<< 【天涯行き】凪良ゆう | main | 【茨木さんと京橋君】椹野道流 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【世界のすべてを包む恋】とか、最近の作品の雑感

    0


      【世界のすべてを包む恋】
      色々あるでしょうが、今回結構私は面白かったです

      文的には「あれ?」という下手さ?があるのですが
      *何故か周りがチヤホヤしてる私ってイイ女!という勘違い女がいない
      *攻め受け二人で問題解決
      *余分なお事件要素がない
      *変に過剰なエピソードと説明文がない

      ↑これがないだけで、私はすごく読みやすかったです

      それでも、完全に良い!!萌える!!とはならないんですが・・・・
      近年の作品がことごとく私の好みから遠ざかっていたので
      これでまだ崎谷作品を買い続けようっと思うことができました


      読んでいてつまずくところもあるにはあるんですが
      それは本来持ってる崎谷さんの作風を色濃くした感じです

      いくら思春期だから、好きだから戸惑っていたから・・・・と言って
      攻めが最初受けに対して心狭すぎる

      私はあんまりBL小説を読んでない時に崎谷さんの小説読んだので
      「すれ違いものだし、これぐらいで攻めはいいのかな?」と思ったんですが
      他作家さんを読むようになって、明らかに崎谷さんの攻め様は優しいんだけど
      受けの愛情を過信して試しすぎですよね〜
      「好きならこれぐらいできるだろ?」みたいな感じがある気がします
      「言葉にしなくてもわかるだろ?」とか
      「この最後の決め手は受けに言わせよう」とか
      幸せな受けちゃんならいいけど、可哀想な受けちゃんが多いいんだから
      攻めぐらいは受けに溺れるほどの愛情を上げて欲しいものです
      う〜ん、エッチはたくさんして、気持ち的には愛情溢れてるんですが
      崎谷さんが書く攻め様の愛情表現はたまにちょっと遠まわしです
      今回は愛情を過信してるわけじゃないんですが
      もう少し優しく包容力を持って受けちゃんに接して欲しかったな
      自分の気持ち>受に対する優しさ(気持ち)だったところが多くて
      「自分が安心したいから受に対して発破をかける」は自分勝手だなっと

      ウジウジ受けがひたすらウジウジ、問題解決してもウジウジ
      これも崎谷作品の良さなのですが
      最後ぐらい、ガツン!!と爆発してもいいのにな〜と思ったり
      特に今回は母親にちゃんとぶつかって欲しかった

      自分勝手でどうしようもない女
      今回はこのタイプの女が否定されていたのが良かった
      たまに、すごく周りから讃えられていたりするので
      主役二人が「この女はダメなんじゃないか?」と思ったときに
      読者も「この女はダメだな」となっているので共感しやすかったです
      ただ、結局こういう女が特に周りから責められて徹底的に改心することもなく
      受けが「もう、しょうがないこの女のことは諦めよう」てなる結論が・・・・
      実際、そうなのかもしれないけど創作作品の中でぐらい
      しっかり話し合って向き合って投げ出さずに解決して欲しかったな


      この作品は再録です
      デビュー作で初オリジナル作品だと考えると
      すごく柔らかさもあり受が綺麗でイイと思いました
      また、このような作品を書いてくれないかな〜
      そしてそして、この作品を彩っているのは
      何といっても蓮川愛先生の繊細で透明感ある美しい絵です
      特に表紙の学生服の二人の麗しさよ・・・・
      最近、崎谷作品にピンとこないので買うの迷っていたんですが
      表紙を見たらフラフラ〜と引き寄せられて購入してしまいました〜
      何だろう、蓮川先生の絵は綺麗なんだけど
      今回の表紙は特別素敵だと思いました!
      たまにありますよね、この表紙の絵がすごく好き!!みたいなの
      あまり好きじゃない漫画家さんでもたま〜にある
      表情や構図や色彩が何だかすごく好みな時が

      物足りないところもあるのですが、個人的に今年に入って
      崎谷さんの小説では一番好きでした



      以下、今年の小説の雑感

      辛口ですので

      否定的な感想が許せない方は注意






      【エブリデイ・マジックーあまいみずー】
      まず、題名が・・・・
      同時期にかわい有美子【甘い水】が出て、ちょっとかぶってるんですが
      かわいさんの作品は題名が後ほど小説の中で
      「なるほど!!すごく切ないし深い」となった分
      崎谷さんの方が「んー・・・・」となりました
      副題、いらなかったんじゃないかな?平仮名表記なのもダサ・・・い・・・・
      (ひ〜〜ごめんなさい)


      余分な描写が多いい、最近の崎谷作品でした
      よくわからないお事件や女がいない分
      悪くはないんだけど本当に余分なところが多いい!!
      これ、半分ぐらいに出来たんじゃないかなぁ?
      あとがきでページ数増やしたと書かれてたけど、どこを増やしたんだろう・・・
      増やさない方が読みやすかったんじゃないかな


      出だしのカフェの雰囲気の説明は結構イイんですが
      今日のお薦めメニューが「焼きカレー」と「チーズケーキ」というのが
      まず、私引っかかりました
      「焼きカレー」てチーズ乗ってますよね?
      お薦めメニューをメインとデザート両方頼んだら、チーズ&チーズじゃないですか!!
      確か「季節の野菜を使った焼きカレー」だったと思うので
      (今、手元に本がなくってうろ覚えでスイマセン)
      デザートも「季節のフルーツ」を使ったタルト・ジュレ・ジェラート・ゼリーなど
      もう少しカレーに合う、さっぱりしたものにすればいいのに・・・・

      そして、料理上手な攻め様なのですが煮込み料理が多すぎませんか?
      季節的なものもあるし、煮込み料理美味しいけど
      チキンのオーブン焼き・ローストビーフ・手作りベーコンとか
      もうちょっと煮込み以外にバリエーションあっても良かったんじゃないかな・・・・
      (それに煮込み系ってどちらかというと、料理苦手な人でも失敗しにくいよね
       他作家の作品では料理できない受が「これなら 初心者にも簡単だから」と
       料理上手の人に薦められて肉の煮込み料理を作ってるし)
      そして、確か肉の煮込んだのに根野菜の煮物?みたいのを副菜にしてたけど
      (カボチャの煮物だったかな?うろ覚えですが)
      肉の煮込んたものに野菜の煮物と煮づくし!
      ハーブと一緒にオーブンで焼いたり
      根野菜を蒸して手作りバーニャカウダー添えたり 
      素揚げにしてみる などなど
      もうちょっと、煮込み料理にあうようにアレンジできなかったのだろうか・・・・・

      細かいけど気になったのです
      あれだったら、カフェのメニューとか話上必要ないんだし
      出さなければいいのになぁっと思いました
      料理、絵画、映画、風景とかは作家さんなりのセンスが問われるので
      「オシャレ」となっていても、そう読み取れない場合違和感になる
      BLで仕事ができると言われても、実際に仕事描写がないモノとかもあるし
      そこら辺はさっくり上手い具合に省略していただきたいものです

      省略と言えば、初デートも長かったな〜
      途中で二人がケンカをして、それが話を動かしていくので
      このケンカシーンを強調するためにも
      他のデートシーンは短く簡潔に書いたほうが面白かった気がする
      【海シリーズ】のセリちゃんの海デートとか可愛かったよね
      ああいうのがいいのにな〜
      風景描写が日常系のシーンって簡単なようでいて
      作家さんの思い入れが出ますよね
      自分が実際に行って、好きな風景を書いただろうときとか
      BL小説と言えど作家さんがその場所をどんなに素晴らしいと思ったか
      ちゃんと伝わるように情熱的に書かれています
      (上手い文章かどうかは別にして、美しかったんだろうな〜と思わせる)
      でも、崎谷さんの今回のデート風景にはそういう思い入れみたいのが感じられない
      ただ「こんなのがある」みたいな観光案内ぽいというか
      そこまでこだわりがないなら、何もこんなに長く書かなくてもいいような・・・・

      また、受けの大学での演劇活動
      バッサリここ、いらなかったと思うんです
      突っかかってくる男とか別に横恋慕するわけでもないし
      受けが自己否定する原因になるんですが
      若干トロくさそうな受けちゃん
      ちょっとしたことで落ち込みそうなので
      こんなに自己主張強そうなキャラ出さなくてもよかったような
      そして、別に演劇が話には何も絡んでこない

      有名食器の羅列とかもな〜
      Gレ・Mイセン・Uェッジウッドとか
      なんか有名だから登場させた感じがする
      愛情がないんですよね・・・・
      「高い」「有名」ぐらいしか知らないのに出すのは
      ブランドの価値が下がってしまう〜
      知識や思い入れがないのに出すと薄っぺらになってしまう
      そういうのって浅はかなだなぁっと
      ケーキもパティシエじゃないのに何であんな普通じゃないケーキ?
      一時、ケーキにこっていて百貨店の有名ケーキを結構購入したり
      プレゼントされたりしていたけど・・・・
      オシャレではあるけど読んでいて、あまり想像できない種類のケーキ
      フォンダンショコラ・ガトーショコラ・ザッハトルテとかで
      十分オシャレでおいしいと思うし
      読者がおいしさを想像しやすいと思うんだけど

      学生時代とかに読んだら
      「わぁ!オシャレ!!素敵」てなりそうだけど
      ちょっと大人になって読むと何だろう
      読んでいて冷めちゃう
      アレですよ、ブランドだからって理由でヴィ〇ンのバックとか
      持っていた高校生みたいな感じっというか
      それを持っていること自体がスゴイ!とかで
      ブランドである意味とか価値とか歴史とかデザイナーとかセンスとか
      関係なく持ってしまう。。。。みたいな

      色々否定的なことを書きましたが
      攻めの甘い感じとエロさと腹黒さは好きでした
      「不思議ちゃん」のわりに、特に攻めは不思議ちゃんじゃないんですよね
      砂原糖子さんの作品とかだと、変わった人がちゃんと変わった人に書かれてるし
      かわい有美子さんとかも浮き世離れしてる人とかちゃんとふわふわしてる
      夜光花さんとかも常識からズレてる変人とか上手い
      受けのモノローグで「不思議」を連呼させるのではなく
      不思議エピソードがあると、もっと攻めが魅力的だったかも

      後日談とか、くっついた後の甘いところが好きだった
      近年の書き下ろしの中では良かったので
      もうちょっと余分なエピドード短くしてくれればもっと面白かったかも


      【トリガー・ハッピー】
      昔の作品の再録です
      二人の恋愛に終始していると、エロ甘いです
      特になんてことはない話なのですが
      ま〜、変なお事件よりはいいかな

      ただ、私こういう可愛いくて思考乙女でギャンギャンしてる受け苦手
      話自体は嫌いじゃないんだけど、受け自体がそんな好きじゃないので
      ハマりきれなかった
      受けは好みじゃないけど恋愛話でエロが多くて
      そういう意味では良かったですし
      やっぱり崎谷さんの絡みのシーンは濃くてイイ


      【あるいて、あした】
      ひらがな好きですね
      この話は若干引いたのが受けが
      「ネットで調べれば何でもわかる」と言っちゃてるところです
      もしかして、崎谷さんもそうやって作品を書いてるのかな・・・と
      ちょっと思ってしまったのです
      海外の話を扱う時に作家さん自ら現地に行き
      色々そこで取材をした・・・・とか
      特殊な職業を扱う時も知り合いずてに知人をあたって
      実際に話を聞いていたり
      専門書や本を読み、作家なりに調べ上げたり
      もしくは、元から扱う事柄に興味があって自分なりの知識があったり
      ちゃんと理解した上で小説にしている作家さんもいるんですよね

      別にBLで男同士の恋愛が主なわけだから
      そこまでしなくても良かったりする
      ただ、わからないなら知ったか振りで書かないで欲しいんですよね
      「わかんないですよ〜」ともっさりぼかして書けばいいと思うんです

      それをネチネチを最近の崎谷さんは書きすぎる!
      しかも、何かをただ書き写しただけのような詰め込んだ文なんです
      それこそ、わからないことがあったら読者がそれぞれw〇〇i読めば十分
      ネットで調べるのも本で調べて読むのも一緒じゃん!と思うかもしれませんが
      もし知〇袋・w〇〇iを利用するならば、それは素人の知識である場合が多いい
      無料で提供されるネット情報と違って本の場合は有料なわけだから
      その知識に精通してる専門の人
      最低でもそれだけで本が書ける知識がある方
      もしくは他人に読んでもらえる文章力のある方(教えるのが上手いというか)
      どうしても自分の思いを本にしたい情熱のある方 など
      ある程度は読む一定ラインを超えたモノをお持ちなんですよね
      そして、読む方も「ちょっと調べてささっとわかる」じゃなくて
      一冊通して読むと順序だてて大概何かしらの知識は植え込まれるもので
      知識だけでなくその作家さんの思想にも影響されるので
      読む時にその作家さんの傾向とか調べますし
      本を読む時間や思考する時間を消費して知識を得てるわけです
      私はネットで簡単に調べられる知識が悪いとは想いませんし
      私も利用するし、すごくイイ知識や文章や作者にあったりもします
      でも、簡単に手に入れた知識は自分以外の人も簡単に手に入るんですよね
      それを長々と説明尽くすのは小説としてどうなのかなぁ・・・・と
      もしかしたらネットで調べて書いてるわけじゃないかもしれませんが
      そう読者に思わせるような固有名詞?流行り言葉?ネット情報?を
      うかつにBL小説に出して欲しくなかったのです
      こんな風に思うのは私だけなのかな〜・・・・
      でも、何か主人公が「ネットで調べれば〜」て言ったときにモヤモヤしてしまった

      あと、ここでも料理が・・・・
      料理上手な子なら、移動に適したものを作ると思うの〜
      ちょっと「それを持っていくの?」みたいなのがある
      これに限らずに崎谷さんの書く料理って組み合わせがイマイチだったり
      男がそんなに細かくやるかな〜?というのが最近ある
      作家さんによっては、キャラによって料理の雰囲気ややり方が変わるけど
      崎谷さんキャラによって・・・・というのはないような
      一つ一つのおかずってキャラの性格や季節感や作者の料理センスが出るから
      「お弁当を持っていた」とかシンプルに書いてくれればいいのにっとおもいました 

      キャラ自体は悪くないです
      ただ、私こういう大人しくて素直で可愛い受けはあんまり好きじゃない
      大人受けが好きです
      元気で素直でかわいい受けが好きだと楽しいと思います



      【リナリアのナミダーマワレ】
      ↑で全部語りきりましたが
      説明文がしつこい!!
      このシリーズ始めたあたりから崎谷さんの作風がかわりましたよね

      でも、キャラは年下×年上で組み合わせとしては好きですし
      大人受けが良かった

      残念なのはお話自体はあんまり面白くない
      長いわりに内容がどうでもいいよ〜



      【不埒なインセンティブ】
      これは久々に面白かった〜!!
      結構好きだった真幸がウザくなってるのが残念だけど
      このシリーズは好きです
      ちゃんと二人が恋愛して悩んでエロいのが良かった
      お事件もウザい女も電波ちゃんも出ないし
      変な長〜い説明もないのが読みやすかったです
      このシリーズはcdも久々に面白かったし続編出て欲しいです
      【海シリーズ】みたいにそれぞれのカプの甘い短編集とか出ればいいな




      過去作の再販が多いいせいか大人受けが少ないのが
      最近の私の好みじゃないのもあるかも・・・・
      漫画やcdだといいんですが、文だと仔細になるためか
      本来苦手な小さくて可愛い・素直で純情・キャンキャン元気受けが
      やっぱりどうも楽しみきれいない

      夜光花さんとかかわい有美子さんとかお話自体が好きな方だと楽しいけど
      やっぱりキャラ萌はないんですよねぇ
      ただ、そういう萌なしに面白い人は面白いので
      崎谷さんらしい萌話をまた書いて欲しいな〜
      【きみの目をみつめて】は結局購入していません・・・・


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM