<< 最近読んだ面白かったBL漫画 | main | 【家路】五百香ノエル >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【悪人を泣かせる方法】雨隠ギド

    0
      羽多野渉×遊佐浩二

       原作が大好き

      原作感想→【悪人を泣かせる方法】

      前作の【恋する百輪】もよかったよね


      てな感じで、すご〜く発売楽しみにしていました
      遊佐さんのキャラ・鷹尾がすごく好きなんですよ
      キャスト知ってから原作を読んだんですが、キャスト決まってない状態でも
      鷹尾は遊佐さんで!!って

      絶対思った

      それぐらい遊佐さんが本当にピッタリなんですよね〜


      で、攻めは羽多野さん
      日野さんで読んでましたが羽多野×遊佐好きなので嬉しい
      羽多野さんはヘタレで可愛いワンコ攻めが一番好きなので
      ちょっと今回の茅野は可愛い成分が少なくて、中々イイ男な気がしたので
      年下攻めをしても不思議な包容力を発揮する日野さんかなぁ?と


      で、原作好き&キャストも好き&前作のキャラも好きっと
      久々にか〜な〜り〜期待していた作品でした


      ですが・・・・う〜ん
      何かちょっとイマイチなんですよね・・・・
      遊佐さんや羽多野さんや脇役含めてキャストは申し分ないんですが


      羽多野さんは中学の時、公園で傷ついた遊佐さんに会う
      惹かれた羽多野さんは遊佐さんに家庭教師を頼むが
      程なく、母親に無断で頼んでいたことが発覚して遊佐さんは離れていく
      遊佐さんが「お金に執着していること知った羽多野さんは
      大人になり60億の金を貯めて遊佐さんに迫るが・・・・


      この大事な子供時代のBGMはいただけない
      結構な音量でラジオ体操みたいな曲が流れているんですよ
      母親に不信感を抱く思春期の少年
      の公園で傷ついた美少年に会う

      そんな神秘的なシーンなのにま〜ったくそんな雰囲気がありません!!
      ここはもうちょっとしっとりしたBGMでしょうが〜
      何か変に気楽で軽い安穏としたBGMなんですよ

      夢の中のBGMは結構イイ感じなんですが
      ちょっとビヨ〜ンビヨ〜ンとした金属音?が気になってしまいました


      遊佐さんが幼い時に親に捨てられ、自分も弟妹を捨ててしまい
      「だからお前は犬を捨てるな」と言い
      羽多野さんは初めて弱った遊佐さんに触れてドギマギしちゃう


      ここでの少し暗めのピアノBGMは良かったです
      でだしもこの音楽で良かったんじゃないかな〜
      同じ音楽の繰り返しでいいから場面にあったBGMを使って欲しい!!

      ちなみに、この回想の子供の頃のちょっと高め声の遊佐さんが可愛いです
      あとクシャミする演技がまた新鮮でいい〜


      出だしの方からこんな感じでBGMがたびたびイメージを壊すというか
      そのせいで、後半やくっつく過程の二人の気持ちに何か説得力ない
      (全てが悪いわけじゃないんですが・・・・)
      鷹尾(遊佐さん)の性格の悪さ?人を食うような強かさ?で
      お金好きの弁護士というギャップと
      そうなる理由になった過去と子供時代の二人の接点
      それが活かされてない気がしたんですよ〜!!!
      そこら辺がに繋がるのに、そこがダメになっていちゃ面白くないでしょう


      あと、それ以外のところの生活音?とかも余りない
      羽多野さんが女友達と飲んでいる時に後ろの音が
      飲み屋独特の雰囲気?生活音ががまったくないので飲み屋っぽくない
      競馬場でも競馬場らしい音がない
      (原作の騒がしい中での二人のみの静寂みたいなのがないんですよ
      変な場違いなBGMが半分ほどありますし
      ドラマCD独特のその場の雰囲気を音で盛り上げて臨場感を出すというのが
      あまり機能してない


      私がこの漫画好きで読み返しすぎて、楽しみにしすぎただけかもしれないけど
      ちょっと残念すぎました


      良いところは
      鷹尾を遊佐さんにしてくれたありがとう〜!!!

      コレに付きます
      以下、特に好きだった遊佐さんのシーン中心感想↓↓


      「お金・・・好きでしょ?」
      「大好き

      この「大好き」が本当にお金好きそうで想像まんまでした
      原作でも目をキラキラさせて胸の前で手を組んで
      お金大好き具合がわかって好きだった


      押し倒されて60億の通帳見せられてのうっとりした
      「あ・・・ハァが色ぽかった
      流石、遊佐さんだわ〜
      お金が好きでクラクラきちゃってるのがわかる


      我にかえっての
      「私、がおりますので!!」の必死さと
      その後の余裕をとり戻した時の遊佐さんの他人を見下したような
      丁寧な分、距離がある声も鷹尾だった〜
      受けなのに何!?このドSな声は
      私も見下されたい・・・・・・とMじゃない人でも思うことでしょう

       
      部屋を出る時の「ふん・・・て鼻で嗤う声も見下してる感じがいい
      遊佐さんのこの「ふん」て笑い方いいよねぇ
      たった一言なのにイイ意味で意地悪そうなんですよ〜
      その意地悪さが汚い?感じじゃなくって、ちょっと色っぽいというか
      かっこいいというか
      遊佐さん独特の持ち味だと思う



      家に帰っても妻と不仲な遊佐さん
      羽多野さんとの過去を思い出します
      また、ここのBGMが3分クッ〇ングみたいなんですよ
      二人の仲がこれから進展するための大事な回想だし
      攻めちゃんが60億貯めるきっかけになるトラスマ過去だし
      妻とギクシャクして鷹尾はすご〜く落ち込んでいて
      一人でご飯食べて寂しい気持ちでいるのに
      随分、気楽な回想シーンになってるんです



      翌朝、仕事場まで会いに来る羽多野さん

      ここのBGMも幼稚園のお遊戯みたいな木琴?がポンポンするBGMで
      やっぱりシーンに合わないと思うの〜!!!
      二人の微妙な距離感や
      軽い感じでいながらも真剣に告白する羽多野さんに
      気づかれないようにしながらも動揺する遊佐さんとかが感じられない



      妻が自分の友達と浮気一緒にいるのを見て
      思わず深夜に羽多野さんを呼び出す遊佐さん
      そのままホテルに行きます

      ここまでBGMで雰囲気をぶち壊しながら話が進んでいるので
      何か、全然物語に入り込めないんですよね〜
      原作読んでいる私でこうなので、CDのみだと
      「何で鷹尾は簡単にホテル行っちゃうの!?」てなると思う


      あ、でも酔っ払ってる演技の遊佐さんは可愛かった
      ちょっと呂律まわってゆっくり話してます
      個人的にbl受けの酔っぱらいシーンが好きだ
      何か可愛い


      「援交とかしてた?」
      「するわけないだろ〜?」
      この笑いながらバカにしたような言い方がツボった
      笑いながら話す遊佐さんが個人的には好きなようだ・・・
      大笑いじゃなくってちょっと小馬鹿にしような笑いがいい
      【恋する百輪】での兄バレする前の鷹尾とかだからすごく好きだった




      自分の友人と妻の裏切りを見て、傷ついたから
      「慰められたかった?」と聞く羽多野さんに
      「どうでもいいから傷つけてもらいかった」
      ただ単に自暴自棄になり酷いことを酷いことで上書きしようとする鷹尾

      これね・・・・CDで聞くと意味わからん
      (BGMも不思議なピロピロピラピラ〜てRPG魔法系でよくわからん)
      ようするに、慰めを羽多野さんに期待しているなら
      それだけ心を許して甘えていることになるけど
      傷つけられたくて羽多野さんとのエッチに応じるということは
      妻の裏切りの心の傷=酷いこと=男とのエッチ=攻めとのエッチという
      攻め君に対して心を許してないどころか、
      攻め君が自分に愛情を持ってるのを知りながら、その気持ちを
      自分を罰するための「酷いこと」として利用している
      しかも攻め君とのエッチを「酷いこと」として捉えている・・・という

      ちょっと複雑な鷹尾の心理なんですが・・・・・
      ま〜ったくここら辺が伝わらないために鷹尾がどうしたいんだか
      サラっと聞くとよくわからんのじゃないだろうか??


      そんなわけで無理やりしようとしますが上手くいかずに
      遊佐さんは失神してしまい、その時に過去を思いだします
      母に捨てられ父に捨てられ親戚に預けられることになり
      いつか弟妹を迎えにいくつもり、自分は別の親戚の元に行くことして
      弟妹を捨てたことになってしまったのです

      無理やりされて痛そうにしている遊佐さんにちょっとます
      ちゃんと気持ちい時と声が違うのです


      「今日はしないと帰ろうとする羽多野さんを呼び止めます
      「お前となら試してもいいっと言ってるだろ?」
      「ためしてみて・・・案外悪くなかったら
       好きになっちゃうかもしれないぞ?」

      ここいらのBGMはそんなに悪くなかったです
      呼び止めているのに、このちょっと上から目線の言い草と
      遊佐さんのちょっと戸惑ったような逡巡具合のギャップが良かった〜
      この色んな気持ちがこもった言い方が遊佐さん上手い



      初エッチ
      原作よりちょっと長めでした〜!!!
      やっぱり羽多野×遊佐っていい
      遊佐さん色っぽいよ〜


      翌朝のこれ↓妙に好きでした

      「俺は昨日一度死んだ・・・・
       (ガバッ!!と起き上がる音)
       そして産まれ変わったっっ」

      「妙にスッキリしたいい気分だ」
      「なんかちょっと失礼な言い方じゃない?」
      このやりとりがないのがちょっと残念だったかな〜
      ここにてBGMがまたプワ〜プワ〜という謎音楽です


      妻との離婚を決意する遊佐さん
      ですが、妻は自分に興味を持ってもらうためにした嘘で
      浮気はしてなかった・・・・というオチでした
      離婚は保留で別居することにします
      そのまま、ムシャクシャした気分を晴らすために競馬に行きます

      「んん〜?」
      羽多野さんのこの声が可愛かった
      鷹尾に手を握られてテレちゃうところなんだけど
      鷹尾のデレが感じられた





      万馬券当てる羽多野さん
      「これ〜・・・当てちゃった
      「は・・・おお。。。。
       お前は俺の福の神
      「んん〜〜〜!!」
      チュバッッ
      (←キス音)
      「俺と結婚してくれ
      このやり取り好きだった〜
      二人とも可愛い


      事務所でキスしまくる二人
      「今そういう気分で・・・ダメか?」
      「良かった
      ここのチュチュ音と遊佐さんのこの言い方が堪らんの
      めっちゃエロ色っぽいよ〜
      こんな風に言われたら堪らんでしょうよ〜
      何でもよくなっちゃうよねぇ




      浜田弟の恋人の吉野さんところに行く遊佐さん
      吉野さんの兄貴(浜田さん)に対する惚れっ気が可愛い
      ここいらは【恋まで百輪】聞いてると倍楽しいです
      そして、原作で好きだったやりとり↓↓
      「俺としてみる?
       俺どっちでもいいよ?
       ちょっと一回やってみる?」
      「ね・・・小太郎君かわいいし・・
      ね?」

      吉野×遊佐も遊佐×吉野もどっちでもいい
      夢オチでいいから聞いてみたいものです
      怒鳴り込んでくる攻めコンビ羽多野&浜田もいいです
      鷹尾の食えなさが出ていてやっぱり良かった
      私、受け二人がキャイキャイ?してるシーンが好きなのです



      「冗談でも・・ああいうこと言うのやめろよな
      「興奮してきた
      「ああ・・・もう!!」
      ちゅっちゅっちゅ〜〜〜

      攻め君のヤキモチと怒られてるのに興奮しちゃう鷹尾のっぷりが


      元妻の浮気相手のふりをした友人と飲みに行きます
      「俺さぁ 実は
       が好きだったんだよ
      絶っ対っ!!ない!!て思ってたのに
       意外とよかったんだよ〜 」
      この人を食ったような言い方が鷹尾ぽかった〜
      友人君をおちょくってる感じが意地悪そうでいいの
      攻めくんに対しても余裕ありそうに意地悪そうにしてる時の鷹尾が一番好き


      幸せすぎるのが怖くて友人とエッチしようとする遊佐さん
      絶望して家を出ようした羽多野さんは事故にあいます
      駆けつけた遊佐さんは亡くなると思っていたので大泣き

      ここでのBGMや雰囲気良かったです
      羽多野さんの事故は自分のせいだとギャンギャン泣いてる吉野さんが可愛い
      この世に大切な人が一人しかいないのは怖いっと泣く遊佐さん
      抑えたような泣き方と羽多野さんの優しい声がいいですね


      両思いに完全になって〇〇ランドへ
      そこでエッチを恥ずかしがる鷹尾が可愛い!!!
      「いや・・・なんかこう・・・
       恥ずかしい?」
      聞き返し方がいいの〜〜〜
      ガッツリ羽多野さんに襲われてのたまらなそうなキス声がエロい

      これまた絡みが長めです
      甘くていいです〜〜〜




      単行本の書下ろしも全部入れて欲しかったな〜
      後半になるにつれてBGMがましになってきてます
      合うの合わないの半々ぐらいなんですが
      合わないBGMが致命的な合わなさで印象に残ってしまうんですよね

      ブックレットの漫画も可愛かった
      同棲前のショートなんですが、実は浮かれてる鷹尾が可愛い
      弟君が「鷹尾は鈍感だから」と言っていて
      「え?どこが??」とずっと思っていたんですが
      このショートを読んで、浮かれてるのに無自覚な鷹尾の鈍感ぷりがわかりました



      色々不満を書いちゃいましたが、CD化してくれて嬉しかった
      羽多野×遊佐が好きな方
      原作の鷹尾が大好きな方
      遊佐さんが好きな方は気楽に楽しめると思います


      原作者さんが収録レポで「鷹尾がエロかった」を強調してますが
      BL受けにある線の細い美人受けみたいな艶っぽさとは違うんですが
      ちゃんと男をしているのにあくどい感じが確かにエロかったよ〜!!

      最後に
      鷹尾を遊佐さんにしてくれてありがとう〜!!

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:39
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM