<< 【秋山くん】のばらあいこ | main | 【幸せになってみませんか】腰乃 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【お菓子の家: 〜un petit nid〜 】

    0
       【夜明けには優しいキスを】のスピンオフ

      すごく読みたかったDV攻め君のその後です
      この【夜明けまで〜】のすごいところはBLではパターンの一つである
      酷い男に虐げられていた受が優しい攻とくっつく話なのですが
      酷いDV元彼を捨てて攻との幸せな生活に走るのではなく
      元彼がある程度立ち直るまで攻を置き去りにして
      じっとず〜っと尽くし続けてあげているのです
      それが我慢するという受動的なモノではなく
      DV男を「誰かを愛せる人間にしてあげよう」という献身的な
      普通BLでは攻のみに与えられるような健気なほどの愛情を示します


      受に対して酷い男が出てきて、そいつから受が離れていったり
      酷い男が打ちのめされたりはありますが
      受が恋愛感情とは別の深い愛情で
      酷い男を立ち直るきっかけをあげる話というのは中々BLで見かけず
      「すごい話を書くな〜」と思ったものです

      今回はそのDV男が優しく慈悲深い受から離れ
      どうには立ち上がろうとするも中々上手くいかず
      頑張ってはいるけどネガティヴで明るくなくトラウマ持ちで
      ひねくれてる・・・・というところからスタート

      【夜明けには〜】の受によって
      自分の愛情のかけ方は間違っていること
      自分がただ優しい愛情だけを求めるいること
      それが自分の今の性格では上手くいかないこと を理解しています

      昔はそれすらもわからずに
      「こんなに愛してるのに何で思い通りにならないんだ!?」て感じだったのでしょう


      私の大好きなN〇Kでストーカーする人々の特集がされていたんですが
      その人たちは追い回し一方的に愛情を持っているだけなのに
      「恋愛している」と思い込んでいる場合があるそう
      だから、迷惑をかけてると思ってない
      注意すると愛し合ってるのにそれを阻止する人が現れるわけだから
      怒りがこみ上げたり、もっとストーカー激化しちゃったり・・・・
      まずはカウンセリングとかで
      「あなたが勝手に思い込んでいるだけ」という
      当たり前のことを自覚させることが大事だそうです
      (違う方もいて、悪いことしてるけどやめられないという場合もあるそうで
       一概には言えませんが)

      元DV男の主人公・加瀬は「自分の愛し方は間違っていた」と
      この第一段階の自覚は前回の受主人公に教えてもらったものの
      では「どうやってちゃんと愛せばいいのか」
      「どうやれば愛される自分になるのか」がわからずにいます
      その「愛されることを知り、上手に愛し返す」のが今回の話


      ま〜、丁寧な感動BLなのですが
      そこよりも、この加瀬くんが私の萌ポイントを突きまくった造形
      *180cm近い男らしい体型、黒髪、目つき悪い
      これ、私の好き要素が濃縮された造形です
      男らしい受が好きなのと目が鋭い黒髪受けが昔から好きなのです
      これで腹筋が割れていたら本当に堪らん
      かと言って、ムチムチガッチリの完璧な漢くさいのではなく
      スラっとした美形タイプが好きです
      *攻だったのに受になる
      私の前からのツボです
      上記の通りの私の好き受造形って攻の場合が多いい・・・
      なので本編で当て馬とか脇に攻として出てきて
      スピンオフで受という状態になったりすることもしばしば
      攻→受のクラスチェンジしてくれれば多少私の好き造形から離れていて
      それだけで嬉しかったりします
      崎谷はるひ【チョコレート密度】とかもだから好きですし
      最近だと秀香織里【他人同士】とか面白かった〜
      ゴツすぎず華奢すぎずキリっとした強気な攻が
      受になるのとか好きだわ〜
      *性格が悪いどうしようもない男が相手にのみ優しかったり可愛くなる
      【透過性恋愛装置】【言葉ノ葉ノ世界】【真夜中に降る光】
      【くちびるに銀の弾丸】【恋のはなし】とか好き
      最初の性格が悪ければ悪いほど恋愛した時のギャップが可愛い
      性格の悪い攻とか受とかって好き嫌いが分かれて
      余りの性格の悪さに「いくら後から可愛くなってもムリ!!」という
      感想をたびたび見ますが
      BLというのは女性向けでファンタジーなので
      男の悪いところとか余り必要ないのかもしれませんが
      「そこまで悪い男が恋愛で変わってしまう」というのが
      最大のファンタジーだと思います
      実際は中々性根腐った奴は治りませんし
      治すには人一人の人生をまるごと捧げるほどの情熱がないと
      中々難しいと思われます
      (仕事もお金も時間もすべて捧げて
       さらにカウンセリングとか付かないと厳しいかなぁっと思う)
      それが「恋愛で変わる」って素敵じゃないの〜っと
      別に男女モノでもやってよさそうですが
      男女だと漫画や小説と言えど現実的なわけです
      「そんなに変わるわけないよ〜」とつっこみ心が出てしまう
      ツッコミいれさせないように説得力持たせるとすると
      それはもうドロドロの重い話になると思われる
      純文学では結構そういう話があって
      「悪い奴がどうにか愛情を求めてもがく物語」ありますが
      結局最後はリアル路線で行くと、中々完璧なハッピーエンドはありません
      バットかバットの中に希望が見えるか、
      これからどうなるんだろうね〜という終わりの見えない終わりとか
      完璧なハッピーエンドに出来るのはBLならでは!
      ちなみに実際すごいもう恋愛とは言えない
      お互いトラウマ持ちのグチャグチャ愛憎話を知ってますが
      そちらはやはりバットではないけど、二人ともを救うべストEDはないのかな〜という
      重々しさです


      以上の私の萌ポイントがギュギュッと入っていて
      もう大好きすぎた

      お話の良さもそうだけど萌悶えた〜


      「愛されたい」と思うBL主人公は多いいけど
      どうやって愛されればいいのかわからなくって
      「自分は愛されるような人間じゃない」と思っていて
      実際、とっつきにくく可愛げがなく
      特別見た目が綺麗でも素直なわけでもない
      (BLだとなんだかんだと見た目は綺麗で
       主人公が思っているよりは周りから一目置かれていたりするし
       主人公が思っているほどクールでなかったりするものですが
       この加瀬くんは愛せないと思うのもしょうがないな・・・・という
       造形だったりするのです)



      両親がなくなり、預かり先で虐められて
      すっかり他人を信じられなくなり
      そして愛されたことがないから、どうやって愛していいのか分からず
      少しのことで他人を疑い、距離を取ってしまう
      でも本当は寂しくて仕方ない
      寂しいけど他人との距離の取り方がわからないから
      さみしさや苦しさの埋め方がわからない

      この辺りの加瀬くんのコミュ障具合が丁寧でリアルでした
      BL的でなく、リアルコミ障の思考回路に近い気がします
      好きで他人と接しないのではなく
      他人との距離の掴み方や接し方や対応がわからないから
      「それでバカにされたり、傷つけたり傷つくぐらいなら
       自分から他人を近づけない
       一定以上近づけない」というスタンス
      でも、そうやって一人になると寂しい
      寂しいけど他人といると自分が傷ついてしまう
      傷つきたくない・・・の永遠ループ


      そんな付き合いにくい気難しい加瀬くんのお相手は
      施設出の元ヤクザで自分の不注意で親友を亡くし
      その親友の妻と子供の贖罪としようとしてます

      これが・・・・何とも心が広い攻め様でして
      ひねくれててネガティブ変なところで突っ走る加瀬くんを
      根気強く見守り包み込み構い接してあげるのです
      面倒臭い加瀬くん自身ですが
      投げ出したり勘違いしたり突き放したり試したりしません
      ひたすら恋愛とは違うかもしれないけど
      暖かな優しさで距離を自然に測ってくれるのです
      他人との距離感を掴めない加瀬くんの代わりに
      攻め様の方が距離感を適度にいつも調整してくれている・・・という

      攻め様自身も大変な過去がありますが
      それを一緒に乗り越えるのではなく
      もうすでに自分の過去と人生を乗り越え
      悩みながらもしっかりとその過去を背負っていってます
      だから懐が深いのです


      前半のツンツン人見知りが嘘のように
      後半の加瀬はもう攻めが好きで好きで仕方ない様子
      本人はそんな自分にも思い悩むのですが
      客観的に見てる読者としては「可愛くってしかたがない」
      一々、いじらしいというか堪らなかった〜

      涙が出ちゃうシーンも多くて
      誕生日を祝われたことがない加瀬に
      攻め様がお菓子の家をプレゼントしてあげるところ
      このお菓子の家をすごく大事に思ってるのとか切ない
      ずっと大事にしようと思っていたのに
      苦しい思いでそんな大事なお菓子を食べきる様子も悲しい


      その大事なお菓子の家とリンクした夢の使い方も上手だったし
      クロネコも可愛かった
      BLでは難しい子供の使い方もイヤミがなくていじらしい

      凪良さんはこういう小物とか小さなエピソードの繋ぎ方が上手い



      ハッピーED後の二人を攻め視点での【甘猫】
      本編の加瀬がグルグルしている分
      ベタ甘で加瀬が可愛くってしょうがない様子が嬉しい
      そして、攻め目線になっても加瀬はいじらしいの
      攻自身も思い出せないほどの些細な戯言で言った
      「クリームいっぱいのクリームパン」をセッセッとこしらえたり
      他に好きな女ができて家を出て行くことになっても
      近くに住んで攻めがたまに会いに来てくれるのを待つんだって・・・
      こりゃ、可愛くってしょうがなくなるのも仕方ない!!


      挿絵も良かったです
      私結構、葛西さんの挿絵本を読んでいるのですが
      嫌いじゃないけど余り好きじゃないような
      でも、今回は葛西さん独特の乾いた線が物語にマッチして
      痛々しさと繊細さが出ていて良かったな〜
      書き込みがないさっぱりしているところも雰囲気にマッチ
      お気に入りは猫を頭に乗せてる加瀬と
      最後のお膝だっこです


      お話の深さや出来としては
      【生涯行き】のが私は小説として良く出来ていると思いますが
      萌と切なさと痛さと盛り上がりの緩急の付け方が
      BL小説としてこちらが面白かった
      ま〜、私が加瀬くんに萌えたんですよね

      凪良作品って脇役もいいのでスピンオフでないかな〜?という
      作品が多いいわりにスピンオフ本が出たのはこれが初めてだと思う
      凪良さんもこの二人で続きが書きたい様子
      是非とも甘〜い今後の二人が読んでみたいです
      あと、ヤクザさんの方もお相手がいたらいいのになぁっとちょっと思った


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM