<< 【ぼくはすべてを知っている】高久尚子 | main | 【お菓子の家: 〜un petit nid〜 】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【秋山くん】のばらあいこ

    0
       岸尾だいすけ×間島淳司


      吉野さんのともみちゃんが
      ピッタリだった


      もう、吉野さんに関しては本当にイメージ通り
      キャスト発表前から
      「ともみちゃんは鈴木達さんか吉野さんがいいな〜思っていて
      でも、若干「吉野さんのが合いそうだなぁ、吉野さんだといいな
      そしたら、そうだったので嬉しかった


      岸尾さんも間島さんも好きなのでキャスト的には良かったです
      (脇に興津さんがいるのも嬉しい)

      最初から「ちょっとイメージ違うかな?まぁ、いいか
      スタンスだったんですが、聞いたら二人とも
      想像以上にイメージと違った・・・


      攻のシバくんは・・・・
      私どうもこのシバくんが普通にキモチ悪いな〜
      原作読んだ時から思ってまして
      見た目とか行動じゃなくって
      心理的に欠落しているのに本人は普通だと思っていて
      その欠落していることに不便を感じてなく
      周りも彼を「普通に大人しい高校生」だと認識してるアンバランスさ
      リアルにいそうで怖いというか
      上手く言えないんですがそういうキモチ悪さなのです
      でも、別に嫌いじゃないんですが「可愛いとは思えない



      周りから少し浮いていて友達がいなくて
      本来なら孤独を感じてもおかしくない
      思春期に親しくしているのは家族だけなのに
      腐らずまっすぐでもなく寂しくもなく生活してる・・・
      学生時代に周りに親しい友人がいずに家族だけとか
      自分のコミュ障具合に悩むはず
      (何年も前の話題になったA川賞「Kりたい背中」とかそういう話でしょう
       「インストール」もそんな話だし
       BLだと木原音瀬【月に嗤う】の主人公の最初の心境とか)


      そんなシバくんが岸尾さんが声をあてることで
      好きな人に一生懸命なちょっとおかしい可愛い美少年攻に聞こえる
      チビでコミュ障のイジメられっ子気質がある雑種ワンコには思えない
      声とキャラ設定に隔たりを感じました〜
      もういっそ一途変態風美少年と思って聞いてました


      間島さんは聞く前は「結構合いそうだな〜と思ってました
      んんが!!
      何か・・・違うぅぅぅ・・・
      シバくんは別キャラになってましたが
      それはそれで結果的に私は良かった
      でも、秋山くんは気だるくてかっこよくて色気ある美形であって欲しい
      間島さんの声好きだし、少し低めな音域も良かったんですが・・・・
      色気ある美形ではなかったかな〜
      私はそう聞こえなかったというか
      7割ぐらいいんですが、3割ぐらい何か違う!!
      間島さんの声が良くも悪くも普通のダルイあんちゃんぽかった
      かっこよさはややあるんだけど
      シバくんが一目惚れするほどの美形オーラーみたいな
      キラキラが声から感じられないし
      色気も若干物足りないかなぁ・・・と
      あと、受って男前でも可愛さがあると思うんですが
      原作の秋山くん独特の可愛さもなかった
      クールでダルくてかっこいいんだけど
      少し甘えんぼな小悪魔が欲しかった〜

      声だけならチビ地味攻のはずの岸尾さんのがキラキラ美少年
      間島さんのが地味声というか・・・・

      ううううう〜〜〜〜んん〜〜〜〜
      間島さんのうじうじ真面目受とか好きなんだけどなぁ
      【グット・モーニング】【それなりに真面目なんです】とか良かったし
      カッコイイ系の【イベリコ豚と恋と椿】【恋を知る日】のトーンも好き
      ガッツリメイン受の【すべての恋も病から】も可愛くて好きなんですが
      「この脇の人声も演技もいいな〜
       それにしても受の人はいつ出てくるんだ??」と思っていたら
      そのイイ声の脇役だと思った人が間島さんだった

      悪くないんだけど、秋山くん私の期待通りではなかった感じです
      ちなみに、漫画読んで一番にイメージしたのは
      5年前の鳥海さんでした〜
      【サウダージ】みたいな男前だけど絡みでは色っぽくなる変化とか
      ちょっとクールで攻ぽいんだけど可愛くなっちゃう感じとか

      後は【イベリコ豚と恋と椿】の小野友さんの吉宗から
      ダルさをもう少し抜いたら調度いいかなぁ

      間島さんは好きで期待していたので
      ちょっと足りない感じがして残念でした
      間島さんメインってオムニバスの2カプものが多くて
      ガッツリ間島さんメイン受ってほとんどないから楽しみにしていたのに〜〜


      演出や脚本も少し残念
      絵がないとほとんど何してるのかわからない
      原作読んだ私でも「これどうなってるの?」となるところがあり
      原作片手に聞かないと色々わからない・・・・
      さらに収録時間が60分と少ないのに漫画全部が入ってない
      なくても困らない部分ではあるけどちょこっと削られてるところがチラホラ
      時間余ってるなら全部入れて、もうちょっと分かり易い台詞足すか
      間を使って雰囲気を出して欲しかった
      繋ぎも余りよくなくたまに「あれ?トラック飛ばした??」と
      話のブツ切れ感があったりしました
      短編を繋ぎ合わせたような話だからしかたないんだけど
      【リンゴに蜂蜜】とかのが漫画の構成が前後したりそれぞれ短編ぽさが強いのに
      綺麗にまとまっていたんだよな〜
      フワフワした雰囲気漫画部分とエロエロの対比が面白さであり
      キャラ立ち系原作でもあると思うんですが
      その原作の良さが活きてなかったように思えます
      悪くないんだけどもうちょっともうちょっとBGMもどうにかなりそう
      あと、若干BGMの音量が大きい
      【ファミリーバイブル】は原作でBL部分が薄く幼女が出張るから
      出来がイマイチなのかと思っていたけど
      やっぱりこのメーカーさんは演出脚本がイマイチなんでは・・・・
      イヤイヤ、否定してはいけない!!
      ムービックの二の舞になってしまう・・・・



      カツアゲされているのを助けてくれた秋山くん(間島さん)
      それでをしてしまったシバくん(岸尾さん)
      秋山くんの友達がいる前で
      「愛してますと告白してしまい
      秋山くん家に拉致られて尋問?されてしまいます


      最初の出会いでトイレまで着いてきたシバくんへの
      秋山くんの一言
      「見られると〜コーフンするだろぉ?
       エッチ」
      これ・・・違う、違うのよ〜
      ボソっと吐き捨てるようにサラっとじゃなく
      少しニヤニヤして煽るようにエロめに「エッチて言って欲しかった
      語尾のもちゃんと付けて〜
      その言い方じゃがないよ〜
      っと、初っ端からモヤモヤしました


      秋山くんの友達3人からイジられるシバくん
      大好きな秋山くんを目の前にそれでも勃ってしまいます
      ノリで足koキすることになる秋山くん
      メイン二人より吉野さんがイキイキしていて面白かった
      「そして意外にも剥けてる〜」
      「これ見ろコレ!
       ガッツリたってんだろ
       こら!オカマ〜」
      「シバくんならよゆ〜しょぉ」


      このヤンキーぽさが堪らんかった
      「シバく〜ん
       T漏だから秋山キレちゃってんじゃん
       早くイカないと怒られるよ〜」

      人をバカにしておちょくってる感がアリアリ
      吉野さんは漫画より良かった
      上手いですね〜
      早口やセリフの緩急の付け方が絶妙だった


      そのままシバくんに好き勝手することを許す秋山くん
      男同士の行為にドン引きする友人三人

      ここ・・・原作ではグチャグチャしてエロいはずなんですが
      エロくない!!
      岸尾さんの喘ぎがでかくて間島さんの喘ぎが聞こえね〜


      数日して会いにきてシバくんを家に連れ込む秋山くん
      「エッチしてもいいと言いますが
      秋山くんが学校にこないのは自分が周りを考えずに
      秋山くんに告白したせいだっと思ったシバくんは断りますが
      秋山くんに冷たくされて
      泣きながら「したい・・・と本音を言います

      グチャグチャに泣く岸尾さんに
      「ふふふ・・・・」と笑う間島さんは可愛かった

      キスしながブツブツ言うシバくんは
      岸尾さんがいい具合に気持ち悪く演じてました
      戸惑う間島さんも良かったです

      初エッチも岸尾さんがよ〜喘いでます
      入れた瞬間の「ああ・・・!」も岸尾さんの声デカっ
      そこは普通受けが「ああんてなるところだろうに・・・・

      間島さんの喘ぎは可愛らしく色っぽいけど
      BGMと岸尾さんの声をかいくぐって耳を澄まさないとなりません
      間島さん可愛いけど可愛いけど
      ここは岸尾さんに対抗して
      アンアン大きな声で喘いでほしかった!!

      うるさいエロが好きで派手喘ぎ好きとしては
      ここで喘がなくっていつ喘ぐんだ!?

      SEがバチュバチュパンパンしてるんだから
      ここはそれをかき消すぐらいのうるささがほしかった

      【ご主人様はヤバいやつ】遊佐×千葉進
      【華は貴族に手折られる】遊佐×岸尾
      【不機嫌で甘い爪痕】高橋広×鈴木達

      私の中の三大うるさいエロ作品
      です
      ガチャガチャSEが激しめに入ってるのに
      それを打ち消すぐらい二人が喘いでる
      攻も攻とは思えないぐらい息入れまくってるけど
      それ以上に受が喘ぎまくっていて
      見事なハアハアアンアンハーモニーを奏でている逸品です
      これぐらいやって調度いいぐらいの作品だったと思うのです


      ともみちゃん(吉野さん)が一人でAV見るシーンで
      ビデオで女の子がアンアンしてますが
      これぐらい喘いで欲しかった〜

      「嫌・・・・早・・・早い」の間島さんは可愛かった

      それにしても何故手〇キシーンをカットした
      数分だし入れとけよ〜


      秋山くんをますます好きになるシバくんは
      秋山くんと家族がいればそれでいいっと思いますが
      秋山くんは自分と接して以来、いつも一人になります
      自分のせいで秋山くんが孤独になったと思ったシバくんは
      秋山くんとつるんでいた一人に会いに行きますが
      すげなく
      「男同士なんて・・・秋山は変わってるけど
      ついてけない」
      と言われてしまいます
      ともみちゃんは中学からの秋山くんの友達ですが
      男二人の絡みを見せられてたたなくなってしまいます


      シバくんの妹がロリ声すぎてビックリしました
      コンビニのバイトの女の子は女子高生らしくて可愛かったです
      キャラにすごくハマっていたなぁ
      普通にお母さんや友達がいいのに、何故に幼女はロリ声なんだろうか〜
      別にいいんだけど、そこだけアニメ演技で違和感がありました

      電話が来て秋山くんに会いにいくシバくん
      ここも原作とちょっと違っています
      なんで変えたんだろうか?
      秋山くんは外でアイスを食べてるんですが
      いきなりチュパチュパ音が出てきたので
      原作読まずに聞いた時に
      キスしながら話してるのかと思ってしまった・・・・
      改変してわかりにくくなるって脚本としてどうなのよ〜


      父子家庭で広い家で一人でいる秋山くん
      友達も自分のせいで離れてしまって
      秋山くんが孤独だと思うシバくん
      泣きながら自分が後先考えずに行動したから
      友人たちも離れてしまったと謝ります

      それに対しての秋山くん
      「シバがいるじゃん」
      「一緒にいてくれるんだろ?」
      原作ではちょっと微笑んで幸せそうな柔らかい秋山くん可愛いんです
      でも、間島さんサラ〜っとボソボソっと普通に言ってるの
      ここはデレなのに〜
      もうちょっと可愛くほんわり言ってほしかった


      秋山くんにかまけて、成績がだだ落ちして
      夏休みは補修
      そして、秋山くんの誕生日プレゼントを買いたくて
      バイトにも頑張るので忙しくて秋山くんに会えません

      「お前チ〇ポ硬すぎ・・・」
      ←これ入れといて
      「で・・・すぐ入る」←何故にすぐ続くこれは省いたのだろうか?
      ここでは岸尾さんが喘いでないので間島さんの吐息がちゃんと聞けます
      ちなみに、短いエロも抜けてました
      「ゆっくり動くのイイ・・・」聞きたかったな・・・・


      「なんだよ〜〜バイトバイトってよ〜」
      かまってもらえなくっていじける秋山くん可愛かった
      「暑い中、よ〜来たの〜ごくろう」も可愛かった
      チョイチョイ可愛いことは可愛いのです

      呼び出して、手錠かけて乗っかる秋山くん
      お口ご奉仕しながら後ろを自分で慣らすエロ
      なんですが
      これまた、何故かまったくエロくありません
      と、言うかあんまり何やってるかわからんのね
      襲い誘い受けなんですが、そういう受には色気が必要だな〜っと
      思ったりしました

      あと、一冊通して一番秋山くんが可愛い
      さんざん無茶したり言ったりしていた理由
      「シバがこねぇ〜と・・・
       つまんねぇ〜つってるのっ

      「つまんね〜つってるの・・・」のとつぶやき系になってたのが・・・
      そこはちょっと拗ねて甘えながら依存度高めの
      「つってるのでしょう〜
      クールダルさはいらんのですよ〜!!!
      全体的に私の中ではデレの可愛さが物足りなかったようです


      翌朝、誕生日プレゼントに指輪を秋山くんに渡します
      バイトが忙しかったのはこのためだと知り
      照れながらも嬉しい秋山くんでした   


                   
      何だかほのぼのしてるんだけど、中途半端に終わり





      間島さんの秋山くんに対して色々書いちゃってますが
      それは私がシバくんに思い入れがないのと
      岸尾くんのシバくんは何かが根本的に違うので
      原作の比較をやめているのもあります
      間島さんはチョイチョイちゃんと秋山くんなのですが
      私がここぞ!と思ったときに違うので気になってしまいました〜


      フリートークは一言メッセージ風
      周りに全員いるみたいなのでクロストークで良かったのに・・・・
      間島さんはキャラを掴むのが大変だったみたいなので
      そう思うとこの秋山くんには納得かも




      元々、原作がキャラ萌&絵&エロが良くって
      お話的には私は今ひとつというか
      始めに書いた通り、シバくんがちょっと可愛いと思えないし
      秋山くんの家庭の事情が結構大事そうなのに
      まったく語られてないので秋山くん自体の気持ちの変化がふわふわしてるしで
      もうちょっとストーリーが起承転結しっかりしていればな〜と思った
      秋山くんの孤独が浮き彫りになって
      そこに少しズレた感覚だけど一途な愛でシバくんが寄り添い
      お互いがお互いの欠落したモノを埋めていく・・・・という
      大筋が導かれていれば良かった気もするんですが
      そういう突っ込んだ話はなく、恋愛の柔らかい部分とエロを
      ふわふわ〜となぞって寄り添っている二人なんです

      そう思うと中途半端っぽいこの原作はCD向きではなかったというか
      CD化するのは難しかったのかも〜

      ざっとした絵が私は結構好きだし
      少し相手を見透かすように笑う秋山くんが可愛いし
      脇含めてキャラがイキイキしているので
      全体を通しては好きで、このノリはこれでいいんだけど
      のばらさんのちゃんとストーリーがある話も読んでみた〜い
      秋山くんの孤独に焦点をあてた続きが読みた〜い



      意外と長くなったので特典【ともみちゃん】は後ほど

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは!
        「秋山くん」の感想、とっても興味深く拝見しました!
        その話の前に。前回コメントお邪魔した時に伺ったCDわかりました!お答えいただきありがとうございました<(_ _)>

        早速なのですが、ズバリ伺ってもよろしいでしょうか。
        CDを結構気に入っている私は、原作を読んでも良いのでしょうか。気になっています。
        試し読みした時に、柴に感じたコミュ障的な気持ち悪さがCDでは感じられず、前向きなワンコに見えたこともあって、私はロマンチックな話だと思えたような気がします。
        逆に言えば、試し読みで柴が気持ち悪かったので原作も買えずCDも不安半分だったんです。
        CDが良かったので原作読もうと思ったのですが、感想拝見していたらどうやら私が最初に抱いていたイメージの方がやはり本当の柴のような気がしました。

        それから、秋山についてですが…
        実は私も一番最初のトイレでの「見られるとコーフン〜」は原作と違うな〜と思ったんです。そこは読んでいたのであれ?と。
        イメージはKさんと一緒です。
        ただ、私はぼそっとした感じや潔癖な感じのイケメン演技をされる間島さんが好きなので、その後の秋山は読んでいないので知りませんし、普通に楽しく聴いてしまったんですよね。
        私はこういう間島さんが一番好きですが、Kさんのお話伺うと、そういえば間島さんは「メロンパン戦争」の時のような感じが普段のまま…のように言われていましたし、得意とされている演技は私の好みとは真逆で、私は横道逸れているような気がしてきました。
        段々あの感想をアップしたことは本当に良かったのか、ミスリードになっていないのか不安でたまらなくなってきています…(;´Д`A ```。

        原作の秋山の可愛さを目にしてみたい気持ちはあるのですが、柴の痛々しさに耐えられるのかも不安で…。
        もしよろしければKさんなりのご回答をお願いできると嬉しいです。

        エロさは全く感じられませんでしたねw
        なんだか柴のオ○ニープレイみたいな(苦笑)。
        率直なKさんのご意見が痛快で、相槌打ちながら読んでしまいました!(笑)
        あと、ところどころカットされているところもあったようですね。あれだけ収録時間短かったんですから入れればよかったような…。
        もしもエロくなるからできないなどという理由だとしたら、どうしてこの原作を選んだのか…と気になってしまいますね。

        吉野さんのお芝居は本当に良かったと思います!
        Kさんは最初から吉野さんのイメージだったということで、実際キャスティングされて、期待を裏切られないと嬉しいものですよね〜^^
        本当に吉野さんのメインが聴きたいです(><)



        「せつなさは夜の媚薬」の感想も拝見しました。
        私もあんまりこのお話…です。
        4の次に聴いたのがこの3だったのですが、途中で小西×野島組がヤっているシーンを聴いて、他も聴きたい!ってなったんです。
        そうでなかったら、「せつなさ〜」だけでは大作で良作だけれど…大味だな〜で終わってしまっていたような気がします。

        >う〜〜ん
        >これが私のこの話に完璧に浸れなかった原因なんですが
        >二人はわずか3回しか会ってないんですよ

        これですね!決定的にこれです!
        他のカップルにはもっとドロドロとした、ある意味宿命に近い縁があったのですが、この二人はな〜んでこんなぽんっとくっついてしまったのだろうというのがありました(^^;
        他がドロドロなので箸休めには良いと思うのですが…。

        >私は可愛い受け声に苦手意識が強くて
        >福山さんは低音受しか聞けない!と思っていたんですが
        >その演技の微妙なニュアンスの表現力がすごく良くって
        >「この演技力は高音だろうと可愛い声だろうと聞かないと勿体ない!!」と
        >思ってしまったのです・・・・

        私も一緒です。
        私も可愛い系はあんまり…ですが、福山さんは何をやっていただいてもウェルカムです!!!
        ただ、これは誰にでも言えることですが、極端な駄作だともう次回出てくださらないのではないか…とひやひやしてしまうので、一定ライン以上の作品だとありがたいなと思います(^^;


        長々とすみません。
        またお邪魔します!
        • ノルア
        • 2012/10/16 1:40 AM
        ノルアさんへ

        コメントいつもありがとうございます♪


        【秋山くん】は雰囲気漫画に入る部分があるので
        漫画を読んだ方がより情報量が多いいと思います
        あと、のばらさんの絵と表情が私は魅力的だと思うので
        絵柄が好きなら読んでみる価値はありますよ〜

        私は内容よりも絵と秋山くんというキャラが好きで
        何度も読み返してるうちに
        最初に感じたシバ君に対する違和感が「何だか気持ち悪いな〜」となりました。でも、感想プログを巡ると結構「可愛い」とシバくん言われてます
        (私は映画やBLじゃない小説とか他人様の感想見るのが好きです。違う意見や着眼点があったりして新しい味方や捉え方ができたり、自分と同じような感想にあたると嬉しかったりします)
        「可愛い」と思えないけど、そう思う気持ちはわかるんです

        私が「気持ち悪いな」と思ったシバくんのズレた所や盲目さは、ある種の「純粋さ」であり「一途さ」なのです
        「純粋さ」「一途さ」には悪意がなく裏表もありません
        その全てが「秋山くんに向かっている」というひたむきさが
        ワンコみたいで可愛いのだと思われます

        ストーカーにならないギリギリの愛情といいますか
        「自分がオカシナせいで秋山くんに迷惑をかけてる」と自覚していますからね
        ただ、「おかしな自分」に気づきながら、その「おかしさ」を普通に受け入れてるシバくんは「ちょっと理解出来ない奇妙さ」として私には受け取れてしまうのです


        そういうのをまったく考えず、また「そういうおかしなほどのズレた一途さが可愛い」と思えれば、問題ないと思われます。深く考える作風でもないので余り考えずに読めば何も引っかかりがないと思われますよ〜

        感想プログを巡って感じたのは思ってることは同じでも着眼点が違うだけで大分受け取り方が違うっということで「シバ君を可愛い」と思える視点じゃないところに私はあったようです

        あと、CDで「エグい」という言葉にすごく納得したんですが、漫画は作者が「男性向けのエロを意識した」というだけあって描写が普通のBLとはちょっと違う気がします
        上手く言えませんが、一応そういう覚悟?で読むといいかもしれません
        あと、CDだと薄いけど原作はエロが半分?ぐらいあるような・・・?
        半分は言い過ぎだけどそれぐらいエロさが印象に残ります
        ここらの印象は原作概読者はもれなく感じることだと思うので、CDでエロくなかったのが不思議なぐらいです
        (多少削られてますが9割がたは入ってるのに)
        ノルアさんのコメントの「オ〇ニープレイ」にすごく同感しました
        そうそう!!それです!!


        声優さんは岸尾さんのシバくんは可愛かったです
        原作だと冴えないチビっ子攻なので、もうちょっとブサ声イメージなんですが、岸尾さんのキラキラした透明感ある声だと普通のワンコ美少年攻に思える
        岸尾さんの澄んだトーンというのは物語自体を透明感溢れるモノにするので
        感想では触れてませんが、指輪を送ろうとするモノローグの
        感情の入れ方や柔らかで綺麗な声は美しい純粋さを感じました

        間島さんのカッコイイ声私も好きですよ〜
        最近だと【イベリコ豚〜】の椿が受なのに低音めで良かったし、攻の【恋を知る日】も良かった
        でも、もうちょっとクールな中での可愛さを聞きたかったのです
        【恋を知る日】ではあんなに酷い男だったのに
        後悔してからワンコのように可愛くなってたし
        【すべての恋は病から】でもツンツン生意気美形だったのに
        デレてから可愛くて可愛くてキュンキュンしましたし
        【イベリコ豚〜】の椿も男前だけど可愛かったですしぃぃぃ

        そういう、ちゃんとギャップを演じられる間島さんなので
        期待していたのです!!!
        特に私が感想であげたセリフは秋山くんの可愛さが出るシーンだと思う
        いつも可愛くなくっていいんです
        根本の役作りやトーンは間違ってないんです!!
        可愛くなるのは1トラックに1セリフだけ
        その「1セリフ」がポイントだったのですよ〜(私の

        だから、多分5セリフぐらい色ぽかったり可愛かったりしてくれれば、満足だったのですが
        そのポイントのセリフがすべて「普通のトーン」だったので
        「デレて〜!!恥じらって〜!!可愛くなって〜!!」と思ってしまった


        長くなったの続きます
        • k
        • 2012/10/18 10:40 AM
        ノルアさんのコメントの続きです
        長々とスイマセン・・・


        でも、こういうのって演出家の手腕もやっぱりあると今回実感
        BL裏話全部は聞いてないですが
        あれの模倣演技での阿部さんと声優さんのやりとり聴いてると
        そういう「外から見た指定」って大事なんだな〜と思いましたし
        この作品じゃないですが原作者さんのアフレコレポも好きなので、なるべくレポがあるなら読むようにしてるんですが
        例えば今年の私の好きな【フラッター】とか
        近藤さんが羽多野さんに迫るシーンが
        あまりに近藤さんが男前すぎて攻めっぽくなり
        羽多野さんが受っぽくなったから修正したらしいです
        近藤さんの役は元攻だから男前でもいいんですが、やはりそこは受だから色気を優先してくれた方がblcdとしては聞いていて嬉しいですもんね〜
        【生徒会長に忠告】でも森川さんと接する杉田さんが
        最初は親しげだったのをツン演技に変えたりとかあったらしい
        「受を狙ってるんじゃないかな?」と思ってるライバルみたいな男に対して、親しく接する攻というのは先輩後輩であってもそぐわないのでツン風にしたのは物語上あっていますよね
        (ちなみに今調べたらこの二作は同じ演出家さんだった・・・・)
        そういう間違っていないけどちょっとしたさじ加減で、音だけのドラマCDって印象が変わってしまうのだと思います

        以上のことから、私が勝手に導き出した答えは
        間島さんはちゃんとデレや可愛い演技もできる方なので、演出家の指示がイマイチなんじゃないだろうか〜ということです
        コメントでも間島さんは役を掴むのが難しかったのが伺えますし、もう少しアドバイスがあっても良かったんじゃないかな?と思われます
        何度も書いちゃいますが
        私のシンポがあんな棒読みになるぐらいですからね・・・・
        【僕はすべてを〜】もノルアさんもおっしゃっていますが
        BGMがおかしかったですよねぇ
        【幸せになってみませんか?】もチラホラBGMがイマイチでした


        なので、今回は私の印象や期待とちょっとズレていた・・・という


        【せつなさは〜】は二人の演技や声を楽しむには良かったですよねぇ
        演技ってその方によってやり方やクセがあるのですが
        福山さんの演技はセンテンスごとに細かい演技わけがあるので、確かにシリアスのが私も好きかもしれません
        ちょっと違いますが、神谷さんの場合は神谷さん自身が役に感情移入して納得して演じてるときのが、演技が格段に深まってるように聞こえますし
        鈴木千さんや平川さんは独特の声にゆらぎを演技に乗せる方なので、ツンツンしてるよりは薄幸受けのがその特性が活きると勝手に思ってます
        私はアホエロも好きですが、それぞれの方の特性が出る作品てありますよね

        清澗寺集める予定ですが・・・・
        金銭的に厳しいので月一枚ずつとかだとそのうちなくなっちゃいそうだな〜っと不安に感じています
        その他、手に入れてないムービックのも購入したいです
        ついさっき、遊佐神谷のを買いました!他のモノを購入するついでに我慢が出ずに・・・本当は小西野島のが欲しかったのですが、在庫が少ない方を優先しました〜
        来月こそ小西野島の方を購入しますよぉぉぉ


        それでは本当に長々と失礼します
        「秋山くん」は少しでも購入の参考になれば幸いです
        • k
        • 2012/10/18 10:46 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM