<< 【P.B.B.プレイボーイブルース 3】鹿乃しうこ | main | 【生徒会長に忠告 4】門地かおり >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【生徒会長に忠告3】

    0
       杉田智和×鳥海浩輔
      森川智之×遊佐浩二


      続編をず〜っと待ち望んでました!!
      2年ほどあいての続編発売・・・
      この三巻はすごく好きな山城×川和カプ話が入っていて
      他の巻は実家においてあるのに3巻のみ手元に置くぐらい好き
      前作で川和が遊佐さんに決ってからず〜っと楽しみにしていたんです


      このシリーズは他キャストも私の好きな方がばかりです
      ちょっと変わってる友人役に子安さん
      このキャラ用のボ〜っとした話方が面白い
      イメージにも意外とあっています
      いつも役作りに苦戦している様子でした
      漫画読んでいても何考えてるのかわかんないキャラだもんな〜

      主人公の友人役の岸尾さん
      可愛い受けが私は苦手で、岸尾さんは結構BLでは可愛い系多いいんですが
      今回は性格男前サッパリの(今のところ)唯一のノンケ役
      自由な演技が発揮されていて楽しいです
      私は大人しくて健気で可愛い受けが苦手なので
      岸尾さんの若干キャラを壊す演技が好きです
      (その方が可愛くなりすぎないので面白く聞ける)

      そして、前回活躍?した国斉(鳥海さん)に片思いヤンデレ君に千葉進歩さん
      千葉さん自体がスゴク好き〜
      お話しが進むと千葉進さん×岸尾さんになるみたいなので楽しみです
      残念なのは3・4と千葉進さん&岸尾さんの出番がまったくなかったとこ
      漫画だとちょっとあったんですがバッサリカットされていました
      続きが出るなら千葉進×岸尾です


      国斉に執着するちょっと怖い?先生に檜山さん
      今回出番がないんですが、【4】で結構出て来ます
      檜山さんは個人的に好きなので嬉しい
      独特のじ〜っとりしかヤンデレの不気味ぽさがいいですね
      こちらも続きが出ての檜山さんの演技が楽しみ
      どれぐらい気味悪くなれるんだろう


      国斉の川和先輩に遊佐さん
      もう川和さんが遊佐さんですごく嬉しかった〜
      幼馴染の山城に執着されてどんどん追い詰めらていくところが
      遊佐さんが演じることによって変にヤンデレに感じます
      原作よりさらにネ〜ットリして感じられるし色っぽいんです
      何故か川和のがヤンデレに聞こえるような
      遊佐さんの怯えきったグルグルしたモノローグが必聴です
      想像以上の良さでした

      川和に執着する山城に森川さん
      前作で遊佐さんのキャストは決まっていたので山城が誰になるのか
      楽しみにしていたんですが森川さんですよぉ
      森川さんはカッコイイ攻め役イメージなので
      ヤンデレ執着攻めをどう演じるんだろう?と思っていましたが
      すごくかっこよかった・・・
      ちょっと爽やかさもあるんだけど、何考えてるか解んないような
      底知れない感じと山城が好きなところがあわさっていて魅力的に!
      遊佐さんの役が原作より病んで聞こえるので、少し軽いトーンと
      シリアスのグッと抑えた声との対比が活きていました
      また、森川さんの声がかっこよすぎて
      「もう川和こんなカッコイイんだから受け入れちゃいなよ!!」と思った


      主役のお二人も良かったです
      前作は鳥海さん目的で買ったCDだったんですが
      他CDにはないぽんや〜りした口調が可愛いの
      門地先生お墨付きだけある可愛さ
      杉田さんは嫌いじゃないけど、何をやっても杉田さんが出てくるのですが
      敬語でゆっくり丁寧な抑えた声の時はやっぱりいい声ですよねぇ
      【執事の特権】【エゴイストプリンス】など
      敬語攻めは結構いいと思います




      出だしの鳥海さんのモノローグ
      「病院でだってしちゃうよ〜」
      言い方がすごく可愛くて好きです
      すごい事言ってるのにぽんやりのったり口調なので笑える


      遊佐さん鳥海さんが好きなので二人の会話シーンも好きでした
      何故か受け同志のはずなのに鳥海さん相手だと
      遊佐さんが攻めっぽく聞こえます
      話をさえぎる時のかぶせるような
      「なぁい!」
      少し責めるような
      「お前はどっちの味方なわけぇ?」
      車のハンドル切りながらイライラ不機嫌そうに話す遊佐さんがカッコイイ
      受けなのにカッコイイんですよ


      女装するシーンが色々面白かったです
      「俺・・・可愛くないか?」と言ってる子安さんに対する
      周りの非難と好奇の目がざわめき
      原作どおりなんですがザワザワ感がでていました〜
      あと、原作にないやりとりも!
      国斉(鳥海さん)と川和(遊佐さん)のやりとり
      「俺〜、川和さんの女装姿も見たかったなぁ」
      「ざぁんねぇ↑ん!」
      こ、この「残念」の言い方が全然残念そうじゃなくていいの
      遊佐さんてこういうちょっと小憎たらしい役すごくハマりますねぇ
      ニヤニヤ笑いながら話してたり、含み笑いしながらのセリフが上手っ
      そして、私も原作で川和の女装みたいっと思いました
      千賀(杉田さん)に対する余裕た〜っぷりの
      「千賀君!大丈夫」
      小憎たらしいほどでしたよ〜
      (褒めています)
      それなのに、山城(森川さん)がくるといきなり慌てまくりなの
      ツン!
      ツンツン!
      なの〜

      女装した杉田さん&子安さんが自分のパートナーのを求めて
      女装パートナーを作れずにいた唯一の男鈴木達さんを追いかける
      「俺の男〜!!」
      のやりとりも面白かった
      子安さんも杉田さんも野太い声で男を追い求めるのですよ
      原作でも柔道やってる190cmのガタイの男の酷い?女装姿なんですが
      鈴木達さんの必死に逃げ惑う悲痛な叫びが何だかリアルでした
      原作とはちょっと違うやりとりになってますがコレはコレで面白かった


      今回一番の聞きどころ
      車の中で山城(森川さん)に迫られて拒否するシーン
      ここに行くまでの遊佐さんのモノローグがじっと〜りしていて
      何というか怖グルグル懊悩ヤンデレって感じなんですよ
      声だけなのに薄暗い背景が見えるような
      ただ、遊佐さんなのでただ暗いだけじゃなくって
      エロ悩ましいの!!
      追い詰めらえた感がある声が色っぽいの〜
      普段シラッとしてるのに森川さんに対してだけビクビクしてるのがいい
      怯えてるのに森川さんがすごく普通ぽいのがまた怖いというか・・・・
      そして、囁き本気声の森川さんがカッコイイの〜!!!!
      「お洋服めくらせて」
      「お前がイイ・・・」
      「いないよ・・・」
      と、吐息交じりなんですよ
      いけ!!このままいけ!!と思いました
      ヤンデレの執着まじりで嫌がっているのにグイグイ攻め込んでくる
      空気の読めない自分勝手で愛情過多の攻めちゃんなんですが
      森川さんが演じることによってちょっと爽やかで上品でかっこいいですよ
      もう抵抗しないで受け入れちゃなよ!と何度思ったことが
      それでいて、他のシーンは高め音域の飄々とした何考えてるわからない
      軽〜い男に思えるのでこのいきなりのヤンデレ具合が二面性出てます
      それを拒否しまくる遊佐さんのモノローグが・・・
      入ってくる・・・入ってくる・・・・
      な・・・何が入ってくるの???て感じで無駄にエロいです
      無理やりキスされたり体を触られて拒否しまくってる時の怯えてる遊佐さんが
      と〜ってもと〜ってもエロ
      森川さん以外と接してる時は先輩ぽいし
      鳥海さんと話してる時は攻めっぽいほどなのに
      森川さんに対しては急に受けっぽくなるんですよ
      嫌がりながらも微妙に気持ちよさそうなのがまた被虐心をそそっちゃいますね
      原作どおりなんですが遊佐さんモノローグもあるので
      程々話しています


      メインカプ杉田×鳥海カプはすれ違いながらもラブラブ
      謎の携帯プレイを披露してくれます
      ここでの鳥海さんの心の叫びが激しくて、これまた面白かったです
      この一人ノリツッコミがこのCDの面白さだな・・・と



      全体に待っていただけあってすごく面白かったです
      ですが、前回CDまでにあった漫画のセリフを全部入れるやり方でなく
      千葉進&岸尾カプ丸々カットしていたり
      ちょっとずつ違います
      私の聞きたかった国斉さんの千賀に対する一言も入ってなかったし
      その割にそれぞれのキャラが別行動していて
      場所を動く&思惑があるので音だけでは
      どこにいるのか?何してるのか?がわかりにくい気もしました
      これは次作になるともっと謙虚でして
      バタバタして何してるのかわからないんだよな〜
      人も増えてるし、ますます良く移動するし


      ただ、この国斉鳥海さんが本当可愛いのと
      森川遊佐カプが予想以上に良かったの
      それだけで聞いてよかった〜!!
      ヤンデレ森川攻め×怯えるエロ悩ましい遊佐さんに満足です





      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 12:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM