<< 【イベリコ豚と恋と椿】SHOOWA | main | 2012年 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【ファミリー・バイブル】

    0

      極度の千葉進好きによる感想です
      色々迷走してますが
      それでも良かったらお読みください


          
      ↓↓↓








      小野友樹×千葉進歩


      こりゃ〜、原作がダメなんじゃないだろうかぁ

      私、トンチキBL・トンデモ展開・内容がないアホエロ 等
      一般的に駄作といわれてる作品も勢いがあれば許せてしまうタイプです
      ダメにはダメなりの面白さがあるというか
      「昨今はこういう全体が(色んな意味で)バカ作品はないよね」と思うと
      それはそれで面白いような気になってます

      そんな私がダメなのはシリアスBLで
      声優さんもシナリオも演出もシリアス展開しているのに
      根本に穴がある、腑に落ちない、説得力がない話です

      【秘書の嗜み】【ひと目会ったら恋に花】【たおやかな真情】とかかな〜

      「そりゃ、ね〜よって展開でもトンデモすぎて笑いになってればイイんです
      (南原作品とか有栖川作品とか〜、昔のBL作品に多いいですね)

      でも、ツッコミもできずに冷静に「ここはダメ」「これはない」と思ってしまったり
      物語自体にハリボテ感があるのはイカンのです


      大体、BLって少女漫画でもゲイ物でもない完全ファンタジー
      (私はそう思っています)
      そこに、余りにも現実的すぎる話を入れるのは諸刃の剣
      文芸作品・一般作品・普通の漫画等でも現実的なモノが主題になる場合
      作家さんは独自に色々調べて、なるべく本来のモノと違いがないように書きますから
      (例えば、医療・刑事・警察モノとか、何かしらの薀蓄があるものとか)
      ですが、BLにおいてはなんちゃって〇〇が結構許される
      読み手は別に重いテーマを見たいんじゃなくってたいわけですから
      細かい設定にはある程度目を瞑ってくれるのです

      ですが、そういう緩い土壌ががあるのに
      自ら厳しいテーマを扱う方がチラホラ
      ちゃんと昇華してる場合はいいんですが、作者の力量なのか
      下調べが足りないのか、間違った知識なのか、尺の問題なのか
      どういうわけかシリアス部分に納得がいかない!というモノがある

      取り扱いきれないなら、そこの領域には入ってこなけりゃいいのにな〜っと
      なんちゃって〇〇が通用する土壌なのだから、それを有効利用しようよ!!


      今回の話もソレです
      離婚した子供の親権問題が絡んでくるのです
      産みの血の繋がった母か育ての血の繋がらない父か?みたいな
      それにしちゃ〜、過去話が雑!!
      後始末の仕方があっさりしすぎ!!
      受(父)がま〜ったく悪くありませんって風にしたいんだろうけど
      私は必ずしもそうだと思えなかったな〜



      ↑こういう内容の不満点を思うと
      最初心配していた幼女のロリアニメ声は気になりませんでした
      私は結構BLCDでの女声に嫌悪感はなく
      たくさん女性が出ていても役にあっていれば平気です
      それどころか、今回の幼女は声が可愛いんじゃないだろうか?
      CD感想をザッと回ると幼女がフルボッコ気味だったんですが
      比較的、子供に好意的な感想が多いい【子連れオオカミ】の子供のが
      私は違和感あってダメだったな〜
      女性声優さんがまだちゃんとしゃべれない舌っ足らず男の子供をしてるので
      それこそ子供らしくないというか
      (女性声優が悪いとかじゃなくって色々音声的には無理があったんだと思う)
      今回は普通に会話が成立する年代の女子小学生ですので
      多少キンキンしますが、メイン二人が柔らかい中音なので
      高音をサンドして緩和しているようなしてないような・・・・
      ともかく、私はそんなにマリエちゃん(幼女)嫌いじゃなかったです
      【ダブル・バインド】のハナちゃんのが私は可愛かったですが
      (これも幼女声が下手!と言われてる場合もあるのでどうなんでしょうね〜)

      幼女ロリ声よりも私は崎谷作品の女のが苦手ですからね!
      【海シリーズ】のマユキ
      【純真にもほどがある】【ハピネス】の謎のイイ女
      【オレンジのココロ】の母
      極めつけが女じゃないけど【たおやかな真情】の男の娘教祖様
      声がどうこうじゃなくって存在自体がない・・・・
      これに比べれば、可愛すぎてリアル感のないロリ声ぐらい大丈夫


      この作品は根本が間違っていて
      娘のマリエ主人公視点で話が進んだ方がまだムリがなかったと思います
      (BLCDではなくなってしまうけど)
      粗方、CD感想を読んで覚悟して
      「これはBLじゃなくってファミリーもの」と思って聞いていたので
      幼女が出張ってほとんどのシーンに出てくるのは気になりませんでしたが
      それ故に、BL部分が取ってつけたようで
      パパ二人&少女の一般作品にした方が面白かったんじゃないかな〜となりました


      演出自体はそんなに悪くなかったと思います
      BGMの音量が大きいのが気になりますが
      (声優さんのセリフと同じ音量ぐらいあるので)
      全体の曲調や曲のタイミングやシーンでの曲の雰囲気など
      細かな効果音・生活音などは結構私は好きでした
      ただし、絡みシーンでのクチャクチュニチャニチャ音はなんなのだろうか
      嫌、いいんだけど・・・エロでのこんな効果音始めて聞いたので
      随分、汁だくでしたね〜
      南原作品もバッチャバッッチャチャプチャプと水音が激しくて
      「お前らは水の中でヤってんのか〜い!!」とツッコんだものですが
      今回のは粘り気があります
      南原作品が水中エッチなら、こちらはローションプレイと言ったところでしょうか



      千葉進パパと娘のマリエちゃんは隣の小野友くんと仲良し
      二人が大好きなマリエちゃんは
      「千葉進がママ&小野友パパにして
       ずっと三人で家族のように暮らせればいいな」
      と思っています
      千葉進パパは小野友くんの自分への好意をずっと感じいて
      自分も恋愛感情を持っていますが
      「若い彼の将来を考えると自分達に縛りつけるのもいけないなぁ
      思っているので、マリエちゃんの「三人で家族になりたい」コールに
      「小野友くん自らがプロポーズしてきたらね」
      彼の意見を尊重するように言った処
      マリエちゃんはどうにかして二人をくっつけようと頑張るのでした



      シンポ(の声)がパパ兼ママなんて
      羨ましいんじゃ〜!!!!
      私だって「ママてシンポを呼びたい!!
      ような呼びたくないような
      マリエにマリエになりたい・・・・
      乙女で囁かれるのは苦手だから
      いつもあの乙女の恋人ポジに違和感があったが
      美男二人がイチャコラしてるのを眺めつつ
      自分はその二人に寵愛されるっって
      なんと素敵なシチュエーションなんでしょうか
      マリエになりたい!!!
      腐った女的にはこれが正しいスタイルだったんだな・・・・
      そりゃ、乙女CDでこっちに「好きだよ」「可愛いよ」言われても
      むず痒いだけだわ・・・・と変な自覚とともに聴き始めました




      BL的には出だしから間違っていますよね?
      BLって二人が好きになる過程が大事なのに
      もう最初っから二人は好き合っていてくっつくのは時間の問題
      さらっと飛ばされていますが
      最初は遠慮していたのにシンポパパの家に小野友くんが上がり込むまでや
      男なのに意識し始めるきっかけるになるエピソードや
      父娘二人っきりだったのに小野友くんが来て段々楽しくなる様子や
      マリエちゃんに「彼がプロポーズしてきたらね」と言う前での状況とか
      BL的には書き込むところいっぱいあると思うのよ!!!

      父子BLだと山田ユギ【水温む】雲田はるこ【野ばら】が好きですが
      (オヤジ受が好きじゃない私でも面白い)
      ちゃんと好きになる過程や子供がいる人との恋愛の難しさが
      BL萌的に書かれているんですよ〜
      なして、大事なところをすっ飛ばしてしまうんだよ


      千葉進の声的には穏やかで柔らかい中音
      絡みの時だけ色気ダダ漏れ

      小野友さんも中低音で柔らかい声
      好青年ぽさとガッツキ具合のギャップが素敵
      ワンコ攻で重視するのは正常時と絡み時の対比が
      私は大事なのですが
      まだ数回しかBLやってないと思えないほどの攻め喘ぎがいい
      受の時より喘いでる気がして、攻めっぷり好き
      こっち先に聞いてれば【イベリコ〜】もまた違う気分で聞けたかも
      小野友さんの攻いいですね
      ただ、小野友さんのモノローグ・・・眠い
      日野さん並みに眠い・・・・
      私の睡眠誘発CDとして日野小野友の組み合わせ来て欲しいですなぁ


      初めて小野友くんに声をかける時
      「あの〜・・・あのねっ?」
      てシンポの言い方が
      すごく好きぃぃ
      こっちを伺うような感じがすごいイイ

      マリエを寝し付ける時
      「晴れるといいね」
      「それじゃ・・・おやすみ」
      スッゲー・・・・やさすぅぃ〜〜いの
      癒される〜癒される〜


      小野友くんがお泊りしてくれた時に両思い→エッチ
      ここ無駄にシンポが色っぽ〜い
      「手・・・痛いよ」
      「僕のせい?」
      ←絶対ここでニヤリとしてる
      攻くんが自分を好きなのを知ってるから、わざと告白させるように
      相手をちょっと振り回してる大人の余裕がちょっとある
      絡み後の「だから何?」「それってようするに?」とかの押せ押せもすごかった
      プロポーズされての「やったー!!」も可愛かった


      絡みは・・・・まぁ・・・もう昔のようには喘いでくれませんよね
      【是】以降、喘ぎの軌道修正をしてから色っぽいんだけど
      個人的には物足りない感じになっちゃいました
      阿沙利でいつも通りアンアンしていたら、それこそフルボッコだったろうから
      しょうがないんだけどさ〜〜
      さみしいよ・・・寂しい・・・・
      BL新人?BL若手?は大人しい喘ぎばかりなんだから
      昔ながらの方々はアンアンしまくっていてもいいじゃないの!!
      シンポも年だから仕方ないよね
      色気はダダ漏れていました
      小野友さんは攻喘ぎ、上手いし可愛い
      高音喘ぎになるんじゃないんだけど、攻らしい必死な可愛さがある〜
      小野友攻め良いわ
      二人の息は中々あっていました
      そんな中、ニチャニチャしたエロ効果音が・・・・・
      ローションかけすぎだろ〜っと思ってしまった
      エロいのか?これはエロいのか?????


      晴れて、パパ二人&マリエの擬似家族の誕生
      ところが、そこに千葉進パパの別れたはずの妻が
      「マリエを返して!!と旦那を連れて乗り込んで来ます

      大学生時代に妻は二股をしていて相手の子を妊娠
      家族愛に飢えていた千葉進はそれでもイイと子供のために結婚するも
      妻がノイローゼになり、自分の祖母とマリエを8年間育てたのです

      千葉進パパとマリエは血の繋がりがなく
      マリエと血の繋がった男となんだかんだで復縁して結婚した妻は
      「こちらが本当の血の繋がった家族よ」っと言ってくるけど
      マリエは千葉進を選びます


      まぁ、もっと細かくは色々あるのですが
      どうでもいいしょう・・・正直BL的には
      ぼんやりしてそうな千葉進パパですが、ここでは元妻と全面奮闘
      これがね〜・・・・おっとり優しいパパだから
      「自分が育てるよりも本当の両親の方がいいんじゃないか?」と悩むと思ったら
      「今更、しゃしゃり出て母親づらするんじゃね〜!!」て態度なんですよ

      いや、そうなんだけどさ・・・・
      芯が強くてもおっとり気質なのに、そこは悩まないのね?と
      「血の繋がった両親のがいいんじゃないか」のグルグル悩みまくった後に
      娘から「血が繋がってなくたってマリエのパパは一人だけなの」と千葉進を選び
      「迷っていた自分がバカだったマリエは私の娘です」みたいな
      葛藤とすれ違いと若いがあってこその家族モノでしょう
      王道展開があった方が千葉進パパの性格的にもあっていたと思うんだよねぇ

      第一、妻と一度もエッチしてないのに結婚するとか・・・・
      千葉進パパは最初から男が好きだったの??
      妻のことちゃんと愛してないのに結婚したの??
      なんで妻はノイローゼになっちゃったの??
      その時何もしてあげなかったの??  
      などなど
      根本は妻が悪いけど、妻だけが悪いんじゃないんじゃないかな〜と思わせる
      妻が完璧に悪いっという風にしたいなら
      もうちょっと外堀を綺麗に埋めて欲しかった


      極めつけが
      マリエを欲しがったのは元妻は病気で子供を産めない体になってしまったからで
      「マリエが嫌がるなら諦めます」と元妻の旦那から電話をもらっての対応

      「早く新しいのをこしらえて」
      (子供を作ってでいいのにに、この言い方は酷い)
      「彼ごときにそんなお願いをされる謂れはないんだよな〜
       こんな時だけ父親づらして・・・」
      (比較的、丁寧で物分りのいい対応をした元妻の夫相手にも敵意むき出し)
      「(妻に)同情なんてしないでくれ」
      (「子供ができないなんて可哀想」と言った攻くんに対して
       これから子供ができないしたった一人の子供からも嫌われて
       ・・・・同情ぐらいしてもいいじゃないの)

      妻周辺に対して受パパが性格悪〜い
      シンポの声でこんなセリフ聞きたくなかった
      凹みました
      こんなセリフ読んで欲しくなったよぉぉぉぉ

      そこはさ、マリエを説得して月1で面会ぐらいさせてあげてもいいじゃない?
      第一、こいつらは口頭でゴチャゴチャやってるけど
      本来は弁護士いれてやる話じゃないかな〜
      本当に娘を守りたいなら、弁護士入れろよ!て思ったし


      マリエのヒスったギャーギャーよりも
      このパパのさりげない非道さが辛かったです

      ギャーギャーは普通に聞けました
      今、リアル子供に接することがあるんですが癇癪起こすと
      もっとずっと甲高い声でうるさい・・・・
      それを想定していたので「あ。思ったより甲高くないな」と思えた
      (ですが、BLでの高音女子が嫌いだとかなり辛いはずです
       私はたまたま今のリアル状況が状況なのと
       辛口プログ感想を巡り、かなり幼女の声には心してかかったので)



      その後、シンポには萌えました

      「娘が結婚するなんて考えられない!」てとこで
      攻くんと娘にからかわれての
      「別にかわいくないっっ!!」
      いやいや、シンポ可愛いいよ〜

      小野友さんの
      「しょ〜がないなぁ〜、もう
       甘え上手になっちゃって!」
      の言い方も呆れた感じいい





      三年後のラブラブ幸せ家族

      小野友さんのノロケっぷりが良い
      もう全編、この最終トラックのノリだったら良かったのにな〜

      お風呂を千葉進パパと一緒に入りたい小野友さんと
      「パパとママは一緒に入らないよ」の娘のやりとり
      「子供が寝た後にこっそり入ってるかもよ〜
      「そんなことないもん
      「僕は一人で入りたいです・・・」
      この3人も可愛かったです
      つ〜か、BL家族モノの良さってこれじゃないの??


      久々の二人での寝室、仕事をしてる千葉進パパを気遣って
      したいけど我慢する小野友さんへの
      「へぇ↑?いいの?」
      「我慢できるの?」
      小悪魔!!
      シンポの色気ダダ漏れてる〜!!
      言い方がすごくいいのです
      独特のイントネーションが良いのです
      もう、これ聞けただけで買ってよかったです
      うん、もうこれだけでもよかったって思うことにする!!

      シャワーを浴びに行く時の小野友さんの
      「早くね」が待ってます!!て感じで可愛いかった
      それに対してのシンポの「フン・・・」って鼻で笑ってるのがっっ
      色気ありまくりなので、天然ぽいのは仮面で本当はかなりアレなんじゃないか?と
      勘ぐってしまうほどです

      シャワー後の小野友さんの「おっそぉ〜い」も可愛い
      小野友さんはちょっと崩した言い方もイイですね
      声が柔らかいけどかっちりしてるから、崩れた時が可愛い

      我慢できない!!て感じで話しながら
      ちょっと息が荒くなってくるのも小野友さんいいわ〜
      ワンコ攻めだわ〜


      絡みはほどほどしっかり
      シンポがしゃぶってますが自前ジュプ音ないですね〜
      まぁ。元から出さない人だったから
      ここいらは最近の方のが(シンポより)達者だったりします
      しゃぶられてる時の小野友さんがこれまたキャワイイです
      「すっごく良かったぁ〜
      本当に気持ちよさそうに喘いでたし
      トロ〜とした言い方も気持ち良い感じがしました
      本番もガツガツしながらも気持ちよさそうで小野友攻、イイ
      不覚?にもシンポより小野友さんにた〜


      フィニッシュ後の吐息の重なりとかよかったです






      全体的に幼女がでばりますが、想像よりは酷くなかったです
      幼女声乗り越えればイケます
      絡みは二回でほどほどしっかりありますし
      小野友さんがイイです


      問題は原作がヨロシクない・・・・そんな印象



      千葉進好きとしては、まぁ、また聞いてもいいかな?て感じです
      千葉進は駄作というかアホエロ・トンデモ・面白・内容ないよう系にも出ているので
      それと比べてどっちが悪いとは言えないので
      聴く人を選ぶのは確かかな〜


      個人的には【たおやかな真情】よりは良かったです




      絡み的には息あってるし小野友くんが可愛いのでお薦めです
      シンポも絶叫していないので一般的な受けはよろしいかと
      全国にいる千葉進・小野友好きは勇気を出して買ってもらいたい
      その他の方は・・・・お財布に余裕があったら買ってください
















      最後に、この千葉進さんは演技が多少・・・アレ?でした
      お気に入りのプログでも指摘されていたものの
      「イヤイヤ、まさままさか」と多少思っていたものの
      聞いたら「ああ。なるほど・・・これは・・・」てなります
      全部がそうなのではなく、ところどころ
      何故か絡みの前後は良い感じなのですが


      【たおやか〜】な神谷さんでも思いましたが
      演じるキャラの性格や動向がイマイチだと
      やっぱり演技にも影響するんじゃないかな?と

      感情移入できないというかそういうのが

      悪役なら悪役なりの考えがあるけど
      性悪が悪いとかそういうんじゃなくって
      「なんでこういうキャラなのにこんな行動になるのか?」みたいな
      よくわからない辻褄があいにくいとその時のキャラの感情がわからないもんな〜と






      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:07
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ファミリーバイブルの感想挙げたと聞いて
        すっ飛んできましたおれさまですこんにちは!

        思うところはほぼ同じようなところですが、
        Kさんの感想はお布団シーンも充実してるのが
        読んでてとても楽しいやら赤面するやらです(*´д`*)
        おれさまも見習いたいのですがどうも気恥しく;

        親権バトルシーンはトラックから削除して
        ひろくんと典章さんとまりえちゃんのイチャイチャだけ聴いてたら
        わりと楽しいんですよね、家族ごっこ。
        とはいえテーマがテーマなんだし、親権関係も
        皆に優しく大団円してくれれば良かったのにネーと思っちゃいます

        千葉進の喘ぎに関してはおれさま諦めて解脱しました(;ω;)
        下野くんみたいにいつまでも怪鳥やめろとか言われてるのも
        見ていて痛々しいですし;
        さすが俺たちのシンポ、珍しく空気読んでるZE!
        くらいに思っておけばよろしいかと

        そうそう
        テンプレートがリニューアルされていて大変ビビりましたが
        書体が明朝体なのがなかなか珍しい。良い趣ですね^^

        …何だか取りとめのないコメントになってしまってスイマセン
        懲りずにまた来ます|ω・)
        • おれさま
        • 2012/09/14 6:12 PM
        おれまさへ

        再度のご参上ありがとうございます
        いつも、そちらのプログで返信を兼ねてしまってますがこちらでも感謝の意を表して返信いたします

        「ファミリーバイブル」はおれさまの3回目の感想を読むまで、勇気が出ずに中々聞けずにいました
        どこを見ても幼女フルボッコ気味だったのと、崎谷教祖様でちょっとウザ女声に辟易していたので・・・・
        おれさまのプログを見て、数少ない?購入者&BLシンポ好きの私が感想を書かずに誰がいったい千葉進ワッショイ感想を書くのだ!?と思い、このような次第になりました
        あまりワッショイしてない気もするのですが、こうやって日の目を見たのもおれさまの後押しあってこそです

        お布団シーンは何だかんだでBL感想巡ってる方ってそこが気になるんじゃないかなァ?と思って書いてます
        あと、声のトーンも毎回書くようにしています
        自分で気になるBLCDの感想巡ってる時って。ある種話の内容よりも「どのトーンで来てるのか」が気になってる時があり、でもマイナー作品になると「話が良かった、悪かった」ぐらいしかなく「そこが知りたいんじゃないんだよ・・・」と思うことがしばしばなので


        シンポも妙齢ですし、最近の作品傾向からも皆さん大人しい喘ぎになるのは致し方なしなのかもしれませんね
        別の方のコメントでも「初期の千葉さんぐらい頑張ってくれる方は今後現れないかも」と言われ、納得するとともに悲しみに打ちひしがれる思いです
        あのアンアン全盛期はバブル後の残り火の盛大な打ち上げ花火みたいな良い思い出として、それがこうやって形に残っていることに感謝することにします
        私達の(イき声MAXの)シンポは過去に生きている・・・ということで


        テンプレートは中々種類がなく変えたくても変えられなかったのですが、久々に色々見てたら良いのがあったので変更しました
        これと前回のと初期のクマしか合うものがないので
        シンプルなのと自体が自分でも気に入っています


        ではでは、本当にコメントありがとうございました
        またお越しくださると嬉しいです
        • k
        • 2012/09/16 5:27 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM