<< 【微熱の果実〜バタフライ・スカイ】冬乃郁也 崎谷はるひ | main | これ面白かったよ!なBL漫画達 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【本当のことは言えない】椎崎夕

    0
       面白かったな〜

      何だか好きだった
      この作家さん【恋愛以上】が結構面白く読めたので
      他の本も読んでみよう!と思って
      一気に5冊ぐらい購入して立て続けに読んみました

      BLじゃない小説で賞を取ったので読んでみた方が
      面白くなく、それ以降その作家さんを読まずにいたのですが
      新聞の書評で気になる方が気になる紹介を
      この私が面白くない!と思った作家の本にあてていて
      何となく読んだら面白かったのね〜
      「同じ作家でも短編と長編、扱う題材、初期と後期
       自分の年代や気分などでこうも読み口が変わるのか!!」と
      発見して以来は、気になる作家は一先ず3〜5冊は読むようにしています


      で、この椎崎さんは【恋愛以上】は結構良かったのですが
      他の作品はそれほどでもなく・・・
      ちゃんとあらすじみて挿絵みて私が好きそうな作品を選んだのだけど
      どうも萌えが足りないというか、後一歩甘さがないような
      ハマりきらない感じがしたのです

      私はこの椎崎さんの作品を「良いな〜」と思ったのは
      物語が丁寧なんですよね
      ある種、しつこいぐらい丁寧なんです
      出会ってすれ違って誤解して素直になれなくて・・・
      という、BLアルアル展開においてあっさり書きがちな心理変化を
      事細かにそのつど無理なく詳細に書いてある
      また「誤解」「素直になれない」などの理由付けや
      何でそうなってしまうのかの現象・事件も
      「無理やり展開だな〜」
      「この問題でそういう心理描写になるか?」というのがなく
      人物が取る行動が性格や環境や現実的に整合性がある

      BLにたまにある「なんだ?この事件は・・・・」という無理がない


      文体も丁寧、心理変化も丁寧、人物も丁寧、事柄も丁寧
      読んでいて無理のない展開なので納得できます
      そこが私は好きなのですが

      その長所である丁寧さが短所でもアル気がします
      「もういいからくっついちゃいなよ!」とか
      「グルグルしてうざったいな〜」とか
      すべての丁寧さが描写のしつこさに感じてしまう気もする

      BLなんていうのは、男同士が出会う→くっつくまでの話
      読者は攻め受けがどんなにすれ違ったり悩んだり反対されたりしても
      最終的に恋人同士になるのを知っているんですよ
      その過程を楽しむわけなんですが
      実際には男女の恋愛すら思い通りにならず
      男同士であればさらに難しいこともあるでしょう
      登場人物達が悩むのも仕方がないことなのですが
      そこはBLですがらハッピーEDが約束されているわけですから
      「ある程度悩んだから、早く恋人同士になった甘甘が読みたい」わけです

      その微妙な落としどころまでが椎崎さんは長い・・・・
      ですが、無理がなく整合性があって丁寧ではある

      なので、そこら辺を「丁寧だな」と思うか
      「じれったい」と思うかで評価が別れそうな作家さんです


      私は地味〜な話が結構好きなので、文体とか色々好きです
      話的に面白いんだけど、凝った設定や他にないBLもいいんですが
      地味だけど丁寧な話が好きなのです
      でも、この「丁寧な話」というのがBLにおいては難しい気も
      あらすじはほとんどテンプレでもいいから文体が整ってないとイヤ
      過度に綺麗な文じゃなくってもいいから、整っていてほしい
      この整っている感じ・・・上手く言えませんが
      それをBL小説で見つけるのは「読みやすい文」「萌える話」を見つけるより
      難しいんですよね・・・私には
      文の使い方が間違ってないとか、作者のクセのある文とかでなく
      上手く言えないけど「自分にしっくりくる文」てあると思うんです

      例えば英田サキさんとか人気があるのがわかるんだけど
      どうも私には文体がしっくりこない
      話は面白くてするする読めるんだけど、ハマリきれない

      反対に、水原とほるさんは私の萌えとは違うし
      展開や攻の行動とか受の弱さとか話が余り好きじゃないことが多いい
      でも文体がなんだか好きなんですよね
      読んでいてちょうど良い心地よさがある
      (でも、萌えないし、嫌いな話もあるんだけど読んでしまう)

      木原さんは文が上手いな〜、結構好きかな〜と読んでいる時には思う
      その感覚があるから何も読みたいBLがない時手が出るんですが
      「何度も読みたい」と読後に思う文じゃないのです
      話が好き嫌いとかじゃなくって、目で追う楽しみがある文体じゃないというか


      私は小説というは話の面白さや読みやすさだけでなく
      構成・表現・文体・テーマなどなど複合的な楽しみなので
      BL関係なくなると文学作品で
      「話はまったくもって理解できないし好きじゃないけど
       読んでいる時の文体が好き」という作家さんがいたりします

      そんな感じで椎崎さんは完璧じゃないけど
      絶妙に私にハマる文体なのです



      また、地味丁寧話が好きな私としては無理がない展開は好ましい
      じれったさはあるけど、説得力がないよりいいのです


      あと、私が思ったのは
      「文章と物語と伏線回収が丁寧で上手な崎谷はるひ」みたいだな・・・と

      私が読んだ作品がそうなのかもしれませんが
      *事件が起きる→受がいつまでもウジウジ悩む
      *電波or暴力or犯罪ヤローが物語を引っ掻き回す
      *女が結構いつもでばってくる
      *受が面倒臭い

      など、共通点が多いい気がします
      椎崎さんは崎谷さんと違って、事件に無理やり感がなく
      その事件に関係する電波ヤローの行動も突飛にならず
      取って付けた感じにならずに、わかりやすく
      解決する時もスッキリ綺麗にまとまる
      出張ってくる女キャラもイヤミがなく可愛らしいか
      読んでいてイヤな感じがしない

      崎谷さんのお事件BLをすっきり余分な説明と薀蓄抜かして
      わかりやすく描いたらこういう風になるのかな?と思ったりしました

      その反面・・・やっぱり私は色々アレなところもありますが
      崎谷さんが好きなんですよ
      崎谷さんはお事件や女を書かせるとダメですが
      萌えを書かせるのは上手なんだな〜っと

      椎崎さんには萌えが少ないんです
      上手く言えませんが、話に甘さがないとか以前に
      心溶かすような柔らかさや
      エロがないとかじゃなく、色っぽさや艶
      作家が提供する「受の可愛さ」ではなく
      読んでいてなんとも言えず受けが可愛く思える感じ


      もうコレはどんなに丁寧な話が書けても
      BL小説に置いては萌えが大事だから
      文体にアレ?と思うところがあって
      事件がお粗末で無理やり過ぎる萎え展開で
      あまり意味がなくイライラするような女が出張り
      話も恋愛部分意外があまりに面白くなく
      取ってつけたようなエピソードが満載でも・・・
      それでも!!
      恋愛部分に突入した時のキュン!とする感じは
      崎谷さんの小説にしかない甘切なさ
      (感動する切なさとは違うのですが・・・)
      それはもう他作家さんにはないな〜っと
      BL小説としてすごい大事だな〜っと思います
      他の悪いところを相殺してしまうくらい


      そういう意味で技術的?には椎崎さんが好きなのですが
      感情的&BL的にはどうしても崎谷さんだったりしました


      こんなに丁寧な話を書かれているんだから
      もっと恋愛の甘さがでてくれば
      この丁寧すぎる特徴もすべてが活きてくるのでは?と
      生意気ながら思ってしまいました




      この話は、変わり者×ひねくれ者
      BLアルアルのゲイだから親と縁を切られた受
      BLアルアル的には受は寂しがり屋で
      心のどこかで頼れる人を求めていたりするのですが
      この受はある程度スッキリしています
      心にわだかまるものはあるけど、自分の中でケジメをつけている
      寂しくて切なくて心に傷があって
      それがいつまでも癒えない・・・・という王道もよろしいのですが
      傷つきながらもちゃんと自分の心に留めてる受の潔さ?が好きでした

      ノンケの男とうっかり寝てしまい
      攻が惚れて、ほだされて付き合っていきますが
      家族の縁を切られるきっかけだった昔の恋人が
      幸せな家庭を築いているのを知って
      攻家族との幸せな団欒を体感してる受けは
      「元は攻は女が好きなんだから自分は離れよう」とする

      こう書くと、本当にBLアルアル展開
      この自分は家族と縁切り&攻の家族は仲良しの対比
      BL感動切な系では、その家族の団欒に
      受は自分のえられなかった家庭の温かさを過度に感じたりしますが
      今回は攻め家族と仲良くなり、受も愛着を持つものの
      それに変なノスタルジックや家族愛の飢えがなかったのが
      私は読みやすかったです

      自分の家族がダメだったから、攻めの家族で・・・・というのは
      BL的にはありだけど安直すぎるな〜と思っていたので

      また、仲良くしていた攻の家族が受とかなり仲良くしていたのに
      兄(攻)と恋人同士だとわかると距離を置くようになるのも
      何だかBLらしくなくて、良かったです

      BL展開的には
      「変わり者で誰とも長続きしなかった兄が本気で惚れた相手なら
       別に男でも構わない」となりそうで
      私も、そういう展開になるのかな?と思っていましたが
      「兄も受も好きだけど、何で男同士で恋人なの?
       友達じゃダメなの??」という妹が印象的だった
      BL的にはそこは妹が「二人とも好きだから私は応援するね!」となるのに
      そうならない・・・という
      この辺りのBL王道展開と変に現実的なかみ合わせが絶妙

      「そんなに簡単に恋人のために家族を捨てたり
       自分の家族がゲイだということをすんなり受け入れられるものかね〜」と
      いつも思っていたのです
      BLファンタジーなので有りではあるんですけどね〜


      あと、攻めが後半しつこいぐらい食い下がってストーカーぽくなるのも
      ヤンデレ好きの私としては好きでした
      意地っ張り受なので暑苦しいくらい我慢強くひっつくのが調度いいかと

      他の人に対しては理性的なのに、受に対してタガが外れるほど執着する!
      そういう攻が好きなので
      怖くしつこいく気持ち悪いぐらいに愛してる攻め様!!
      ダメな人もいるでしょうが好きでした〜
      ヤンデレ攻めっていいなぁ


      BL萌えてきにはもっと受を切ない造形にできただろうし
      家族の理解うんぬんも落としどころが別にあった気もしますが
      BL王道を踏まえつつ、現実的な冷静な面を差し込むというやり方が
      私は新鮮で楽しかったです


      ま〜、私は精神的に自立した受のホンの少しだけ弱い部分が好きなので
      全体的に弱いというか可愛らしい受けよりは
      面倒臭いぐらいの受造形が好き〜!!




      5冊ぐらい読んで、好きなのはコレと初読【恋愛以上】二冊のみですが
      この話が思いのほか良かったので
      まだまだ読んでみようと思いました
      ちなみにこちらはスピンオフ
      本編の方は朴訥攻×健気受ぽくって好みじゃにのでスルー
      前作知らなくても問題なく読めました


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:25
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM