<< 【夢のような話】 | main | 【近くて遠い】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【オレンジのココロ−トマレ−】崎谷はるひ

    0
      高橋広樹×代永翼


      私は小さくて可愛い受け苦手です
      なので自然とそういう役が多いい方は避け気味になってしまうので
      今回代永さんメインは初聴きでした〜


      崎谷作品中でも小さくて可愛い女の子みたいな受けは苦手なんですが
      この作品の朗くんは結構好きなのです

      見た目は小さくて幼くて可愛らしいんですが
      女の子みたいに可愛いのではなく、ショタっぽい少年ぽい可愛さで
      その見た目を裏切り中身自体は他人を気遣い努力を惜しまず
      自分のことより他人を優先して、なるべく自分でできることはしよう!としていて
      精神的には大人っぽいところがあるのです
      自立心と達観性があるところが好きでした

      私は小さくて可愛い受け特有の
      「困ったことがあったら周りが何とかしてくれる」
      「ドジで不器用で自分では何もできない」
      というのが
      弱さ=可愛さ儚さになっているのが嫌なの〜!!!

      女の子なら男に守られるのもいいんだけど
      男同士なんだからある程度は男としての自尊心を持ってもらいたい


      この朗くんは子供のような見た目ながらに苦労して
      でも、自分の強さや個性にして色々考えて頑張ってるんです
      ただの小さくて可愛い受けじゃない


      声的にも代永さんは可愛らしくって
      可愛い受け自体が苦手なので今まで脇役でしか聞くことがなかったんですが
      代永さん宮田さんは私の中で可愛い声でも別枠
      この二人は地声も女性のような高音系で
      作ってわざと可愛らしくしてるわけじゃない!
      元々が可愛い声なので仕方がない・・・と
      そして、ラジオやトークでの見え隠れする腹黒?さやあざとさなど
      「自分の(声の)可愛さをちゃんと理解している」と言うのがいいなぁ〜っと
      BL可愛い受けによくある
      「自分のどこがいいのか全然わかんないという
      天然な可愛さが私には女のブリッ子に通じてる気がして苦手なのです
      ですが、それを狙って知っていてやっているのなら
      強かで面白いじゃないか!っと・・・・



      そういう可愛い声をしたたかに活用している方が
      可愛い受けをやるのは面白いな〜っという捻くれた楽しみ方を見出しのです

      BLCD聴き始め初期は多分聞けなかったと思うんですが
      可愛い儚いウジウジ受けの鈴木千さん野島健さんを平気になったのを皮切りに
      ツン美人の岸尾さんが平気になり、可愛すぎて苦手としていた福山さんを乗り越え
      避け続けていた過去の高音石田さんを制覇した今だからこそ!
      代永さんメインを聞くことができました


      聞けるCDが増えるって嬉しいことですので
      これからも色んな角度から切り込み着眼点を変え萌を見つけ
      今いる「ちょっと苦手だな〜」て方を制覇していくつもりです
      私の心が狭く苦手なだけで声優さん自身が悪いわけじゃないんですから
      反対に、皆さんが良いと言ってるモノを共感できない方が寂しいよ!と



      今回も聞けて良かったです


      代永さんカワカワイ〜

      私の本来持っている要素とは違うんですが
      誰が聞いても可愛い


      お話的には一枚目は原作読んでいれば聞かなくてもいいかな
      物語の動きが少ない上に恋愛描写がほとんど皆無で
      どこに面白みがあるのかわからない・・・・
      ただ代永さんがモノローグをたくさんしゃべりまくってるので
      代永さんの声をたくさん聞きたいよ!て方にはいいかも
      悩んだり元気だったり切なかったりキュンとしたり可愛かったりと
      色んな表情をコロコロと変える様子が伺えます
      一枚目のラスト付近は恋愛に心が傾きかけているので
      なんなら一枚目は最終トラックのみ聞けばかな



      二枚目から物語が動きます!
      親友の寺島さんと叔父の鳥海さんをタテに脅されて体を要求される代永さん
      そこに母親の急病が重なって誰にも相談できずにテンパっているところを
      高橋先生に気づかれて、全てをさらけ出します


      代永さんを脅迫する間宮さんがすご〜くイイ演技でした
      いい意味でゲス野郎でね〜っとり気持ち悪くて良かったの!
      次作が出れば更に絡んでくるので、この演技の達者具合に期待が高まります
      代永さんの怯えっぷり&憔悴が際立つ良さでした


      悩みを色々ぶちまけて、高橋先生に縋って泣く代永さん
      怒りながら泣き叫ぶ様子が痛々しかったです
      その後えずきながら弱々しく泣くのがまた切ないのです
      優しい包容力たっぷりな高橋さんの声がまたいいんですよ〜
      私のには引っかからないんですがキュンとしました


      告白両思いでちょこっとだけ致します
      代永さんが初々しくて高橋さんがね〜っちょりエロい

      ムキムチされちゃいますよ

      大人声と子供声のギャップが良い感じでした〜
      ローションプレイもあって、アップアップでいっぱいいっぱいの代永さんの
      堪らない感じが可愛かったです
      エロいとはちょっと違うんですが会話がたっぷり入っていて
      ラブラブで良かったです


      この後はお決まりのパターンです
      →問題解決→エッチ



      絡みは崎谷先生が仰っていたように・・・・
      イケナイ気持ちになります

      高校生どころか高音すぎて
      小中高生みたいな幼さなのです

      高橋さんが大人の色気をたたえながらも
      余裕のない息た〜っぷりの攻め声なのも相乗効果
      入れる時の「堪らない・・・っ」という気持ちよさそうな攻め息が
      滅茶苦茶エロかったですよ〜


      ただ・・・私が高音受け苦手なのと聞き慣れないせいなのか
      段々と小中高生女子高校生に聞こえてきました
      それぐらい代永さんが高音というか女声というか
      そういう男の子なのに女の子みたいに可愛いっというのが好きな人はいいんでしょう
      私はBLなら受けであってもであってほしいタイプでして


      一度気になり出してしまうともうね・・・・・
      大人×女子高生にしか聞こえなくなってしまって
      可愛いんだけどBLに聞こえない
      よってBLを感じない

      可愛いんですよ!
      嫌ではないんですよ!!



      ただ、BLの男同士の絡みはファンタジーとして聞きなれたのもありますが
      音だけで男女の絡み(実際は違うんだけど)を聞いてる気分になるのが
      私にはいたたまれなかった

      受けの声があまりに女の子っぽくって
      もう途中から男女の濡れ場(女子高生モノ)にしか聞こえなくなり
      変に生々しく感じてしまったんですよ〜


      途中の声を我慢して「んん〜んん〜」モジモジしてるまでは許容範囲だけど
      「あ・・・」て喘ぎだしたらもうダメ!!
      喘ぎが丸っきり女喘ぎってわけじゃなくって、声の高さが女性ってことです


      そういう高音が好きな方にはとっても可愛らしくていいんじゃないでしょうか〜
      高音可愛い受けで何がダメって私は絡みの喘ぎが苦手なんですよね
      その他のお話の時のセリフやモノローグは最近高音受けちゃんも可愛く思えるんですが
      高音受けの時はエロ少ない話のが安心だったりします
      絡みを聞きたくないわけじゃないんですが・・・・



      一番好きだったのは【DISK2 トラック7】
      寺島さん鈴木達さん水島さん学生友人たちとキャッキャッしてるところ
      特に高橋先生と付き合い初めて、それが友人達にバレて
      恥ずかしくって唸ってモジモジしちゃってる代永さんが
      メッチャ可愛い

      それを宥めてる大人な高橋先生っぷりもイチャイチャして良かったの〜



      メイン二人や前作から引継ぎメンバーや間宮さんとかキャストは良かったです
      ただ、女キャラが崎谷作品は毎回そうなんですがちょっと個性が強いので
      好みが別れるかな〜と思いました
      ミヤちゃんが若干・・・アニメ声ぽいのが気になりました
      別に役にあっていれば女性声優さんがアニメ声でも構わないんですが
      (可愛いですしね!)
      ミヤちゃんは押しが強いツンデレキャラぽいのでそこだけ
      ツンデレアニメ女主人公が降臨してしまったように感じました〜



      高橋さんはちょっとクセのある話方なんですが
      大人で包容力がある先生ぽさと好きな子に対して余裕がない攻めっぷり
      二つの対比がなされていて私は嫌いじゃなかったです
      代永さんとの音域の高低差も大人と子供の違いが出ていて
      変に若い声じゃないのが先生と生徒の禁断愛ぽくって
      エロかったんじゃないでしょうか



      色々書いちゃいましたが、二枚目を聞くために5千円も惜しくない!!
      ま〜・・・・本来は二枚組は二枚とも聴きごたえがあるのがベストなんですが
      昔の崎谷作品【ハピネス】【手を伸ばせばはるかな海】とかは
      二枚組で一枚目に絡みがなくっても楽しかったんだけどな〜・・・・
      【不埒はスペクトル】とは毛色が違うけど
      こちらも最近の崎谷CDの中では結構良かったです


      個人的にはどんどん続きが出て欲しいシリーズというよりは
      【プリズムのヒトミーヤスメー】が聞きた〜い
      この後の二人が早く聴きたくなりました





      内容の方は・・・・これは原作がアレなので仕方ないんですが
      やはり音声になったのを聞いてもモヤモヤしました
      ちょっと愚痴っぽい感じで原作自体の不満点を書きますので
      以下、否定的な感想が許せない方は注意です
            ↓↓↓

      母・ヒカルは子供が欲しかったので幼馴染に頼んで結婚して
      体が弱いのに命懸けで朗(代永さん)を産みます
      ヒカルは「私はいつ亡くなってもおかしくないから
      支える人が必要でしょう。あなたは自由に生きて」と
      夫(朗の父)に恋人を作ることを進めます
      それで、ヒカルが楽になるなら・・・・と夫は恋人を持ちますし
      息子の朗はその母・父・愛人がいる家族の形を受け入れます

      ↑これね・・・・ヒカルのエゴじゃないですか??
      子供を産みたいのも夫に愛人を薦めるのも自分が望んだこと
      それによって夫や息子や愛人がどういう気持ちになるのか考えてない
      愛する妻から「私が亡くなった時」の話をされ、愛人を薦められる夫も可哀想だし
      いつでも二番手で居続けなきゃならない愛人の子も辛い
      そんなんだったら離婚してあげりゃ〜いいのに、それもしない
      愛人の女性は子供産めないようねぇ
      この状況だと・・・・


      そして、そんな大人達のドロドロを子供特有の無邪気さで見ないようにしないといけない
      朗くんが不憫でなりませんでしたよ・・・・

      これが次の【ヒマワリのコトバーチュウイ】に続くわけですが
      ヒカリの弟・あーちゃん(鳥海さん)が捻くれた難しい性質になるのも仕方ない
      そういう辛い過去編が次作あるわけで・・・・
      今回のヒカリにもモヤモヤしましたが、次作はもっとモヤモヤするんですよね
      子供時代に変な家族関係なのも辛いけど
      思春期に姉の奇妙な自己満足家族ごっこに巻き込まれて
      「でも、老い先短い姉のためだから」と頑張っていたらおかしくなっても仕方ない


      で、こんな自分勝手な女をすべての人たちが悪く言わないのが、また疑問でした
      悪役が変な女なのはギリギリ頑張ってどうにか我慢できますが
      登場人物が褒め称える天使さまがアレなのは厳しいです
      小説でも辛かったけどCDでも辛かったな・・・・
      慈英臣の教祖様もCDになったら辛そうだな〜


      三木×鳥海は聞いてみたいけど、お話自体は余り聞きたい感じではなかったりします
      (三木鳥海なら【ボーダー・ライン】という名作もありますしねぇ)
      崎谷作品の鳥海受けなら【チョコレート密度】が聞きたかった〜






      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:21
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM