<< 【超絶技巧練習曲】 | main | 【箱の中】【檻の外】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【やすらかな夜のための寓話】

    0
      三木眞一郎×神谷浩史


      まさか、続きが出るとは思っていなかったシリーズです
      それ故にとっても嬉しかった!
      前のプログで「CD聞きたい!」と感想を書いてましたが
      願っていれば叶うものだな〜嬉しい



      久々のBLでの神谷さん
      私はほとんどBLCDでしか声優さんの声に触れないので
      最近の神谷さんの声や演技を久々に聞いた気が・・・・
      【言ノ葉ノ世界】 で少し出ていましたが
      その時に「演技がますます上手になった気がするな〜」と思っていたけど
      やっぱり上手になっていました
      今までの神谷さんの私が聞いたBLCDでは
      セリフの言い回しや間の取り方とかすごく好きなんですが
      モノローグがやや単調でナレーションっぽい時があったんですよね
      感情的なモノローグはいいんだけど
      情景描写や「〇〇が〜〜した」とかが単調でして
      それがシリアスでもコメディぽいのでもセリフや感情表現はいいのに
      モノローグは私的にはやや物足りない
      (下手ではないんですが)
      なので、普段受けモノローグが好きなんだけど
      神谷さん受けの時は攻めモノローグ作品のが聞きやすかったりしました
      ですが!!今回はすごく良かったです
      何だか役作りなのか最近がそうなのか声自体が柔らかくなったような?
      私は↑で好き勝手書いてますが
      硬質で美しく気品がある、他の人にはない神谷さんの固さが好きだったんですが
      これはこれでしなやかさもある美人ぽさが良かったです
      次の【はなやかな哀情】のシリアス演技がすごく楽しみになりました
      神谷さんモノローグが多くなると思うので!


      今回好きだったセリフ
      「ただいま」と言った慈英に対しての
      「お〜そ〜い〜よぉ〜」
      ちょっと拗ねてる感じがすっごい可愛い
      照瑛に嫉妬する慈英に爆笑した後の含み笑いを残した
      「ごめん」
      神谷さんの笑う演技が好きなんですが
      まだちょっと笑いの余韻を残しての呟きがリアルでした
      演技じゃなくって本物ぽかった〜
      エッチの翌朝の声がかれた
      「馬鹿・・・」
      ツンデレ受けの「ばか」呼ばわりとは違うんですが〜
      すっごい甘〜い「ばか」だったのぉぉぉ
      テレまじりの言い方に表情が見えるような可愛さ
      しかも、スゴイのはちゃんと声が枯れてるんです
      どうやって声を枯らした演技をしているのか・・・
      全体に可愛さと演技ぽくないリアル感が増していました!!


      そして増したと言えば絡みスキル
      絶対今までより何かが違っている!!!
      一回目のエッチ後のハァハァ吐息が今までにない激しさ
      熱くて甘〜いハァハァになっていましたよ〜
      二回目はしゃべりながらしているんですが
      その話す合間の吐息&喘ぎの入れ方がイイの〜
      声が響かないように口を噛みしめてる
      「ん〜ん〜」してるのも可愛かったし
      キスで口をふさがれてハワハワした声も色っぽかった



      三木さんはいつもの三木さんでした
      安心感がありますね
      独特の間合いも私はそんなに嫌いじゃありません
      「三木さんだな〜」とは思いますが
      あと、こちらは若干ヤンデレ度が増していました
      ヤンデレ攻め好きとしてはその執着具合が良かった
      病むのは愛故ですからね!!
      照瑛を威嚇しての
      「ご存じ・・・ですよね?」
      間のためがすご〜く怖いの・・・・
      また、三木さん絡みの言葉攻めも健在でして
      あのねっと〜りした言い方がエロ怖くて好きだったりします
      強いSじゃなくって、ほの暗くて重い愛が篭ったSぽさが
      三木さんにはあってそれが他の人にはない感じで私はイイと思ったり



      メイン二人は久々だったのに、想像以上に良かったです
      ただし・・・・今回ちょっとな〜だった事が2つほど
      出だしの梶さん&鈴木達さんが長すぎる・・・・
      お話自体に全然絡んでこないし
      商業誌の別カプとかでファンが付いてるワケでもないし
      購入者としてはやはりここはメインカプを中心に聞きたいワケで
      何なら出だしの慈英が東京に行ってる描写はモノローグ処理で無くても良いほど
      小説なら「次はこのカプが出るのかな〜」と楽しく読めたけど
      CDという尺が決まっている中でやるなら
      ここは切り捨ててメイン二人の話を書きおろすとかしてくれた方が嬉しい
      また、何故に梶さんに関西弁をしゃべらせたのか?
      それも普段関西弁で無理して標準語を使うキャラなんだけど
      反対の標準語の人が無理して関西弁話してる感じがしてしまった・・・・
      それと、何となくこのキャラは梶さんに合わないんじゃないかなぁ?と
      崎谷さんの受けはウジウジ系ばかりでどこか危うい?儚いニュアンスが
      どの受けちゃん達にも共通してある
      福山さんとか武内さんとか岸尾さん寺島さんとか高音で苦手だけど
      儚さや柔らかさや後ろぐらさがあって、それが色っぽさになってるのはわかる
      鈴木千さん野島健さん神谷さん鈴木達さん平川さん近藤さんとか
      崎谷作品に出ている受け役の方はやはりどこかたわんだ感じ?
      ニュアンス??みたいのが私の好き嫌い抜きにしてあると思う〜
      でも、梶さんはどこか太陽のような明るさが全面にでていて溌剌している
      陰より陽のが強いというか
      だから、ウジウジ受けをやっても意志の強さが声に出ている気がする・・・
      梶さんは可愛い系じゃなくって、ちょっとトーンを落として男前受けとか
      反対に分かりやすい腹黒受けとかした方がハマるんじゃないかなぁ?と


      もう一つは発売前から心配だった照映モノローグ
      正直、このトラック最後まで聞けませんでした
      三人で会話しているシーンはまだいいんだけど
      トラック一つ使ったモノローグはキツイかな〜っと
      しかも慈英の子供時代の方もちょっと淡々としすぎ?
      【空に響くは竜の声】で小西さんの子供時代を演じた近藤さんが
      話方をそれとなく小西さんに寄せていて
      声質が全然違うのに同一人物の子供時代ぽさが出ていた
      こうやって聞くと近藤さんやっぱりお上手だったのね・・・と思ったり
      風間さんはねぇ
      【終わりなき夜の果て】でも演技が微妙だった
      最後の置鮎さん攻め作品
      しかも相手は大好きな千葉進さん
      (さらにこの時はこれが最後の千葉進さんBLCDになると思っていた)
      脇役も豪華で演出もいいのに演技が残念だったの〜
      あと、崎谷作品で近藤さん受けという大好き要素の
      【花がふってくる】も視聴の時点で微妙すぎて購入しなかった
      今回はこの二作に比べたら会話シーンはマシになっていたけど
      それでも三木さん神谷さんの演技に比べると浮いてたかなぁ・・・
      てらそまさんが脇にいるんだけど変わってほしかった!



      続きが出たこと&神谷さんの久々のBL
      お二人の演技は前回以上に良かったこと
      良い所もありますが、正直私の感想は
      色々な要素が相まって前作作品を越える感じではないかなぁ?と
      内容自体が短編使用でお話の間の話なので
      そうなのかもしれないけど
      でも【さらさら】は良かったんだもん
      演出はBGMや雰囲気は良かったので脚本?とかかな・・・・
      このお話じゃなくって別の短編をCD化すればよかったんじゃないかな?とも
      声で聞きたかった嫉妬臣さん&デレデレ慈英とかは良かったけど
      予想以上にその他のところが私はイマイチでした


      でも、本当メイン二人は問題ないので
      このシリーズが好きなら楽しめると思います
      【はなやかな哀情】が楽しみです



      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 07:05
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM