<< 【近くて遠い】 | main | 【造花の解体】西条公威 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【部活の後輩に迫られています】腰乃

    0
      羽多野渉×鈴木達央


      面白かったです

      腰乃さんはデビュー作から好きな方でして
      CDが面白い!と色んな感想を読んで知っていたのですが
      聞いたのはこのCDが初めてでした
      これは【隣の】【鮫島君と笹沼君】も聞いてみたいなぁ
      腰乃さん特有のテンポのある会話が上手く生きていました


      腰乃さんはデビュー作〜初期は絡みメインの連作短編が多いのと
      絵柄が個性的でタッチが荒くて、描写が露骨?生々しかったので
      結構好き嫌いが大きく別れていて生々しいTNTNと擬音の多さに
      「あの独特のテンポがいいのに〜」という作品として評価する方がいても
      「いやいや、ただのエロでしょ!」みたいな扱いが強かったような・・・・
      長編?一冊丸々同じカプで絡みページが減ってから人気が出たような?
      私はデビュー作から好きでした
      元々、こういうクセがある絵柄好きなんですよねぇ
      藤たまきさん、草間さかえさん、初期の門地かおりさんとかもタイプ違うけど
      タッチが独特の方が好きです
      (王道の綺麗な絵も好き)
      でもこんなに人気になるとは思わなかった・・・・
      (BL漫画の中でも売上が良いようです)


      原作のイメージが崩れてなくって良い(CD=原作)
      CDのが臨場感が上がっていい(CD>原作)
      原作のがやっぱり色々良い(CD<原作)
      という3パターンがありますが
      今回のはcdにはcdの良さがあって、原作には原作の良さがある
      でも、イメージがかけ離れてもいなくて完璧で
      原作片手じゃないとわからないワケでもなくCDとして完成してる

      CDを聞くとイキイキしていてすごく面白くて
      「やっぱり音声化になると会話がリアルだな〜」となる
      原作を読むと絵で色々わかっておかしくて
      「絵の情報があると想像しやすくて楽しいな」となる
      どっちの媒体もいいの!!
      原作読んでCD聞いても、CD聞いてから原作読んでも面白〜い



      またねぇ、キャスティングが良かった
      羽多野さんがキモ可愛い乙女デカワンコ年下攻めが完璧
      羽多野さんの年下攻めはやっぱりすごくいいんだよ〜
      もう年下羽多野攻め大好き
      ワンコぽさの中にヤンデレ?執着が見えるのがまた堪らんかった
      羽多野さんのヤンデレも好き〜
      (ただ不思議なモノで年下羽多野攻めはすごく好きなんだけど
       年下属性が抜けると私はあまり購入意欲がわかなくなる
      あと【トラ兄さんとワンコさん】でも思ったけど犬の鳴き声が上手いですね
      リアルワンワンしてました
      漫画の方も犬化しているシーンがあったので鳴き声ががハマっていて
      絵が浮かびやすかったです



      鈴木達さんはよ〜しゃべってました
      よく噛まずにあれだけまくし立てられるな・・・と
      ギャンギャンしているのでそういうのが苦手な人にはキツイかな?
      ただ、この心の声が激しいのが腰乃作品の特徴なので
      ギャンギャンしてなかったら面白さ半減だと思うのです
      鈴木達さんはところどころ可愛いんだけど
      それが乙女ぽかったり女ぽかったりショタっぽい可愛さじゃなくって
      ちゃんと男ぽさがある可愛さなのが絶妙で好きです
      特に今回は普通の高校生ぽさにざっぱりした男前さもあって
      そういう普通の男の子がグイグイ押されてアレヨアレヨとモノにされちゃってる
      戸惑いや葛藤やグルグル思考が全部ダダ漏れで面白かったぁ



      鈴木達さんはある日部活の後輩の羽多野さんに豪華な弁当をもらう
      ものすごく気合の入った手作り弁当に戦くが
      案の定、告白される
      男相手に付き合うとか考えてなかったので
      戸惑って焦ってグルグルしているうちに、羽多野さんに押し切られ
      毎日おいしいお弁当で餌付けされ付き合うことになってしまう・・・・




      私が特に好きなやりとりは、お泊りまで全般!
      鈴木達さんがコンビニ弁当をつまらなそう〜に選んでる時に
      「炊きたてホカホカのあったかいご飯
       炒めたて熱々の豚肉のしょうが焼き
       甘辛の肉汁に浸った千切りキャベツと玉ねぎ」

      羽多野さんが料理を語りだすんですが
      漫画ではそこまでは美味しそうには思わなかったんですが
      羽多野さんの言い方とか鈴木達さんの食いつき方とかで
      ものすっごいそのメニューが美味しそうに感じる
      (ちなみにしょうが焼きの油っこさが苦手なら
       肉を焼いてる時に一度多めの酒を入れて
       煮詰めてアルコールを飛ばした後酒を捨て
       後からサッとタレを絡めて味付けしたら肉だけを取り出し
       最後タレだけ煮詰めながらマヨを入れ、それを肉にかけると
       ジューシー濃厚で肉も柔らかくておいしいですよ〜
       キャベツにもこの甘辛マヨタレがすごく合います)



      なんやかんやとご飯に釣られて
      いざ泊めることになって鈴木達さんはことの重大さに気づくのです
      だって後輩くんは自分に惚れてるんですから


      根はイイ子で明るくてワンコでご飯が美味しくて後輩らしくパシリにもできて
      自分に惚れてることを抜かしたら、こんなに扱いやすい奴はいないんですよ

      部屋に入った途端、空気を吸っているのが
      キモくて(褒めています)素敵でした


      そして、寝る段階になって
      後輩君は当たり前のように一緒の布団に寝ようとするんですよ

      「イイ子にしてるから入れてくださ〜い」

      もちろんガッツリ断ります
      そしたら、ベットの下でグスグス泣いちゃうんです
      これが・・・・ウザいんだけど可哀想というか
      聴いてる方は面白いというか
      ここで絶妙に犬の声が重なってるのがイイです

      結局、根負けしてベットに入れてあげるんですが
      「先輩・・・
       拾ったものが犬とは限らないんですよ・・・」

      黒〜い



      もちろん、襲いますよね
      羽多野さんのハァハァ具合と鈴木達さんのテンパリ具合のやりとりがイイ
      「おさまんないっすっっ!!」
      「何がナニがっすよ〜」
      が本当にいっぱいいっぱいぽい
      「スンスン・・・ん・・・ん〜
       あ〜先輩の匂い・・・
       スンスンスン・・・ハァ〜
      (満足気)

      ここも好きでした
      本当に嗅ぎまくってる変態ぽさがよかったし
      「ん〜」が本当に気持ちよさそう?楽しそうなんですよ


      結局、テンパリすぎた鈴木達さんが泣き出して羽多野さんが我に返ります
      この泣き方が受け受けらしい可愛い泣き方じゃなくって
      うわ〜んて言う男泣き?高校生ぽくって
      可愛くてしすぎないのが反対に可愛く感じてしまった
      「いい子にしてるって約束したのに・・・
       怖いぃぃぃぃ
      ここまでのテンションに笑いまくってしまった


      その後、犬やら羽多野さんやらを捨てる夢を見て
      色々自覚してしまう鈴木達さん
      ここら辺の感じは犬好きとして、ちょっとキュンとしました
      翌朝、いつもと変わらない羽多野さんに安心しちゃいます


      そして、今回一番たのはキスシーン
      ハッキリ言って、絡みのシーンよりもエロかったです
      二人ともキスSEがチュパチュパと激しい激しい
      高校生らしくとってもガッツいていました
      臨場感たっぷりでものすごい熱かったです
      聞いたblcd200枚以上になりましたが、
      キスシーンベスト3に入るぐらい熱かった
      イヤハヤ。。。
      すごいキスシーンだった
      ここは原作よりすごい盛っている気がします


      結局、押し切られる?というよりは
      馴染んで何だかんだと好きになって受け入れちゃうんですよね
      出だしがグルグルしてそれを引きずってるけど
      もう完璧好きだよな〜という


      そして、初エッチ
      「まだイっちゃダメですよ〜」
      羽多野さん、銜え喋り上手になったな〜
      そして、相変わらず攻め時の堪らん!!我慢ならん!!という
      ガッツガッツ余裕ない感じがすごいんです
      これ普通の攻め様だと余裕なさすぎるんですが
      (攻め様って受けちゃんをリードするイメージなので)
      年下ワンコ「ご主人様の言うこと聞いちゃうよ
      ガッツガッツしちゃうギャップがいいんです

      鈴木達さんは普段のに比べて喘ぎはやや控えめなんですが・・・
      「激しぃ・・・よぉ・・・・」
      この言い方が・・・・素晴らしい
      鈴木達さんは私は喘ぎよりも絡みの時のセリフでの
      小さい母音「ぁ」「ぃ」とかの使い方や
      言葉の途切れかせ方や上ずり方や声をひっくり返したり掠れさせたり
      それがもうね・・・・ほかの方にはない言い方なんですよ
      エロいというか本当に気持ちよさそうというか
      セリフぽくないというか、それのセリフも喘ぎの一部なんです
      絡みの時のセリフは皆さん吐息入れたり途切れさせたり色っぽいんですが
      鈴木達さんは吐息や途切れさす以外の技法?を盛り込んでいて
      それがま〜・・・とってもエロエロ可愛くっていいですよね
      別に声が可愛い系でもないのに、可愛く聞こえちゃうんですよ

      こちらも原作より盛っていました
      後輩君の好き好き大好き度が倍増していたのと
      先輩もメロメロに気持ちよくなっているのと
      最後のフィニッシュに向けてのキスがこれまた
      大変大変に激しかったです


      「あいつ・・・嫁じゃなくって婿だった・・・」

      致した後の大泣きしながらのセリフです
      最後まで面白かった・・・・





      概ね、誰が聞いても面白いと思います
      ただコメディのギャンギャンしたハイテンションが苦手だとキツイかな〜
      私は寝る前にBLCDを聞くことが多いいんですが
      これはトラック2まで聞いた時点で
      「面白いけど、段々目が覚めてきた
       これ聴き終わっても眠れないぞ
      となり
      眠る直前に聞くのは諦めて、後日起きてる時に聴き直しました
      それぐらいテンションが高いので
      ちょっと疲れてる時や静かな気分の時はあわない気もしました


      でも、色々聞いて思ったのはコメディをノリよく楽しく作るのって
      シリアスを雰囲気良く作るのと同じぐらいに難しい気がします
      声優さんの息があってなかったり、テンポが悪かったりとかの
      間やスピード感が悪かったりすると面白くないだけならまだしも
      寒い・・・うけないギャグを聞かされているような
      居た堪れなさに包まれてしまうんですよね〜
      しかも、それがBLであるから尚更・・・・・


      だから、繰り返し聞いても楽しいテンポ良く仕上がってるこれは
      かなり良作じゃないでしょうか〜
      原作好きの方にも、軽くサクっと楽しみたい方にも
      鈴木達さんが好きな方にもワンコな羽多野さんが好きな方にも
      楽しく聞けるのでお薦めです



      ちなみに本編にはフリートークが入ってません
      一言コメントみたいのでいいから聞きたかったな〜
      漫画が付いてると言っても二枚組じゃないのにお値段がしたのと
      公式通販の送料が高かったのと調度お金がない時期だったので
      (あれなんですが・・・私は毎月BL予算を先に出してから
       今月の家計費を決めるような腐りきったどうしようもない主腐です
       でも、何故か自分ではケチってないはずなのに貯金がたまっていくので
       「BL予算を捻出したい!!」という気合が無意識に節約になってるんでしょうかねぇ)
      フリートークCDを諦めてしまいました・・・・・
      CDの巻末に入っていたらフリートークを聞くし、あった方が嬉しいんですが
      わざわざフリートーク目当てで通販するほどフリートークに興味ないんですよね
      まれにプログめぐっていて「このフリートーク面白かった」と書いてあると悔しんですが
      こちらは本編聞いた後、トークが欲しくなるテンションだったので
      これから購入する方はちょっと高くてもトークcdあった方が楽しいかもしれません


      千葉進さんのフリートークだけは聞きたいかな〜
      (好きだし、千葉進さんのフリートークはちょっと天然で面白いことが多いい)



       

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:44
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM