<< 【悪人を泣かせる方法】雨隠ギド | main | 最近買ったBLCD >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【家路】五百香ノエル

    0
       一時、兄弟BL小説を漁りまくってました
      好きな作家とかなしに「兄弟BL」となっていれば購入
      表紙がイマイチでも、あまり読んだことない作家でも購入
      月に兄弟BL小説だけ5〜10冊読んでました
      BL漫画の兄弟ものはそんなに惹かれないんですよね〜
      漫画だと絵でその葛藤やシリアスさと表すんですが
      私は文でドロドロした苦悩や執着を読みたいようなんです
      兄弟というカテゴリーというよりは
      兄弟BLって大概後ろぐらい葛藤と罪悪感とありえない執着が出ているので
      その深層心理が読みたいようです


      小説での兄弟モノがイイんです
      元々、BL関係ない読書家だったんですが
      結構、好きな小説は偏っていましてドロドロしているというか
      変わった切り口?やテーマを扱っているのが好き

      すっごく小説として面白くて上手いし感動しちゃうんだけど
      M本輝 三浦A子 浅田J郎 宮Bみゆき 島田S司 東野K吾とかは
      それほど〜・・・・好きじゃないというか
      感動して泣いてしまったり夢中に読んでしまうのに
      読み終わった後にどんなに余韻があって上手いラストであったとしても
      読み返したい!とかいつまでも忘れられない!ということが余りない・・・・
      (作品にもよりますが)
      あと、何というか懐古系とは違う、昭和ぽさ?があるんですよね〜
      それが物語に重さをいい具合に出しているんですが
      私はその重さが「重い」
      重めの話がますます重くなるというか苦手なのです
      ただ、読みにくいことはなく文体自体はスルスルよめるし表現は良かったりするので
      暇だと安心して手を出せる作家さんなんですけどね〜



      で、こちらは意識して買ったわけじゃないんですが

      がっつり兄弟BLでした

      兄×弟
      30冊以上は兄弟BL読んだと思うんですが・・・・
      そのどれとも違っていました

      正直言いまして萌度は私は低かったです
      ただ、萌関係なく面白かったし私の求めるモノは入っていました

      受けの弟君が小さくて細くて可愛い系なんです!!
      高一で154cmって・・・・
      美少年ではないって言うのはいいんだけど〜
      ちゃんとしている受けが好きな私としては、それだけで萌ない

      他弟受けと違うのはこの受け君
      ビッチ小悪魔なんですよ〜!!!
      美少年ではないんだけど、独特のそういう趣味の男を惹きつける魅力があって
      奔放に体だけの関係の男が数人いて
      その中には夢中で本気に弟ちゃんと付き合いたい!と思っている人もいるのに
      弟君自体は兄一筋で「あなたとは体だけだから〜」とサッパリしている
      私が読んできたビッチ受けって、結局色んな男としても
      「お前みたいは男、俺が本気になるはずないだろっ」て思われていて
      受け自身は本気なのにただただ遊ばれていたり
      何かしらのトラウマがあって「自分はビッチだから〜」て自虐入っていたりするものなんですが
      この弟受け君の場合は男とエッチするのを楽しんでそれを悪いと思ってないし
      遊び相手に弟君が本気になることはなく、相手の方が追いすがってるんですよ

      弟君は兄が好きで捨て身でぶつかって愛を叫んでいるのも印象的
      兄が付き合ってる男に嫉妬する様子とかもスゴイ
      ただ、何というか兄への愛情の暴走や嫉妬の仕方がなんですよね
      話やキャラとしては面白いけど、やっぱりそこらで私は萌ない

      そして、兄はなんでも出来る王子様で万能!
      途中まで兄が何を考えているのかわからないで弟君も読者も悶々としますが
      蓋を開ければ兄も弟の小悪魔ビッチな不思議な魅力に惑わされていました
      兄弟BLって結構、攻めのが強引に禁忌の関係に引きずる印象ですが
      今回は弟が自分が意図してない魅力と愛情の押しつけで
      兄が白旗を上げて陥落したイメージで面白かったです
      攻め兄の方が先に暴走したくせに、常識的なのが面白かったです
      兄受けだったら私はもっと好きだったな〜

      やっぱり兄弟BLは葛藤があってこそだと思うので
      弟は男にモテモテなのに兄への愛を得られずに暴走しまくり
      兄は弟への愛情と常識の間で葛藤しまくっています
      そこに、弟と体だけの関係の先輩やら先生やら
      兄の付き合っていた男の子やら
      (これも兄が弟を忘れるために遊ばれた可哀想な男の子です)
      絡んできますが気持ち的にはず〜っと兄⇔弟がガッツリしています


      弟とに堕とされていく兄なんですが
      そこがそんなにブラックに書かれていなくて
      ただただ弟は無邪気なまでに純粋に兄だけが好き・・・というのが
      反対に背徳的でねっとりジュネぽかったです

      文章的には「お?」と思う、ヒカルものがありながら
      目線と語る人がコロコロコロコロ変わるのが気になりました
      弟・弟と関係している先生・弟と関係している先輩・兄・兄が付き合っていた男
      と、あまりにも多くの人に語りが移りすぎていて
      しかもそれが区切りごとではなくって、お話の都合でコロコロかわるんですよね〜
      せめて、兄。弟。先生との3人でのバトンで読んでみたかったかも
      色んな人に語らせることによって色んな目線で読めてその時々の気持ちがわかるの
      親切ではあるんですが、BLだからそれでいいんですが
      そんなにすべての手駒?が読めなくてもいいのにな〜っと
      ちょっと想像できる余地や、主人公から見た相手の心情がわかる描写とか
      そういう間接的な気持ちの読ませ方があってもいいのにな〜と思いました



      その7年後の二人も入っています
      ショタ受けが好きじゃないので
      20歳になってちょっと大人になった受ちゃんが個人的には良かった
      相変わらず小悪魔なまま!!
      弟は兄にベタ惚れしているんですが
      その天性の小悪魔気質に悶々していた兄は
      「弟を自分だけのものにしたい!!」と結婚を決意します

      兄・弟共に結婚しなかったら家族が動いて
      弟に結婚を迫ったり、自分から離れていくかもしれない!と血迷った兄は
      子供を産んだ後に離婚するだけの女性と結婚を決意するんですよ〜
      その女性のことを「子供を産むためには女が必要」で
      「米を炊くためには炊飯器が必要だろ?」と女性を炊飯器に例えているんです〜


      で、こういう場合って兄の都合で結婚する女が
      実は兄が好きで弟との仲を引き裂こうとするものなんですが・・・・

      あとは、その女性はレズだったりとか〜

      そういう風にしなかったのが私は好きでした
      ジュネぽかったわぁ
      この兄と結婚する女性も自分の兄と関係していて近親〇姦している者として
      主人公達を応援して結婚を承諾しているんですよね
      そのドロドロ!!
      この女がガッツリ自分の兄への思いを語りまくるところがあるんですが
      BLでそれやると変な感じになりがちなんですが
      そのドロドロ具合がほの暗くて良かったわ〜
      長野まゆみ「幕間」みたいに女の方が執着が強い感じがドロ〜だった
      女って怖いなぁ・・・というのが出ている
      村上Y佳「星々の舟」 中山K穂「浮舟」 とかも
      女は情念たっぷりだったんですが

      個人的にこの主人公兄弟カプよりも
      ノーマル男女のはずの兄妹のが業が深い気がしましたね〜
      それはBLっていうファンタジーでくくれないのと
      意外とここの書き方が↑にある、普通に文学賞取ってる作家さんの書く
      近親相〇達と背徳感と逃げられない感と罪悪感と深い愛情が似ているからかなぁ
      BLなのにここら辺を丁寧にガッツリ不気味に怪しく書いてくれたのが良かった
      サラっとやらないでね〜っとり書ききってくれていたのが私は好きでした
      なんというか、ノエル先生はジュネ世代の作家さんなんですかね?
      何となくBL小説にある女性の書き方と違う気がしまし
      ジュネがイイとは一概に思わないんですがジュネを経た作家さんって
      女性を悪くも良くもガッツリ書ききりますよね
      それもBLとして都合のイイ女の扱いながら、その都合の良い扱いをされる女の心理を
      BL的な女性の考えじゃなくって、普通の小説にいる女性みたいな思考をしているんですよね
      その時に「可愛くて優しくて理解ある女」でも「二人の仲を邪魔する女」でもなくって
      女の嫌なドロドロしたところと男にはない包容力の女の持つイイところも悪いところも
      ジュネ系作家さんはBL内でも書いてる気がします
      ま〜・・・そんなに沢山読んでるわけじゃないので私が勝手に思ってるんですが


      業の深い女が同じ業を持つ男に協力するだけ・・・・という図式です
      私的には最後、この女の兄妹の関係のが心に引っかかって
      主人公弟君と兄のことが意外とどうでも良くなってしまいました


      兄結婚編は小悪魔弟受け君に振り回される学校の先生が傍観者でありながら
      とっても大事な語り手になってるんですが
      この第三者を語りにするのが、最初の兄弟がくっつくまでよりは上手く機能してました
      普通の常識人を語りにすることによって
      兄・弟・兄の結婚相手の三人の異常さが際立って良かったんですよね
      この手法はいいな〜と思いました




      主人公カプ達には萌なかったんですが・・・・
      書下ろしにこの散々弟受け君に翻弄された先生のその後があります
      攻めだったのになんと!!!年下のイケメン相手に受けになってるんですよ〜
      オヤジ受けが好きな人はもっと萌えるんじゃないかなぁ
      私はオヤジ受けあまり好きじゃないんですが・・・・・
      本編で攻めだった人が受けになるのが好きなんですよ〜
      しかも、若い時はイケメンだったのに色々あってくたびれて愛を信じられない
      でも、愛されたい!ともがいてる人がメロメロに愛されてる様子が堪らんかった
      正直、この先生編がすごく萌たよ〜!!!
      先生編がガッツリ長く読んでみたかったな〜
      本は読んだらすぐ手放すつもりでしたが、先生編が何度も読み返したいので
      手放せなくなりました・・・・



      ただ、ちょっと残念なのが挿絵が・・・・
      表紙の雰囲気はすごくイイんです
      カラーのちょっと不思議な不安定さがアンニュイで色っぽいんですが
      白黒になると「よくあるBL絵」で兄弟共に怪しさや色気がない
      絵が下手とかじゃなくって、このお話には合わかなったような・・・・
      もうちょっと可愛らしい話のが合う絵だと思いました
      あと、メガネかけているはずのキャラがかけてなかったり
      私のイメージとは若干違いました



      題名が素敵でした
      元々「何かイイ題の付け方だな」と思ったんですよね
      最初【運命はすべて、なるようになる】を買おうかと思ったんですが
      あまりに話が重そうで、そういう気分じゃなかったのでこちらにしたのですが
      【運命〜】も題名の句読点の付け方が上手い
      「運命は、すべてなるようになる」「運命はすべてなるように、なる」じゃダメ
      あと漢字の「運命は全て、成るようになる」でも印象が違う
      この文字のバランスに主人公の覚悟が題から感じるんですよね
      平仮名と句読点の付け方がすごくイイな〜と思いました
      この言葉の見た目のバランスって日本語はすごく美しくて好きです


      ちょっと調べたら私ノエル先生は兄弟モノで【太陽と月のカタチ】も読んでいた!
      【太陽〜】は何かが書ききれてない気がするんですが
      こちらはうまい具合に妖しさがまとまっていると思いました

      また読んでみたい作家さんです
      エロ系も書いてるみたいですが、この作家さんはドロドロモノのが面白い気がします
      私はドロドロが好きなだけかな????

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM