<< 【リンゴに蜂蜜】秀良子 | main | 【ファミリー・バイブル】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【イベリコ豚と恋と椿】SHOOWA

    0
       野島裕史×間島淳司
      前野智昭×小野友樹


      野島裕さんがカッコええ〜!!!

      ビックリしました・・・
      私の中ではウジウジ受っ子属性に配置されていたので
      このかっこよさにビビった

      低音でガタイがいいかっこよさではないんです
      ちょっとダル〜なオシャレ系というか
      上手く言えないんだけど、よくある攻め様ぽさじゃない
      でも独特にかっこよいのですよ
      野島裕攻いいですね
      うわ〜、これは【くいもの処 明楽】聞きたいかも

      入江は声のイメージが漫画読んでいてもなかったんですが
      聞いてみて「あ!コレコレ」てなりました
      声が低すぎても高すぎても私は違うような気がするので



      椿の間島さんもカッコイイの声でした
      少年漫画の主人公ぽいというか
      受としてはもう少し高めのが可愛いのかもしれないんだけど
      私は椿のこと男前だと思っていますから
      高音よりになると、キャイキャイした感じになっちゃうんじゃないかなぁ・・・・と
      ギャーギャーしてもいいけど、キャンキャンするのは違うぞ!と
      ケンカぱやくて、筋を通して、サッパリした性格の男の子ですし
      BL受というのを抜かして、男っぽくて良かったです
      なのに、受になる男惚れして男に押し倒されちゃう・・・というギャップが好き


      ただ、難点は二人の音域が近すぎて
      聞き分けが厳しくなりがちな処でしょうか
      私も視聴の時点でそこを心配していたのですが・・・・
      最近、野島裕さんの作品を続けて聞いている
      間島さんのメインは一応コンプ済とあってか
      心配無用で聞き分けられました
      よかった〜
      入江(野島裕さん)を低く、椿(間島さん)を高くすればもっと聞き分けしやすいけど
      個人的に、そうすると私の入江椿のイメージからちょっと離れてしまうのです
      上手く言えないけど、入江は攻め攻めぽくないところがいいんだし
      椿は可愛い子ちゃんになりすぎないところが美点だと思っているので
      これで満足
      でも、やっぱり人によっては聞き分けしずらいかな〜・・・・


      前野さんは源路もイメージ通り
      上二人に比べて、ちょっとガタイがいい感じが出てる
      無理しすぎない調度よい低音でした
      最近、前野さんを聞くことが多いんだけどイイなぁって思い始めてます


      吉宗は小野友さん
      メイン初聴きでした
      まぁ、初受作品ですしね〜
      同月発売の攻やってる【ファミリー・バイブル】より先に聞いたので
      声をまったく知らない状態で聞きました
      私はもうちょっと吉宗は高音よりかな?と思っていたんですが
      中音ぐらいの柔らかでダル〜い声でした
      最初はイメージより低い気がしたんですが
      このアンニュイな感じがやっぱりピッタリなのです


      間島さん野島裕さんは聞き分けられるのですが
      ここに小野友さんが入ると・・・・・
      す、少し音域がかぶる・・・かな・・・
      前野さんは低いのでわかります


      演出は悪くないけど良くもなく
      SHOOWAさんの漫画って余白がある雰囲気漫画よりなので
      確かに会話のノリはギャグなんだけど
      分かり易いギャグコメディじゃなくって、シュールよりなんですよ
      それがどうもなくなっていたし
      ちょっとシットリするところもコメディの勢いで流れてしまう〜
      また、もうちょっと間を取ってもいいんじゃないかな?というところもチラホラ
      特に吉宗の過去編は間が大事な気がしました
      音の作り?とかも、乱闘の時のギャーギャー感が足りないというか
      ケンカの時のスピード感が余りないんですよね
      脚本の方もイマイチでセリフが増えてるわりに
      大筋はわかるけど何やってるのかわからないところがかなりありました
      原作読んでないとわからないよね〜という
      特に絡みのシーン&乱闘&吉宗過去と
      大事なところが何してるのかわかりにく〜い
      原作と声優さんはイイのにやや勿体ない
      原作読まないで聞けば、SHOOWAさんの空気感とか知らないしで
      コメディ物として楽しく聞けると思います
      その反面、原作読まないと何してるのかわからない・・・という

      BGMは酷くはないんですが、上記の通りコメディよりになってるので
      何となく違う・・・・というのが全体の印象

      悪くないんですよ!これはこれだと思えば!!
      でも、原作の良さを引き出したり、CDなりの+αはなかったな〜
      【リンゴに蜂蜜】は雰囲気漫画だけど良かったのにな


      脇役は大体良かったです
      演技が下手な人がいなかった!
      ホエイと二枚舌さんが特にイイ味出していました
      三平と増田は想像よりha
      可愛い声でした
      まぁ、もうちょっとブサ声でもよかったかな?と思いますが
      セリフも出番も多くないし棒読みではないので気になりません
      ただ、、、、伊賀さんが・・・・演技はいいんですよ
      いやはや、詳しくは下の方で語ります↓



      ゴミ拾い集団・通称イベリコ豚
      そこのリーダーでイベリコと呼ばれる入江(野島裕さん)
      誤解から絡まれて、交流を持つようになる椿(間島さん)
      次第に親しくなる二人だが
      椿の親が入江の親の子会社を切ったことから
      入江の子分の豚達が椿に噛み付いてきて
      入江は椿に「自分に近づくな」っと言う


      「そんなまっつぐだと敵多そうね」
      「燃えない日に出してくらまてんぐ

      こういう独特の口調?がこの原作の魅力なんですが
      それを野島裕さんがサラっと言ってるのが良かった〜
      イメージ通りだったのぉぉぉ
      ただ、上にも書いたけど演出がイマイチなのか
      その独特感がセリフだけ浮いてしまってる気がするんですよね
      声優さん方は脇も含めて結構イメージ通りで寄せてるのに
      世界観からは浮いて聞こえてしまうのが残念だったぁ
      勿体無いな〜って思います
      だけど本当野島裕さんは私は言うことなし



      入江と仲違いにした時の荒れてる椿
      間島さんの「うがーー!!」がツボだった
      まんま漫画の通りの雄叫びでした
      いつもここで笑ってしまうのです


      椿に対しての入江の
      「次・・・見せたら殺す」
      「消えろ」
      言い方がすっごいすっごいカッコイイの
      私野島裕さんがこんなにカッコイイなんて本当に知らなかったので
      かっこよすぎてどうしようかと思いました〜


      入江は最初から椿の親の会社知っていて
      冷たいこと言ったのも、椿が周りから危害を与えられないようにするため
      雨の中ずぶ濡れの椿に傘を渡しに来ての
      傘中チュー
      「二度と会いに来んな」

      ここがすごくかっこよすぎて
      椿じゃなくったって惚れてしまうわ〜


      その後、抜け殻のようになってしまう椿
      間島さんの「ぬぼ〜〜
      これ漫画での擬音でどうするのかな?と思ったら
      そのまんま声に出して言うのね
      まぁ・・・音では作れなさそうだし、間島さんが可愛かったしで
      これはこれで良いかな?


      入江がオヤジに椿のことで問い詰められることになり
      駆けつけて入江のオヤジに土下座して事情を説明する椿


      「高級豚の名を名乗る資格はねーー」
      「エンジョ〜〜ル
      「おじゃましやす
      ここらのテンションの高さがイイ味出してました
      そして、江戸っ子?口調のような感じで入江をかばう椿の男気
      椿もかっこよい
      私、初期の内田かおる作品とかのべらんめい口調?
      男の子の雑な言い草とかが何だかすごく好きなんですよね
      読むだけでも何だか萌るんですが、それが音声で聞ける喜び
      「こういう風に話してるのかぁ」と思うとなんか堪ら〜ん
      女にはない独特の言い回しというか、こういうのは女がやっちゃダメで
      男だから出来る口調というか、ともかく好きなのです
      間島さんのうるさくならないのにテンションの高い演技が良いです
      ギャグをやっても癖がでないので聴きやすい
      興津さんとか千葉進さんとか野島健さんもギャグやっても
      可愛さ?明るさだけ強調されてウザさがないので聞きやすいです


      両思いで入江が椿にご奉仕
      間島さんの喘ぎがカワユイです
      色っぽさとかより初々しい戸惑ったような感じが椿っぽ〜い
      【秋山くん】がどうなるのか楽しみですな
      野島裕さんのおしゃぶりは初期に比べて音が進化?してるような
      ・・・してないような

      間島さん小野友さんにもご奉仕シーンがあったんですが
      三人中では一番野島裕さんがSEがハッキリしてました
      なんか最近はこういうBLでの自前SEが好きです
      すごいの聞くと嬉しい・・・・


      その後入江の学校に通い、仲良く青空手〇き
      次の関係へと進めたそうな入江に戸惑い中の椿
      それを感じとった豚達がヤリ部屋=繁殖小屋を屋上に建設

      「スリスリ〜
      入江の椿に対するコレ可愛かった


      椿は入江としばらく会わないように宣言して
      入江は腑抜けになってしまいます
      もちろん椿も腑抜けに・・・

      「ほへ〜
      椿も再度「ぬぼ〜」ってなっています

      そして、この漫画の一番の名?迷?文句
      「入江のバナナが俺のハバナ
       ハバナイスデイ

      どんなセンスだよ!!SHOOWAさ〜ん
      野島裕さんが「ハバナイスディ」と言ってるのもシュールだった


      ホエイに入江のことを相談される吉宗
      「あ〜そ〜、そぉれはねぇ〜↑」

      小野友さんのこのダル〜ダル〜な口調が好きでした


      椿に会いに行くホエイですが
      そこで昔、入江に痛い目にあった二枚舌に攫われてしまいます
      入江に隠して解決しようとする吉宗ですが
      感づいた入江が駆けつけて暴走してしまいます


      二枚舌さんの悪人口調が良かった
      原作以上に面白キャラに仕上がっていたと思います、チョイ役なのに
      ホエイもコミカルで椿が元気で吉宗がダルダルで対比が良いです
      そして、ブチ切れて咆哮あげながら暴走する野島裕さんが・・・・
      やっぱり男らしくてかっこよかった

      ただ残念なのは乱闘シーンなのに
      暴れてギャーギャーしてる効果音が薄いんですよねぇ
      もうちょっとグチャグチャってした背景音があったほうが
      入江のブチ切れが感が伝わると思うのにな〜・・・と


      椿にまで拳をあげてしまい
      「お前が逃げるのもムリねぇって」としょげる入江
      自分のことをいつでも考えてくれてる入江の愛情に
      椿からご奉仕
      「もう俺、お前とトゥギャザーする」

      二人はトゥギャザーします
      間島さんのおしゃぶり・・・もうちょっと音出してもいいよぉ!!て感じ
      しながらも「トゥギャザ・・・」と呟いてるのが可愛くて面白かった


      二人の激しいトゥギャザーに繁殖小屋は倒壊
      椿の雄叫びが響くのでした〜



      ここまで↑入江椿編でこれ以降↓が源路吉宗編



      吉宗(小野友さん)にストーカー増田がつきまとい
      撃退のために源路(前野さん)が彼氏のフリをすることになる
      何といっても初受の小野友さんの吉宗でしょう〜
      演技も上手くて吉宗ぽくってすごく良かった
      演技や声に癖がなく、低音から柔らかい声まで出来て
      器用に大概の役に寄せていくタイプ
      私の中で千葉進さん千葉一さん遠近さん興津さん間島さん日野さん部類
      この系統好きなんですよ〜
      小野友さんも好きな声

      なんですが〜・・・
      不思議とあんまりなかったなぁ
      なんでだろうなぁ
      好きな声と演技の仕方なのに・・・
      吉宗のキャラがそんなに好きでも嫌いでもないからか?

      う〜〜ん
      もうちょっと色々聞いてけば変わるかも
      試聴の時点で声と演技は好きなタイプだったので
      反対にないのが不思議でした


      ストーカーに見せつけるためにわざと二人イチャコラする
      吉宗「うっふふ〜↑
      「うふふぅ(低音)」
      二人とも可愛かった



      前から吉宗が気になっていた源路は次第に距離感が掴めなくなり・・・
      感づいた吉宗が乗っかってくれる


      前野さんの多めの息とガッツキが良かった〜
      攻めだけど小野友さんより喘いでいます
      小野友さんはキャラ自体が静かなタイプなので吐息系

      ・・・・私がきらないのはこれかなぁ〜っと
      何度か聞き返しているうちに思いました
      私「アンアン系」が好きなんです
      今はリアル系?吐息系?大人しい喘ぎ?が主流なんですよね〜
      反対に「アンアン」してるのは余り好みの人が多くなさそう
      (最近のblcdプログとか巡って感じたことですが)
      私の聴き始めが緑川さんから入り宮田さん岸尾さん千葉進さん鳥海さん
      比較的しっかり喘ぐ方から入ったので〜
      アンアンしてなんぼというか
      BLなんてファンタジーなんだからアンアンして欲しいわけですよ
      イキ声とかもあって欲しいわけですよ
      吐息じゃ何してんのかわからんしさ〜
      その人なりの変化がつきにくいと思うのです
      アンアンが主流の中でたまに野島健さんみたいな吐息系があるのは
      レア感があって好きなのですが
      皆が皆吐息系になってしまうのは寂しいなぁ
      日野さんの絡みにあんまり私は色気を感じないのもそこかも〜
      (色っぽいんだけどね〜)


      吉宗過去編
      伊賀さんという大人のいいなりになっていた期間
      特に家庭に不満があるわけじゃないけどフラフラしてる時に
      伊賀に構われて身を寄せるようになる
      「お揃いの刺青をしよう」と言い、薬を盛られ体を重ねる
      伊賀は薬の売買を始め、自らも薬中になり、家に帰らなくなる
      そして、久々に帰ってきた伊賀は見知らぬ男を連れてきて
      そのまま薬を吸わされ無理やり三人で

      伊賀さんが致命的にイメージと違〜う
      もっと大人で怪しくて得体のしれない飄々としたイメージなんですが
      チャラくて明るくて、声も優しくて、吉宗よりちょっとだけ年上な感じ

      普通に優しい先輩ぽい声なんですよ〜
      ズブズブと暗い方に引き込まれような不気味さがまったくなぁい!!
      保村さん千葉一さん高橋広さんとかにして欲しかったよ〜
      せめて、声年齢だけは伊賀さんにして欲しかった

      小野友さんの暗〜いトーンはすごくいいんだけど
      伊賀さんの声が軽いから話の重さと乾いた感じが弱くなっていました

      ただ、彫師の人と三P相手のウーさんはすごく良かった
      ウーさんが絶妙に気持ち悪い
      そして、彫師の人の低音で暗い底がしれない淡々とした声&演技

      刺青を入れる日
      彫師から伊賀が指名手配されていることを知らされる
      そして「君はこっち側の人間じゃない」
      「ちゃんと日の当たるところに戻りな」
      と言われ
      吉宗は伊賀との思い出に涙する


      彫師の言葉が重いの
      静かに確かな言葉
      感情を入れて話してもダメで、棒読みになるかならないか?のギリギリの
      絶妙な平坦な声なんですよ
      気味悪さと「こっち側の人間」が持つ何かがある
      そして、吉宗にかけた言葉も優しさとは違う
      ありのままの真実を伝えてるだけ・・・という
      伊賀さんのトーンで壊れかけた世界観がこの彫師の方の存在感で
      最後持ち直した気がしました


      ちなみに、3
      喘ぎよりもしゃぶり音のが派手
      激しいジュプ音が小野友さんお上手でした〜
      原作では吉宗気持ちよくなって最後は自分から「イイ」言いまくってるんですが
      CDではそうでもないですね・・・・
      薬を吸わされてる描写もなかった気がします
      薬&エロと言えば、私の中で平川さん&千葉進さんなんですが
      この二人のやり過ぎだろ!!という乱れ具合を聴いてると
      ちょっと物足りない・・・
      イヤイヤ、昔のトンチキBL893や面白アラブと違うから
      喘ぎまくっちゃいけないんですよね
      わかってるんです!!
      わかっているのですが・・・
      薬&エロと言えば「嫌だけど乱れまくちゃう受」だと思ったのです
      それが醍醐味だろ!?
      そこでアンアンしなくってどうするんだよ!?
      大人しい受がアンアンするなんてそこしかないだろ!?ええ!?
      トホホ・・・


      構成的に、この昔のことが夢
      源が吉宗が起こすんですが
      それが「源が吉宗を日の当たるところに戻す」描写にもなってるんです
      でも、CDだと間がない
      もうちょっと余韻?間があっても良かったのにな〜


      現在に戻って源吉宗
      吉宗と付き合いたい源ですが
      「付き合うのはムリヤるだけならいいけど」と言われる
      今すぐしたいし、やるなら吉宗も気持ちよくしたいと思う源でした

      「お礼にまたがってくれた」
      パッケラパッケラ・・・ヒヒ〜ン
      これ、おかしくないですか!?
      吉宗がまたがってる方だから源が馬のはず
      源が「ヒヒ〜ン」なのに・・・

      入江に繁殖小屋の使用を聞く
      「OKつかまつり?
       OKつかまつり〜」
      なんか良かったです


      絡みは初っ端よりは吐息多めでイききった「ハァ」が色ぽかった
      前野さんのガッツキも最初より更に激しめ
      ただ、源がガッツキ始めた時に流れるBGMがオカシイ・・・・
      何でこんな変な疾走感ある曲なの??


      結局、エッチを頑張ったけど付き合ってもらえない源でした
      この二人は原作の方で続くようです

      吉宗はイきにくいんですが
      それって伊賀さんといた時に薬を知らないうちに何度も盛られていたから
      その後遺症とかなのかな〜?とか勝手に思ってみた
      その後の二人はこのギャグテンションで行くのか・・・・
      伊賀さんが再登場で絡んでシリアス調になるのか
      楽しみだったります





      総評?としてはCDとしては先に書いた通り
      全体を通して演出&脚本がやっぱりイマイチかなぁ
      結構セリフが足されているんですが、コメディ系のシーンや
      さりげない日常会話に足されていて
      SHOOWAさんが脚本書いたり最終チェックしたなら
      SHOOWAさんのセリフ回しなんだけど
      脚本家が足してるわけだから脚本家のイメージで好きなことをしゃべらせてる感じ
      キャラのイメージから離れてるわけじゃないんだけどちょっとモヤモヤした・・・・
      シリアス作品でよりわかりやすくなるようにセリフを追加してるCDがあって
      それは「イイセリフだな〜」と思って原作読んだら
      そのセリフがなかったことがあるんですが
      「なんて的確に受の健気さを表しているんだろう」というセリフだったのです
      そういう良い改変&追加ならいいんですが
      ストーリーと関係ないところでキャラに色々しゃべらせちゃうのはどうだろう・・・・
      う、う〜〜んん・・・いんですけどね


      キャストと原作は良いのでキャスト買いはあり
      あんまり考えずに聞けば面白くって良い作品です




      残念なのは・・・・そう本当の意味で残念なのは・・・・・
      発売元メーカーがBLCD部門撤退!!
      よって続編CD化の夢が途絶えた
      演出に対する感想を辛口に書いてしまって申し訳ない
      でもでも、ちゃんと毎月新規買いしていたよ〜
      愛があるから辛口なんだよ〜
      これでますます月に発売されるBLCD数が減るのでしょう
      どんなんでもいいから生き残って欲しかった

      桜賀めい【無慈悲なアナタ】のCD化も待っていたのに・・・・
      このシリーズ全部CD化するからきっとすると思っていたのに
      保村遊佐楽しみだったのに

      悲しくて仕方ありません


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは!
        やっぱりKさんの感想は最高っです!
        かゆい所に手が届いていてたまりません!!!
        私、結構文章量が増えたので削ってしまったところがあったのですが、思っていたことを書いてくださっていて嬉しくなってしまいました!

        まず、伊賀のこと。
        私も全然違うっ!と聴いていて思ったのですが、コミックスや小説にはあまり手を出していないこともあり、自信ありげに書いてしまうのもいかがなものかと思ってこらえたんです。
        でも、やっぱりあのチャラい兄さん風は違うと確信できて良かったです。
        もっと、吉宗が憧れの目を向けてしまう大人の男であって欲しかったのですが、あれではただのジャンキーで…残念でした。

        小野さんの受けは確かに控えめでしたよね。
        私はどなたの受けが好きだろうと考えていたのですが、絶対的に萌えるのは野島健児さん、神谷さん、遊佐さん、鳥海さん、辺りでしょうか。
        結構どんとこい派なので、吉宗のキャラと考えてもこれで良かったのかな〜と思っています。
        最近だと興津さんなんて喘ぎを変えられるタイプなので、小野さんも別作品で違う喘ぎを聴けたらいいな〜と思っています^^
        初期の千葉さんくらい頑張ってくださる方はこれからは居ないかもしれませんね(><)

        「リンゴに蜂蜜」の感想を拝見していてもおおっ!と思ったのですが、最近前野さんの良さを私も再認識しています。
        一作ごとにお上手になっていると私も感じています。
        結構ボツ記事というのがあるのですが、中には前野さんにのお芝居に辛辣なことを書いていることもあり、しかし最近は全然そう思わず、寧ろ魅力が増していると感じていたらKさんも同じようなので、とても自信がつきました(笑)。

        ついに!裕史さんの攻めの良さにお気づきくださったのですねっ!嬉しいです!←何様だ!?(^^;
        「くいもの処明楽」はイベリコ〜とけだるさの点では似ているのでぜひお聴きになってみてください^^
        個人的には「自覚持って」という一言がすごく好きです!


        ムービックの撤退は本当に残念ですよね。
        発表された時には既に記事のアップ作業も終わっていただけに、結構厳しく書いたことを悔いもしました。
        なので、先日残してくださったコメントにはとても共感します。
        記事を書くことが進まないとおっしゃっていたのでどうされているか心配だったのですが、このように感想を上げてくださり、共有することができ、嬉しいです。


        最後に、一つ質問があります。
        先日から伺おうと思っていたのですが、「リンゴに蜂蜜」の記事で
        >ウジウジメソメソオドオド系声だと
        >【双竜の手】の間島さん
        他の作品はわかるのですが、これだけはどうしてもわからなくて、教えていただきたいです。
        間島さんって間島淳司さんですよね?
        間島さんのBL作品は網羅していたつもりでしたが、これだけはわかりません。
        お返事いただけると嬉しいです。


        ではでは、またお邪魔します<(_ _)>
        • ノルア
        • 2012/09/13 2:13 AM
        ノルアさんへ

        毎回コメントありがとうございます!

        私は長〜くなってしまった時はそのままどこまでも長く書ききってます(^_^;)
        好きすぎて「ここもいい!ここも好き」とまとまりきらなくて、言いたいことはあるのに短い感想のものもあります


        小野友さん良いですね〜
        「ファミリーバイブ」を聞いて更に多彩さに良さを実感しました
        色々出ていただきたい

        前野さんはやっぱり初期は演技が安定してませんでしたよね?良かった〜私だけがそう感じてるのかと思ってました
        前野さんは個人的に色気があるカッコよすぎる役よりも、誠実で包容力のある役をやると毎回すごく良いと思ったりします。あと、恋愛に対して必死なタイプとか


        「初期の千葉さんくらい頑張ってくださる方はこれからは居ないかもしれませんね」
        そうですね〜・・・・
        ご本人自身も初期とは違くなってますしね
        あと、最近の流行り?とかもあるのかな〜と
        神谷さん鳥海さん遊佐さんは比較的しっかり喘ぐ方だと思います、私も好きです
        野島健さんも好きです〜


        【双竜の手】
        あわわ〜。スイマセン!!
        すごく間違ってましたあやふやな記憶で調べるのが面倒だったので、適当な記憶で短縮して書いたらまったくの別モノになってしまっていた・・・
        正しくは「陶酔をわかつ双つの手」です
        雑誌小説花丸の特典CDについて来た、双子×兄もので
        鈴木達さん&羽多野さんが双子
        間島さんが受のお兄さんという、何とも素敵CDです
        絡みはないのですが、特典モノでも30分ぐらいあって面白かったです
        花丸特典CDはコレと荻原&田丸×近藤「玉帝の箱庭」を持っています
        どちらも本編をCD化して欲しいところです


        ムービックは本当に残念です
        月の発売数が減るのがイタイ・・・


        ではでは、いたらないところもありますがプログにコメントありがとうございます
        私もノルアさんのプログ楽しみです
        • k
        • 2012/09/15 6:55 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM