<< 【真昼の恋】 | main | 【美貌の挑発】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【たおやかな真情】

    0
      ※辛口感想です
      批判的な感想が苦手な方は注意してください





      何だかちょっとついていけない感じがしました
      作者が書きたいものはわかるのですが、そこに筆力が伴ってないというか
      BLで扱うにしもとてもデリケートな題材を真意まで到達していないのに
      分かったつもりで書いてしまっている・・・というか
      木原音瀬【箱の中】でムショ
      凪良ゆう【真夜中クロニクル】で極度のアレルギー&イジメ
      砂原糖子【イノセント〜幼馴染み】で知的障害
      榎田尤利【夏の塩】【夏の子供】で各種の病気&死
      題材が難しく、作家なりに答えが出たとは言い難いですが
      どれもすごく熟考して書かれているのが伝わるんですよね
      文献とかで得た知識だけでなく
      これを書くにあたり作家自身の葛藤と懊悩があるのがわかる


      「そんなの作家さん本人じゃないんだから分かるわけない」と
      言う意見もあり、そうかもしれませんが
      感情を伝えようと文を作った時に、その思いが強いほど伝わる
      上手い下手じゃなくって情熱?は伝わるものだと私は思っています
      情熱とかではなくても、それを扱うのがどれだけ難しいか理解して書いているか
      その難しさをどう伝えようとしているか・・・その苦悩といいますが
      そういう文章で何かを表現する時には、とても繊細な題材を選んでるのです


      今回、この作品ではそれは宗教でした
      私は親戚にお寺をやっている方がいるのですが
      外から見ていても色々難しい世界なんですよね
      更に、色々調べるともっと複雑なことがわかる
      きっと崎谷さんも色々調べたんでしょうが
      調べたことや自分が個人的に導いた答えを「真」とするには
      やはりとても難しいテーマだったのでは?と
      それをすごく懊悩して感がえて突きつめているならともかく
      BLのエッセンスとしてさほど考えもせずに入れてしまうのは・・・・・
      いただけないな〜っと



      また、それがお話によく絡んでいてエンタメ作品として出来上がっていれば
      「創作物として面白いなぁ」と読めたんです
      あくまで事件のエッセンスとして面白おかしい虚構物にしてくれれば
      なのに、外側のエンタメ部分を楽しむだけでなく変に思想的なものを持ちこんでいる
      しかも、それが上手く機能してないために苦いものを感じました



      せめて、もっと突き詰めて思想を固めてから取り上げるか
      変に凝り固まらずにエンタメ部分だけ大きく誇張して楽しませるか
      筆力をあげて、これを書くだけの文章力があって書くならまだしも
      どれも中途半端にしあがっているため辛いな〜・・・・
      小説読みとしてはそんな感想です




      では、BL的にはどうなのか?というと
      やはりこのテーマはBLに向かない気がしました・・・・
      今まで慈英臣シリーズとして二人の関係に焦点があっていたのに
      厚い本の三分の一ほどが、新キャラの男の娘教祖さまにあてられています
      何もそれなら慈英臣に絡めないで別に一冊出せばいいのに・・・と思うほど
      お話の経過など一つの話として出来上がっている
      だけど、それが面白いのか?というかそうでもない
      だって、読者は慈英臣が読みたいから読んでるんだもんよ〜!!
      いきなり出て来た愛着もない、しかも男の娘で教祖でオカルトチックなキャラ
      すんなり萌えられないでしょう・・・・
      相手があの臣さんに酷いことした三島ですし・・・・
      もうこの時点でどうなの?と
      (男の娘好きさんは萌えられるのでしょうか??)


      今までのシリーズ通しての矛盾?スッキリしないところもチラホラ
      あれだけ臣さんに酷いことした三島が善人面して出てきて
      どんな事情があろうと慈英がそれを受け入れてるし
      臣さんもすんなり許している
      慈英。慈英。慈英で盲信的だった三島が男の娘教祖様に
      あっさり心を奪われて慈英に対して執着心がなくなっていたり
      (なんで教祖様に鞍替えしたのか書かれていますが
       あれだけでは全然説得力がありません)
      臣さんだけにしか心を動かさなかったのに
      ひょっこり現れた男の娘の美しさに慈英が心を打たれていたり
      臣さんのことで悩みまくった慈英があっさりと教祖さまの言葉で
      答えを導き出していたり
      (お互いの関係や話し合いの中で二人の答えを導き出して欲しいのに
       いきなり出て来た第三者キャラに知ったり顔で説教されて解決するなんて
       しかも、人の話を聞かない男が年下男の娘教祖様の話は聞くなんて)
      臣さんがいないと絵が書けない!書く意味がない!
      そばに居てくれるなら、指をかみ切られて一生絵が書けなくなってもいい!
      そこまで言っていた慈英なのに何で海外に行くぐらいでそんな悩むの?
      臣さんより大事なことはない!て今までシリーズで一貫してあった信念を
      ここに来て急に曲げなくても・・・・・
      今まで「男だから・・・」と自分を卑下する臣さんを
      「そういう言い方は嫌いです。怒りますよ」と毎回否定していた慈英の
      「ゲイのくせに」発言
      (今回、私は一番悲しかったシーン
       二人が離れ離れになりそうなところよりも、悲しかった
       臣さんが慈英の愛情を受け入れられなかったのは男同志という理由が大きく
       そういう自虐心を辛抱強く解いてやった慈英自身からこのセリフが出るとは!
       記憶喪失の時より、どの時よりも酷い男だと思いました)


      作者なりにその矛盾点を説得しようと試みていますが
      理由にあたるだろう箇所を読み返しても私は納得できないんですよねぇ
      7年間積み上げて確固たる信念にして来たものを何でここで方向転換するのか
      それが前作の記憶喪失が引き金ならば
      もうちょっと読者にも「そうなっても仕方ないよね〜」と
      思わせる説得力あるエピソードが欲しかった
      7年間が二カ月で変わってしまうって・・・・


      それと、今まではこのシリーズ現実的だったのに
      今回の教祖様出現でいきなりオカルト?的というか
      目に見えない不思議な力を発揮しているんですよ・・・・・
      そういうのをBLで取りあげるのは面白くていいんですが
      シリーズ6冊出ていて、そういう超常現象的なのってなかったのに
      いきなり取り上げられても馴染めない
      特にその教祖様は人格者たりえるイイエピソードがあるでもなく
      「私は何でも知っている」風に語られても
      そりゃ、作者が操作してるんだから何でも知ってるでしょうよ
      でもそういう作者だけが知っている先の展開を語る
      神様みたいなキャラなんてうさんくさい
      また周りの人達がいくら「彼は素晴らしい」と持ち上げても
      何でこの教祖様がそんなにいいのかわからないよ〜


      最後に大きく引っかかったとことは
      一応BLって受け至上主義的なところってあるじゃないですか?
      なのにこの教祖様のがみんなにチヤホヤされてるの・・・・・
      臣さんがアイドル?じゃなかったの・・・・・

      文章が下手、設定や言葉が古い、女が出張る、展開が痛い
      などなど、欠点が多数あるであろう吉原作品ですが
      「受けがいつでもみんなのアイドル状態」の
      受け至上主義だけは貫いてるんですよねぇ
      どんな酷い状態でもそれを貫いていればBLとして成り立つのに
      それすらも今回はしなくなってしまっている・・・・



      色んな意味でついていけないな〜と
      これがCD化されても嬉しくないというかしなくていいかも・・・・
      そう思ってしまいました


      惰性で次巻が出たら買いますが
      こういう展開がまだあるなら面白くはないな〜・・・と
      次回も教祖さま&三島が引き続きでてきて
      多分臣さんの母親は崎谷さん流のうざったい女で
      今の慈英は臣さんを守るだけの包容力もなく
      二人は離れ離れ?
      面白くなりそうな要素がないよう・・・・・
      どうなるんでしょうね・・・・・
      正直こうなるなら
      「やすらかな夜のための寓話」で終わってた方が良かった?かも??









      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 09:14
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        今回も深い斬り込みと考察に唸らせていただきました。
        正直な気持ちを書きますと、私の調べ方も悪いのかもしれませんが、最近このシリーズの感想はどこを見てもベタ褒めばかりで、いまいち話の核心には触れられていないことが多い気がします。
        その点Kさんがお書きくださったものは、内容についても、作者の力量についても、このシリーズを読んだ事はないのですがある程度理解できるほどのものを与えて下さいました。

        宗教
        これは描くのが難し過ぎるテーマですよね。
        どれだけ調べてどれだけ理解したつもりでも、もしくはご本人に信仰があったとしても、千差万別の意見がある世界ですから…。
        そして、こちらで拝見する限りは自分のものにできないまま作品に取り入れてしまったようですね。
        いくら慈英&臣シリーズでも…いえ、このシリーズだからこそ、やるべきでは無かった気がします。作品の方向性が決まっていただけにそこを壊してエッセンスとして入れていいものだったのでしょうか。
        私も別作品で大きなテーマとして宗教を取り上げて描くべきだと思います。
        と、Kさんのご感想から読んだ気になって書いてしまいました。偉そうにすみません(^^;

        あと、三分の一が新キャラの男の娘教祖に充てられている…というのも引っかかりました。
        それでは慈英&臣に萌えられるのでしょうか。このカップルを見ていたいというのに…。

        私はこのシリーズはCDで十分だと思っているのですが(小説を読むほどの体力も気力も無くて…(;´Д`A ```)、CDになっても購入はして積んでおいてしまいそうな予感がします。
        • ノルア
        • 2011/08/16 1:08 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM