<< 【嘘と誤解は恋のせい】【ラヴァーズ・ブートキャンプ】 | main | 【二重螺旋】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【未完成】

    0
      前野智昭×遊佐浩二


      【Wonderful days?】の前野さんは個人的に微妙だったんですが
      この作品の前野さんはすごく良かったです
      【テレビくんの気持ち】【イロメ】などは良かったから
      やっぱり前野さんはこういう真面目年下くんのが合うかも
      何だろう【Punch↑】の浩太の初めての男でチンピラヒモ男も
      演技は良かったけどやっぱりイメージじゃなかったもんな〜
      フェロモンが声に出て色っぽいタイプとかは、ちょっと違うのかも
      前野さん自身がトーク聞いてもいい人そうで
      そのいい人オーラーが滲み出ちゃってる気がするんですよね〜
      羽多野さんもいい人そうなんですが
      ちょっとダメ・ヘタレなのに、絡みでは余裕のない男ぽさが対比になってる
      前野さんの声質&演技は私は結構好みなので
      もう少し色気&フェロモンみたいのが付いたらすごくイイと思うし
      そしたら受けで聞いてみたいなぁ


      で、今回はすごく良かったです!
      声も演技も原作のイメージ通りでしたし
      遊佐さんとの掛け合いや声の相性も良かったです
      遊佐さんは最初から遊佐さんの声で原作を読んでいたのですが
      (CD化されているのは知っていたので)
      予想以上に演技が良かったです


      この話は結構プレーンな生徒×先生もの
      年上でゲイで学校では性癖を隠してる大人な先生と
      家庭がガタガタしてイライラしている
      女にはモテるけど希望や未来がない高校生
      その高校生が先生を好きになって、初めての恋に振り回される
      そういうのを比較的シリアスよりに描いています


      原作の感想でも書きましたが・・・・
      攻めが若さ特有の青さと家庭環境の落ち着きなさや
      自分の至らなさ恋愛のままならなさにイライラしています
      そのために前野さんの演技もイライラ系が多いいです
      BLの攻め様は自分勝手であっても受けちゃんを愛してるものですが
      この攻めちゃんが一番に考えているのは自分です
      自分が好きだから先生に愛を押し付けるしワガママもいいます
      そういうのを許せないと口調やら態度に聞いていてイライラするかも
      私は本来そういう攻めは好きではないですが嫌いでもなく
      ただ今回の前野さんは若さ故の暴走が可愛らしく感じましたね
      「好き」なだけなんですよ
      「先生は大人だから俺なんか好きになってくれない」と思ってるんですが
      遊佐さんが色っぽく大人で怖く優しくって魅力的なために
      聞いてるほうも「これは一生懸命にならざるえないよね」となりました
      年下攻めだけど一般的なワンコ攻めヘタレ攻めの可愛さじゃなくって
      グルグルしていっぱいいっぱいでそれがただ一人に向いてる
      一途な可愛さなので、好き嫌いが別れそうです


      遊佐さんの先生っぷりがともかく素敵でした〜
      バーでの色っぽい流し目をするところの
       「フンて鼻で笑う所もカッコよいんですが
      「いい子だから、これ以上大人の楽しみをじゃますんじゃね〜よ」
      「いい子」呼ばわりがすご〜くイイんですよ
      ちょっと馬鹿にして子供扱いした「僕ちゃん」「お嬢ちゃん」扱いなの
      大人〜な感じがするんです
      それが色っぽくも憎たらしくて、でも絶対敵わない感じがする
      【耳をすませばかすかな海】の神谷さんの「ぼく」も良かったけど
      ちょっとS・女王様?ぽい余裕ある年上受けっていいな〜っと


      あと、カッコいい可愛いのとは違うんだけど
      「仕方ないな〜」て苦笑いしながらの余裕がこもってます
      前野さんの「ガキ扱いするなのな!」に対する
      「はいはい」
      いじけた前野さんに対してご機嫌取りながらの
      「い〜いよ」
      初ご奉仕で感動した前野さんがもらした後の
      「死んでもいいかも・・・」
      ばぁか」
      (ツンデレ受けの『ばか』っていいものですが
       遊佐さんの『ばか』は格別にいいですぅぅ
      すごく年上っぽくて好きです
      そして、多分この時に
      「しょうがないなぁ、でもこういうところが可愛いんだよな」て
      年下くんの可愛さにほだされてるところだと思う
      そういう微妙な心情も声に現れているのがいいです
      大人の余裕と可愛さと感じます


      あと、遊佐さんって受けのくせに怒るところが本気で怖い
      何だろうな・・・殴られそうな怖さというよりも
      「本気で軽蔑まじりに怒られてる」感じがするんですよねぇ
      安元さんや三宅さんみたいなドス声で怖いのとはまた違うんだけど
      毎回「迫力あるな〜」とブルブルしてます


      そのくせ、色っぽいところは低音のまましっかり色っぽいんですよ
      ギャップに弱い私はこの切り替えがすごく好きだったりします


      後半の泣きながら自分の気持ちをいう所も迫力がありました
      今まで年上でクールにあしらっていたのに
      本当はこんなにも彼を大事に思っていたんだな〜というのが
      すごく伝わってきました
      前野さんの「俺はこんなにも先生に愛されていたんだ」というモノローグが
      不思議とここは原作以上にグッと来て
      思わず涙が滲んでしまいました
      原作を読んでいるので、この後の展開を知っているのに
      本当に切なくってしまう熱演でした
      「遊佐さんなら上手い事演じるんだろうなぁ」思ったけど
      ここのシーンは予想以上にすごく良かった


      前野さんも今回ところどころ可愛かった
      先生の前で母親と父親の喧嘩を見て頭に血が上って
      キレそうになり、それをとっさに遊佐さんが腕を強く掴むことで
      ハッ!と我に返るところのイライラしたモノローグからの
      「あ・・・先生」の無防備な声
      本当に「アレ?オレどうしたんだろう?」て感じがするんですよ
      それと、家にいったのに構ってくれなくて布団にもぐって拗ねるところの
      イジイジしてる様子もムカ付くけど可愛いの!!
      遊佐さんの「仕方ないな〜」声とのやりとりがますます年下可愛い


      他に個人的に好きなところは
      お口ご奉仕をおねだりするところです!!
      一時男は80%以上そういうことを考えていて
      残りの20%で別のことを考えている・・・と
      実際男性から聞いたことがあります
      (ま、極論ですがそう言われるほどの時期があるということと
       そういう方も中に入るってことで)
      何か好きな人が願いをかなえてくれる!て時に出るのがコレですよ
      そして、ここで遊佐さんのご奉仕
      すごく生生してく良い〜!!
      でもね・・・でもね・・・・ものすご〜く短いの
      超フェードアウトなの


      原作も声優さんも演技も良いんですが
      このCDのイマイチなところは
      絡みがことごとくフェードアウト
      エロエロにしろ!とかじゃないんだけど・・・
      この原作は絡みごとに二人の気持ちが変わっていくのもあるから
      初めてのエッチ・お別れのエッチは入れて欲しかったな
      せめて、遊佐さんのご奉仕シーンはガッツリ入れても良かったんじゃないの?と
      そこにいくまでの二人のやり取りが良かったので
      いきなりガッツリぶっつり切られて残念です


      良かったところは最近のCDの割にちゃんとした当て馬だった
      (何となく昔のBLCDのが脇まで豪華な印象があります)
      遊佐さんの友人役の楠さんがイイ声だったの
      いつも脇に来ると「イイ声だぁ」てなってみると楠さんだったりします
      粗野でおおざっぱな性格だけど優しい・・・みたいな
      年上攻めでメインガッツリ出てくれればいいのに〜
      演技もお上手です
      あと、フリートークにいるといつも面白い


      お話自体、本来は二枚組向けの内容だと思う
      親に不満を持ち、友達や恋人に物足りなさを感じて
      少しずつ先生に心をよせていく様子が大事なのに
      そのエピソードがかいつまんでしかないから
      前野さんが何でイライラしているのか伝わらずに怒りっぽく感じられる
      上手いこと繋いで入るけど、ややブツ切り感が残念です
      凪良さんの原作は【全ての恋は病から】も二枚組にして欲しかったんだよねぇ
      好き原作&良キャストなだけに残念です
      他の凪良作品がCD化するなら今度は二枚組で聞きた〜い
      で、できればAtis製作で聞きたい・・・



      遊佐さんの先生っぷりが良かったので
      【レオパード白書】の二重人格先生が楽しみです
      何となく最初平川さんイメージで読んでいたのでどうなるんだろう〜





      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 03:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        私がKさんのお書きになる感想から得るものは本当にたくさんあるというのを改めて感じました。
        ほぼ全てに同意するか、凝り固まった見方をしていたと気付かされるかの二極に分かれる事が多いです。
        今回も両方あったのですが特に後者の部分が大きかったです。

        >「好き」なだけなんですよ
        言われて初めてぴんと来ました。
        ずっと知らず知らずの内に苛々を発散する対象になっていて、恋愛だと錯覚している部分が多くを占めていると思っていましたが、完全に一途な恋愛としてみると、また違った発見がありそうです!

        先生の「ばぁか」も、年上受けの可愛らしさとして見られていなかったので、純粋な恋愛モノとして聴き直したくなりました。

        遊佐さんの本気で怒るところの迫力と、Hがフェードアウトの不満は一緒です!!

        遊佐さんはいくつかずば抜けて素晴らしい演技があると思っていて、特に怒りや軽蔑や嘲笑などには毎回結構傷ついています(^^;。
        ドスタイプの方は形として目の前に来られたら一目散に逃げ出してしまうような怖さがありますが、遊佐さんの怒りは精神を攻撃されます・・・。

        フェードアウトは本当にもったいなかったですよね。
        私も2枚組にするに賛成です!
        必要なHってありますよね。Hが聴きたいのではなく、Hしながら心がどう動いているのかが重要なのに・・・ととても残念に思っていました。


        本当にKさんから学ぶ事が多いです!
        次に聴く過去作はこちらから選ぼうと思います!
        • ノルア
        • 2011/07/07 1:31 AM
        ご訪問ありがとうございます!
        二つもコメントくださって嬉しいです〜

        「ダブルミンツ」はCD化してほしいですよねぇ
        キャストがとても難しそうだけど・・・・

        「未完成」は久々に小説がすごくツボでした!
        遊佐さんが出ているのを知っていたのでいつか聞こうとは思っていたんですが、小説読んだらたまらなくなって即CD購入してしまった・・・
        私はツンデレ受けの「馬鹿」が大好きなんですが、遊佐さんの「馬鹿」は格別にいいんですよ〜
        嘲笑の時の花で笑う演技も好きです

        凪良作品がコンプしてみましたが、面白いのでどんどんCD化してほしいんです。心理描写が丁寧に描かれているしエピソードもいいのが多いいのでちゃんと二枚組で聞きたいものです

        ではでは、ノルアさんのプログにもまたコメントさせてもらいます!
        良かったらまた来てください
        • k
        • 2011/07/11 6:16 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM