<< 【僕が知るあなたの話】 | main | 【恋する暴君 3】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    吉原理恵子さん

    0
      BL小説を全く読まなかった時でも
      唯一読んでいた作家さんです

      ですが、ハッキリ言って文は上手くありません
      お話も最近のBLに慣れていると古臭く感じるかも
      あと同じところを何度もループするし
      ウザい女キャラがでばってくるし
      続編が二年後発売とか普通だし
      完結しないまま新連載が始まったりもします

      それなのに、何故読み続けるのか?というと
      吉原作品に上手さや面白さをそれほど求めてないんですよね
      吉原さんは別に
      上手な小説が書きたいわけでも
      どうしても訴えたいテーマがあるわけでも
      文章を書くのが好きなわけでも
      自分の小説をみんなに(猛烈に)読んで欲しいわけでも
      応援してくれてる読者のために書いてるわけでも
      ないように思えます
      (勝手な私の予想なので、本当はわかりませんが)

      何かで吉原さん自身が
      「自分の中でやおい(昔はBLをそう呼んだのです)妄想があり
       それを形にしたい!と思ったけど
       自分は漫画は描けない・・・・なら文章を書こう」と思ったのがきっかけで
      別に誰かに読んでもらうために書いたのではなく
      自分の萌えを補充するために書いたのが始まりなような言い方でした
      でも、どんな動機であれ
      猛烈に物語を書きたかったんですよね・・・・
      それで小説の基礎とか文がどうとかなしに書いてしまった
      何に対してもガムシャラな情熱って作り出すものに影響ありますよね
      美しさや上手さがなくても、その情熱に圧倒されてしまうみたいな
      反対に綺麗で上手なんだけど何かが足りないみたいな
      吉原さんの初期作品はその情熱?が溢れています
      だから、吉原さんの作品は上手さや小説としてじゃなくって
      「私はこういうのが好きなの!!」という
      作者の気持ちだけでできてる気がしてるので
      <その時ハマっている萌え熱>が下がれば
      そりゃ、続編も二年感でないし
      途中で話が終わらないでしょうね〜
      <新しい萌え>があれば完結してない作品があっても
      新作が書きたくなるだろうな〜と

      吉原作品は読者のためというよりも
      吉原さんの萌えを読者が勝手に読んでる状態な気がします
      吉原さんが好きなものを書いたらそれが商業ベースに乗っちゃった!
      みたいに感じているので
      私は完結してない作品も続編が中々でなくても
      「こんなこともあるかな・・・気が向いて書いてくれればいいな」と


      そういう「自分の好きなものを形にする」という
      それだけでBLであるとはいえ、小説を書いっちゃってる吉原さん
      (私の勝手な認識です)
      そのただのBL萌えだけで突き進んでるのが好きです
      下手でも古くても何でもBL?やおい?JUNE?愛は強いかと・・・・

      そして、吉原さんの作品はJUNEなんですよねぇ
      BLシリアスとも違うし
      BLドロドロとも違う
      古き時代のJUNE臭がするのです
      そのためいつも昭和昼ドラ風なんですが
      (昭和青春モノの時もある)
      良くも悪くもこういう作風の方はもういないので
      ある意味新鮮です

      文も作風も独特で
      最近のBL作家さんみたいな綺麗な文章やお話じゃない
      読む方を選ぶと思いますが
      私は何だかんだと好きですし何度も読み返してしまいます
      たくさんBL作家がいるんだから
      吉原さんみたいな方がいてもいいんじゃないかな?と思います

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 03:52
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM