 2011/08/10 8:41 PM
        コメントありがとうございます
        色々あって復活することが出来ました〜
        昔のプログのようにガッツリ細かい感想ではないんですが、自分のペースで更新していきたいと思っています

        【蛇淫の血】は原作面白そうなので、そのうち読んでみたいと思ってます。平川さんの新規作品が最近ないので過去作を漁っています・・・
        続編では【憂鬱な朝】、脇役での【いとしの猫っ毛】が楽しみです


        また、良かったらコメントくださると嬉しいです。ではでは〜
        • 2011/08/14 8:25 AM
        あれまあ…。
        「蛇淫の血」、想像していたよりも楽しめなさそうですね(><)
        タイトル・キャスト・あらすじ。
        どれを取っても興味を惹かれるため、いずれ手を出してみたいと思っていましたが…
        >「あんなにヤクザ嫌がっていたのにそれでいいの?」
        >「いつ賢雄さんを好きになったの?」
        これは致命的ですね…。
        Hは濃厚なようで、シーンでの平川さんの演じ分け(特に刺青を彫られるところ)は聴いてみたいと思うのですが、私の場合、心の機微が丁寧に描かれている作品でないとわくわく聞き始めても冷めてしまうんですよね…。
        うーむ。これはスルーしようかなと思います。
        ただ、こちらで通りすがり様のコメントを拝見しましたら、原作はまた違う印象なのですね。
        CDを聴くよりも原作に手を出してみたくなりましたv
        • ノルア
        • 2011/08/16 1:15 AM
        コメント毎回ありがとうございます!
        慈英&臣小説のお返事から
        崎谷さんはどんな辛口な感想を持とうと私が今一番発売が楽しみな作家さんだったりします。だからこそ、ちょっと今回は残念でした。CDの方も崎谷さんが脚本を担当するようになってから、何だかちょっと微妙に・・・・・だったりします。崎谷作品のBLCDは毎回どれも(女性キャラがうざったい&脇役がたまに演技下手なことを除いて)すごく好きだったんですけどね〜。男の娘は流行りで嫌いじゃないですがビジュアル的なのでCDで聞きたいとは思わないかな〜っと。


        【蛇淫の血】は個人的には【ドロップ・アウト】より飛田さんがいる&エロの意味で好きだったりしますが、出来は【ドロップ〜】のがイイです。ノルアさんのプログにも書きましたが、平川受けで聞いてないなら【是2〜氷見編】がお薦めです。これ聞くまで私は平川さんは攻め派でしたが氷見・平川を聞いて受け派になりました!私が聞いた中でベスト3に入る平川受けCDです。新作【是・FAINAL】も実はメインカプや本編の話が好みじゃないので購入を迷ったんですが三宅×平川が少しだけ入ってるらしいので(多分10分ぐらいかなぁ)そのためだけに二枚組CD購入したくらいです!!まぁ、お話自体はBL関係なくよくまとまってる&感動話だし、毎回演出も良く、脇に中井さん&千葉進さんも出るので無駄買いにはならないんですけどね!目的な三宅×平川なのです


        お返事遅くなってすいませんでした
        またご訪問してくださると嬉しいです
        • k
        • 2011/08/28 6:50 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM