<< こんなん最近読みました | main | かっこよくて強い受けが好き >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【よろめき番長】依田沙江美

    0
      三浦祥朗×鈴木千尋

      久々の鈴木千さん
      もうこれだけで購入決定でした

      原作読んで、始めて読んだ作家さんだけど面白くって
      さらに楽しみになった

      鈴木千さんはもう本当に若ペーだった
      「いい声」「柔らかい声という設定なんだけど
      想像通りでした


      三浦さん・・・・
      【嘘と誤解は恋のせい】爽やかネットリ好きでした
      男前さと色気があっていいな〜っと

      で、今回良い意味で期待してたんですが

      私の勝手な感想ですがイメージと違った


      結構な高音系で可愛いんです
      でも、もうちょっと低め声で良かったのになぁっと
      高音すぎて高校生ぐらいに聞こえる
      一応、社会人なんだからもうちょっと落ち着いていて良かったかも
      これが高校〜大学とかの学生役だったら良かったんだけど・・・・
      私が可愛い攻めが得意じゃないのもあるんだけど違和感がずっとあった

      そして、三浦さん独特の語尾が上がる癖
      「それでぇ↑」みたいなのが高音声でやられると癖がありすぎる
      低音の時は個性だなって思えたんだけど
      一度気になると耳についてダメだった
      低音ねっとりの時は全然気にならなくって
      他のレビュープログ読んで「そう言えば癖あるかな?」て感じだったので
      好みなのかもしれません

      キャラが大雑把サッパリ好青年なんですが
      高音&癖のある話し方によってちょっとチャラく聞こえる・・・・
      どちらかというと、ややモッサリ?してそうな攻めなのに
      陽気で元気で華やか可愛い風なっていて
      原作が好きで読み込んじゃっていたので違和感が・・・・
      原作読んでなければコレはコレで可愛いワンコ攻めなんです
      あと、こういうキャラで想像した人もいそう

      でも、私の中では違ったの〜!!


      正直、前野さんのちょっと無骨感のある声のが攻めイメージにあっていた
      そして同時期に私の年下鉄板羽多野攻めcdを聞いたんだけど
      聞きあきるほどだけどやっぱり
      「羽多野さんの年下攻めいいわ〜てなってしまった
      この安定感というのは流石だなぁ


      鈴木千さんがイメージピッタリなんだけど
      三浦さんが演技下手じゃないけどず〜っと違和感があって
      癖と高音とキャラにあってないのが気になって集中できない

      ほんわり癒やし話で【やさしいエピローグ】みたいな
      今年のリピCDになる予定だったのに
      30分しない内に止めて聞くのやめてしまった
      三浦さんが気になって癒されない
      お話が起承転結あるものじゃないから流し聞きで癒されたかったので
      ちょっと私は期待したものと違いました


      ただ、私はそこが気になって気になって仕方なかったけど
      そういうのが気にならなければ
      可愛い声で年下っぽいし
      囁き声はフェロモン溢れていて
      これはこれで良いのかもしれません

      演出自体は私は結構好きでした
      音楽とかが場面場面にあっていた
      ちょっとしたSEとかも居場所がわかるようになっていて
      原作の雰囲気をちゃんとまとっていました
      脚本も上手い具合にキレイに縮められていました
      適度に色んなところをカットされていたけど、話や雰囲気は伝わる
      原作好きとしては全部聞きたいけど調度良かった


      潔癖性で接触恐怖症ぎみ
      コミュニケーション能力が異様に低く
      マイナス思考が激しいために普通と感覚が違い
      まるで世俗に染まらない妖精のような鈴木千さん
      間接的に三浦さんを交通事故に合わせてしまいます
      鈴木千さんの不思議ちゃん具合に惹かれる三浦さん


      こんな湿布くせぇ体じゃ会いに行けねぇ〜よ
      だっせぇな〜俺・・・・
      三浦さんのこのモノローグが想像以上にチャラかったです
      悪くないんだけど、やっぱり違う〜!!というのが
      私は決定的になる言い方だった


      タレが服にとばないように・・・
      おいしい
      麺と具をバランスよく食べきるように・・・
      おいしい

      冷やし中華を人の話も聞かずに
      モクモクと食べる若ペーが音で聞いたらすごく面白かった
      この空気が読めない所がすごい可愛く感じてしまった


      鈴木千さんを口説きにかかる三浦さん
      「嘘が付けない人だね・・・
       そういう素直なところが好きなんだけど」

      部屋に上がり込んだ後の、別れ際
      「俺を部屋にあげても大丈夫だったでしょ?
       褒めてよ〜

      何故か・・・ここら辺の口説きモードになると三浦さんエロかった
      フェロモンでていた
      ねっちょりしていました原作では「褒めてよ」て軽い呟きなのが
      「ほぉめぇてぇよ〜↑」という甘えかかるような囁きになっていたのですよ
      吉川(攻め)はこんなエロい子じゃないよー
      これはこれで恋愛色強くっていいんですが、やっぱり原作イメージと違う〜と
      色んな意味でジタバタしたくなりました


      鈴木千さんの友達の前野さんと会う三浦さん
      前野さんは鈴木千さんと何かあるようで聞いてみると・・・・
      「押し倒しちゃえよと昔関係があったと匂わされながら
      ハッパをかけられます

      この時スッパーと煙草吸う前野さんがかっこよかった
      前野さんかっこよくなってた!!
      聞くたんびに前野さん演技上手くなってるぅぅ
      メインの作品聞くの楽しみだぁ

      その後、前野さんと別れて鈴木千さんと一緒に帰る三浦さん
      三浦さんの方向音痴が露呈します
      オドオド顔色見る三浦さんのしょんぼり加減と
      慰める優しい癒やし声の鈴木千のやりとりが可愛かった
      漫画よりさらに若ペーがお兄さんぽいの
      こういう包み込むような綺麗な癒やし系の鈴木千さんてやっぱりいい
      ここのやりとりはほのぼのしていて好きでした


      家に上がり込んで、襲っちゃう三浦さん
      三浦さんは前野さんに言われて
      色んな人と関係している・・・と思ってちょっと強引です
      パニックに陥って深呼吸する鈴木千さんが
      想像以上にゼーゼーしててビックリした
      ほんわりした話でシリアスじゃないのにここだけガッツリリアルすぎた
      こういう鈴木千さんのヤリきってくれる演技結構好きだったりします
      (可愛い系の役とか受けだと演技まで大人しくなる方もいるので
       それはそれですごくキャラにあっていていいのですが
       受けであっても男なのでちょっと荒々しい方が私は好きなのです)


      「ちゃんとやってぇ↑」
      絡みの時の一言
      ヒ〜!!三浦さんやっぱりフェロモン出てるよ〜
      甘えかかるようにエロかった
      語尾がエロいんですよね〜
      三浦さんはやっぱり爽やか単純男より爽やかなんだけどねっちょり系のが合う
      その方が良さが出るのに!!て私は思っちゃいました
      そして、鈴木千さんは相変わらず喘ぎが色っぽいですね
      可愛いですし
      短いんですが久々の鈴木千さんの可愛さを満喫できました
      やっぱり、鈴木千さんいいよぉ


      何となく付き合い始める二人
      でも、三浦さんは若ペーは誰とでも寝ると誤解したまま
      「こんなの恋愛じゃない」と言ってしまいます

      「触らないでください!!」
      ちゃんと鈴木千さんは付き合ってるつもりだったので
      ショックでここで始めて怒鳴ります
      今までぽんやりローテンションの鈴木千さんだったのに
      この時だけ大きな声だしてるのが新鮮
      ギャップがあってとっても良かったです
      絵で見ても今までの対応との変化があるんですが
      ゆっくりトーンだったのがここだけちょっと早口になっていて
      音で聞いても今までの若ペーと違う感じが出ていました


      追いかけてまた交通事故に合う三浦さんを
      献身的?に介護する鈴木千さん

      事故にあってアワワワワしているのが本当に若ペーだった

      鈴木千さんはすっごく若ペーだった

      洗濯したり着替えさせたり優しくお世話する鈴木千さんはイイ
      できれば、前の日掃除したのに次の日も掃除したり
      頭撫でた後に(お風呂入ってないから)手をこっそり拭いてたり
      布団をお掃除コロコロしながら攻め自身もコロコロしたり
      何日もお粥の日々が続いての粗食っぷりだったり
      若ペーの変人っぷり露呈がもうちょっと聞きたかったかな〜

      お風呂入れてあげて幸せそうでご満悦の
      「吉川が綺麗になった
      が入っていたのは良かった
      お風呂入った人より幸せそうなんですよ〜

      二回目の絡みは最初より更に短いです・・・・
      三浦さんが高音で喘いでいるので受×受ぽい
      短いことよりもそこのが私は気になったよ〜
      三浦さんはフェロモンでてるし、鈴木千さんは色っぽいのに
      何だかちょっと勿体ない気がしました
      低音の三浦さんで聞きたかったよ


      好きな人に付いてるゴミを台拭きでぬぐう若ペー
      好きな人を「汚い」と思っているのに触りたくなるから困るとか
      そして、そんな若ペーに除菌ティッシュをあげる攻め様
      「俺を触った後に拭けばいいよ」って
      何だか、これで関係がなりたつのがスゴイな〜っと
      男女ものだったら、自分(女)を「汚い」と思ってる男とは付き合えないと思う
      どんなサッパリした女でも男から「触りたくない」てなったら無理じゃないかなぁ
      BLというファンタジー設定なのと攻めの吉川が大雑把で気にしない男だから
      これでいいんだなぁって思いました



      フリートークは作品についてほのぼの語ってます
      二人は同期のようです
      和んだ雰囲気がよかったです
      三浦さんはこの役のトーンよりも地声のがやっぱりイイよ〜
      役に合わなくてもいいから地声で聞きたかった・・・


      ど〜しても違和感があった三浦さんですが3回ぐらい聞くと慣れました
      三浦さん自体が嫌いなわけじゃなく、今回は私のイメージと合わない
      CDはCDだと思うと可愛いくて明るい年下フェロモン君で良いのかなぁ

      でも、やっぱり今年のリピcd【やさしいエピローグ】みたいな
      流し聞き用には三浦さんのトーンが気になって癒されないのです
      演出やBGMや脚本とかは【やさしいエピローグ】よりは好きなんだけど



      全体的に程よくまとまったほんわかcdで出来自体は悪くないです
      私のように気にならなければ結構良いcdだと思います

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:45
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM