<< 【茨木さんと京橋君】椹野道流 | main | 【愛だけ☆足りない】南原兼 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【たおやかな真情】崎谷はるひ

    0

      とっても辛口です

      否定的な感想が許せない方は

       注意してください


      今回は出来がどうこうというよりは
      私と相性がすごく色んな意味で悪かったんだと思います
      なので、平気な人は平気で気にならないようなところでも
      気になって辛辣になっています
      「感動して良かった」という方には共感しずらい感想ですので
      読まない方がいいかもしれません



      三木眞一郎×神谷浩史


      まずは原作の感想→【たおやかな真情】

      原作の時点で私の感想がこんななので・・・・
      正直今回CDは買わなくってもいいかなぁっと思っていました


      男の娘教祖様が女性声優さんに決まった時は
      「あ、本当にいらないな・・・・っと

      別に女性声優さんが悪いワケじゃないし
      BLでの女性が嫌いでもないし
      男の娘にこだわりがあるわけでもないです
      ただ、BLCDって男性声優さんを聞きたいから買う方多数なワケで
      男の娘と言えど20歳の青年ですし
      ここは男性声優さんだだろう!?


      「BLCDで女性の声は極力聴きたくない」て方もいるようですし
      ましてや、今回はすごく出番の多いいキャラなわけです
      特殊設定で重要キャラなワケだから
      男性声優さんにしとけば
      男の娘目的でcd購入する方もいたんじゃないかな〜
      っと、勿体ない気もしました


      【トラさんと狼さん】の宮田さんのショタ声
      【ダブル・バインド】の阿部さんの演じ分け
      【空に響くは竜の歌声】の平川さんの熱演  など
      絡みがないけど脇役目的で購入しても良いと思える作品はあるワケですし


      まず、この最初の掴み?で色々迷走してる気がしました
      さらに最後のフリートークで教祖様役の方が言ってますが
      「少年声でやるかどんな風にやるか迷って
       原作者さんの指定で少女声になった・・・」


      よって、教祖様はまんま女声です
      blcdで女性が出張るのが苦手な方は設定上男の娘でも聞きずらいと思います
      それだったら普通に男女モノでいいじゃないっと私はなりましたよ


      役には女性声であっています
      透明感がありながら柔らかさもある美しい声と神秘的な雰囲気もあり
      この女性声優さん自体は演技も上手く素敵だなぁ〜と思いました
      ですが、原作から「このキャラ何なんだろう?」と思った私からしたら
      せめて男性声優さんにして欲しかったな〜

      普通にドラマcdを楽しむなら何でもいいのかもしれないけど
      BLCDですからね!

      ただブックレットの作者コメントを見ると
      「サスペンスドラマがうんたら」と書いてるんです・・・・
      本当にサスペンスドラマがしっかりした
      BLじゃない部分が面白い話なら脇役が女性声優なのとか
      些細なことなのかもしれないけど
      崎谷さんの作品に求めているのはBL要素なんですよね
      夜光花さんのオチがしっかりしてる話
      木原さんの細やかな心理と整った文章
      英田さんの伏線からサスペンスしている話
      榎田さんの作者が突きつめてテーマを持たせた話
      そういう原作を経てサスペンスだと思うんですが
      サスペンスが上手く絡んでいるblcdは話自体が面白いですし
      【ダブルバインド】とか【忘れないでいてくれ】とか【SIMPREX】とか
      (あまりサスペンスBL聴かないので他に思いつきませんが
       この3作はそう言えば脇キャラも魅力的ですね)



      原作を乗り越え、教祖様の女声を乗り越え
      全てを覚悟してから本編を聞かないとならない・・・という
      何だか色んな意味でどんどん酷くなってる


      それでも購入したのは特典CDのため!
      これがただのトークcdだったら今回は購入しませんでしたよぉ


      原作はイマイチだったけど
      CDで聞いたら大丈夫かな〜と楽観してったんですが
      予想以上にダメージが大きかったです私は

      音になることによって酷いところ?が強調されたというか
      文で読むと完全に二次元なんですが
      音になるとちょっとリアル感が出て
      それがblcdではすごく良いのですが
      今回は利点であるリアル感が痛々しさを強調してしまってるような〜


      まず、上記で書ききってますが教祖様が私はやっぱりダメ
      女性声優さんがどうこうとかはBLCD的にはあるけど
      そういう声優以前にもキャラ造形に無理があるんだと思いました

      迷惑をかける相手にさほど感謝の気持ちや申し訳なさが感じられない
      世間知らずで浮き世離れしてるのと、一般的な常識のなさは違うでしょう?と
      普通と違うってキャラにしたいんだろうけど思いやりがないのとは違うと思う
      人の機微がわかるってされてるけど、わかってるように思えないんだよな〜
      あと、音で聞いてドン引きしたのが
      慈英が教祖様がお手洗いに行くのに手をかそうとした時に
      「交わった人に触れてはいけない」と言ったのが何だか気持ち悪かった
      上手く言えないんだけどさほど親しくない人に対して
      「今、貴女方エッチしてたんでしょう」て言ってるんですよね
      それも神秘的な幼い少女のような男が・・・
      さらに宗教的なモノがあるとしても
      「エッチして汚れている?から触って欲しくない」と親切に手をかしてくれて
      面倒くさいトラブルに巻き込まれてくれてる恩人に言うのか〜っと

      小説では気にならなかったんだけど、音になると嫌だったなぁ
      この教祖様がロリ声ではない透明感ある淡々とした綺麗声だからこそ
      そうやって自分本位で宗教的な考え方してるのが気持ち悪かった
      他の感想プログ巡ると意外と大丈夫そうな方が多いんですが
      私は本当に無理で聞くのが辛かった
      30分で一度脱落してしまった
      教祖様が出るところは意識を飛ばして、音として聞くようにして
      内容を頭に入れないようにしないと聞けない感じでした
      それでも一度聞いたら十分!再度聞きたくはない


      これが男の娘とかじゃない、純粋に少女だったらまだ聞けたかな〜??
      それかこんな不思議ちゃんじゃない少年とか
      天然ほわわん自分じゃ何にも出来ないアホの子ショタ
      (何となく武内さん声のイメージ
       それかパ〇ダくんの福山さん声)
      ウジウジオドオドメソメソネガティブ薄幸受けっ子
      (野島健さんの声がいいな〜)
      上記のタイプなら皆にチヤホヤされて守られて庇護欲そそられちゃうのもわかるんですよ
      どうせなら教祖様がこういうわかりやすい受けっ子なら良かったのに〜


      そして、やっぱり三島と慈英にも疑問なんですよね〜
      ストーカー盗作まがい傷害GO姦未遂と二人に悪い事しまくった人が
      面倒ごとを引っさげてやって来たら、普通追い返しますよ・・・・
      慈英三島、ある種臣さんも普通じゃないんだけどさぁ
      そんなトラブルメイカーが行き成り「私、いい人になりました!」て言っても
      気持ち悪いでしょうよ・・・・
      どうしても三島&教祖を出したいなら
      慈英臣が三島に弱みを握られてしぶしぶ教祖さまを受け入れる展開のが無理ないのに
      作者は三島を突然イイ人に変革させてしまったのが無理がある!
      この無理やり感が原作でもそうなんだけど音になるともっと違和感があるの〜


      慈英の変化にもやっぱりついてけない・・・・
      海外に出れば、絵って良くなるものなのかな?と
      慈英の絵というのは、彼の心理面にとても影響されるもので
      心の芯の部分である臣さんがいたからこそ出来た作品もあって
      作中にある海外で高額で売れた作品も臣さんに出会った後に出来た作品ですよね
      つまり臣さんのそばにいることで進化した絵を評価されてるわけで
      いくら技術的なものを海外で勉強して刺激を受けたとしても
      画家自身の心がついていかなければ、心がこもった絵にならないんじゃないかなぁ
      今、海外に行っても慈英がイイ絵が描けると思えない
      慈英ならそれぐらい感づいても良さそうなのに
      「臣さんのためなら絵が書けなくなってもいい」とすら思って
      世間に認められたり名声やお金のために絵を描いてるわけじゃないんだから
      何でそんなに海外行くことに戸惑ってるのか説得力がない・・・・
      海外行くな!とかじゃなくって、もうちょっと慈英が海外に行く決断を捨てられない理由がほしい
      三木さんが迫真の演技で悶々と悩んでいるのですが
      いくら声優さんが熱演していても話が上っ滑りしていて
      三木さんの演技が【しなやか〜】から一貫して慈英だからこそ
      ここにきて、本来の慈英らしくない悩み方に違和感があります
      崎谷先生は慈英好きなんですよね
      だったら、何故こんな慈英らしくない慈英にしたんだろうか
      私は慈英が特別好きではないけど、このシリーズは好きだし
      原作もCDも好きだからこそ疑問だったりします



      他人が慈英臣の間に入り込んで事件が起きて
      その中で慈英の考えが変わっていく・・・・という
      大きなくくりの中では悪くない構成なんです
      他人が二人に影響を及ぼすにしても
      ワケアリの家出少年を預かる・・・程度ではダメだったのだろうか?

      今までの慈英とは違う思考回路に突然なっていたり
      悪人三島が別人の善人になって再登場したり
      発言が電波ちゃんの男の娘教祖が出張ってきたり
      その教祖様に慈英も影響受けまくっちゃったり
      全体に宗教色が強かったり
      そういう色んな要素が組み合わさって不思議なモノになっていました

      三島教祖は慈英臣とは別のところでじっくり書けば良かったのにな〜
      (まぁ、そんな本が出ても買わないんだけど)


      【DISK1】は途中止めて日を改めながらどうにか聴き終わり
      【DISK2】は大分慣れたし少しはマシかな?と思っていたんですが
      初っ端の方から
      慈英が神と対話をしておる・・・・


      いや、ま〜・・・・原作がそうなんですけど
      音源で聞くと、まるっきり宗教にハマって開眼しちゃってる人
      リアルタイムで聴いてるみたいで
      とっても辛かったです
      二人の演技が上手いからこそ痛々しかった



      これ、BLじゃなくって男女モノ、家族モノ、友情モノでもそうだと思うんだけど
      突然現れた得体のしれない謎の「私は何でも知っている」キャラに説得されて
      問題を解決しちゃうのって違うんじゃないかな〜

      そこはメインキャラである人々との対話や衝突や和解によって
      主人公は成長するんだと思うんですよ
      せめて、主人公が尊敬する酸いも甘いも噛み分けた人物に説得されるなら
      まだアリだなっと思うんですけど(慈英だと昭英さんかな?)
      ポッと出の男の娘教祖様ですからね〜


      崎谷さんは宗教を良い方に書こうとしてるんだけど
      こういうやり方だとますます宗教に対して誤解を生みやすい?気がします
      エンタメとして取り上げたり、グッと突っ込んで思想として書くならアリだけど
      二人の仲を取り持つためだけの萌キャラだとしたら
      あまりにも稚拙な知識で宗教モノは取り上げて欲しくないなぁ



      絡みのシーンは二人ともさすがでしたが
      全体が余りにもあまりな展開だったのでそこが吹っ飛びました
      絡みがいくら良くても全体のストーリーが微妙だと萌きらない
      まだアホギャグ・ラブコメ・面白ダメCDとかなら絡みだけ萌られるんだけど
      声優さんは脇まで皆お上手な演技で
      一応シリアスで演出は悪くなくて・・・・て作りなのに
      感情移入できないので絡みの熱さだけが浮いてしまってるというか
      でも、今回この内容で絡みが無かったらどうしようもなかったと思うので
      二人の絡みのシーンが甘くてエロかったのは良かったです





      出だしの神谷さんのモノローグが少し硬かったですねぇ
      【やすらか〜】【はなやか〜】は良かったので「アレ?」て感じでした
      自分の心情を吐露するモノローグは違和感ないんですが
      「今日は晴れている」とか
      「彼は席をたった」とかの風景情景状況を表す
      ナレーションの役割を果たすモノローグが固い!
      ニュースを読んでいるような感情の入ってないような語りだった
      セリフと感情モノローグすごく情感が入って上手な分
      状況モノローグのハキハキ淡々とした切り替えの違和感がありました
      三木さん関さんがその切り替えもスムーズだったし
      ただの自分の状態を示す時のモノローグも場面によって
      緊迫感だしたり柔らかくしたりの感情を入れるというよりは
      トーンの調整でよく表していたので
      尚更、神谷さんのナレーションぽさが気になりました


      ただ・・・・フリートークとか聞くとそれもしょうがないかなぁ?とちょっと思った
      神谷さんは結構原作?台本?を読み込んで
      自分の感情をキャラに当て込めて人物をご自身の中で練って
      理解した上で作り込むイメージが
      他のフリートークとか聞いていても私にはあるんですが・・・・
      今回はその当て込みが難しかったんだろうなぁ〜っと
      神谷さんが一生懸命キャラに息を吹き込んで下さってるのですが
      原作が超展開すぎて感情が付いていかなかったんじゃないかな〜っと

      神谷さんは表面だけで演じるタイプではないので
      そこの折り合いがたまに上手くいかなったのかなっと私は勝手に思っています
      だって【やすらか〜】【はなやか〜】では
      モノローグも全体で上手だったんですもの!!!!

      何か、色んな意味でお疲れ様です・・・・という感じです



      三木さんは相変わらずお上手でした
      上手すぎて「ゲイのくせに」発言や
      教祖さまに説き伏せられる?ところは
      聞いていて辛かったです・・・・


      そして、関さ〜ん
      関さん好きなので沢山話してるのこと自体は嬉しかった
      これ、関さんじゃなかったら前半30分でで聞くの断念したいたかもしれない
      でもねでもね、別に普通に関さんが出ている男女モノ聞けばいいかなぁって思った
      カッコイイ関さんが聴きたければこのcdじゃなくってもいい
      BL出ていて相手もいることはいるし一応男だけど
      丸っきり女性声の女性声優さんだしね・・・・・
      内容も内容だしで





      正直、原作読んで覚悟していましたが
      CDのが更に私は聞くの辛かったです〜
      特典・絡み・慈英臣が二人だけで話すシーンのみが聴きどころ


      どんな原作展開でも神谷さん好きだしCDが出る限り買おうと思っていましたが
      次回は原作・CDの特典次第で購入しない方向で考えています
      300作近くBLCD聞きましたが、こんなに聞くの疲れて
      感動も何もなく嫌なモヤモヤだけが残るcdは初めてです
      (三木さん神谷さん関さん女性声優さん演出が悪いのではなく
       慈英臣が悪いのではなく、純粋に宗教ぽさと教祖様三島の違和感が無理でした)






      現在唯一神谷さんが出続けてる新作blcd
      慈英臣が好きでこのシリーズが音声化するなら何でもいい
      崎谷作品が好きすぎる
      三木さん&神谷さんが好き
      この作品に以上の思い入れ(補修?)があると
      演出自体は悪くないし、演技下手な人はいないし
      シリアス作品と聞けるなら良いと思う方もいるかも

      でも、【しなやか】【ひめやか】の三部作は
      メイン二人が特に好きじゃない
      崎谷作品に思い入れがない
      そういう「ただ単にBLCDが好き」な方が聞いても良作だったの
      実際、私は【しなやか〜】聞いた時に神谷さんほとんど知らないし
      崎谷小説を一冊も読んだことなかった
      (【ひめやか〜】を聞いて小説一気買いしてしまいましたが)
      それどころかラブコメblcdが好きでシリアスが苦手だし
      二枚組のblcdも長くて苦手だったんです
      この三部作を聞いて二枚組シリアスが聞けるようになった

      たくさんあるBLCDの中で間違いなく名作


      このシリーズが好きだからこそ何だかな〜て感じです
      でも、これは原作の小説自体の展開がイマイチなんですよね

      神谷さんの続編blcdなら
      【フリージングアイ】の京都編や
      清澗寺のお父さんの続きや
      【海シリーズ】のショーイの短編や
      そういうのの方が聞きたかったりします




      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 14:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは^^
        メッセージのお返事できていなくてすみません(><)
        必ずさせていただきますのでもうしばらくお待ちください<(_ _)>

        さて、この作品…というかこのシリーズ、私はもう切ってしまったんですよね。
        最初の3作は名作だと思っています。「さらさら」はその後の2人を見られて満足しています。
        「やすらかな夜のための寓話」の頃にはもうそろそろいいかなと思い始め、次の作品が記憶喪失ものだと聞いてだめかもと思ったのですが一応買いはしました。が未だに封をきれていなかったりします。
        そして、Kさんの「たおやかな真情」の原作感想を拝見して、ああもうこれは無理だなと判断して、ついに買うのをやめました。

        CDの感想も一行一行読み込ませていただきましたが、やっぱりもうついていけないという感想しか持てませんでした。
        いくら演者さんが良くても、慈英&臣シリーズがどこに向かっているのかわかりませんし、キャラがぶれてきているというのはもう本当に無理だなと…。
        このシリーズは今となっては唯一の神谷さんご出演の作品で売れる見込みがあるからか、Atisさんも新作をCDにし続けていますが、いっそ綺麗に終わらせてしまった方が良いのではないかと…。
        どんどん蛇足が増えていって、最初の3作が汚されていくような感覚すら覚えます。

        私はBLCDに出てくる女性に否定的意見を持っていませんし、小林さんは素晴らしい声優さんなので男の娘というものを演じてもいいのではないかと思っていましたが、女性声だったんですね(@@)
        綺麗で純粋な感じを出したかったのでしょうが、男の娘設定である必要があったのか甚だ疑問です。
        また、三島に関しては

        >ストーカー盗作まがい傷害GO姦未遂と二人に悪い事しまくった人が
        面倒ごとを引っさげてやって来たら、普通追い返しますよ・・・・

        ここまでひどかったんですね!?…。
        2作目でも相当おかしかったのでどうやって慈英&臣と関わらせるのかと思っていましたが、意外とすんなり?受け入れてしまっているようでどうも解せません。

        あと、宗教についてはKさんの原作感想を拝見している時点でそう軽々しく取り上げていいのか、と考えていました。
        そちらを深く描こうとすれば慈英&臣シリーズでやる必要性が無いどころかBLでやることなのか?と思えますし、感想読んでいて中途半端になっている印象を受けました。

        特典CDの方はいかがでしたか?
        ぜひそちらの感想も伺いたいです!

        読んでも聴いてもいないのに色々書いてしまい失礼しました。
        やっぱり私はもうこのシリーズの新作を聴くことは無いでしょう。さっぱりした気持ちになりました。
        • ノルア
        • 2012/08/09 2:17 AM
        ノルアさんへ

        いつもコメントありがとうございます
        本編に色々思うところがあり特典の感想に触れてなかったので
        特典の感想も取り上げてみました〜

        神谷さん好きだし、このシリーズ自体好きなので続きが出るのを一時はすごく喜んでいたのですが・・・
        最新の神谷さんの受けを聞くためだけにこのシリーズを買い続ける状態になってる気がします
        まあ、それで満足の場合はいいんですが
        私はもうそこまでして聞くものでもないかな〜と正直思ってしまいました(´・ω・`)


        8月は千葉進さんの新作「ファミリーバイブル」が楽しみだったんですが、試聴を聞いたら思ったより色々アレだったので不安があります

        ノルアさんのプログにもお邪魔しますね♪
        コメントしたい記事があるので・・・・
        ではでは、お返事遅くなりました
        8月は購入cdが多めなのでサクサク感想かけたらいいな〜と思っています
        • k
        • 2012/08/20 2:25 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM