<< 【ダブルミンツ】中村朝日美子 | main | 【微熱の果実〜バタフライ・スカイ】冬乃郁也 崎谷はるひ >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【空と原】中村朝日美子

    0
       石川英郎+福山潤


      すっごいキャストが
      イメージ通りだった!!

      「想像以上に良い」て感動することもありますが
      言葉を変えれば
      「想像以上」=「想像とは違う」でもあるんですよね


      でも、今回は本当に本を読んだまんまの声&演技でした
      声があっていても実際聞くと演じる方の解釈によって
      「あ、ここってそういう言い方なんだとか
      「そういう感情の持ち方もあるんだな〜
      新しい発見があったり、それがよりリアルだったり
      違う見方が新鮮だったり
      音声化ならではで良かったりするのですが

      今回は本当にそれぞれのキャラの声質から
      イントネーションの上げ下げから
      間の取り方までイメージ通りだったんです!!

      【同級生】に出ている石川さん神谷さん野島健さんはもちろん
      メインの福山さんは本当に本当に空くんだったし
      小野友さんのちょっとしか出ないのに印象的な響くんの怒声
      CD化決まる前から有坂先生は飛田さん!!て思ったいたんだけど
      聞いたら本当まんま有坂先生だった〜
      ↑こちらの漫画感想で有坂先生に飛田さんを希望してました〜
      ちなみに、その時は響くんは鈴木達さんイメージだった
      でもでも、小野友さんもすごく良かった


      本当、キャストの方々が良かった


      なので・・・少し残念なのはBGMでしょうか・・・
      【ダブルミンツ】はあの難しい世界観にあう音楽だったんですが
      【空と原】はふんわりと甘く優しく、でも時にリアルで透明感がある
      そういう繊細さが出ていたのか?というと
      ところどころ違う気がするんですよね〜
      後半にかけては結構良くなってきて、すごく素敵なBGMもあって
      ピンポイントで凄く凄く気に入ってる音楽もあるんですが
      「ん?」て思うところが私はあって
      例えば初っ端の曲がエマ〇エル夫人のテーマ曲ぽいような
      気だるげな曲であっているような、そうでないような・・・・
      80年代青春学園モノぽいような曲もあって
      この2曲がちょっと古いというか透明感を感じない
      でも、佐条が原先とデートしてる時や草壁佐条がホテルでの曲は
      瑞々しくって美しいんです
      後半にかけてだんだん良い曲調になってきてるので
      前半とある特定の曲だけがちょっと残念でした(私は
      そんなに気になるほどじゃないのかもしれないけど
      【同級生】が完璧だったのでちょっと違う時がすごく気になってしまった


      演出もイマイチなところが
      空くんは昔の好きだった人と話してるシーンで
      ず〜〜〜〜っと鳥がピーチクパーチク鳴いてるんですよ・・・
      外をイメージさせるために最初に「ピチチチて鳴くのはアリ
      でも、その後もず〜〜〜っとローテーションのごとく
      「ピチチチチ〜ピーピー鳴いてるのはどうなのか!?と
      音量絞ってあるんだけど、イイシーンだったから気になった
      天気がいいのを表したいんだろうけど
      もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ?と

      ↑ここほど気にはならなかったんだけど
      有坂先生から高校生の原がピアノを習うシーンも
      個人的にもう少し拙いゆっくりたどたどしく弾いて欲しかったかな
      これは私の好みの問題なんだけど、結構すんなりと弾きこなしていて
      『ピアノを弾く』ので間違いないんだけど
      『ピアノを一から教えている』感じはしない滑らかな音だったので


      総合的にはすごく良かったんだけど
      【同級生】ほどの丁寧な透明感がやや前半感じなかったかも
      悪くないんだけど、演出次第でもうワンランク良くなった気がします

       

      私が気になるだけで細かいところ突っ込まなければ良いと思いました


      原作は正直最初読んだ時【同級生】【卒業生】ほどの印象がなく
      「あ、こんな感じか〜」と一度読んで置いといたんですが
      その後、再読したらすごく面白いとは違うんだけど
      気がつくと何度も何度も読み返していて
      読み返すたびに好きになっていってます
      今でもまだ好きになる余地があるというか
      読むたびにキュンキュンして



      【DISK1】
      卒業した生徒・佐条(野島健さん)が忘れられない
      音楽教師の原先生(石川さん)
      馴染みの店で気になる眼鏡の子に声をかけたら
      自分の学校の生徒・空乃(福山さん)だった

      初っ端の卒業する佐条の野島健さんの透明感
      もう本当に野島健さんのこの静かな存在感って何なんでしょ〜
      女々しいわけでも女っぽいわけでもないのに
      雄々しさや男っぽさがなく
      ただただ涼やかで綺麗で上品な空気感
      芯の強さと儚さが同居してる感じも素敵
      淡々としてるのに繊細な気持ちがわかる話し方もイイんですよね〜
      それがまた、朝日美子作品にとってもあっていて
      一声聞いて「あ、同級生の作品の中に入ってくんだな」となりました

      卒業アルバムを取りに来た佐条を見た空くんは
      原先の彼への恋心に気づき
      佐条へのメアドと電話番号を聞き出して原先に教えようとします


      福山さんの空くん具合がこれまた本当にイイの
      明るくて天真爛漫で軽いんだけど繊細で
      もしかしたら出てるキャラの中で一番気遣いができて繊細なのは
      空くんなんじゃないかな?
      っと福山さんの演技で思いました
      原作読んでた時は「元気で若くて若さ故のきらめきだな〜」て感じが
      結構あって、それがとても眩しかったんですが
      それだけじゃなくって、空くん自身が若さだけでなく本当にキラキラしてる
      そういうのがCDからはダイレクトに伝わってきました
      福山さんのキャラ自体を作りあげる演技というのがすごいなぁって
      「ばっはは〜い」
      すごい、この言い方がも可愛かった

      屋上での会話も好き
      「俺はいいんだよ・・・大人だから」
      「大人はいいんですか?」
      「大人はいいよ」
      「いいですねぇ・・・大人は」
      「いいぜ、大人は」
      (知らんけど)


      この!!この二人のテンポ良いやりとりがツボだった
      すごい自然に話してるのと意味が途中から変わっていく感じが
      たまらんくらい空原ぽいんですよ〜

      石川さんの原先もため息一つとっても原先で、はわわわ〜てなります

      ただ、難点?は最初のほうに何度もかかる曲が
      エマニエ〇夫人風のアンニュイ曲で
      ま〜・・・アンニュイさはあってるんですが、何か違うなぁって私はなり
      印象的な曲調で気になってしまった


      原先と始めて会った店で変な男に絡まれる空くん
      連絡を受けて助けにいく原先


      「心配かけてごめんちゃいね!先生」
      「ごめんちゃい」の可愛さに原作を読み返したんだけど
      コレ!!原作では普通に「ごめんね」なの〜
      え!?福山さんのアレンジなの??
      そうなのかな〜、素敵すぎるぅぅぅ
      すごく空くんぽいのこの「ごめんちゃい」
      変な話原作で「ごめんちゃい」じゃないのが不思議なぐらい
      空くんなの〜!!
      何度も聞き返してしまった・・・・


      そこで空くんに「佐条さんとデートしてみれば」と言われる原先
      悩みまくって次の日
      もう一度学校で空君と話します
      「デートしたいんだ〜佐条さんと・・・
       ね?」

      この「ね?」も原作にないんですが
      すごい顔を覗き込んでいるのが分かるの〜!!!
      その後のもう一回ある「ね!」がこれでまた可愛らしく感じるし
      原先の「ね?って、待てコラ〜」がポンポンして良かった

      ちなみにここでのBGMが青春歌謡?ぽくて違和感

      振り回されてる原先が可愛く思えてきます

      なんだかんだと空くんとデートすることになった原先
      ところが、そこに行くと佐条くんがいて・・・・
      「あ・・・どうも」
      「ど!」
      「ど?」
      「え?」

      このやりとり好きだった

      そして二人がデートしてる時のBGMが優しくて懐かしい感じがして
      センチメンタルで良かったです

      「一年の時俺のこと好きだった?」と佐条くんに聞いて
      赤くなった佐条くんを見て何かに決着をつけた原先
      着けていた空くんを見つけて感謝します


      デートが終わった佐条くんと着けていた草壁
      ホテルでご休憩
      「言えよ・・・」
      「言ってみろよ」

      なんだか野島健さんの言い方がかっこよかった
      野島健さんが少し低めで神谷さんが少し高め声だったので
      受のがかっこよかった!!
      それが何か良かったよ〜
      佐条くんに草壁はちょっと尻にしかれてるのかな・・・・

      この時のBGMも二人の雰囲気にあっていて可愛くてあっていた


      中学時代に空くんが好きだった野球部のフジノくん
      練習試合で空くんの学校に来ることに
      思わずそれを原先に話してしまう空くん

      そして、いつもの店で空くんに電話で話す原先
      「好きだった奴がでる練習試合を見に来ないか?」と誘います
      「また好きになるとキツイ」と断る空くん


      今まで軽いトーンだったのに
      ここで始めてすごいシリアスで暗いトーンになる空くん
      「自分の気持ちは相手に迷惑だ」という空くんに
      「迷惑じゃね〜よ、自分でそういうことをいうな」と原先は言うんですが・・・

      原先は初恋?の有坂先生といい、佐条くんといい
      多分、他の書かれていない恋人だっただろう人は
      元々男が好きな男だったと思うんですよ
      無自覚に原先はそういう人に惹かれていたというか
      もしかしたら普通に女が好きな人を好きになったりもあったかもだけど
      漫画にはそういうノンケに惚れたことがある描写がないので・・・
      でも、空くんが好きになったフジノは元はノンケで
      やっぱり普通の女が好きな男に普通に戻っていってしまって
      そういう彼に空くんの恋心は重すぎたんだろうな〜っと


      フジノに会って「彼女が出来た」と嘘をつく空くん
      笑って去っていてくフジノ


      バイバイ・・・バイバイ、フジノ

      一度目と二度目で「バイバイ」のトーンが違うんです
      これが福山さんの演技の丁寧さが私はとても好き
      たった一言、同じ言葉でもそのセンテンスだけ
      感情の入れ方、表し方、言い方がその都度違う
      それがただ悲しい嬉しいとかわかりやすい感情じゃなくって
      言葉にできないようなあやふやな複雑な気持ちを
      すごく丁寧にすくいとってたった一言に乗せてくれる
      その繊細な演技力!!
      もう本当にこの二回目の「バイバイ」が悲しいな〜
      切ないな〜っと思いました
      じわっとくる言い方でした


      影から見ていた原先に
      彼女が出来たと嘘をついたことを話す空くんを
      「そういうのは良くない」と言う原先

      「自分の気持ちより
       大切なモノだってあるでしょ!?」

      この怒号がまたすごくドキッ!!とした
      静かな感じからの怒鳴った空くんがそういうキャラに思えないから
      すごくすごく本音だったんだな〜っと
      それとともに、大人な原先よりも空くんは色んなモノが見えてるんだな〜と

      福山さんは【職業、王子】でも思ったけど
      可愛い声してこういう激昂する言葉の強さとかも上手なんですよね〜
      声量や声圧が強いわけでもないのに
      言葉の強さが出せるというか迫力を瞬時に出せる

      その後、笑ったように泣き出してしまうのに苦しくなった




      【DISK2】
      高校生の原と化学教師の有坂先生(飛田さん)の昔話
      音楽室で合唱祭の練習をする原
      そこに有坂先生が来て、ピアノを弾く
      全然知らなかった先生だけど、彼は自分のことを知っていて
      赤面する彼を見て、思わずキスをする原

      この【げに大人というものは】が入ってるのが嬉しかった
      短編だけどすごく好きな話で
      それが飛田さん石川さんで聞けてすごく良かった〜

      石川さんが最初に「燃ゆる若葉を一番全部歌ってるのも良かった
      改めて聞くと、やっぱり歌詞がすごくイイんですよね
      しかもこの【同級生】【卒業生】【空と原】にとってもあってるんですよ

       いつか君と来る 少し大人になった日に
       その時また君の 燃ゆる若葉のうつる目に
       会いたい

      特にここの歌詞が好きだったりします
      佐条くんと草壁くんでもあり
      原先から空くんに対してであり
      有坂先生から原先、響くんに対する思いでもあるんじゃないかな〜っと

      しばらくして、有坂先生が結婚していて
      奥さんが妊娠して産休を取ることを知る
      彼を問い詰めに行くとあの時していなかった
      薬指に指輪をしていて
      「全部なかったことに・・・」と言われる
      を流し背を向ける先生を残して去る原
      「俺のほうがずっとずっと我慢して・・・・
       ずっと大人じゃないか・・・・」


      恋の始まりは突然でそして、すぐに終わってしまう
      それも二人とも好き合っているのに
      大人の分別で先生が耐えて隠して泣きながら別れる・・・という
      先生もズルいんだけどね
      そうする意外、どうにもできない
      何も始まってないんだけど、確かに原を変えてしまった先生は
      すごく残酷だな〜っと思います

      メヌエットが上手に使われていて
      繰り返しの前半から後半へかけて
      物語の最後に帳尻を合わせる演出もあっていて切なくなった
      少〜し残念だったのは、原作では屋上で物思いにふける原ですが
      CDだと歩きなら色々考えてるんですよね
      小さなことですが、あの屋上で一筋涙を流す原が
      高校生ぽく悲しく印象に残ったので、そうして欲しかったかも?

      ちなみに日本では未だに〇ッハのメヌエットっと言われてますが
      実は近年作曲家が違うことがわかったそうです

      そして、その有坂先生が臨時教師として母校にやってきます
      歓迎会の後二人で飲みに行き
      有坂先生が離婚していて、その修羅場っぷりを聞きます


      この時に使われるのがグリーンスリーブスという民謡?曲なんですが
      「夫人にすべてのモノを捧げるほどに献身的に愛しても
      決して彼女は二度と愛してくれない」
      という歌詞なんですよ
      それがまた、この原先にピッタリじゃありませんか!?
      ピアノにアレンジされているのも良かったな〜
      オリジナル曲からへの繋ぎも自然で二枚目からは
      全体にBGMが良かった気がします

      飛田さんのしんみりとした語り口がイメージ通りだった!!
      変な話だけど老けて?からの有坂先生のがイメージ通りだった〜


      色々、思うところがあり原先に電話して
      グデングデンに酔っ払ってる原先のところに向かう空くん
      有坂先生に現在恋人がいるのを知ってヤケ酒をしてしまったのです
      原先を自宅まで送って、家に上がり込む空くん

      石川さんと福山さん二人のテンポ良いやりとりが楽しい
      空くん、と〜っても面倒見です
      そして、原先が面白い
      話してる最中なのに、突然寝てしまう時の空くんのツッコミも息があってる

      この時のガチャガチャしてる時のBGMがなんだかおかしいです
      しんみりしてる時の曲はいいんだけどな〜

      「後ろから抱きしめてもいい?」
      福山さんのこのセリフがすごいカッコイかった
      ぎゃ〜〜!!ってなった
      すごく優しくて色気があってかっこよくって
      何度も聞き返しちゃったよぉぉぉ

      そして石川さんの「どうぞ」も可愛かった

      手を繋いでチャリ漕ぐとを飛べる夢を見る原先
      寝てる原先に思わずキスしてしまう空くんは原先のことを
      「好きなのかなと自覚し始めます


      翌朝、フラフラで学校に行くと頬を腫らした有坂先生
      恋人に殴られたっと思った原先は問い詰めますが
      そこに電話がかかってきて、有坂先生は学校を飛び出そうとします
      を出してあげようと奔走している間に
      有坂先生はメモを残して一人で行ってしまいます

      その頃、空くんは素人モデルやるバイト先
      連絡が取れない男・響を様子見にいくことにします
      そこで、原先と駅で鉢合わせして
      有坂先生の恋人と名前が同じだったので
      空くんについていくことにします



      そこで響の母親とモメてる有坂先生がいました
      「うちの息子に手を出したのよ」
      そこに響(小野友さん)が飛び出してきて
      母親に「また先生を殴ったのか?」と激昂して詰め寄ります
      それを見て響に平手打ちをして土下座する有坂先生
      「僕はもう二度と・・・
       一生響くんには会いません・・・」
      飛田さんの絞りだすような涙にくれたこのセリフが重くて
      「やだ。。。先生・・・
       何でそんなこと言うんだよ」
      「卒業したら付き合ってくれるって・・・・
       好きになってくれるって
       言ったじゃないですか!!」
      それに応える小野友さんの怖いぐらいの迫力ある怒声からの
      喉を詰まらせて涙声での呼びかけの変化がスゴイすごかった
      喉が怒鳴りすぎてガラガラになってるのまでわかるんですよ
      小野友さんメチャクチャ演技上手い!!
      「先生!!先生!!」の叫びとか真に迫っていた
      後ろで泣き崩れるお母さんも上手で
      BLじゃないみたいな修羅場っぷりだった迫力あって
      苦しくて涙がでたわ〜

      その激しい三人のやり取りの中
      静かで穏やかな石川さんの
      「また彼を捨てるんですか?」がまた良くって
      泣き崩れながらグチャグチャになりながら
      「ごめんなさい・・・
       僕は・・・彼が好きです」
      と告白する飛田さんが
      やっぱり本当に有坂先生だった!!!
      本を見てなくっても、その表情が脳裏に浮かぶぐらいでした
      有坂先生を飛田さんにキャスティングしてくれてありがと〜!!

      一番聞きたいシーンがここだったんだけど
      すごく良かったんだよな〜
      本当に出演者のそれぞれのセリフの掛け合い間がピッタリ
      原作通りで苦しくなるほど良かったのです

      流れる曲がまたグリーンリーブス
      それがまたこのシーンにピッタリで盛り上がりました

      原先の報われなさに怒り?イライラを露わにする空くん
      ギャーギャーする空くんがリアルだった
      そこから感極まってポロっとくるところとか
      絵なくても音でポロっがわかるのです
      福山さんのこういう演技がやっぱり素晴らしんだよな〜

      「だぁ〜〜〜」て駆けてるところは可愛かった

      自分のために感情をあらわにする空くんに
      思わずキスする原先

      「逆でしょ・・・」ここ、福山さんが囁きぎみでかっこいい
      「あんたが下でっしょ!」とゴロゴロと上下しながら
      波打ち際まで転がりながらキスする二人


      「俺が先生のこと幸せにしてやるよ」
      「二人で幸せになろうよ」

      大笑いしてる福山さんがとてもキラキラしていました
      幸せそうに笑っていて、彼となら幸せになれる!て思えた
      すごく良かったね〜良かったね〜原先良かったかね〜ってなった

      もう最後の最後で幸せそうな原先の声色に
      こっちまで幸せになりました




      は〜〜〜、もうね!
      本当ラストにかけてはまさに感動でした!!
      惜しむらしくは前半のBGMぐらいです
      石川さんも福山さんも飛田さんも小野友さんもスゴかった〜
      イメージぴったりだった〜

      フリートークも良かった
      作品に対して丁寧に皆さん感想を述べていますし
      石川さんが福山さんを
      「ファンタジックな空くんを上手いことやるな〜」と褒めていましたが
      本当にそうだと思った
      「原先良かったね!」ともおっしゃっていました

      石川さんって結構、作品に対してイイ発言をしてくれますよね〜
      【私説 三国志】でも「この後、別の男とまた関係持つんじゃないのか」と
      その後の展開を知らないだろうに的を得ていたり
      【キャッスルマンゴー】では本編に入ってない
      攻の過去編も読んで「演じたい!」とおっしゃっていたり
      原作好きが聞いても嬉しいことを言ってくれます

      神谷さんも野島健さんも役について語ってくれていました

      飛田さんは相変わらず?可愛かったです
      有坂先生を「懲りない人だよね〜」に笑った
      すごい的を得てるな〜っと
      そして、ちゃんと原作読んでるんだなって思いました
      「福山く〜〜ん、英郎くぅぅ〜ん」が可愛かった
      響有坂編もやってみたい!ようなことをおっしゃっていましたが
      私も是非、聞きた〜い!読みた〜い!
      朝日美子先生・・・お願いします


      色々書いちゃってますが、キャストの方々に本当に感謝感激!
      BGMも後半にかけて良くなってきますし
      脚本?アドリブ?とかの細かいな違いも違和感なく良かった


      原作好き&ピュア好きにお薦めです
      石川さん福山さんが好きな方にも!

      あと、飛田さんがすごいハマってるので
      出番は多くないけどBLで飛田さんが聞きたい方にも







       


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:05
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM