<< 【オレンジのココロ−トマレ−】崎谷はるひ | main | 【部活の後輩に迫られています】腰乃 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【近くて遠い】

    0
      川田紳司 ×宮田幸季
      鳥海浩輔×近藤隆


      【ホントのところ】を聞いて川田さんのメインが聴きたくなり
      お気に入りのプログでこちらが紹介されていて
      そこで宮田さんが珍しくショタ声でない!という情報を得て
      鳥海×近藤に惹かれて

      色んな要素が合わさっての購入です

      4人は同級生で友人同士
      話ごとにモノローグ担当が変わって4人全員の視点が入ってます
      ちょっと珍しい作りです
      いつか聞きたい!!と思ってまだ購入にいたってないんですが
      モノローグが話ごとに変わるところとかは
      【男子迷路】がちょっと似ているのかな???

      元々オムニバスが好きだったのでこちらはキャスト的にも
      ずっと購入したい候補に入っていたのですが
      何となくまったりしたのが聞きたい気分だったのでやっと購入しました


      お話は思った以上にどうってことない感じでした
      でも最近聞いたどうってことない話【ホントのところ】【夢のような話】に比べると
      学生青春BL物語として程よくまとまっています


      宮田さんはさほど低音ではありませんでした
      私は福山さんの某皇帝声が好きですし
      武内さんは【3シェイク】が唯一聞けるBLCDだし
      鈴木達さんの低音もカッコイイて思ってる人です
      重低音は苦手なんですが、普段高音の方の低音って
      重々しくなりすぎずに男らしさと意外性があって好きなんですよね〜


      普通にちょっと低めぐらいの宮田さんで
      ショタ少年ではなく、ツンデレでした
      ツンデレでも私の好きな本当に硬質で美人でツンツンって感じではなく
      学生らしく素直になれなくて強がって意地はっちゃう系の
      可愛らしいツンデレでした

      ただ10年後は4人の中で一番変化があったかな〜
      学生時代より低音目になっていて
      あまり宮田さんで聞かない音域なので珍しかったです

      で・・・・・低音好きなんですが
      宮田さんに関して何故か
      いつもの高音のがいいなって思ってしまった

      何か「ああ、宮田さんだな」という安心感があるというか
      聴き馴染んでるというか
      宮田さんはショタっ子声で認識してるからかな





      お金持ち学校に通う幼馴染の宮田さんと川田さん
      強がりな宮田さんは川田さんが褒めてくれるのが
      自分を認めてくれているような気がして勉強を頑張っています
      ところが川田さんにテストでトップを奪われてしまい



      無理してぶっ倒れた宮田さん
      川田さんに思わず告白して両思い
      それでも素直になりきれない感じです

      そして川田さんはそんな宮田さんをちゃんとそのまま受け止めてるんですよねぇ

      川田さんは低めの朴訥な声です
      【無慈悲なオトコ】の保村さんにちょっと音域とか抑揚が似てるかな?
      ともすると、棒読みになりそうなんですが
      そうならない絶妙な加減だったと思います
      イイ声出し演技もお上手だしもうちょっと人気が出てもいい気がするんですけど・・・・


      寝ている宮田さんに問いかける
      「裕・・・?裕・・・寝たのか」
      の名前の呼び方がすっご〜く甘い言い方でした
      それまで堅物で低音できたのに
      ここだけ本当に愛おしそうな声
      すごく良かったです

      何か。。。。何度も聞いたんですが
      どうもお話がちゃんと頭に入ってこないで
      印象に残っているのがこの川田さんの「裕・・・?」の声だけだったりします
      あっさりした話の中、この川田さんの声だけ飛び抜けて素敵



      鳥海×近藤
      セフレから始まった二人
      好きなのに友人の関係を壊したくないから告白できずにいます
      それでも体の関係は続けられるし、近い場所にいられる・・・と思っていましたが
      近藤さんに彼女が出来たので関係を終わらせるっと言われて・・・


      鳥海さん→近藤さんでモノローグ移ります
      お互いをお互いが好きなんですがそれを隠しているので
      鳥海さん目線では近藤さんは小悪魔チックですし
      近藤さん目線では鳥海さんはヤリ〇ン風です

      お互いにセリフでは何でもない飄々とていながらも
      モノローグが切なく色々葛藤していました
      その表に出る態度と裏の気持ちの違いが面白いな〜と思いました

      彼女がいるからもうセフレを止める!と近藤さんに言われての
      「やらせて・・・・最後にするからやらせて」
      て、迫る鳥海さんがちょっと気だるげで切なくって色っぽかったです
      息の詰め方とか吐息とかが良かった〜
      何となく攻めだと鳥海さんはワンコ攻めが多いい気がしますが
      【あしたのきみはここにいない】みたいな、こういう気だるげな感じが好きです
      鳥海さん特有の吐息多めの囁き声が遺憾なく発揮されてると思う


      近藤さんの彼女が出来た発言は
      セフレでいるのが辛くなったから辞めるための嘘で
      実はただ単に後輩の女の子の面倒をみてあげていただけでした
      それがバレてしまって衝動的に告白→両思い


      ありきたりの展開なのですが
      近藤さんのモノローグが切なくて綺麗でした
      最近あまり聞いてなかったけど
      (野島裕さんばかり聞いてる気がする・・・・)
      近藤さんの声がやっぱり私は好きだ
      少し鼻にかかった掠れ方が甘くていいな〜って思います

      両思いになった後の絡みで
      二人が初めてじゃないのに
      恥ずかしがってモジモジ
      しあってる様子が
      学生ピュアラブっぽくて二人とも可愛かった〜


      絡みは結構フリートークなどで鳥海さんが
      「近藤さんとは演技がやりやすい(息があう)」等、言ってるのを聞くのですが
      お互いの息の入れ方とかが絶妙で
      比較的あっさり普通の絡みなんですが臨場感みたいのがあって良かったです
      特にキスの時の二人の鼻声の入れ方と近藤さんのアムアムしてる声が好きだった
      チュッチュッしてるというより、唇全体で覆うようにハムハムングングしてるような
      近藤さんの独特のキス音な気がします
      しかも、これは受けの時だけで攻めの時はアムアムしてないんですよね〜


      近藤さんは役によって喘ぎ方が毎回違いますね・・・・
      【勘弁してくれ】みたいな裏声アヘアヘ系があまり好きじゃないので
      今回の甘く掠れた派手すぎない喘ぎのが色っぽかったです


      致した後の鳥海さんが翌朝の約束をしてるのが可愛かった
      「あ〜んをしてもらうためにパン朝食を断って
      和食にしようとしてるところとか
      イチャイチャほのぼのしました


      近藤×鳥海の方は、二人でやりとりする会話が多いいので
      それが仲の良い友達→恋人になる会話に現れていて楽しかったです


      10年後の秘書川田×社長宮田
      学生の時にキスしたり好きっぽいことを言われたけど
      何も関係が進展しなかった二人
      宮田さんが川田さんを遠ざけようとした時
      ついに川田さんから告白されます

      10年て長いな〜・・・・
      その間お互いに恋人とか作らなかったんでしょ?
      もうちょっと早くどうにかならなかったものなのでしょうか、二人とも
      何というかあまりに何もしない10年が長すぎて
      これがシリアスで何か理由があるならともかく、ちょっと入りこめませんでした
      何ならこの取ってつけたような初エッチ編はなくても良かったかも
      前半のあのちょっとヌルイ二人の雰囲気がよかったんだけど
      それが10年も硬直状態だったのか〜と思うと
      その良い感じのヌルさがなくなってしまうような


      そりゃ、BLCD的には絡みがあった方がいいんだけど
      前半の雰囲気?がよくって、二人のその後が私的にはモヤモヤしたので
      だったらなくても構わなかった

      初エッチ編入れるなら、せめて高校生の時にして欲しかったです
      これは私の勝手な思い入れなんですが


      どうも、その10年がず〜っと引っかかってしまって私はダメでした
      サラっと聞けばいいんだけど・・・・
      攻め様が初エッチの後に
      「勿体ないことをしたな」
      (もっと早くエッチしとけばよかった)みたいなことを言ったときに
      本当にそうだよ!!て思いました




      全体に雰囲気やメイン4人のバランスが良くって
      サラっと聴きやすいCDでした
      ただ、BGMが雰囲気をぶち壊してくれています
      西部劇や昔の刑事モノみたいなチャンチャンした音でして
      ほのぼのしたりふんわりしたり切なくなったりにまったく合わない!!
      しかも終わりの方でまたメインが会話してる時に流れる場違いなBGMが音大きい
      まぁ・・・シリアス作品じゃないのでこだわらなければ大丈夫です





      原作も読んだのですが、私はCDの方が好きでした
      この作品は題名と表紙がすごく素敵ですよね
      原作の方もCDの方もカラーが雰囲気があってすごくイイ
      (cdの方は書下ろしカラーなんですが、原作cdどっちも素敵)
      白黒じゃないのに色調を抑えたセピアっぽい感じが
      しっとりとして柔らかさと繊細さの中に学生特有の張り詰めた緊張感もあって
      このカラーに惹かれて「購入したいな〜」て思ったのです
      ただ、そのカラー表紙に比べますと内容や原作の方は普通すぎるなっと
      もうちょっと繊細で雰囲気重視の話だと思ったのですが
      良くも悪くもbl王道話なんですよね
      男同士での葛藤がまったくなく
      登場人物が女の子と付き合うのと、男と付き合うのを
      まったく同一上に捉えているのも思ったより切なさがない要因かもしれません


      ねねこ作品は表紙がツボにハマるとフラフラ〜と購入してしまうんですが
      何となく私には合わない・・・
      何となく私が表紙で想像した話となにかが違う
      でもカラーは好きです

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM