<< 【専属で愛して】 | main | 【下がってお待ちください】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    夜光花さん

    0
       私が作家買いしてる7人の中の一人です
      でも、正直言いまして・・・・
      BL萌え的には私と夜光さんは相性が良くないと言うか
      夜光さんが王道なんですけど、私の好みとは違うと言うか
      私は、男らしい・ツンケンした受けが好きなんです


      夜花さんの受けちゃんは大体が
      小さく華奢で可愛らししい
      大人しかったりイイ子だったり健気だったり一途だったり
      BL好きの心に響く王道受けちゃんです
      たま〜にツンツンしていたり、男前受けが来ると嬉しかったりします
      「オガクズで愛が満ちる」「跪いて永遠の愛を誓う」「銀月夜」「君を殺した夜」
      大人受けの作品は好きな受けちゃんだったりします


      そんな私好みの受ちゃんじゃないのに面白く読めてしまうのは
      BL以外の処が面白いんですよ〜
      物足りない所もありますが、BLでこれだけしっかりと練り込んである
      ミステリー?やトリック?系の作品って少ない
      大概がなんちゃってミステリー
      なんちゃって謎解きもの
      なんちゃって因縁・閉ざされた村・血のたたりもの
      夜光さんも完璧に出来上がってるわけじゃないんですが・・・
      BL以外のところが出来上がってる小説作品って
      本当に珍しいんですよ!!
      BLだとキャラが良かったりエロかったり恋愛面がしっかり描かれていれば
      ミステリーやお話の外骨はまあまあでも読めてしまう
      だって、何も読者はミステリーや謎解きを求めてBL読んでないですからね
      何といっても男同志のラブを求めているワケで
      それ以外のところはまあまあ目を瞑れてしまう
      そんな感じであまりBLにそういうものを求めていたわけじゃないんですが
      BL小説で「これだけ書けている」というのにビックリしました


      私はミステリーはそんなに読む方じゃないんです
      それでも人気の作品とかは手に取ります
      京極堂・アリス・高村・宮部・恩田・乙一とか人気作家から
      馳・花村・本田・津原・舞城・夢人・奥田・荻原とかの
      小説好きがお薦めする方々も
      何というかミステリーなら王道よりちょっと捻りのある方が好きです
      幻想的だったりラストがビックリだったり
      プロット以外のところに作家が妙な情熱を注いでいたり
      文体が独特だったり
      個性があるものが好きです
      なので、本来のミステリーや謎解きモノが好きな方からしたら
      夜花さんは物足りないところもあるかもしれませんが
      本格ミステリーが苦手で変わった謎ものが好きな私は
      夜花さんが描くちょっとドロっとした雰囲気や因縁が混じった話は
      好きだったり目新しかったりします


      BLらしくない確立した世界感
      謎を引っ張る演出・ありきたりじゃない効果
      BL以外のところで読ますのがお上手なので
      好みの受けじゃなくてもある種『小説』として楽しく読んでいます
      それでいて、夜花さんはBL自体が好きなのがあとがきからでもわかる
      「今回は○○関係をすごく楽しんで書きました」
      「絡みのシーンを書くのは楽しい」みたいなことが良くあります
      なので、BL以外の筋を絡めても作者自身がBLを念願においてるので
      すごくバランスがいい
      例えば崎谷はるひさん好きですが
      最近の作品はBL以外の話を進めようとする余りに
      何とも回りくどい・いらない説明的文が多すぎる気がします
      私は厚い本を読むのが好きなのと
      崎谷さんのくどい文も嫌いじゃないのですが
      そういうのを差し引いても・・・崎谷さんの作品自体はBLなんですよね
      BLとしてすごく面白いんだけど
      小説としてのテーマやお事件ものや謎やらトラウマ描写とかはお上手ではないと
      なのでBL話を中心に書いたほうが面白いのになぁっと思ってしまうのです
      夜光さんは小説としても面白くありながら
      話の筋を追うこと自体にはあまり固執していないように感じます
      だから「これは小説としてはありだけどBL的にはいらないな〜」と思う部分は
      意外とあっさりとしか書きません
      もしかしたらもっと表現したいのかもしれませんが
      読者がそこまでの「突きつめたテーマ性」をBLに求めてないのをわかってるのでしょう
      「お話として面白いな」という所で切り上げています
      例えば「凍る月」シリーズとかはもっとアクションをやりたかったようですが
      そこまでガッツリとしたアクションや血みどろや過激なシーンはありません
      また、もっと獣人と人間の確執を描いたならば
      「龍は眠る」「光の帝国」みたいな、人と違う能力を持った者の悲しみを
      ほりさげた感動長編にすることもできたと思います
      「ミステリー作家串田寥生の考察」「堕ちる花」は
      閉ざされた村・神事のドロドロ・古くからの言い伝え
      N木賞作家三浦しをんさん「白蛇島」より
      土俗テイストが上手く表現していると私は思いましたよ〜
      特に「ミステリー作家〜」の方は小説として掘り下げるなら
      主人公と先生のその後のラブよりも
      姉と妹の過去・心情・主人公との確執をじ〜っくり書ききった方が
      ドロドロが増して且つ小説としての完成度も上がったと思う
      土俗と家族と女の性をテーマにしても面白い題材だったし
      でも、それをしないで何だかんだと大円満のラブラブで終わってるんですよね
      この適度な切り上げ方がBLとして上手いな!と思いました
      それでいて先生の過去とかが出てきて、すぐラブラブになるのではなく
      全てのタネ明かし的なものがあってただのBLでないのも良かった


      BLとしてのサービスシーンもふんだんに入ってるのが夜花作品ですよね
      でも、それを作家自身が楽しんで書いてるのがいい
      しかもちゃんとエロい・・・というのが
      お話とBLとエロとのバランスが上手いこと融合してます
      BLなしにしてもそれなりに面白い話を書けそうですが
      やはりBLベースあっての夜光さんだな〜と思います


      文章自体は読みやすいものの飛びぬけて上手とかは思いませんが
      下手じゃないですし、BL作家としてはお上手な方です


      木原さんはBL小説らしくない文体ですが
      お話の内容?筋は意外とBLらしいんですよね
      夜花さんは文体は普通ですし、男同志の関係性にすんなり入れるものの
      小説としての楽しみ方がBLとしてじゃなくて
      「お話」にある方だと思っています
      違うベクトルでBL以外の楽しみ方がある作家さんです



      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 18:23
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM