<< 【フラッター】  天禅桃子 | main | 【天涯行き】凪良ゆう >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【ひみつのセフレちゃん】

    0
      鈴木達央×遊佐浩二
      日野聡×立花慎之介



      正直・・・・私・・・
      オヤジ受けって萌ません
      (ぎゃー!!スイマセン


      私がショタ苦手なのは
      小さくて可愛い受けが苦手だからでして
      小さくても生意気で男前でツンツンしていて可愛さを全面にだしてなければ
      意外とイケそうだな〜と思っていますし
      ショタの「小さくて素直で可愛くて純情なのがいいと言うのも分かる
      私の萌とは違うだけでどこら辺がよさそうなのかは想像できるんですよ
      一応「かわいいなぁ」とは思いますし

      意外と最近はショタや男の娘とかも平気になってきました


      でも、本来私は「攻めより立場が強い受け」「男前受け」など
      受けに対してむさくるしくない程度のらしさを求めているので
      ショタよりはオヤジのがそういうのに当て嵌って好きになりそうなんですが


      どういうワケかオヤジならショタのがイイ程です


      否定してるワケじゃなく、オヤジ受けの良さがよくわからんのですよ
      オヤジ攻は好きだし、単品でオヤジ自体は好きなんですが
      オヤジが受けとなるとイマイチ
      そして、萌ポイントがわからないので
      何で私がオヤジ受けに萌ないのかもわからない
      ショタが苦手だったのは「小さく可愛いという
      本来萌ポイントになるものが、私の萎えポイントだったからなんですが
      オヤジに関しては萌も萎えもどこから来てるのか自分でもわからない


      なので、大概CD化する作品は前後に原作を読んでいるのですが
      今回は「オヤジ受けか〜」と読まずにいました
      (【何か淫魔に憑かれちゃったんですけど】がオヤジ受けで好評だったので
       読んでみたもののやはり私には余り刺さらず
       結局、原作にハマらなかったのでCD購入に踏み切れなかったし)


      ですがエろセットなるえげつないものが出たので
      どうせなら・・・・・と初回セットを公式で購入
      続きの【恋人編】を読みまして
      何とな〜くですがオヤジ受けのポイントが分かった気がします



      酸いも甘いも噛み分けて社会の荒波に揉まれたオッサンが
      今更、甘酸っぱい恋愛にキュンキュンしながらも
      「こんなオジさんなのに君みたいな若い子が・・・」と懊悩する

      これ↑でしょうか?
      (あれ?違う??)
      【恋人編】は今まで解からなかったオヤジ受けのポイントが浮き彫りになった
      気がする・・・・


      くたびれた感と諦めた?感があるオヤジが恋愛で変わっていく
      その年の差自体に悩み若者の未来を案じる分別
      ショタ受けや若者同士や30歳受けにはちょっとないかなぁ?と思います

      別にオヤジ受けが何がなんでも嫌なのではなく
      西野東さん山田ユギさん直野儚羅さん腰乃さん鳥人ヒロミさんとか
      普通に読みますし、ホロっとする話もあります
      好きな作家さんのオヤジ受けはいいんだけど
      新規作家さんで「オヤジ受け」目的で買うことはないし
      どうしても避けてしまいます


      ただし、音声化は別!!
      綺麗な透明感がある高音よりも
      中〜低音よりの掠れ声ハスキー声のが好きなんです
      アニメとかゲームだといいんだけど音だけで聞くと
      キンとする高音は耳に馴染まない・・・・
      高音でも柔らかさがあるといいんですが
      なので神谷さん福山さん鈴木千さん近藤さん鳥海さん岸尾さんなどは
      今の中音ぐらいの地声音域のが好きだったりします
      若い時はトーン自体が高いし透明感があるので
      そういうのが聞きたい時はいいんですが、概ね年齢重ねて
      演技にも慣れが出てきた辺りがblcdでは聴きやすいです

      なので、オヤジ受けBLCDはオヤジ受け原作が余り得意じゃない私でも
      結構嬉しかったりします
      腰乃【幸せになってみませんか】の飛田受も楽しみだぁ



      そんな、色々なことを思ったオヤジ受けBLCDですが
      聞いたら面白かった
      私のようにオヤジ受けに対してモヤモヤしている人も
      楽しく聞けるんじゃないでしょうかぁ?


      オヤジ受けの良さもありながら
      別にすっごい老けたオヤジ声を遊佐さんが出してるわけでもない
      原作の絵からすると、もうちょっとモッサリした声の方があいそうですが
      別にオヤジが聞きたいわけじゃないので
      これぐらいの方が音声として聴きやすいのですよ
      コミカルさと可愛さと切なさとキュンが詰まっていたと思います

      あと、漫画を読んで思ったのは
      私やっぱり絵面でオヤジには萌ないのですが
      アイドル攻め君のお目々キラキラぷに顔ミニキャラが可愛くて
      それだけで萌関係なく面白いのです
      正直、原作は受けのオヤジくささにトキメキ減退したんですが
      (多分、オヤジ受けが好きな方にはそこが萌ポイントなのかな)
      攻め君が可愛くて可愛くて
      私は基本受けちゃん至上主義で攻めが嫌いでも受けが好みなら
      楽しく読めちゃうんですが、今回は攻めが可愛くて楽しかった
      これをまた鈴木達さんが良く表現してるんですよ〜
      私はセットになった【恋人編】しか読んでないから
      CDになった原作知らないんだけど
      ちゃんとミニキャラになった時とかが声だけで頭に浮かぶ・・・・
      トモ(攻め君)がどんな表情なのかが演技で想像できるのです
      やっぱり鈴木達さんの攻めってイイ
      受け聞くと「可愛くていいなぁて思うんだけど
      攻め聞くと「攻めのがイイてなります
      私が鈴木達さんを始めて聞いたのが攻めだったからかもしれない


      ただ、切なさはありながらも全体的にコミカルな作りで
      多少、勢いとBL王道展開で脳内補完しながら進む話なので
      「どこでお互い惹かれあったの?」
      「おっさんのくせにそこは乙女思考なのね〜」
      「こういう展開どこかであったような・・・・」と
      細かいところが気になってしまう方は楽しみきれないかもしれません


      私なんかはBLでの王道が好きなのと
      「ああ、これがオヤジ受けの良さなのかぁ」と実感できたのと
      楽しかったので満足


      BGMはあと一歩かなぁ
      全編コミカルならいいんだけど、途中にあるシリアス?切なシーンの時は
      音量やしっとりしない音楽に勿体なさを感じた
      切ないシーンで切ないBGMが使われていれば
      お話の緩急がついて、もっと素敵になりそうだったのにな〜っと
      7割はコミカルなので悪くはないんだけど、勿体なぁい






      恋人も作らず仕事を頑張っていたのにリストラされた遊佐さん
      ベロベロに酔っ払って勢いで男とエッチしてしまいます
      しかも、その男は国民的アイドルの鈴木達さん
      一度だけのつもりが懐かれてしまい・・・・


      初っ端から3分以上の激しい喘ぎ
      ありがとうございます
      ごちそうさまです
      何となくごめんなさい

      これだけで私は買ってよかったなっと思いました
      近年、エロ薄に慣れそういうのが好きになってきたのに
      久々に新作でガッツリしてるものを聞いたら
      何だかしみじみしちゃいました
      昔の作品は行き成り絡みから!と言うのがそこそこありましたが
      本当最近の作品でこういうのは珍しい
      しかも、ガッチュリがっつりですよ
      とってもいいものを満喫しました
      本当、この出だしだけでお買い得感が私にはありましたよ


      「声、大きい」て攻め君が言うのですが
      本当に喘ぎまくってるのがいいですね
      しかも、ちゃんと気持ちよさそうだし
      鈴木達さんと遊佐さんは息もあっていて激しいです
      二人のキスSEは他の組み合わせより水音増し増し
      クチュクチュぴちゃぴちゃしていて、そこもエロくていいです


      「おま・・へえ〜」
      遊佐さんの喘ぎきった後の呂律の回ってないこの言い方良かった
      本当に舌が回らなくってグニャグニャしてるんですよ〜
      エロの時のこういう不明瞭なセリフって好き


      アイドルくんが仕事のないおじさんの家に通ってくる日々
      中々、再就職が決まらない遊佐さんが
      アイドルは気楽な仕事でいいな〜だと愚痴ります

      「ありえなくねぇ↑?」
      「やってらんなくねぇ↑?」

      この言い方がすごく面白かった
      こんなダルダルな口調の遊佐さんって新鮮

      めんっどくっせぇ↑〜なぁ〜

      本当に面倒くさくてしょうがない感じが出ています
      ここ聞くたびに笑っちゃうんですよねぇ
      私はあんまり聞いたことない遊佐さんだったので楽しかった


      意外と真剣に仕事をしていた鈴木達さん
      「遊びじゃないやぁ↑〜い
      か、可愛い
      悶絶ものの可愛さですよ
      頬っぺ膨らましてブスくれている顔が浮かびます
      漫画ではどんな表情なのかな〜
      原作買ってみようかな〜


      なんだかんだと押し切られてエッチしちゃいます
      話してる途中に無理やりキスされた時の
      「そんだけじゃ終わらせ・・・
       
      ん・・・(チュゥ
      この!!いきなりされちゃってます感がすごい臨場感でした
      何度聞いてもスゴイ
      遊佐さんも鈴木達さんもエロいよ


      事後、お風呂に入ってる遊佐さん
      ドアの前でグズグズする鈴木達さん

      「だって、気持ちイ↑かったんだもん」
      出た!!
      「もん」
      BLに置ける「〜もん」は可愛さの代名詞ですね
      でも、それを女の子のような可愛らしさで言われると私は萎える
      男の子でありながら「もん」を使うというのがポイントなのです(私は
      それを鈴木達さんは攻めでありながら、あざといぐらいに可愛く
      わかってる・・・・こいつ自分が可愛いのわかってる・・・・と思うほどなのに
      やっぱり可愛くて逆らえないような絶妙な可愛さで言ってくださります
      イジイジグズグズしょんぼりしてるのが可愛いですよ

      この時のギャンギャンした二人のやりとりが
      これまた面白すぎる
      オヤジ受けとか関係なくなるぐらいテンポ良くって面白い
      【部活の後輩に迫られています】みたいな
      攻め受けのギャイギャイしたやりとりが好きな人にはお薦めかも
      それでいて、二人ともちゃんと可愛く思えるのです


      言い争いの末、鈴木達さんを叩き出したら
      家のドアの前で大泣きされます
      二度目の
      めんっどくせぇ〜!!!

      最初の「めんどくせぇ」より
      パワーアップした「めんどくせぇ」でした
      この「めんどくせぇ」がツボった

      結局、嘘泣きの鈴木達さんに根負けして
      家に入れてしまう遊佐さんでした・・・・



      その後もアイドル君が通ってきて
      次第にそれが慣れてき始める遊佐さん

      洗い物をしてる最中に地味にイチャイチャしてるのが好き

      失業中の落ち込みもキラキラしたアイドルくんのおかげで
      現実逃避すること出来て、慰められほだされてきます
      でも、こういうみたいな現実が続くはずがない・・・・
      深入りしないようにしないとと思いづつける遊佐さん

      比較的短めですが、お風呂上りに布団に入ってから
      自然な流れでのエロがラブラブです
      「こ〜ら〜」とたしなめる遊佐さんの年上ぽさと

      「んふふしてもいい?」
      幸せそうに柔らかいけどエロいお誘いモードが対比でいいです
      年下×年上がblcdでは好きです
      この声の高低の差が音で聞くBLの良さなんですよね
      そして、キスの音がエッロい


      帰ってきた鈴木達さんの
      「おかえりのハグ&チュー
      「ハグ〜!!」
      「そして、ちゅぅ〜
      ここも絵でみたいな
      すごい、かわいいし
      この後テレてる遊佐さんも可愛いんです
      おかえりの軽いキスのわりに、チュパ音が激しいです

      「おれって超バカ〜も可愛かった
      そのバカなところと言い方が可愛い


      鈴木達さんに本気で告白されるも
      「セフレでいいだろ?」と言ってしまいます
      それ以降、接触してこようとしない鈴木達さん
      体だけの関係じゃイヤだと好きになって欲しい我慢しています
      そして再就職したら、ちゃんと向き合おうとしている遊佐さん

      面接が上手くいってベロベロに酔っ払ってる遊佐さんが
      クダ巻きすぎ!!
      ちょ〜オッサンです
      受けの酔っぱらい演技が好きなんですが
      遊佐さんはいつもちょっとオッサンぽくなりますね
      それが面白いやら可愛いやらです
      何となく遊佐さんなのに色っぽくはならないのが不思議というか
      毎回、酔っぱらい演技も聞くと
      あまりにグダグダがリアルで笑ってしまいます


      再就職が決まって、二人でお祝いをしようとしますが
      週刊誌に女とスクープ撮られたアイドル君を知り
      我に返り、別れを決断します

      20歳の子供で芸能人でアイドルで
      俺なんかに本気になるわけない

      ここら辺の分別がオヤジ受けの良さかなぁ?と私は気づいた
      「離れなきゃ・・・・俺から」とか思ってるんですよね
      「本気になったら怖ぇもん」
      「お前の将来を奪う未来」
      「お前がいなくなる未来」
      「この手が本当に届かなくなる未来」

      そういう保身を含んだ思いやりで葛藤している・・・・・というのが
      いいのかな〜
      障害が増えますもんねぇ
      男女モノだったら、相手がアイドルである身分差
      普通のBL的に、男同士
      そこに+して、相手の将来を見据えての年齢差
      壁が厚いほどそれでも好き!!というのが
      強調されるのでしょう、一応三重苦ですし


      鈴木達さんが幸せならいい
      自分の決断は間違ってない・・
      ・と言い聞かせながら
      寂しさを紛らわせる遊佐さん
      悩みまくった鈴木達さんはTVで愛の告白をします


      やってることは昔ながらの少女漫画だ〜
      それが、BLでヤラれると古臭いのではなく
      王道は王道で良く思えるのですよ
      テレビ見ないように避けていたのに
      この時だけたまたまラーメン屋で見てしまうっていうね!

      「一緒にいたいだけだもん
      「一緒にいたいもん
      「バカでいいもん↑
      最後は最終兵器的な可愛い「もんもん」攻撃に撃沈です
      「お前もう・・・・本当バカぁ
      諦めたような愛しい「バカ」がすごく良かったぁ
      もう本当、私は何故か受けの「バカ」呼びが好きなんだけど
      今回もすっごく良いバカでした
      特に遊佐さんの「バカ」って格別にいいんですよね〜




      【ひみつのDO貞くん】日野×立花

      同じアイドルグループ同士の日野さん立花さん
      10年前に日野さんが立花さんを襲ってから
      日野さんにFェラだけさせて虐げてきました


      こっちのが漫画は好きでした
      立花さん声質的にはイメージ通りなのですが
      もうちょっと色気があるしっとりお兄さんトーンが良かったな〜
      元気で溌溂としたトーンで何か違う・・・
      CDだけだと違和感がないんですが、漫画見ながらだと
      ちょっと若若しい感じがするなぁっと思いました
      グループでのお兄ちゃんキャラなので、もう気持ち年上感が欲しかったかも
      ただ、2回目以降はそんなに気にならなくなりました


      初っ端から日野さんのおしゃぶり音が素晴らしいです

      ジュパジュプピチャピチャしていますよ
      前は全然、自前SEを気にしてなかったんですが
      平井さんの職人芸を聞いてから
      BLでのひとつの楽しみになってしまいました
      その中でも日野さんはベスト5に入ります


      「とっとしゃぶれ
       DO貞ヤロー」
      「下手くそ・・・
       ちゃんと奥まで銜えろ」
      「ほら出るぞ・・・飲めよ」
      女王様受けっぽい立花さんっていいですね〜!!
      ドS・小悪魔・女王様受けの立花さんが聞きたいよ
      そういう原作で立花さん受けないかな

      DO貞×女王様っていいですね
      そして日野さん×立花さんもイイ


      尊敬していた先輩の番組が終わったり
      移り変わりが激しく変わりやすい芸能界で生きる中で
      10年間変わらず日野さんへ思われ続けられていて
      この関係と自分への思いを変えたくない立花さん
      そんな時に日野さんから「脱DO貞宣言」されて
      自分から日野さんが離れていくと思い
      追い詰められるように仕事に打ち込む立花さん


      昔の日野さんとのことを思い出して帰宅したら
      玄関で待ち伏せしている日野さん
      そこで気持ちをぶつけ合います


      「お前・・・・今泣いてるよ」
      「ん・・・ごめん」
      「今までもこれからもずっと好きでいるから」

      日野さんメチャクチャかっこいい〜
      優し〜い包容力たっぷりの声なの


      恋人関係を始めたら、いつか終わりが来ちゃうから・・・・と思ってる
      受けちゃんに「ずっと好きでいる」ってイイ
      そして、わざと女王様受けが自分への気持ちに気づかせるように仕向けるなんて
      DO貞攻めなのに腹黒すぎます



      絡みは極短
      原作でも短いから仕方ないんですけどね
      両思い後だし、長く聞きたいよね

      そして、期待?したセリフ↓
      「やだやだ
       もう広がんないぃ」
      原作ではメロメロで切羽詰った印象でしたが
      思いの外、可愛らしい言い方でした




      本編もスピンオフも楽しかったです
      正直、そんなに期待してなかったのですが面白かった〜
      メイン二人が好きならお薦めです
      原作好き&オヤジ受け好きにもイイかも
      ちなみにスピンオフは16分ほど
      原作は短編一本なのでどこも削られてないと思われます
      日野立花【恋ひめもめ】手に入らないんだけど欲しくなりました


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        Kさんはオヤジ受けがお好きで無いんですね。
        私はあんまり考えたことがなかったです。ショタほど苦手意識を持つことが無いのですが、好んで見たいものでもないです。
        ショタも男の娘も平気になってきたんですか!?すごいです!
        私は未だにそこは苦手です(><)
        何かきっかけはありましたか?

        今作に関しては、導入文を拝見して初めてオヤジ受けだったことに気付きました!
        私の中で遊佐さん=オヤジではないのでオヤジっぽく演じても私の思っているような感じではないというか…。
        井上和彦さん、堀内賢雄さん、小杉十郎太さんなどなら完全オヤジ受けだと思うのでしょう。
        そういえば、「なんか、淫魔〜」もオヤジ受けと書かれてはいましたがオヤジっぽくは感じなかったんですよね。
        色々決定的に間違った捉え方をして聴いていることが判明しました(苦笑)。

        中身ですけど、私も攻めがとっても可愛いと思いました!
        あらすじ読んで鈴木さんの声に変換した時に絶対これはイイ!と勝手に舞い上がっていたのですが、期待を裏切られませんでした(*´∇`*)

        >本当に面倒くさくてしょうがない感じが出ています
        >ここ聞くたびに笑っちゃうんですよねぇ

        わかります(笑)私も笑っちゃいます!

        >それを鈴木達さんは攻めでありながら、あざといぐらいに可愛く
        >わかってる・・・・こいつ自分が可愛いのわかってる・・・・と思うほどなのに
        >やっぱり可愛くて逆らえないような絶妙な可愛さで言ってくださります

        なるほど〜!こうは考えませんでした!目から鱗です!
        自分が可愛いのをわかってる、確かにそうかも。
        「もん」については私も多少感想に書いたのですが、彼は天然でやってるんだと思っていたんですよね。
        アホの子なので、その雰囲気に流されていましたけれど、無意識のうちに見せ方をわかっているかもしれませんよね。

        スピンオフの方は、私も
        >元気で溌溂としたトーンで何か違う・・・
        これは原作未読ながらちょっと思いました。リーダーなのに主人公になるとまとめている感じがあまりしないし、この明るさは歌のお兄さんみたいだなと思うことがしばしば。
        もしかすると、色気を出し過ぎるとユキちゃんとかぶってしまうと考えたのかもしれません。
        でも、原作では杉田とユキちゃんは大分違う感じなんですよね?きっと。

        私もどちらも楽しめました!
        期待していないといいことってありますよね^^同感です!
        「恋ひめやも」はお聴きになっていないんですね(><)
        とても綺麗で王道作品なので、受けがぐじぐじ悩んでなかなか素直になれないのを聴くのが苦手でなければぜひ手にしていただきたいです。
        オクとか高騰しているんですよね;;いつかKさんの手元にやってきてほしいです。
        • ノルア
        • 2012/07/10 1:48 AM
        ノルアさんへ
        毎回コメント二つもありがとうございます(*´∀`*)
        コメントってプログを書く励み?になりますよね〜
        たまに、読んでる人っているのだろうか・・・と思ってしまうし

        ショタや男の娘平気になったのは、私の好きな作家さんがそういう傾向のものを書き始めたからかもしれません
        門地かおり先生・扇はるか先生のお二人なんですが
        この二人の等身の高い青年受けが好きだったんですけど、そうじゃない眼鏡ホワホワ可愛い子ちゃんやクリクリお目々のショタっ子を書いている作品もあり作家目的で読んでいるうちに、他作家さんのショタ物も読めるようになりました
        あと、昔はBL小説を読まなかったんだけど読むようになったのもあるかな〜?
        萌るか?というとまたちょっと違うのですが、昔は受が小さくて可愛いだけで拒否反応が出て読めずにいたので大分慣れたのだと思います
        BLという狭い世界の趣味?なので、何でも萌られた方が楽しいと思って挑戦?しています
        「私は絶対コレしかダメなの!他の萌嗜好なんてありえない」というよりは、色々許容範囲が広い方が面白いと思うのです
        男の娘はBLとは別!と思ってます
        BLの女装とも何だか違いますしね


        「なんか、淫魔〜」は原作が余り好みじゃなかったので購入に踏み切れない要因かもしれません。鳥海さんだったらもっと別に欲しい作品がありますし
        私はなるべくcd化する作品は前後に原作を読むことが多いいんですが、原作が面白くなかったり好みじゃないと購入する気が失せるので善し悪しですね

        【セフレちゃん】は余り期待してなかったのに面白かったです
        何だろ〜・・・BLドリームがしっかり生きてるというか王道というか、勢いがあるのが良かったのかも
        鈴木達さんのアホっ子攻めは天然で無自覚な部分と自分の可愛さを最大限に利用している強かな部分二つがあってそれがせめぎ合いながら、絶妙にウザ可愛い・・・という
        振り回される遊佐さんの言い草がまた面白かった
        二人のテンポ良い会話も面白さの要因でしたよね

        日野×立花のスピンオフの方は日野さんは結構イメージ通りでしたよ
        立花さんはグループをまとめるしっかりものの落ち着いたお兄さん系なのですが、あのトーンだと余り落ち着いてるようではなかった
        ただ、立花さんの声質自体は役にあっていたと思います


        「恋ひめやも」もそうですが、聴きたくても手に入らない良作とかあります
        「デコイ」「交渉人〜」とかのシリーズ物に
        単品でもチラホラ手に入れたい作品があったりします
        無念無念



        【フラッター】のお返事もまとめて失礼します
        久々にすごく近藤さんが良かったです
        こういう近藤さんを聞きたかったんだよ〜!!と思いました
        興津さんも脇ながらとても素敵でした
        原作よりも興津さんの演技で先生のシーンは泣けました
        もうちょっとサラっとした演技プランで来るかと思っていたら
        感情を込めて熱演していて電話の泣き出すシーンとか感動的でした
        絡みは最近のフィフスは原作より絡み増量してくれたりするので期待してましたが・・・・まぁ。最後の単行本書下ろし入っていただけいいかな〜と思っています



        今年も折り返しになりグッとblcdの販売数が少なくなったものの
        鈴木千さん置鮎さん千葉進さん谷山さん下野さんなど
        「もう新規BL出ないのかなぁ?」て方が戻ってきたり
        小野友さん島崎さん興津さんなどの新しい方の新規や出演が増えたりで、何だかんだと楽しみがあり良かったです
        この調子?で平川さんと野島健さんが戻ってくるといいのにな〜と期待しています
        そして、地味に遠近さん笹沼さん千葉一さんの受作品が聞きたいと願っています


        ノルアさんのプログにもまたお邪魔させてもらいます
        ではでは
        • k
        • 2012/07/20 6:01 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM