<< 【レオパード白書】 | main | 【ワガママ王子にご用心!】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    かわい有美子さん

    0
       BL小説家の中で一番好きな方です
      この方の小説を読まなかったらこんなにBL小説にハマらなかったかも


      最初読んだ時に
      「BLでもこういう文を書く方がいるんだなぁ」と思いました
      メチャクチャ文が上手いワケではないかな
      ただ文の上手さだけを取り上げるなら木原さんのが上手です
      かわいさんはBL作家の中では上手い文の方だけど
      特質して「小説的に上手い」わけじゃないかと・・・・


      作家の書く文って読者の好みによりますよね
      私は「この人すごく文もお話も総合的に上手」て思う方います
      (M本輝・A田次郎・M部みゆき・M浦綾子・M上由佳などなど
       BL作家さんのことじゃありません)
      読んでる時は夢中だし、感動して泣いてしまう場合もあるんですが
      「好きか?」と聞かれると
      「そうでもない・・・」んですよね〜
      新刊を楽しみにしたり何度も読み返したりはしない
      でも「面白い本・スゴイ本教えて」と言われたら
      自分の好きな作家よりも↑の作家さんを薦めます
      私の好きな作家さんはあまり一般受けしない気がするので


      でもBLの場合は「萌え」が大事だと思っていました
      文がイマイチでも好きなカプやシチュエーションだったら楽しいみたいな
      実際、全然読んだことない作家さんでも面白そうなシチュエーションや
      好きそうな見た目のキャラだと買ってしまったりします
      そういう場合はその好きカプ&好きシチュは楽しく読めるけど
      自分が苦手なカプ&キャラになると面白くなかったりします

      かわいさんはちょっと違う
      「夢にもあいみん」は私の苦手な小さくて可愛い受けだし
      「上海」「上海金魚」「いとし、いとし気持ち」は大人しくてウジウジした受けだし
      絡みでは受けの口調が女になったりするしで
      私好みの男前・ツン美人とかは出てこない


      では、何がいいのかと言うと表現力と
      作者が題材に扱う事柄に対して愛着があることがわかる
      ただ、小説の題材として扱うからキチンと調べたというよりも
      元々好きな事柄だから、調べるのも楽しく筆が乗るって書き方に思えます
      「東方美人」のスパイとベルリンの壁とロシアの政界情勢
      「いのせんと・わーるど」「疵」などの刑事・検察・議員の仕事
      「上海」「上海金魚」「いとし、いとし気持ち」の上海と京都の街並み
      「home」「透過性恋愛装置」「猫の遊ぶ庭」の建築物への愛
      (分かりやすくガウディとかじゃないあたりがいいなっと)
      私は読書が好きなんですが
      ただ話題作だから読む場合
      好きな作家だから読む場合と
      「宗教について知りたい」「ユダヤ人の歴史って?」
      「登山家の手記を読もう」「薬物って何だろう〜」とか
      興味があるものに対して読む時って感覚違うんですよね


      作者が題材に対してキチンと調べた時
      元々その取り扱うものに詳しい時などに
      必要のないほど詳し〜く書きすぎて文が重い場合がある
      (近年の崎谷作品の宝石商・ネットについての記述とか)
      それを読者に対してわかりやすく、且つ丁寧にやりすぎないで
      上手く小説の中に物語に必要な分だけ説明できる方もいます
      (小説的にまとめるのが上手い方です
      木原さんとか夜花さんとかはこういう部類)


      かわいさんも綺麗にまとめているんですが
      それだけじゃなくって、作者自身のBLとは関係ない部分での
      <こだわり><愛着><興味><賛美>を感じられるんですよね
      そのあたりの興味を持っているものが私の好みと被るので
      かわい作品が好きなのかもしれません
      「いとし〜」で京都の街並みから着物までかなり詳しく描写されていますが
      (いつもBLで着物エッチがあると「着物って汚れ取るの大変なのになぁ」と
       いらぬ心配をしたものですが、この話では汚してしまった襦袢を攻めが
       新しく綺麗に仕立て直してくるところとか「わかってるなぁ」と嬉し?かった
       またそれが受けに対して重荷になったりして心理戦にもなってるのがいい)
      興味のない方にとっては
      『二人の関係を早く進めて〜』
      『ラブラブが見たい!!』て感じみたいです
      (描写が細かすぎてBLとして面白くないと感じるらしい)
      ただ、自分で着物を着れる程度には着物が好きな私としては
      帯の色合いの合わせ方や半襟のさし色の仕方とか
      想像をした時にとても鮮やかなんですよね
      漫画・映画・ドラマ・ゲーム・アニメ・舞台など物語がある媒体は
      例えば「りんごがある」というだけで
      そのりんごが青いのか赤いのか
      皿に乗ってるのか、切られてるのか、食べかけナノが
      一発で映像で理解させる・認知させることができます
      ですが、小説においてはそれを文章で書ききってしまわなければ
      そのリンゴがどういう状態なのかわかりません
      そして、文で説明されたとしても見て感じることはできないので
      【文字を媒体として読者が想像】することによって
      初めてりんごはそこに存在します


      なので、その着物の色味や人物の佇まいが丁寧に書かれることによって
      想像喚起がしやすく、脳内で人物が動くたびにその着物の艶やかさが生きるのです
      ただ文字で物語を追うのではなく
      脳内で文字を喚起して人物たらしてめているのは読者なんですよね
      私の好きな一般の人気作家さんが
      「小説は書き終わった瞬間に作者の手を離れて読者のものになる」
      旨のことをおっしゃっていましたが
      最初は意味がわからなかったけど
      作者の手腕はどうやって読者に物事をリアルに伝えられるか?であり
      物語を構築していくのは読者なのかもしれませんね
      そういう表現力というものは
      ただ綺麗でわかりやすい文であることよりも
      『読者にどれだけ細部を感じてもらえるか?』にあるかと思っています
      そういう意味で細部を伝えるのに
      その事柄に作者自身が興味があれば、おのずと表現方法に
      ≪作者自身の感情≫が入り込み温かみであったり
      リアル感であったりが出るんじゃないかなぁ?と
      私の好きなものや興味の対象がかわいさんと似ている部分もあるので
      「あ、こういう風に思っているのだな」
      「この情景をこういう風に愛しているのか」と思うと嬉しかったりもするのです


      そして、それがおのずと表現方法にまで現れていて
      リアルだったり五感に訴えたりする気がします
      五感(見る・聞く・嗅ぐ・話す・触る)を文の中で感じられるというか
      「猫の遊ぶ庭」で主人公がプールに行き
      浮き輪の乗る受けちゃんに手ですくった水をかけるシーン
      さりげないんですがとても美しくて文の中で書かれていない
      攻めと受けが目線を合わして少しはにかんでいる様子
      ぎらつく太陽の日差し青い空に受けの白い肌の対比
      ひんやりと冷たい水と生暖かい真夏の空気
      たくさんの人のざわめきの中、そこだけが一種切り取られた空間
      そういう『書かれていること以上の情報』が込められていて
      私なんかは水の冷たさやプールの香りや強い日差しを感じられました
      「HOME」の受けの目じりのほくろに初恋の少女を重ねる所とかも
      淡い切ない美しかった思い出としての少女が
      ただそれだけの存在ではなく穢れなく純真だった少年時代の自分と
      受け自身の悲しいほどの不器用な愛情の純真さと合わさっていて
      何故、ほくろごときに執着してしまうのかが
      ただの「美しさ」「可愛さ」に惹かれているのではなく
      『今自分にないものを求めている』どうしようもなさとして伝わってきた
      「東方美人2」でお風呂での歌声が漏れ聞こえるシーンでも
      少し掠れた甘い声に篭るシャワーの音
      朝食を作る温かい香りとリラックスした空気
      それがスパイとして生きる男が一瞬だけ見せる無防備さ
      自分だけに見せる素の顔
      普段の冷たい非情の性格の中に隠れていた柔らかさ
      その優しさを持つが故の現実の厳しさが痛いほど伝わり
      受けのために家族も故郷も捨てる攻めの覚悟の重さが
      軽い甘い朝食のシーンにも感じられます


      作者が書き起こした文だけでなく
      その中でどれだけ読者が物語の背景や人物の感情を
      察知して感じて想像させられるか
      ただ紙の中の事柄ではなく、想像での肉付けができるか?が
      小説での表現力だと私は思っていますが
      かわいさんの文は大弁で
      語られていること以上のものを感じられるのが好きです
      (それはただ単に私がそう感じているだけかもしれませんが)
      BL作家でこの感覚があるのはかわいさんだけなので
      そういう意味で私の中では特別なBL作家さんです


      説明することは大変ですが慣れればたやすい
      (そこに技術と努力が必要ですが・・・・)
      表現することはとても難しいです
      たくさん文字を書いて説明してもいけないのです
      たくさん書いたからって伝わるとは限りません
      世界のM島さんや文化功労賞のU野さんも
      「文はシンプルに」というような事をおっしゃっていましたし
      シンプルな文で多くを語る方が難しい



      感受性と言うと大げさですが
      私の中でかわいさんはBL作家の中で唯一
      萌えとは違う部分のそういう文の情感自体が好きな作家さんです


      「いとし〜」の話ばかりになってしまいますが
      京都にさほど思い入れがない私でもこの本の中の京都は
      しっとりと情緒溢れて美しいのです
      細い路地の中にある店先で格子を占めて雨の京都での雨宿り
      夕暮れ時に都都逸を口ずさみ着物姿で下駄をならす若旦那
      とても印象的なシーンです
      (BL的には別のシーンがいいんですが)

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:23
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM