<< 【Mr.シークレットフロア〜小説家の戯れなひびき】 | main | 【チョコストロベリーバニラ】彩景でりこ >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【NightS】ヨネダコウ

    0
      キャスティングが全体的に合ってなくはないけど
      ピッタリではないな〜っと思ったのですが
      意外と良かったです

      ピッタリか?というとやっぱり微妙に違うのですが
      ある種「原作より好きだな」「原作よりわかりやすいな」てところと
      「声の組み合わせがいいな」ともなり
      結果的には良かった
      これ聞いてから原作読むと
      「ここそういう気持ちだったのねてなりました

      基本は原作読む派なのでイメージに合うというのが大事なのですが
      イメージとの開きをどう声優さんが埋めるのかも面白いし
      思いもしなかった感情面が新たに読み取れるのも楽しいので
      これはこれで良かったです

      ただ良作か?というか・・・・
      う〜〜〜ん〜〜〜〜
      思ったより普通なんですよねぇ
      話自体も2編は日常話なのでそこまで大作ではない

      BGMは調度よい音量で場違いなものがなく聞きやすいです
      脚本も漫画にないセリフが少しだけ入っていて
      より音だけでわかりやすいようになっています
      (原作そのまんま音声化して何やってるのかわからない作品とかもあるので
       綺麗にまとめられていたと思います)
      脇役の方も下手な人やイメージに合わない人もいず
      皆さん上手でした


      あまりピリピリせずニュートラルな気持ちで聞けば
      原作好きでも楽しめると思います




      私が印象に残った順からの感想になります
      実際のCDとは反対になり
      読みにくいかもしれません
      スイマセン
      (タグも一番印象に残った作品の人にしてしまいました)



      【リプライ】前野智昭×間島淳司

      この話、原作で一番よくわからなくって
      二人の気持ちも私には何故かしっくりせず
      黒髪短髪見た目男前と私の好き要素詰め込んだ受けなのに
      あまり萌もせず
      一番は攻めがよくわからなかった
      掴みにくというかどういうキャラだかわからないので
      ハマりきれないのかな〜と

      それが、CDでは二人の気持ちがわかりやすいというか
      今までしっくりこなかったのが理解できたりしたのです

      原作を読むって自分だけの理解だけど
      CDって脚本監督演出とかもそうだけど
      演じる声優さんの解釈が入るせいかな〜と思いました
      私の感じ方だけじゃない他人の読み取り方が伝わってくるので
      それが面白いな〜
      ドラマCDの楽しみってこういうところにもある!
      アニメは絵が入るし見せ方の演出とかでも影響するけど
      CDだと本当音だけなので、より声優さんの演技が重要だな〜と
      それをBLで聞けるなんてやっぱ演じる声優さんには感謝感謝


      前野さんはやっぱり毎回毎回演技が上手くなってると思う
      昔〜〜しは低音ボソボソ無表情キャラやると棒ぽくなってたのに
      今回は低音で淡々とした話し方なので棒じゃなくって
      しかもその無表情の中にチラっと見える
      素の部分とその出し方みたいのが上手かった
      前野さんのおかげでよくわからん攻めの心情がちょっとわかるようで
      更に不器用なところが可愛く思えた

      「大人の不器用故の可愛さ&純情」というのが
      この作品のポイントだと思うんだけど
      私にはど〜してもこの攻めの良さがわからなくって
      で、CDになってそれが完全に形なったか?というと
      ちょっと原作とは違う形になってるんですが
      それでもこれ聞いてやっと私は攻めを可愛いって思えた
      だから、この話に関しては原作の攻めより
      前野さんの演じ方のが好きだった〜

      ↓にも書いちゃったけど
      原作標準で行くと保村さんのが合うと思う
      クール無表情で仕事ができる男前社会人にしては
      前野さんの声ってフレッシュさがあるというか・・・・
      だけど、前野さんじゃないと
      この私が感じた可愛さはなかった


      間島さんは普通のトーンだった
      もう少し低音?男っぽくくるかなぁっと思っていたけど
      すごく普通のトーンだった
      それが受けの普通ぽさと上手くハマっていた
      キャラとしたらもう少し男っぽい低音のがピッタリだけど
      前野さんが低音朴訥なのでこれぐらいのが聞きやすかったです
      攻×受の対比が出ていたように思う
      低音同士も私は好きだけど同じ音域だと【NaightS】みたいに
      たまにどっちがどっちだかわからなくなりそうだし
      攻受の音域の高低差少しでもあるほうが音声作品としてはバランスがいいと思うのです
      私にこのキャラに関しては何にも声イメージがなかったので
      間島さんでスルっと入っていけたのもある
      (でも前野さん小野友さん野島裕さん興津さんでもできそうだな〜と
       というか空気声ばかりなのでこのCD内で全員シャッフルしても
       違和感ないかもな〜と思いました)




      の整備工の間島さんは調子が良いセールスマンが苦手
      でも前野さんの丁寧に顧客を考える仕事っぷりや
      整備工の自分が漏らした不満も解消できるように働きかけに触れ
      食事
      に行ったり仲良くなるにつれて惹かれていきます

      間島さんと話して楽しいのが
      「俺だけかもしれないけど」てボソっとした
      前野さんのちょっと拗ねたような純情そうな言い方が

      可愛いかった!!!

      原作だと無表情で何考えてるかわからないんだけど
      前野さんはず〜と淡々としてるのに
      ここで行き成りワンコのように可愛くなるんですよ
      「俺は好きだけどあなたは何とも思ってないんでしょ?」ていう
      大人でそつない仕事できる男が子供みたいになってるんですよ
      この、この前野さんの言い方がズルいの!可愛いの!
      それまでの淡々とした態度と素の感情が見える加減が絶妙

      一緒に飲みに行く約束をしての嬉しそうで柔らかい声の
      「どこでもいいです」
      口説きモードの甘い声がまたズルいよ〜
      今までクールだった分甘い声の破壊力のギャップが強い
      こりゃ、落ちる
      この時点で私この攻めがすごく好きになっていて
      で、原作読み返したんだけど原作ではまだ微妙にクールで
      CDで聞いた攻めに対するキュンキュンがなかった
      でも、このシーン聞き返すと
      やっぱり前野さん可愛いし優しい声がかっこいいのです
      きっと主人公もこの時点で落ちてるんだろうなぁってなりました


      予期しなかった合コンに前野さんを連れて行き
      女性とイイ雰囲気になったのに「嫌だ」と思う間島さん
      結局女性のことは断った
      みたいだけど
      自分の恋心を自覚して
      部署移動が決まってる前野さんを避け始めます
      飲み屋
      で二人っきりになり優しい言葉をかけられて
      思わず「好きだ」告白してしまう間島さん
      断る
      前野さんに立ち去る間島さん

      泣きながら告白する間島さん可愛いかったです
      泣いてる間島さん(の演技)って可愛い〜


      告白されてから間島さんのことを考える前野さん
      恋愛感情じゃないけど自分も好意を持っていて
      それでどうして男同士で恋愛になるのか?とモヤモヤ

      後輩担当の車の故障原因がわからなくって
      思わず間島さんを頼ってしまう前野さん
      管轄外の故障チェックは横の繋がりや色々面倒ごとがあるし
      時間外なのに前野さんのためにしてあげるものの
      それを理解していなかった前野さん
      ただ間島さんに会うための口実にしてしまっていたのです

      一人になって思わず泣いてしまう間島さんがやっぱり可愛い
      それと前野さんの何にもわかってなくて
      無意識に会いたくなって軽率な行動を怒られてしょんぼりしてる
      「すいません・・・」も良かった

      なんだよ・・・あんたわかってないけど好きなんじゃんよ〜となります


      後日もしょんぽり(←モノローグがしょげてて可愛い)
      間島さんと一緒に食事に行く事務の女性に
      「彼は好きな人がいるからやめたほうがいいと言ってしまいます


      これまで明るく話していた女性の
      「関くん(間島さん)が言うほど優しくないよね」
      「それって関くんにだけ優しいってことなんじゃないの?」
      「ハッキリ言って変だから」

      ここの豹変した冷たい口調にちょっとゾッとしたな〜

      男より女のがこういう時冷たいというか変わり身早いよね・・・という
      女のそういうスッと無表情になる瞬間が妙にリアルでした
      実はCD二枚通して私が一番印象に残ってるのが
      この女性の演技だったりします
      何だろうな〜。男ばかりの偽りのBL空間において
      リアルな女の冷たさが出ていたというか
      やっぱ、女は怖いわ〜と
      でもこの子イイ子だよね
      こんな無神経な男に好きな男取られて
      普通に一緒に仕事して言いふらしもせず態度変えずに接してるんだから


      やっと自分の気持ちを自覚した前野さんは
      間島さんに会いに行き気持ちを伝えます


      「俺のこともう好きじゃない?」

      もうね!ズルいでしょ

      この言い方は〜
      ちょっとすがる感じで言ってるの
      まるで年下攻めみたいに相手に甘えてるの
      相手が自分を好きなのを知っているから言えるセリフで
      でも「好かれてないかもしれない」と不安がってる
      傲慢さと甘えと純情と愛情があいまってる言い方
      微妙なものを混ぜ合わせた感情がちゃんと声に乗ってるのです

      後日談の思い出してモニャモニャしてる間島さんも可愛かった


      付き合い始めて三ヶ月の二人

      夢の中の前野さんの名前呼びがエッロかった
      なんちゅ〜声だしてるんだよ
      名前読んでいるだけで色々ダダ漏れでした
      ちなみに3カプ中で一番キス音がエロいと私は思います


      一緒に休みを取ってお泊り旅行するつもりだったが
      急に仕事が入ってしまって出勤する間島さん
      前に食事の約束していた女性と仕事関係で電話します
      彼女は二人の関係を知っているので相談?します

      「俺って別に可愛くないよな!」
      「なにそれ?惚気?」


      このやりとりも好き
      原作でも良いけどテンポがよくってやっぱり良かった
      それで結局
      女性に「人間的に可愛いてことだよ」て言われるんですが

      攻めの「可愛い女扱いじゃないかぁってグルグルしてる時点で
      あんた可愛いよ〜〜〜



      仕事後、前野さんの家に寄る間島さん
      うたた寝「泊まってけば?」と言われて
      頑なに帰ろうとします
      色々誤解をといてチュッチュッ


      相変わらずキス音がエロいです
      押し倒されて受けが「待って」と言ってるのに
      余裕のなく息たっぷり

      「ごめん・・・待ちたくない」

      この前野さんが非常にエロかっこよかった

      肉食獣だった
      あんなに前半クールだったのに
      必死に告白するところとか可愛かったのに
      行き成りエロくなるんて

      やっぱ前野さんずるいよ〜!!!!

      それなのに「いやだ」と拒否されての
      呆然とした
      「え・・・やだ・・・?」がショック受けてて
      すぐに弱気になっちゃうの
      ガツガツしても拒否されるなんて思ってなかったのね

      「俺がスケベだと・・・ダメ?」
      「ぬああああ〜〜〜」
      ゴロゴロゴロ


      「ダメ?」のタメ方が!!!
      こんな言い方されたら断れないよ・・・・という
      わかってやってるわけじゃないけど
      非常にあざという「ダメ?」なのです
      前野さんのワンコみたいな上目使いみたいな言い方が
      それに拍車をかけていて
      本当にゴロゴロする受けの気持ちがわかるよ

      ガツガツしょんぼりおねだりって三段活用すぎるよ

      ああ、ズルいズルい


      間島さんの反応もイチイチ拗ねていて可愛いのですが
      トドメがこれ↓↓

      「欲とか・・・
       ないわけないんスケド


      すっごいモジモジしてる言い方が可愛かった
      是非に聞いてみてほしい
      ここは私の中で原作以上だった
      「あ、そうなのね〜」と原作で軽く読み飛ばしたシーンで
      私がゴロゴロしまくるとは・・・・

      絡みはちょっぴりですが
      何か雰囲気がイチャイチャしていてエロかったです
      「ガツガツ・・・確かに・・・」
      「ごめんって

      前野さんの謝っちゃうぐらいのガツガツ具合感じられました


      結局最後まで致せなかった二人のその後が見たい
      ガッツリ最後までしてるイチャイチャが見たいわ〜
      最初に書いてるけど、このカプ私はそんなに好きじゃなかったんだけど
      CD聞いたらすごく二人が可愛く思えました


      間島さんも相当可愛かったのですが
      こうやって感想書くと前野さんが私のだったようです
      これは本当CD聞いて私は良かったです

      ただ私は先にあまり良いイメージがないからこの評価だけど
      思い入れがあってキャラの形がガッチリ固まって聞くと
      また評価が違うのかもな〜とは思います

      ちなみにこれのマネージャー役の人が三作通して一番
      チョイ役の中では演技上手かったです



      【感情スペクトル】保村真×逢坂良太

      逢坂くんでした

      ああ、こりゃ可愛いよね
      何だか納得の可愛さでした

      ボソボソ無表情系キャラなのに棒読みではなく
      純で素朴でおぼこいのがちゃんと出ていた

      可愛らしさはあるものの受け受けしい高音キュルルン声でなく
      ちゃんと男の子ぽさがでていて
      女性声優さんが出す少年声とかではなく
      男性声優さんの無理ない男子高校生という感じが
      普通なんだけど「雄々しくなく女々しくない男の子ぽさ」が絶妙にあって
      良い感じでした

      あと色んな意味で初々しくてキャラにあっていた
      声もあっていた
      他の役だとどんな感じになるのかな〜?と興味が湧きました
      声質も演技も普通なんだけど
      こういう日常系には普通ぽさがいきるので
      今のBL原作にはあってる&需要があるタイプじゃないかな〜

      保村さんは正直
      【リプライ】の前野さんとと交換した方が合いそうっと
      思っていて、両短編とも反対キャスティングのがイメージはあう
      (聴き終わった後もそう思ったりもする)
      でも、何というか保村さんの演じ方が良かった
      あと私保村さんの声好きなのかもな〜とも今回始めて思った

      かっこよかったの


      クール内心の純情の対比で
      攻めでクールに見えるけど
      高校生らしい恋に振り回される可愛さ
      原作のがあったのですが
      (多分、前野さんだとこの高校生らしい恋愛がクローズアップされたと思う
       それはそれで聞いてみたかったかな)
      淡々と俯瞰して周りを観察しているようでいて
      実は自分自身の感情に振り回されてる戸惑い・・・
      クールな大人ぽさがより感じられることによる相手への思いというのは
      CDのが私は感じました
      「恋愛感情」に振り回されているのではなく
      「好きな相手だから」気になってるというか

      逢坂さんとの声バランスが良かった
      高校生にしては保村さんの声も演技も落ち着いているのですが
      それがより逢坂さんのピュアさ可愛さを強調!
      保村さんがどこか包容力ある声色なので
      逢坂さんに庇護欲を掻き立てられるのが感じられる

      「二人でモヤモヤを抱えた初々しい恋愛」という原作イメージと
      「受けの不器用さを愛でる優しい攻め」という声イメージが
      上手いこと合致していて
      原作の初々しさが少々抑えぎみになっているものの
      音声化ならではの違う一面が出ていて
      私としては音声化の方がより受けが可愛く思えました

      二人共が「好き」に振り回されているんだけど
      保村さんに余裕がある分
      より逢坂さんのが「好き」に戸惑っている様子になっていて
      可愛いのです
      その可愛さもキラキラキュルルンした可愛さではなく
      素朴な可愛さが良かった〜


      保村さんの親友役の興津さんは何でもできるのか!
      お調子者でアホ明るい高校生なのですが
      大人しい二人の中で浮くこともなく
      それでいてアッケラカンとギャイギャイしてました
      テンション高いんだけど演技がうるさくないので聞きやすい
      ポーンっとした軽さが気持ちよい
      保村さんとの会話のテンポがすごく良くって
      その分、逢坂さんのたどたどしさが際立つ・・・・という
      良い脇役具合でした
      うるさいのに何だか可愛くて
      「保村×興津もいいな〜」て出だしちょっと思いました

      総評して、保村さん興津さんの自然に手堅い演技で
      より逢坂さんの可愛さが際立っていた
      初逢坂さんの声聴きがこちらの作品で良かったな〜


      いつも感じる逢坂さんの視線
      保村さんはその視線を親友の興津さんに向けたものだと思います
      興味から声をかけ興津さんとの仲を取り持つ約束をします
      だけど、次第に逢坂さんに惹かれ始める保村さん

      逢坂さんの視線が分かりやすすぎるという会話での
      「でも・・・露骨だって」
      うわ・・拗ねてるよ
      可愛い

      ここの逢坂さんの拗ね声が可愛いんですよ〜!!!
      保村さんの心の声に「そうそうて思うぐらい
      また保村さんの「可愛い」の言い方が愛でてる感じで
      かっこいい
      スルっと自然に「可愛い」て思っていて
      それを余裕たっぷりに言ってるのがイイ

      自分が知らない間に仲良くなっていた興津さんにモヤモヤ
      二人に八つ当たりまでして反省
      彼女とも別れます
      家で三人で遊ぶことになり
      興津さんが逢坂さんと二人で出かけようとします
      そこに逢坂さんが戻ってきて
      「本当は保村さんが好きだった」と告白されます

      戻ってきて扉をこじ開けようとしてる興津さんを締め出しての
      「でももう嫌なんだよ
       お前の口からあいつの名前聞くの」

      最後の保村さんの情けない言い方がカッコ悪くて
      その分、キュンっとしました
      比較的イライラしてもモヤモヤしてもどこかクールだったので
      尚更、最後の最後のこの一言の情けなさというのが
      愛情に思われて、この保村さんの言い方がまた私はツボだった



      【NightS-ナイツ】小野友樹×野島裕史

      正直、一番野島裕さんが合わない??と思ったけど
      やっぱり合わないな〜と思いました 

      野島裕さんは声に元々ビッチ臭がないんですよねぇ
      悪どさというか黒さというか
      爛れた汚さがないんですよ〜
      (溢れ出るエロさともいう)

      それは悪いことじゃなくて
      心の綺麗さ素直さ優等生ぽさがある
      (私が感じてるだけ〜?)
      【ダブル・ミンツ】でも思ったけど
      こういう裏がある黒い役をやるには
      野島裕さんは綺麗すぎるわ〜・・・・

      想像よりは寄せていたけど
      少し低めで話しているせいで小野友さんと音域が被っちゃってたし
      う〜〜ん・・・やっぱり声の相性自体もイマイチかなぁ


       


      演技はよくって寄せてはいるけど
      何というかこういう役は色気や黒さを出すんじゃなくって
      普通にしているだけなのに胡散臭く
      滲み出る一筋縄でいかない性格の悪さ
      隠しきれいない背景の怪しさ
      そこから溢れ出すドロっとした色気

      そういうのが私は欲しかったの!!
      遊佐さん千葉一さん(昔の)三木さんとか?
      今なら興津さんもできそうだなっと思います

      話してるだけで「こりゃ、何かあるぞ〜」みたいな雰囲気が
      自然に欲しかった
      年上受けにある包容力みたいのも物足りなかった
      私年上受けにある無茶をする年下君に対する
      「仕方ないな・・・」みたいな感じが欲しいのです
      (こいつ可愛いし)仕方ないな」という心の声込みで!
      それが相手にも、許してしまう自分にも苦笑いして妥協しながらか
      もう全部ダメなところもいいところも受け入れてなのか
      そこはその受けの度量に任せるとして
      この言い表せない包容力があってこその年上受けだと思っているので
      (ちなみに苦笑い〜は遊佐さん、全部受け入れは平川さんが
       それぞれ年上受けの私の勝手なイメージです)

      私は野島裕さん自身は好きです
      今でもよく聞くリピCD10作に【やさしいエピローグ】
      【下がってお待ちください】【ブーランジェの恋人】と三作入ってるほど
      (大好きな進歩なんて色んな意味で濃いしうるさいので
       元気がある時か必要以上に元気がない時しか聞けない・・・・)
      野島裕さんの声と演技はスルっと耳に優しく癒されるので聞きやすい
      好きだからこそ、どうも違うな〜と思ったのです

      小野友さんは相変わらず良かった
      私、小野友さんは攻めのが好きでして
      一応受け作品網羅して、攻め目的で購入はないのですが
      攻めの時のが絡みの時必死さが出ていて
      ソツなくこなす会話モノローグ部分と荒々しさがある絡み
      このギャップが良い〜
      (声質は好きな方ですが受け喘ぎは吐息系なので
       別に日野さんでも間島さんでもそれなら構わん!と私はなる)
      コミカルな演技も良くってテンション高いのにうるさくならない
      (関係ないけど興津さんもそうですねぇ)
      そのギャグぽさとシリアスさの切り替えも絶妙でした
      小野友さんも器用で何でもできますね
      【キャッスルマンゴー】で爺さんやってた時はビックリしたしなぁ

      麻薬取引のために運び屋の小野友さんと接触する野島裕さん
      綺麗な顔して掴めない野島裕さんに惹かれていく小野友さん
      身体の関係を結んだ後、自分が麻薬を取り仕切ってるトップの私生児で
      産まれた意味を探るために運び屋をしていることを漏らします
      翌日、小野友さんが取引している時に警察が立ち入り
      間一髪海に飛び込み難を逃れます
      そこに現れる野島裕さん・・・・実は刑事でした
      ヤクザのふりして小野友さんに近づきしっぽを掴み
      情が写ったからギリギリで小野友さんを苦手した・・・という

      実はあまりこの話は印象に残るシーンがなかったりします
      原作のが好きというか

      ただ最後の再び小野友さんが訪ねてくる話は好き
      宅配便のふりして家を訪ねたら
      マッパで居たので襲ったのにあしらわれちゃうという

      イイ声すぎる
      「ハンコ・・・お願いします」もよろしいですが
      個人的には息たっぷりの
      「焦らすなよ」がワンコだった
      余裕ない感じとエロさとかっこよさと年下ぽさと拗ねた感じと
      色んなの年下攻めの要素が篭ってるところが好き

      その後の我慢ができないガッツキキスもエロかった
      こういう感じが小野友攻めの良さだと勝手に思っています
      色気と若さとガッツキ
      私の中で勝手に羽多野さんの次のワンコ年下攻め有力候補だったりします
      (だけど、まだ私の中で年下ワンコ攻めは羽多野さんが一番です)

      「テメェ ケツだせよ
      「もう出してる」
      「生殺しかよ!!」
      「泣くなよ 可愛いな
      「頼む!一回でいい
      「ヤダ」
      ↑このやりとりも好きでした
      一番ここが素直に聞けたな〜


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 04:05
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM