<< みよちゃんが可愛い | main | あれ??? >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【ダブル・バインド 番外編 「存在理由」】

    0
       大川透×鈴木達央

      【ダブル・バインド】の忍がスゴイ良かったので
      こちらも楽しみにしていました

      絡みはまったくございません!!
      これなら雑誌に載った「初エッチ編」でいいのに〜っと
      最初は思ったんですが・・・・
      う〜ん こっちで良かったかも
      雑誌の方は新藤妻が結構出ていて
      その妻に重点が置かれていた気がするのです
      読み物としてはいいけど音源になったら女性がたくさん出るから
      ま〜。女性が出ていてもいいんだけど
      何となく「初エッチ編」は新藤×忍が主軸というよりは
      奥さんの人柄や奥深さや哀愁?みたいのが全面に出ていて
      どちらかというとエッチがおまけの印象だったな〜・・・・



      で、CDの方ですが絡みがなくっても面白かったです
      脇役の方も皆上手いし、話もまとまってるし
      忍は健気だし

      でも、不思議と余り萌なかった

      どうやら私にとっては新藤&忍はハナちゃんあってこそのだったのかも
      新藤さんのヤクザとしてのカッコよさ
      クールなようでいて忍にメロメロなところ
      ハナちゃんに接するパパっぷり
      この3つの変化がどれも素敵だったんだけど
      今回はヤクザとしてのかっこよさしかなかった
      (まだ忍に惚れてないし、パパにもなってないし)
      抑えてるんだけど本当は忍が大事で仕方ない!!ていう
      秘めた情熱?愛情が新藤は良かったんですが・・・・
      今回は出会い編なのでまだ新藤はそんなに忍に思い入れなさそう
      気に入って気になってはいる感じなんですが
      愛情がまだ深まってはないので


      本編の忍の健気さ一途さ危あやうさ居た堪れなさ弱さ強さ
      全てを含んだアンバンスな魅力は
      新藤妻が亡くなってハナちゃんが残って
      姐さんがいないのに自分は愛人としていて
      新藤さんを好きなんだけどそれは自分を守るための独りよがりで
      本当の意味での愛情を知らずにいた
      それが「あの人のためなら死ねる」から「あの人と生きたい」に変わるまで
      そういう微妙さが忍の魅力だったんだなぁっと思いました
      そのアンバランスさを鈴木達さんが絶妙なバランスで演じていたから
      あれほど良かったんだろうな〜ってなったのです

      今回の忍もアンバランスさはあるんですが
      本編に比べると若さ故の繊細さと鋭さと不器用さがある魅力で
      本編の忍とは微妙に違うんですよね


      私は本編のあのお互いに愛し合ってるのに
      すれ違ってるもどかしさが好きだったのかもなぁ

      そして、小説読んで思ったのは
      cdでは忍がすっごい好きだったけど
      小説だと瀬名のが好きかもしれない・・・・という
      本来、私はツン女王美人受けが好きなので・・・

      私は鈴木達さんがやる忍が好きだったんだなっと自覚しました


      面白かったんだけど、どちらかというと
      本編後のハナちゃん交えた擬似家族
      ほんわかイチャイチャ話が読みたい&聞きたかった〜





      男を騙して生活していた忍
      執着強い男に捕まり薬漬けにされているところを
      男の家に来た新藤に「殺してくれ」と頼んだのに
      更生施設に入れられ結果的に助けられてしまいます
      そのまま、新堂の舎弟になろうとしますが断られ
      愛人なら空いているということで愛人になります
      でも、進藤は一度も手を出そうとせず、組の仕事も手伝わそうとしません
      そんな時に、裁判で組みに有利な発言をさせたい大学教授が
      女装した若い男が好きなので忍に教授を篭絡させようとしますが・・・・


      私はてっきり新藤さん忍に一目惚れだと思ってたけど
      中々、瀬名で受けた傷は深かったようですね〜
      忍が本編で言うとおり、健気な粘り勝ちだったんだなぁっと思いました
      忍はもう結構早くから進藤さんにラブでした


      色っぽいシーンはほぼないんですが・・・・・
      初っ端の薬中の忍のが「あ〜〜ぁ〜〜」てほおけてる声
      鈴木達さんが・・・・エロい
      意識が朦朧としながら快楽と虚脱の間をさまよう感じで
      意識がぶっ飛んでるだけなんですが・・・・
      気持ちよさそうなことには変わりがないわけでして
      力強く「アンアン」してるよりもエロかった!!

      思わず最初の3分ぐらいを最初何回が聞き返しちゃいました
      イヤハヤ、絡みはないけどこの初っ端の声がエロいので満足できますよ


      教授を拐かすための純情少年ブリっ子声が必聴
      心の声との落差が面白かったです

      そしてそのまま事件に巻き込まれてしまい
      窮地を脱するために女だと思ってる男に対してのお口ご奉仕
      短いですが、何か面白かったです
      愁傷な様子からの忍のキレっぷりとか



      BL的に言うと物足りないんですが
      番外編としてや大川さんのかっこよさ
      鈴木達さんの変化っぷりなど色々楽しかったです

      ダブルバインドの続き出ないかな〜
      小説の続きが出て、またCD化してほしい!
      興津さんのツン美人瀬名もまた聞きたいし
      森川さんとのテンポ良い会話も聞きたぁい
      ハナちゃん交えたwパパも聞きたいぃぃぃ



      本編好きにはオススメです

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:47
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM