<< 最近の崎谷作品 | main | 【他人同士「幸福論」  小説chara付録cd】秀香穂里   >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【クロネコ彼氏のアソビ方】

    0
       前野智昭×近藤隆


      近藤さんのトーンが

      ソレじゃないんだよ〜!!!

      【レオパード白書】でも【キャッスルマンゴー】でも
      同じことをクドクド書いてるけど

      違うの・・・違うのよ・・・・


      今まで攻専門
      気だるげ無気力肉食フェロモンツン美形クロネコさん
           
      どう聞いても元気受トーン
      クルクル変わる表情が豊かな普通の元気な大学生


      これに変化しているのです
      近藤さんがツン美形声が出ないなら諦めもつきますが
      出来るのに・・・出来るのに・・・
      しかもやや低音ツン声だったらイメージピッタリなのに

      最初からキャスティングのイメージが違うなら
      「そういうもんだ」と思って聞けるけど
      色んな声の引き出しがあるのに
      別の引き出しを開けられた時の絶望感

      好きなの近藤さんの演技も声も!
      だからこそ、残念でなりません

      原作ではツン美形でクールに話していたシーンが
      全部アワアワギャンギャンアップダウン激しく元気になっているんだもん
      何で?何で小型犬のようにキャンキャンしてるの?
      あんたは気ままでワガママなクロネコちゃんでしょ!?
      ネコがワンちゃんになってるじぇね〜かよ。。。。
      ネコはど〜したよ
      題名にあるネコちゃんはどこにいるんだよ〜
      近藤さんの年下ワンコ攻めは好きですが
      キャンキャンうるさいワンコ受が苦手です
      別に近藤さんだからとかでなく
      私キャンキャンしてる受がBLCDで好きじゃありません
      苦手とかでなく好きでない
      私は常日頃から可愛い受苦手と言ってるけど
      健気可愛いのやぽややん可愛いのは苦手なりに「可愛いと思う感性はある
      でも、ギャンギャンしてる受は「うるせ〜な」てなるのです
      そうだな〜、唯一千葉進なら聞けるかな〜
      あと、何故か石田さんのアホトンデモ系BLCDのアワワ演技は楽しくて好きです
      (多分、石田さんのあの特徴的な声がいいんだろう)
      他は厳しいのでなるべくあらすじ&原作でそういうのを避けているのです
      今回は原作がクールツン受だったので大丈夫だと思ったんですが
      演技でアワアワギャンギャン系になっています

      話の内容と受キャラが苦手で購入しなかった【飴色パラドクス】ですが
      【飴色〜】は私が苦手なだけで
      元気で表情豊かな大学生受トーンで主人公イメージにはあっているのです
      でも、今回はキャラのイメージと違うのが最大のネックでした

      ああ、もう本当にそれだけで私はションボリです
      予想外のトーンでも去年の【フラッター】みたいに
      いい場合もあるんですけどね〜・・・・

      一般的には「内容ないよ〜話」なんですけど
      黒髪ツン男前受が好きで
      攻だったのに受にされちゃう話が好きなので
      私は楽しみだったんですよねぇ


      その近藤さんの「違うの〜!!」という私の思い込みの前では
      前野さんは霞んでいました
      前野さんがどうのこうのではなく
      「ああ・・ここはもうちょっと落ち着いて話して欲しい」
      「ツン低音だったらどんなだったのだろ〜」
      ずっと近藤さんが気になるので前野さんまで意識にいかない
      前野さんは結構あっていた気がします
      昔はフェロモン攻をやっても何だか違和感?硬さがあったのですが
      最近はちゃんとフェロモン出てますね
      ただ、私は前野さんは【リンゴに蜂蜜】【イロメみたいな
      芯が真っ直ぐで優しい年下攻のが似合うな〜と思うし
      そういう攻やってる前野さんのが好きです
      フェロモンは出てきてますが、根がいい人そうというか
      裏があったり腹黒そうには聞こえないんですよね〜
      ちょっと違いますが鳥海さん遊佐さん三木さん檜山さん飛田さんとか
      脇で出てきても「こいつ大丈夫かなぁ」という胡散臭さを出すのが上手いと思う


      近藤さんの知り合い?保護者役に竹内さんが出ています
      低音で色気のある声ですね〜
      三宅さんカテゴリーかな?
      攻めでメインを聞いてみたい声でした


      演出は良かった気がします
      こういうさほど内容ないよ〜話なのに場面にあったBGMだし
      変な効果音とかもなかった
      でも、こういう内容ないよ〜話は反対に変な演出のが面白おかしくて
      それはそれで味?が出ていいんじゃないの・・・と思います
      南原作品とかみなみ遥作品とか有栖川作品とか
      エロならエロでトンチキ作品のが面白かったりするので
      何もこういう作品でイイ演出じゃなくってもね〜という気持ちもあったり


      人類の数%がネコ科人間人間↔動物になれる
      (動物の耳&尻尾付きの人間にもなれる)
      「ネコだからとフラフラと適当な相手と
      体だけの関係を続ける近藤さん
      大道具の仕事現場でイケメン俳優の前野さんに
      またたび酒を飲まされ昏倒した所を持ち帰られ
      気づいたらヤラれてしまいます

      人間に捨てられた過去から他人を信じられずにフラフラしていますが
      前野さんはネコだから「人間とは違う」と心を許し始め
      前野さんもただちょっとネコと遊ぶだけだったのにハマっていきます

      そんな時、前野さんが仕事で海外へ行き連絡が取れなくなり
      携帯も解約して心を閉ざす近藤さん
      駆けつけた前野さんに自室に連れ込まれ告白されますが
      気持ちは受け取らず身体の関係だけします

      前野さんの本気にほだされそうになり
      ネコになり逃げ出すものの必死に追ってきた前野さんに捕まり
      なんだかんだと受け入れることにします


      (間にことあるごとにエロが入ります)

      以上、あらすじでした・・・・

      色んな感情豊かな声を出す近藤さん
      やっぱり声質自体は好きだな〜と思うとともに
      感情豊かさがたくみだからこそ
      キャライメージとは離れてしまいますし、うるさい

      まぁ。可愛くないわけじゃないので
      キャンキャンしてる受やキャンキャンしてる近藤さんを
      可愛く思える人はクルクル変わる声色が可愛く思えるんじゃないかな〜
      私はうるさくていただけなかったです

      エロも色々やってるんですが、何故か私はあまりエロく感じない
      と、いうか近藤さん昔はもっと派手に喘いでなかったけ??
      個人的に今流行りの大人し〜い吐息喘ぎって嫌いじゃないけど
      色気みたいのは感じないのですよ・・・私
      BLCD聴き始めにアンアン系ばかりに当たったのもあって
      「こういう風にアンアンするものだ!」という刷り込みがありまして
      昨今のアンアンしてないのは物足りない
      嫌いじゃないんですよ吐息系も
      でも、最近のはほとんどが吐息系じゃないですか〜
      アンアン系はそれぞれ人によって声の出し方に個性が出るものですが
      吐息系は「声」自体があまり聞こえないので
      あまり個性というかその人なりの特性がないので物足りないのです
      ともするとエロシーンで眠くなってしまう

      私の愛するシンポなんか普通の会話やモノローグは落ち着いたトーンで
      声質もまろやかさもあり演技もうるささがないし
      お話とお相手次第ではゆったりまったり耳に優しく眠くなるのですが
      エロシーンの銃で仕留められた熊の断末魔の叫びのごとくのイキ声で
      「何事だ!?」と目が覚めるほどなのです

      そこまでしろと殺生なことは言いませんが
      吐息系は私にとっての難点は個人の特性がでにくいところと
      (せっかくイイ声を持っているのに吐息は声じゃないしね)
      初期の刷り込みで声が出てないと色気を感じないのと
      長時間絡みシーンがあっても「聞いたぞ!」という達成感がないところ
      眠くなるところですかね〜

      最近はピュアやエロ薄も好きなので
      別にないならないでいいのですが
      あるならあるで全力投球でやってほしいのです

      たくさんの喘ぎがある中で吐息系があるのはいいのですが
      ほとんどが吐息系になってしまうと、私の残念な耳では
      個々の絡みに特性がないように感じてしまって
      誰と誰がやってようが関係なくなってしまうのです

      ただでさえ、愛するシンポが大人しい喘ぎになり
      喘ぎ自体は二番目に好きだった鳥海さんが格闘系になり
      平川さん鈴木千が姿を消し
      私を今、支えているのは遊佐さんだけ遊佐さんだけなのです

      そんな中、近藤さんは現役で数少ない「やってくれる方だったのですが
      幾分今回抑え目でしたよね〜
      セリフの息の入れ方&色っぽいねっとりとおしゃぶりはさすがでした
      (苦手なトーンだけどここはました)
      ただ喘ぎ自体はトーンダウン傾向にあった気がします
      「アレ?」と思って絡みだけ聞き返しましたが
      やっぱり「あれ?」となった
      ガッツリしてるわりに(当者比)大人しい喘ぎだったような気がします
      いや、これを大人しいと言わないのかもしれないんだけど
      私としてはせっかく高音受になっちゃったんなら
      もっとアンアンしてくれても良かったと思うのです
      低音受けだったら大人しくても造形として萌ただろうし
      どっちも萌えきれずに残念でした
      物足りなくって【セフレちゃん】の冒頭を聞き返すぐらい
      【恋愛指南!】の単行本特典CDを聞き返すぐらい
      (お手軽に喘ぎを補充


      そして、前野さんの絡みはいつも私ちょっぴり物足りない
      もうちょっと息多めでもいいんじゃないかな〜?と
      日野さん興津さん小野友さん羽多野さん鈴木達さん近藤さんとか
      めっちゃハァハァしてるじゃないですか
      フェロモン系だしもうちょっと肉食系男子ぽさが欲しい
      というか、いい人だったけど絡みではガッツガツ!!というギャップが欲しい


      前野さんで萌えたのは
      了承を得てエッチした翌朝
      「おはよ」て優しく起こして甲斐甲斐しく飲み物を持ってきてくれるところ
      やっぱり前野さんは優しい包容力ある攻がの合う気がしました



      そんなわけで絡みメインのCDと言っても過言ではないのに
      肝心の絡みが私にはどうもしっくりきませんでした

      また、絡みうんぬんじゃなくても
      内容ないよ〜話のわりにクロネコちゃんの造形が好きだったのですが
      それも演技が別モノになることで「誰あんた?」となり
      話としても楽しめませんでした

      私、これ実はすごく楽しみにしていたのです
      CD化決まってからずっと楽しみにしていて
      【空と原】ぶりに楽しみにしていた
      最近blcd聞きたい気分じゃないけどコレ聞いたら
      blcd愛が再熱して旧作漁るように買って聞くようになるんじゃないか?
      そんなカンフル剤的な気持ちでいたんですが
      結果「なんか違う・・・私が楽しみにしてたのと何か違う」


      前野×近藤のエロを聞きたい
      アワアワキャンキャンな近藤さんが聞きたい
      原作のツンクールクロネコさんに思い入れがない
      原作を読んでいない

      そんな方にお薦めです

      私も原作読んでなかったらコレはコレで楽しめたのかな〜っと
      少し思わなくもないです
      原作のイメージが強すぎて近藤さんがクロネコさんに思えませんでした
      【KEEP OUT】の全サCD【Beauty and Beast】のがクロネコです


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM