<< 金欠でblcdが買えない悲しみ | main | 【おしおきセールスマン忌野狂助 第二話 コミコミ特典】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【マリアボーイ】木村ヒデサト

    0
      久々?にこういうちょっと変わったオシャレ風?作品で面白かった

      これはネタバレしない方が面白い作品なのであらすじを紹介しませんが
      連作短編のように主人公や目線が変わり
      そのたびに色んな人の過去の断片やら思惑やら感情やらが出てくる

      重い話というか普通のBLだと「不幸な受が愛されるまで」を描いて
      そこに「不幸で愛を知らない可哀想な男」や「その過去」をクローズするところを
      サクサクと通り過ぎて、、、、描かない!!
      描かないのです!!
      「何かあったのはわかる」のにそこが特に書かれることもなく
      且つ、「可哀想な男」→萌に変換させない

      だから「変な執着を持ち変な趣味の男を惹きつけブラブラヘラヘラしてるビッチ」を
      魅力的に思うか思わないかは読者次第
      どうとでも読者を可哀想な男に同情させたり感情移入させたりできそうなのに
      それを作者が重要視してない感じがいいなぁっと思いました
      あるのは「過去」「回想」ではなく三者三様の「現在」のみ
      「未来」はあるけどハッピーEDというより
      人生は続いてるんだから本人次第で明るくなるよ〜という感じ

      ドロドロしてるのにサッパリという謎の味付けになった作品です
      それなにすごく爽やか?な学生青春BLが入ってるのも面白かった
      「現実にこういう奴いるけど自分は苦手だな」という楽天的な自由人を
      読者として見たら魅力的に見せてるのも良かった
      社交的で明るくて押しが強くてその場の雰囲気でおいしいこと言えちゃう気の利く男とか
      魅力的だとは思うけど私は嫌いなんですよね
      そういうのがリアルなのにちゃんとBLしてるというか
      作品の中では素敵に見える

      絵は荒い感じなので好き嫌いこれまた別れるでしょう
      でも、この話にはあってると思いました
      ちょっと違うけど鳥人ヒロミさんとか好きな人にはお薦めかな?どうかな〜

      ヤンデレが無条件で結構好きなので(脇でもメインでも)
      そういうのも好みにあっていました










      読んでないけどあらすじ見て興味がでた二冊

      【バラ色の人生】恋煩シビト
      ヤクザの愛人に無理やりされたれた男の話で大筋はBLアルアルなんだけど
      そのヤクザが組のために主人公を他の奴に抱かせるわ
      自分は女と結婚して子供を作るわ
      こういう無理やり愛人系なのに「愛」がない
      いや、愛がないことないんだけど「本来のBL王道」としての「愛がない」
      そういう本来のBL萌と直結しないような「不幸萌」みたいのが
      juneぽいな〜と
      この人の他の話でノンケに惚れて悲しい思いをした男が
      やっと次の恋をして幸せになったか?と思ったら
      「恋なんてもんはずっと続かずいつかは冷めてしまうもの」みたいな
      特に悪いことしてないのに相手の男が新しい男を好きになって
      ドラマチックでもなくなんでもなく惨めに振られて
      それでも普通の生活が待ってるよ〜という連作短編を色んな単行本にランダムに入っていた
      (だから最初は同じ主人公がだと思わず、読み返してあれ?となった)

      男女でもくっつく別れるあって、結婚してもま〜それが今は安定でもなく
      男同士だからって「BL」として夢はみるけど
      やはり永遠なんかなく それでも生きてかなきゃな〜という
      しぶとさともの悲しさとリアルさが変にある作品を書く作家さん
      珍しい作風ではあるけど、萌るのか?というと・・・・
      萌はなかったりします

      【紅い椿と悪い虫】博士
      転校してきた美少年が気持ち悪い同級生に「美しい」からという理由で
      ネチネチ虐められる話
      この主人公の見た目がBL健気系の色素が薄い小さく可愛い美少年ではなく
      前髪のない短い髪の黒髪っ子で珍しい
      これもネチネチした精神にくるいじめがジュネぽいな〜と
      いじめる子のビジュアルや動機があれだな〜とか
      ラストも結構バットらしいです
      (読んでないから知らないのでいつか読みたい)


      こういうのを見ると一周回ってジュネぽさが回帰してるんですかね
      私は結構「BLジャンル」は王道も邪道も好き嫌いせず読めるのですが
      (もりもり筋肉・もじゃもじゃ毛深い・男の娘・バッドED・女が出張る・
       リバ・3p・ス○○ロ・SM・おネエ攻とか萌はともかく何でも平気)
      普通に楽しくBL読みたい人にとってはありえないだろうな〜
      BLで「シリアス」やっても何というかそれは「BL空間でのシリアス」で
      ちょっとリアル感とは違うんですよね
      それを「BL空間のシリアス」から「いつものBL空間とはまた違う新たな空間でのBL」なので
      「え?最後はみんな幸せになるんじゃないの?」
      「悪いやつは結局不幸になるよね」
      「可哀想な目にあっても結局主人公は愛されてるはず」と
      BLアルアルを期待すると痛い目に合うという

      木原音瀬さんの小説がコレかな〜と私は思っていますが
      漫画ではこういう系統のが余りなかったので
      色んな作家さんがこういう風な作品を書くのは面白いなとは思います
      でも賛否両論だろうし嫌いな人はとことんダメだろうなとも
      阿仁谷ユイジ【刺青の男】小野塚カホリ【美少年】もこのジャンルだと勝手に分類

      緒川千世【ラクダ使いと王子の夜】の中の短編父×息子のヤンデレとかは
      ややBLらしいかな?

      雲田はるこ【新宿ラッキーホール】とかは痛さはありながらも
      ドラマチックさや今風の明るさ?軽さもあってジュネではないなぁ

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 17:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM