<< 【軍服は鷹の獲物】 | main | 【恋する運命なのだから】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【茅島氏の優雅な生活】

    0
       大川透×野島健児


      野島さんの坊ちゃんっぷりがいいです
      野島健さんの声は品があるんだけど
      王子様系のキラキラした華やかな感じとは違うんだけど
      いい血筋の高貴な出で、良いモノに囲まれて育った
      生まれながらのお坊ちゃま!みたいな
      後から作ることができない品の良さを感じます
      【清澗寺シリーズ】【執事の特権】などでも
      品の良いお坊ちゃんぽさが出ていて好きです


      常識から外れた少し孤独で変わり者の茅島氏を
      野島健さんが魅力的に演じていました
      淡々とした感情が表に現れにくいキャラなのですが
      棒読みと淡々とした話方は違うのだな〜と実感
      感情が読み取れないあまり抑揚のない話方なのに
      その中にちゃんと豊かな感受性があるのがわかるんです
      一辺倒な話方なのに悲しみ喜びが滲んでるし
      それが崩れて感情が決壊するところとかは
      普段が抑揚がない分すごく可愛い!!


      攻めの大川さんは粗野さと包容力の相乗効果が
      優しく甘いのに男ぽくって
      受けちゃんを翻弄する明朗な計算高さとか
      そんな大川庭師にメロメロの野島健坊ちゃんが健気で
      大川さんとの対比がすごく出ていた


      また、老執事の秋元さんが良かった
      すごく老獪な執事ぽさがあるの〜
      BLCDって脇役が大事だなぁって思いました
      【恋の花】の麦人さん
      【執事の特権】の賢雄さん
      演技に深みがあるのが特徴な気がしました


      茅島氏の不器用な一途さが可愛らしくて
      演出とか場面展開も丁寧で良かったです
      受け目線ではなくトラックごとに
      執事・女性・攻め・受けに興味がある男性と
      それぞれから見た茅島氏の
      ちょっと変わった性質が良く表されていて
      普通のBLCDと違う演出で面白かった
      独特の作りながら原作のイメージが崩れなくって
      想像力が広がる感じで良かった


      旧ノベルズの挿絵に野島健さんの声はイメージピッタリ☆
      ただ、私個人としては文庫版の日高ショーコさんの茅島氏のが
      より原作イメージだったりしました〜
      日高さんの絵柄だと、何となく野島健さんよりも
      秘書役の神谷さんのが茅島氏の声にあったかなぁ?と思ったり
      秘書の小泉も美形という設定なので神谷さんの声にあってるんですけどね
      神谷さんもタイプは違うけど声に品があるので
      あっていたかもな〜とちょっと思ったりしました


      大作ではないんですが
      すごく綺麗にまとまった良作だと思います
      漫画家したり文庫版が再販されたりしてるんだから
      レーベルは潰れたけど
      今でも続きが聞きたくなる作品です
      う〜ん・・・どこかから出してくれないかな〜




      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 07:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        私も大好きですこの作品。

        野島さんの大ファンなんですが、彼が受けやるとお人形さんみたいというか触れると壊れそうなガラス細工な人な感じが出て、お耽美好きとしては大好きにならざるをえません。

        野島さんの茅島様はそんな繊細さもあって、孤高の美しい人+お坊ちゃま感が強く出てていいですよねぇ。

        大川さんの庭師はもうほんと格好いい。
        原作の1・7倍くらい恰好よく魅力的に感じられます。大川さんの某大佐に近い低めの色男声は本当に耳に心地いいです。普通の台詞もなんというかっこよさ。これは茅島様じゃなくても好きになります。


        最近茅島氏の〜は興津和幸さんバージョンでリメイクされましたよね。同じ台本なのに、ガラス細工のお人形さんのようだった野島さんの茅島さんから、ちゃんと人間味のある男性的な茅島さんになりました。

        演技プランとしては興津さんも孤高なお坊ちゃま+傷つくの怖い系な演技なんですが
        やっぱり濡れ場は興津さんなだけあって激しめです。

        あれ・・・同じ台本なのに中の人でこんなに違くなるんや。。。野島さんのお人形さんな演技プランはすげぇなぁ。。。と思わざるをえません。

        興津さん好きとしては、一味違う人間味のある胸に熱いものを持ってる茅島様も素敵でした。
        でもやっぱり野島さんのお人形茅島様も懐かしいなぁ。


        ほんとに大好きな一作です。おすすめ。
        • 甲斐犬
        • 2016/07/03 3:21 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM