<< 【クロネコ彼氏のアソビ方】 | main | 【きみが恋に堕ちる】高永ひなこ >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【他人同士「幸福論」  小説chara付録cd】秀香穂里  

    0
       小野友樹×日野聡

      秀さんの小説はそれまでイマイチ私はハマらなかったけど
      この作品を読んで、色々買い集めちゃったくらい
      この【他人同士】は好きです

      結構、エロ重視の話→秀作品のイメージがあったのですが
      こちらは全三巻で編集部の仕事事情が中心で秀作品の中でも地味じゃないだろうか

      でも、その地味だけどじっくり丁寧な心理変化描写が私はすごく好きだった
      好き→それを自覚する→葛藤→受け入れるまでを3巻に渡って書いているのです

      以外にBLだと「好き」からの自覚が早いけど、すぐ自覚せずの葛藤から
      過去のトラウマまでを丁寧におっている

      起承転結が緩やかというか、それを三巻通しで長々やっているので
      ドラマチックな話が好きな人には物足りないと思う
      仕事話も多いし、華やかさが足りないというか
      (なんだかんだ人気のある作家さんってこのドラマチックさを表現するのが上手い
       日常系で特に大きなことが起きないのに昔の崎谷作品は読者を引き込んだのはそこだし
       酷くシビアな話が多い木原作品も最後は結構ドラマチックですよね)

      でも、私はその丁寧さがすごく好きで好感を持ったのです

      また受けが私好みだったのです
      ゲイでタチ(攻)で自分より大きな男をヤるのが好き
      恋愛は面倒だから、性欲が満たされればいい
      仕事が出来てサバサバして性格は男らしい

      こういう受け受けしくない男が「好みだな押し倒してやる!」と思っていた
      年下の真面目ワンコ青年に反対にヤラれちゃうのですよ〜!!

      一巻は、そんな「ヤってやる!!」→ヤラれる→やり返してやる
      と、ある種blらしい展開に仕事話
      二巻は「主人公が本気の恋愛をしない理由にあたる過去の恋人」
      これまたテンプレなのですが、ドラマチックBLらしくてすごい話があるのではなく
      本当普通の過去の失恋なのですよ
      でも、それ故に自分の恋愛に重ねての共感度が高いのです
      「ああ。そうそう若い時は恋愛が全てでその人が全てになるよな〜」
      「相手がいるだけでよくって、その人の全てが正しい気がするんだよなぁ」
      「ちょっと酷い男のが魅力的に思えたりさ〜」と
      それは「恋だよ」てなる過去話で、しかも一巻で受た主人公が攻ているのも新鮮
      三巻は過去の恋に踏ん切りを付けて、ワンコ攻君を受け入れるまで
      なのですが〜、元攻だし「恋なんてしない」主義だからそこはグルグル
      そのグルグルはしつこいし、何度も同じところを行ったり来たりするので
      人によっては「もういい加減に受けれて先に話進めろよ」て思うかもしれない
      けど、バリバリ仕事して独り立ちして男としてのプライドを持っていて
      もうアイデンティティがしっかり確立して、それで30年近く生きてきた人が
      それをグルリと変えてしまうのはすごい決断だと思うのですよ、実際の話は
      BLで空想で虚偽だから、そこに真実はは必要ないのかもしれないけど
      この「自分の考えを変える事への葛藤」がしつこいぐらいやってるのが良かったなっと
      BL受けによくあるフワフワ可愛い・儚げ美人・元気キャンキャン・優しい優柔不断とかだったら
      そこまで悩むことないんだけど、全三巻通して主人公の性格を知ったから
      悩むのも仕方ないと思うし、やっと受けれた時の感動もありました〜


      原作が好きだから語ってしまいましたが、CDの方の感想へ

      お話は、そんな主人公がワンコ攻とくっついた後日段

      日野さんはイメージ通りでした
      受だけど「元攻」ですからね!!
      しかも年上で仕事ができるサバサバした男
      ちゃんと低音なのです
      でも野太いわけでなく、日野さん特有の柔らかさもある低音
      それでいて今回は余り受け受けしくなく、微妙な男ぽさも感じる
      この、絶妙な加減がすごく良かったです


      小野友さんも真っ直ぐで優しくて性格のよいワンコ攻めがピッタリ
      私、羽多野さんの年下攻めがすごく好きなのを
      何度もここで訴えてますが
      小野友さんは羽多野さんと違うベクトルで年下攻めがすごく良い
      ヘタレ要素が小野友さんの場合あまり感じない
      それでいて、性格の良さと包容力と優しさを感じるのに
      絡みになるとガッツガツ
      あんなに優しそうだったのに、絡みになると余裕がないガッツキ
      私ねぇ、年下攻めはこのギャップが大事だと思うのです
      普段は可愛くてもヘタレでも尻に敷かれていてもいいんだけど
      お布団?では「こっちがリードするぜというか
      「余裕がなくて強引に攻めちゃうぜ」みたいなのが欲しい
      小野友さんはそこがとても良く反映されていてすごく好みの攻めっぷりでした
      私は他人様のBLプログ感想を巡るのが好きなのですが
      小野友さんは「受が色っぽい」言われてますけど
      私は「攻めのが色っぽいと思う、少数派です
      なんというか、控えめな吐息喘ぎなので
      そういうのは私あまり聞き分けができないのです
      なので小野友さんがどうこうよりも最近の傾向は
      もっと気合入れて喘がんか〜いてなります
      (と、最初はちょっとイカっていたのもありますが
       大好きな絶叫系進歩が吐息系になり
       この人と遊佐さんと進歩が入ればBLで生きてける!!と思っていた
       三大好き喘ぎの鳥海さんが格闘系になり
       アンアン盛大な平川さん鈴木千さんがでなくなり
       軒並み大人しい喘ぎに制覇される昨今はちょっと悲しみですらあります)
      最初の彫り込みで「アンアンしているのが色っぽい」と思っているので
      鈴木千さん遊佐さん岸尾さん福山さんとかのが好き嫌い別にして色っぽいと思うのさ〜

      小野友さんは攻の時のが受の時より息が荒々しくって
      それがワンコ攻めの
      「辛抱たまらん!!我慢できん!!ぐわ〜!!!」という
      性欲と情熱を感じて好きです
      一生懸命で可愛くすら思います


      blcdを聞く気分になれない今の私ですが
      このCDのみは良くリピしています
      この原作が好きなのあるけど
      一時間一枚を聞く気力がないのですよ
      その点、こちらは18分と調度良い長さ
      良い意味で二人の声があまり個性が強くないこと
      私が一番聴きやすい中低音組であること
      本編後日談で内容が特にないのとで聴きやすい


      諒一(日野さん)と両思いになって嬉しい暁(小野友さん)
      日頃の家事への労いでマフラーをもらって喜んだら
      それの色違いを日野さんが買っていて「お揃いに喜ぶも
      仕事ばっかりでイチャイチャできなくて寂しい


      ワンワンと懐きまくって小野友さんが可愛いです
      一生懸命、尻尾を振ってる感じです


      雑誌編集の仕事が追い込みに入り
      病人が出て人手が足りなくなったので
      急遽、暁を呼び出す涼一
      「後で何でも言うことを聞いてやるよ」と言います
      仕事が終わると早速
      「ねぇねぇ、諒一さん!
       俺、頑張りました


      これまた、すごい必死で可愛いの
      褒めて褒めて俺頑張ったよてな感じで
      ご主人様に懐くワンコロのような一途さで目がキラキラしてる
      声でキラキラしてるのが分かる!!

      そのままホテルに連れ込んじゃいます
      「何でも言うこと聞くって言ったじゃないですか」


      押し倒してからは必死で息荒く
      「諒一さん」という名前呼ぶだけで辛抱たまらんぽさがあります
      どのセリフよりも名前呼ぶ声が一番切羽詰まってるのです
      家に帰るのを惜しんでホテルに行くあたり、したくてしたくて堪らんのでしょう
      何もホテルに行かんでも・・・と思うけど
      ずっと一緒にいるとマンネリになるしね
      家に帰ったら安心して寝ちゃうかもしれないしね
      したとしてもイチャイチャじゃなくって疲れてるから流れ作業になるかもだし
      ど〜〜〜してもホテルでイチャイチャしたかったのでしょう

      絡みは日野さんが低音吐息系で小野友さんも息が多いいから
      メッチャ、ハアハアしまくってます
      そして、二人とも音域が似てるから、どっちが喘いでるのかわからんのね
      このキャラにはあってるけど、これが私の中でのアンアンしないことへの不満
      でも、うるさくないから何度もリピできるのもあるんだよな〜
      特に今はあまりギャンギャンした音声を聞きたくない気分なので
      激しめの絡みでも静かなのがいいですね

      一回目が終わって二回目も挑む
      お元気です
      付録なのに二Rも入ってるって珍しいよね
      ガッツリガッツリ
      最後のイキきった小野友さんの「・・・あ」が可愛いです
      受けのような高音でしたよ〜
      日野さんのが低音なので小野友さんの攻め可愛さが際立っていました

      押し倒されて暁に委ねる
      「勝手にしろ・・・馬鹿


      INしてから余裕のない
      バカ・・・最初からこんなの・・・」

      エッチ後の「今日・・・すごい・・という暁への返し
      バァ〜カ
       俺はいつもスゴいんだよ!」

      私の好きな受けの愛情たっぷりの「バカ」大放出です
      特に最後が好きです
      会話だけだと暁が受で諒一が攻みたいなセリフですね
      受なのに男前


      「ずっと一緒にそばにいたい
      した後にチュッチュッしながら乙女みたいなことを言う攻に

      「もうそんなのとっくの前に決まってることだろ」
      これまた男前


      「世界中の料理を作れるようになれ!俺のために」
      最後の最後まで男前






      日野さんの受かっこよさ
      小野友さんの攻可愛さを満喫できます

      18分ですが満足度大
      原作好きは聞くといいと思いますよ〜
      何気に絡みもあるしイチャイチャもあるのでキャスト好きにもお薦め
      このキャストでcd化してほしい反面
      三巻でるとするとダラダラしそうだから、うまい具合にまとめないと
      音声化で聞いても面白くなさそうな気も・・・・

      魔性腹黒系の涼一の元恋人は
      ねっとり千葉進か千葉一さんか平川さんで聞きたい!!
      遊佐さんでもいいかな〜
      今だと興津さんもできそうだな〜
      いやいや、ここは進歩を一押しにときたい


      ちなみに一緒にある小西×遊佐はほとんど聞き返しません
      全然イチャイチャしてないんだもんよ
      絡みなくてもいいけど、十数分にお事件?謎解きはBLにはいらんのだよ(私は
      これ聴くなら【ブロードキャストを突っ走れ!】の杉田×遊佐の全サcd聞きます
      遊佐さん石川さん真殿さんの関西弁も聞けるしね
      遊佐さん真殿さんがはんなり色っぽいのです


      今現在もあまりblcdに対する情熱が戻ってこないので
      ヌボ〜っとこちらを聞き流しています
      なんか、こう「うおー!!」て熱くなる新規がこないものかな〜
      しばらくはミニドラマcdの感想書こうかな・・・・

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 09:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM