<< 成宮ゆりさん | main | 【傲慢で残酷な純情】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    高塔望生

    0
      成宮ゆりさんと共に一気買いしたBL小説家さんです


      まず展開がすっごく毎回王道!

      借金・会社の倒産など何かしら困っている受けちゃん
      資金才能権力などがある攻め様に助けるために出した条件は
      受けちゃんの体を差し出すこと・・・・


      攻め受けの背景など悩みなどが違ってもほぼ毎回この設定
      なのでこの設定が苦手だと面白くないのかもしれませんが・・・・
      私はアラブ・兄弟とかBLで、大体決まった展開になる設定が好き 
      王道の良さがあるというか
      決まった展開だからこそ、作者の特徴が出る気がします

      夜光花さん 榎田尤利さん 木原音瀬さん 英田サキさんなどなど
      毎回、BL王道とは違う設定・展開を読ませてくれるBL作家さんが好きだと
      「いつも設定が決まっている王道展開」は面白みがないのかもしれませんが
      私がなんでBL王道が好きなのかなぁ?と思ったときに
      BL関係ない一般小説(ラノベのぞく)では変わった話が好きなんですよ!


      途中まで謎解きミステリーだと思っていたら探偵が殺されて
      本の3分の一ぐらいが純文学並みの重くて暗い殺人者の人生振り返っていたり
      主人公3人が最後で全員死んでしまって、黒幕?みたいのが最後のモノローグ担当だったり
      普通の生活していた姉がSでもないのにイキナリ職業・女王様になってしまったり
      フラれた女の子を「ただ観察してるだけなんだよ〜」と言いながら明るくストーカーしてたり
      引きこもりのニートが天然記念物のトキを盗み出すことに真骨注いでいたり

      「これ、変な話っぽいなぁ」と思うと読みたくなってしまう
      (そして、面白いと他の作品は普通の話ぽくっても一気に作家買いしてしまう)
      一般小説の枠組みや縛りのない自由でありながら小説的にある一定のラインを越え
      緻密に計算された作品や豊かな表現力ある作品を読んでいると
      BL小説にはあまりそういうのを求めなくなってしまう
      ちょっと前は求めていたんですが、色々読んでいて
      そういうのを求めるのは畑違いだな〜と思うようになっていったのです



      BL小説=萌小説でもあるので
      (それだけとは言いませんが)
      縛り=攻め受けがくっつかないといけない&エロなどがあるんですよね
      お話自体を面白くしようとしてたくさん書き込んでいても
      それが萌に繋がってないと面白くない
      だから極端にミステリーに特化して小説として完成していても
      メイン二人のBLがないがしろだと面白くなくなってしまう
      アクションシーンなどが上手くかけていても
      BLでは絡みや甘いシーンが上手いほうが楽しい

      特別上手な文章じゃなくっても、BL=萌が書けていれば
      意外とどうにでもなってしまうんですよね〜


      なので、まぁ・・・・
      木原さん夜光さん榎田さん沙野さんなど楽しく読みますが
      「もう既に展開がわかっているBL王道」のBLならではの話が私は好きなのです
      だって、使い古されてるしいっぱいあるけど

      その王道展開はBLでしか読めない


      ミステリーやファンタジーや心理戦やシリアスや痛いのはBL小説じゃない本で
      BLより凝った内容や突き詰めた話や繊細な表現文章で読める
      でもBL展開の小説ってBL以外では当たり前だけど読めないのです
      BL小説しか読まない人からしたら
      「またこの展開?何か捻りはないの〜?」てなるんでしょうが・・・・
      一時は年150冊ぐらいミステリー文学エンタメ古い作品ルポエッセイ恋愛などなど
      この年まで読み漁っていた私としては
      反対に王道が新鮮だったりします



      そんな中、この高塔さんが私のお気に入りになった理由は
      比較的余り興味がないBL小説内での仕事描写が面白い
      BLで仕事の話するくらいなら、私は恋愛の話をしてほしいタイプ
      ミステリーや事件はまだ物語を動かすものとして楽しく読めるんですが
      仕事話はそんなに好きじゃない・・・・
      好きなのもあるんですが、近年の崎谷作品でほとほと仕事BLが得意じゃなくなった

      高塔さんの仕事BL話は恋愛の方もそうですが王道です
      もう分かりきっているんですが、細かいところにちゃんと整合性があり
      無理がなく、問題→解決までがスッキリしてるんですよね
      「何なの!?いつの間に解決してるの?」
      「それで本当にいいの???」
      「何だか色々突然だな〜」  みたいのがない


      いきなり何でも出来る攻め様が現れてサクッと問題解決!とかではない
      万能攻め様さんですが、それなりに努力して苦悩してますし
      万能ではあるけど「潰れかけた会社」とかがトップが変わったからと言って
      すぐに持ち直したりしない、軌道に乗り始めるまでに2〜3年はかかっている
      そして、小説内で軌道に乗せるためにどんな開発・発見・変更・改革が必要か?という
      細かいプランが書かれています
      こう書くと退屈仕事話ぽいんですが
      そこに受け自身の人間的成長と二人の関係が絡められていて
      会社を立て直すために二人はぶつかり和解し同じ目標に進んでいきます


      受けの仕事の上での成長もBLによくある
      行き成り会社が持ち直すようなスゴイ発見・開発をする という
      ありえない展開ではなく
      何度もレポートを出し却下されたり、プレゼンを失敗したり
      その中で自分のどこがダメなのか見直したり
      今までは見過ごしていた子会社に足を伸ばして現場の声を聴いたり
      攻め様の仕事っぷりを見て、自分に足りない知識を勉強しなおしたり
      コツコツ地道に仕事を見直して、その結果何かしらの活路をみいだしてるのです

      攻め様の万能力に頼るだけでなく
      受けが自力で少しずつ道を開いていく様子が
      BLにあるシンデレラストーリーやマイフェアレディーじゃなく
      主人公成長モノとして面白いんだと思います


      私は何度も書いちゃってますが
      「誰かに頼って守られてる受け」が苦手
      女の子ならそれもいいんだろうけど、男なんだから多少は自力で頑張って欲しい
      BL受けちゃんは頑張ってるけど報われない→攻め様が助けてくれる
      こういう王道はもちろん王道好きとして堪らないんですが・・・・
      「頑張ってる」としながら頑張りや女々しかったり、要領悪いと
      「それが報われないのはお前が悪いんじゃないか?」となるので
      正しい方向に頑張って成長している受けは
      受けでありながらしなやかに強くて好きなんですよね〜



      また、もうひとつの高塔作品好き要素は小道具です
      香水お酒料理街並みなどの五感に訴える描写が上手い!
      香水でもちゃんとキャラにあった使い方をしています
      メジャーな香水を使っていても「ただ何となくこの香水を知っているから使った」ではなく
      作者自身色んな香水を知っていてその中からキャラにピッタリなのを選んだ感じがする
      別に、実際に香水の知識がなくてもいいんですよ
      ただ、マレに「私こんなのも知っているのよ!」という作家の自我が見えるのは萎える
      そうじゃなくって、キャラ用にちゃんと考えてるのが伝わってくる
      料理でもそうです
      たま〜にBL関係なく料理の描写は鼻に付くのがあります
      「私、こんなのも作れるんですよ!」とか
      多分実際に作ったことないような料理本移した感じがする
      「こんなスゴイ料理も知ってるんですよ」みたいな
      どうして、そういう感じがするのかわかりませんが
      たま〜にそういう作家の自我?押しつけ感がある場合がある
      料理描写自体が悪いワケじゃないんですよね
      すっごくサラっとなんのこだわりなく書いてる方や上手にまとめあげてる方や
      とてもリアルに美味しそうに丁寧に書いてる方もいるので
      そんな中高塔さんは押しつけがましくなく、それでいてちゃんと美味しそう
      料理を普段しない攻めが鮭缶で作る鍋とか
      大雑把で簡単な男の料理で見た目良くないだろうにおいしそうだったり
      これが料理しないはずのキャラなのに変に上手なもの作っていたり
      在り来たりの適当な鍋じゃないのが
      キャラを良く活かしていたと思います
      料理一つにしてもキャラの性格が出ているのが面白い
      反対に料理上手なキャラが得意がって簡単オリジナルソース作っていたり
      酒のつまみに簡単だけどおいしそうな短時間で作っていたりします
      「男だからここまで丁寧にしないだろう?」
      「ササッと作るツマミにしてはこの料理時間かかりそう」
      「こんなモノ普段作るか?」という細かいモヤモヤ感がないのがいいです
      しかも、実際ちょっと美味しそうで作ってみたくなるんですよね〜


      お酒の薀蓄や街並みの書き方も素敵です
      作者が自己満足で書いてるのではなく
      「この素敵な感じが伝えたい」という温かさ?と
      ちゃんとキャラにそった小道具を揃えているのが魅力でした
      そのちょっと丁寧に表現される物事によって
      キャラがイキイキしている気がします




      すべての出版してある作品を完読しましたので
      その中から私が特に好きだったらお薦め作品

      【モード・アムール】
      服飾会社立て直し物語
      受けは一度攻めに抱かれていて好意を持っていますが
      会社を立て直す条件に体を要求されます

      コレクション開催まじかに必要な布が確保できなくなり
      在庫があり今まで交流がある会社の和紙を布かわりに使うことにします

      ここの受けの決断が個人的に好きです
      「和紙にしよう」というアイディア先行ではなく
      会社の付き合いである程度無理が聞いて、在庫があって確保しやすい・・・という
      仕事の上でできそうな方を選んでいるのがリアルでした
      BLだと攻め様の謎のツテで解決しそうなのに、そうならなかったのもイイ


      【双子座は背徳の巡り逢い】
      ちょっとミステリー調
      双子の兄が亡くなり、彼の面影を求めて双子の主人公がバーに行きます
      途中で気づきましたが、読者と主人公へのミスリードの仕方がスマート
      何も考えずに読んでいれば騙されるぐらい滑らかにリードされます
      BLミステリーの場合「そこまでやったらやりすぎだよ」という謎解きや
      「それはちょっと安直じゃないの?」の面白みがないミステリーとも呼べないもの
      「何なんだろう・・・・これ」みたいな謎自体放棄したような酷いものもあるので
      キレイに後味スッキリまとまっているのが良かった


      【愛しうる限り愛せ】
      珍しく年下×年上
      比較的この作家さんは年上受けが多いい印象
      受けを脅して体の関係を迫る攻め様が多いいし
      そのためには仕事で成功してたり金持ちじゃないといけないので
      年上攻めも妥当
      こちらは年下攻めですが万能攻めなのは変わりません
      ただ、珍しく攻めモノローグなのと年下なのが相まって
      とっても受けちゃん好き好き具合が強く良いです
      さらに、後日談の海外旅行編にて受自身も乗り越えたトラウマを掘り起こし
      もう一度トラウマを乗り越えさせる攻めの懐の深さがいい

      旅行の様子もただ華やかな海外の一面を出すBLドリーム海外じゃなくって
      実際に高塔さんも行って楽しんだんじゃないかな?と思わせる
      温かな土臭さとリアルぽさが良かったです


      【夜が明ける前に】
      会社立て直しモノ
      旧体制と新体制の間に板挟みになる主人公がリアル
      普通社長攻めがイジメ?られている受けを助けそうなものだが
      普通に考えると仕事をしていて、そのグループ同士の派閥争い的なものに
      大人が大人に口出すってないですよね・・・・・
      その人個人が憎いんじゃなくって、仕事上で憎いわけですし
      そういう会社の中の自分の居場所や仕事のやりにくさ大変さの書き方が現実的
      ちょっと違うんだけど「あ〜わかるわかる」と仕事してる人は思うところあるんじゃないかなぁ

      攻めに頼るのではなくて、これまた自分で物事を解決していく受けがイイ
      信頼している攻め様も素敵です


      でも、一番好きなのは最初に読んだ
      【ムスクの甘い誘惑】だったりします




      ちゃんとした仕事・丁寧な人物背景・おしゃれな小道具・無理のない心理描写
      王道を書く上でとてもしっかりした土台があって改めて好きです


      最後にひとつだけ難点があるなら
      エロがあまり色っぽくない・・・・・
      しっかり、それなりに枚数多く、何度も書かれているんですが
      正直私、絡み部分飛ばし読んだりしました
      それより攻め受けの関係や心の寄せ方や会社立て直しの方が気になってしまって
      BLの楽しみの一つである絡み以外が面白い
      また、絡み自体よりも、しっとりしたやりとりや苦悩する受けやら
      強引なようでいて甘い攻めさまやらのが色っぽかったりします
      高塔さんなら丸っきり絡みをカットされていてもいいぐらい
      絡み以外のところが面白かったりします

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM