<< 【グッドモーニング】 | main | 【優しいSの育て方】榎田尤利 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【心臓がふかく爆ぜている】 崎谷はるひ

    0

       森川智之×福山潤


      福山さん、やっぱりいいな〜

      しみじみと実感した一枚でした
      演技が上手なのもあるんですが
      役作りが丁寧なんだろうなぁっと言うのが伝わってきます
      言葉につまる「あ・・・」とか
      だたの返事の「はい」とか
      たった一言、一文字であってもちゃんと役作りしていて
      そのキャラになって受け答えして、その時々で言い方を微妙に変えてる
      一言一言を大事にしているな〜というのが何だかわかるんですよね


      感情や思いがこちらに伝わってくることは多々ありますが
      声の演技だけで福山さんは所作や表情まで伝わる
      今、小首を傾げたな!
      上目使いでこっちを見ている・・・
      真っ赤になって首を降ってる  
      眉が下がって口が曲がってる 
        
      などなど
      原作を先に読んでいますが、場面を暗記するほど熟読はしてないし
      読みながら聞くということもしていません
      なのに、ちゃんと人物の動きが何故か感じられるんですよ
      色々聞いてきましたが、こんなにリアルに声だけで表情や所作がわかったのは
      福山さんが初めてでしたので聞き入ってしまいました


      もしかしたら、これらの感覚は私の思い込みなのかもしれないけど
      そうであっても「丁寧に演じてるな」「表情がわかるな」と思わせるというのは
      声だけでそう錯覚させることも難しいことです!なので
      やっぱり福山さんはスゴイ!
      本当に丁寧に演じているにの伝わってない方だっているかもしれませんしね


      声的にはすごく好みってわけではないんですが
      声に艶があっていい声ですし
      この演技力は素晴らしいな〜と思ったので
      今年は福山さんのBLCDを集めていきたいです
      【セブン・デイズ】【桔梗庵のの花盗人と貴族】【夜明けには好きと言って
      プロガーさんにお薦めされたこの↑3作
      瞳をすまして】【いつかじゃない明日のために】【顔のない男】
      【清閑寺家シリーズ せつなさは夜の媚薬】
      なんかを自分的には狙っています
      (手に入りにくいものもありそうですが・・・・)

      私、最初のBLCDに詳しくない頃聞いた福山さんが
      【甘い融点】崎谷作品が好きだったから
      【学園ヘヴン】ゲームをプレイしたから
      この二作で素直可愛い高校生高音だったので苦手意識が出来ていた
      (私BLで王道になるような一途可愛い小動物受けが苦手なのです・・・・)
      確かに福山さんの声は可愛いので、可愛い受けが好きな方にはいいのだろうなぁっと
      でもでも!!!
      私にとって福山さんの良さは演技力
      エロエロ可愛い福山さんには興味がないので
      エロ薄でもいいからイイお話・演技力を活かしてる作品が聞きたいな〜


      今回はモノローグたくさん!
      メインはほぼ3人なのでたくさん話していて満足でした
      音域は低音目
      福山さんの低音が好きな私は嬉しかった
      ですが!!
      今は演技自体が好きなのでもう少し高め音域でも良かったかな?
      私の好み的にはすごく嬉しいのですが・・・・
      昔から福山さんの受けが好きな方は可愛い声を望んでいるんじゃないかなぁ
      などと、いらぬ心配をしてしまったり
      【職業、王子】はそっちで熱く語っておりますが
      王子としての威厳と孤独と過去との対比などを付けるためには
      低音で良かったな思うんですが
      今回の受けちゃんは地味ウジウジオロオロ系
      ある種BLによくいる薄幸一途受けに入ると思うので
      だったらもうちょっと線の細い高音でも良かったかもしれないな〜と
      ネガティブだけど会社の重役で30代で森川さんより年上の役なので
      違和感はないし、何度も書くけど私は低音のが好きなのでいいんですが
      「ラブイチャ・アホエロとかじゃなければ高音福山さんでも平気かも?」と
      チャレンジャー精神がでてきていたので
      もう少〜しだけ高音目でも聞いてみたかったな
      淫らな罠に堕とされて】ぐらいの音域とか
      でも↑この福山さんは他レビューだと低音だと言われているんですよね
      私にとっては普通に高音受けだと思ったんだけど・・・・


      以下、ところどころ辛口感想です
      否定的なことが許せない人は注意してください

      (辛口になる予定じゃなかったのに不思議
       読み返したらちょっと辛口感想だった・・・・)
          ↓↓↓


      ロハスの店を友人の三木さんと経営している福山さん
      そこにイケメンの新人・森川さんが入社してきます
      見た目やゲイであるコンプレックスなどから自信がなく
      会社の役員であることを黙って森川さんに接する福山さん
      最初は苦手意識がありましたが、気さくで優しい森川さんに
      次第に惹かれていき心を開いていきます


      原作小説より私はCDのが聴きやすかったです
      三木さんの亡くなった奥さんで主人公が敬愛するアヤカ
      ネット関係の長い説明とそれに関するトラブル
      主人公の過去の恋愛遍歴のトラウマ
      ロハス関係のウンチク
      グダグダ長かったこれらがCDだとある程度省略されてる
      物語がお仕事中心に回っていた気がします
      仕事を通じて二人の仲の進展していくように物語がすじられてるので
      変にウダウダと話が逸れることがなかった
      そう言えば、崎谷作品って毎回
      「原作よりCDのがコンパクトにまとまっていて好きだなぁ」と思っていた
      去年の臣さんシリーズ&不機嫌シリーズがイマイチだったので忘れていた
      CDのが好きだなって思う作品でも原作に比べて絡みはカットされてるんですよ
      だから、去年の臣さん&不機嫌〜がイマイチだったのは
      絡みカットのせいだけじゃないような
      やっぱり、萌が不足するとダメなんじゃないかな〜?と思いました
      今回は仕事描写多いいんですが、そんな仕事でも合間合間に福山さんが可愛くて
      楽しく聞くことができました
      仕事CDは本来好みではないんですが
      原作に比べて色々省略されてスッキリしてるのがわかるので
      「これぐらいのお仕事具合はいいかなぁ」と思えます


      三木さんは女装をしながら妻が残した会社を
      経営者でもあるゲイの友人が表に出たがらないので表立って仕事をする
      中々、濃いキャラでした
      そして三木さんが演じることによって濃さが倍増していました・・・・
      話が日常仕事系だし、別に三木さんがキーパーソンでもないし
      ある種メイン二人より濃いのは・・・・どうかなぁ?と違和感が最後まで私はあった
      【言ノ葉ノ世界】みたいなちょっとファンタジー入った世界感や
      【二重螺旋】みたいなガッツリドロドロ非現実シリアスや
      臣さんシリーズの浮き世離れした天才画家とかならいいんですよ
      お話が壮大・感動・シリアス・壮絶とかなら三木さんの演技や存在感が活きる
      (ちょっと掴みどころのない役や鬼畜系クール系の三木さんもイイ)
      でも、こういう日常系の脇役で特に大きな事件が起きないものだと
      ちょっと浮いてる気がしましたよ〜
      妻が亡くなって号泣するシーンはすっごく良かったです
      こういうシリアスなところでは三木さんの演技力が出てるんですよね

      三木さんが悪いんじゃなくって、キャスティングした崎谷先生が・・・・・・
      う、う〜〜ん・・・
      英田先生が興津さんを指名してくれたのは感謝したいくらい嬉しかった
      砂原先生はいつもキャストが毎回ハマっていてい大変出来がいい
      原作者のイメージなら仕方ない
      大人の事情で合わないキャスティングでも仕方ない
      でもでも、崎谷先生は本当にこのキャラが合うと思って指名したのかしら・・・・
      「〇〇さんならどうにかしてくれる」と言うのはイメージにあった指名とは違うと思う
      もちろんプロなので寄せることはできるんだけど
      ある種「何にでもなれる人」もプロなら
      「この役はこの人にしかできない!」「どんな役も〇〇さん色に染まる」という
      個性や味が強いプロの方もいるんだから
      もうちょっと上手くキャスティングできなかったものか・・・・


      森川さんも福山さんより年下というのは無理がありそうなんですが
      福山さんが低音目できたのと
      私、別に森川さんの声をたくさん聞いても嫌じゃないんですよね
      すっごく何度も聞きたいぐらい好きってほどじゃないんですが
      囁かれるといい声だな〜と思うし、演技も上手いし
      変なクセがなくてスッ入ってくる
      BLCDでは森川さん目的じゃなくても購入しているものの4分の一ぐらいは
      森川攻めのような気がします・・・・
      何だろう、中毒性はないんだけど飽きませんししつこく感じません
      だからこちらも役にはちょっと合ってないかな?と思ったものの
      「森川さんだからいいか〜」となりました
      最後まで聞いてもやっぱり完璧にあってるとは言い難いんですが
      無難に演じていてクセがなく物語自体には馴染んでいて
      福山さんや三木さんとのやりとりもテンポ良かったので
      最終的にこれはこれで有りだなっと思えます
      原作を読んでイメージが固まっていたり
      年齢を気にしたりしたりしなければこのCDの中では違和感ありませんでした


      【DISK1】
      オドオドウジウジしまくってる福山さんの可愛さ
      私ウジウジ受け嫌いなんですが・・・・可愛かったんですよ
      例外で野島健さん野島裕さん鈴木千さんのウジウジ受けは好き
      でも、福山さんは↑の方々とは違って声自体はハッキリと明瞭
      柔らかさよりもリンとした綺麗な声だな〜と前から思っていた
      だけどオドオドした時の吃り方とかがリアルでした
      文章で読むより主人公がアワアワ焦ってるのが伝わってきました
      ハッキリした声の方が声を震わせるような感じを出しているのが新鮮

      飲んで醜態をさらしてしまった!と焦る福山さんを宥める森川さん
      「安心して眠って・・・・」
      かっこよかったしすごく安心する声なんですよ〜
      翌朝も爽やか
      「おはようございます」が超甘くて優しいのです
      そりゃ・・・・こんな優しくされたら惚れちゃうよね


      月夜の温室でのフットマッサージしながらの告白
      「付き合いません?俺ら・・・」

      ちょっと囁きながら言うのはズルイよ〜!!!
      アワアワしてる福山さんに同感しちゃいます
      森川さんのセリフの間でも「。。。ハッハッ」と息とついてるのが
      動揺しまくってる感じがすごく出ていました〜
      福山さんって相手がセリフを言ってる時もそのキャラで演技をしてるんですよね
      良く聞くと森川さんのセリフに合わせて、ビックリしたように息を吸い込んだり
      小さい声でアワワワワ・・・みたいな雰囲気を今回も出していた
      それが可愛い上にキャラに沿っていて好きでした
      キスし終わった後の声を詰まらせるところなんて
      「何が・・・ですか・・・・?」
      「いい感じ・・・て・・・」
      今にも泣いちゃいそうなくらいのテンパリ具合で声がブルブルしていて
      そのまんま倒れちゃいそうな焦り具合がすごかった


      【DISK2】付き合い始めた二人
      映画館デートでエロい悪戯しかける森川さん
      福山さんの「バカ・・・」イイ

      初エッチ
      「それってそそるね
      この森川さんの囁きが良かった〜

      その後の絡みは言うことないです・・・・
      なんでしょう、この臨場感
      言葉で表せないくらいなので是非聞いていただきた〜い
      ちょっと言うなら、絡みの時は森川さん低音でも良かったのになぁ


      その後ラブラブになるかと思いきや・・・・
      福山さんを避け始める森川さん
      結婚を考えていた元カノと会っていて
      「理由があるから待っていて欲しい」と言われるが
      クリスマス前の約束をドタキャンされたことで喧嘩をしてしまい
      別れを決意する福山さん
      悩ましくて切ない福山さんのモノローグが苦しいの
      涙をこらえて無理やり話したり
      わざと能面みたいな棒読みで突き放したり
      頑張って怒って思いをぶつけたり
      もう福山さんが話すたびに辛くて辛くて切なかったわ〜
      特に言い合いになってる時の、震えながらの敬語とか可哀想で堪らんかった
      抱きしめて優しく甘やかしてあげなよ!!!てなりしたよ

      これね・・・・原作小説でも思ったけど攻め様のが酷いと思うのよ
      理由を言わずに元カノに会って、恋人を遠ざけて
      クリスマスをドタキャンして年末〜正月を一人で過ごさせる
      クリスマス〜正月までって一番寂しい時期じゃないの
      いくら喧嘩して時間を置くにしてもこの時期一人にさせる恋人って・・・
      男同士じゃなくっても普通に男女でも恋人が誤解するの仕方ない状態
      どう考えても攻め様フォローできない・・・・
      原作読んだ時、この後二人がどれだけラブラブになるか楽しみに読んで
      (不幸な地味受けがイケメン攻め様に大事にされるシンデレラストーリーかと思って
       告白したくだりがすごい甘かったから尚更、その後の攻め様のひどさが際立った)
      この展開にとっても萎えたんですが
      CDで聞いてもやっぱり攻め様が酷いと思うんだよね〜
      弁明するところも言い訳ぽく感じてしまって、そのクセ
      「俺も悪いけど、あんたも悪い」て姿勢が納得いかなかった
      イヤイヤ、攻め様のが酷いだろ?
      土下座して謝って許しを乞いなさいよ!!と
      付き合ってる二人のトラブルにしても、もうちょっと攻め様は悪くないよね!みたいな
      アクシデントの付け方はなかったのだろうか〜
      理由を聞いても攻め様がやった&言ったことは酷いと思う
      CDのせいではなくって、ここらは小説の時点でモヤモヤした点でした
      (たまに崎谷作品ってどう読んでも攻め様のが悪いのに
       作中では悪くないって方に持っていく場合がありますよね・・・)


      「恋愛に夢をみないでください」
      そうなんだけど、BLの中でぐらい夢みさしてくれ〜!!!!


      仲直りエッチ
      福山さん・・・・スゴイですね
      何だかそんな言葉しかありません・・・・
      エロ可愛いです

      演出はたま〜に「シリアスなのにそのBGM?」という
      多少の違和感がありました
      脇役の方は下手ではないけど、上手くはないような気がします
      アヤカ役の方はうまかったけど
      (全然知らない方で一言二言の役でも違和感無い方もいるので
       そういう方々と比べてもちょっとイマイチかな?程度なんですか)
      メイン三人でほぼ話が進むので気にならないです
      お話自体は仕事&すれ違いメイン
      ドラマチックでも甘甘でもないので面白みは少ないかなぁ
      福山さんのオドオド具合が可愛いのと森川さんとの掛け合いが良いので
      キャスト目的だと楽しいと思います
      二枚組のわりにサラっと聞くタイプの内容
      悪くないけど特別良くもない
      絡みは最近の崎谷作品の中ではカットされずに長め
      お二人のおかげでエロく素敵になっていました〜
      ただ、小説からして絡みに力は入れてないのですごくエロくはない
      川さん福山さんのおかげで良くなってる!て感じです
      【ねじれたEDGE】【手を伸ばせばはるかな海】【不機嫌で甘い爪痕】とかは
      原作からして絡みが独特に雰囲気があって良く
      それが音声になってパワーアップした感じなんですが・・・・
      上手く言えないけど
      初期崎谷作品にあるしっとりした感じがCDでもなくなってるな〜と


      原作&キャストが好きだと楽しめると思います
      普通に面白いBLCDを聞きたいならコレじゃなくてもな・・・と
      特に大きな不満はないんですが「すごい良かった〜!!!」てな
      高揚感がないのが残念だったりします
      私、崎谷BLCDがすごく好きでして、受けの声が好きだったら
      「崎谷さんのBLCDならハズレがない」という絶対の信頼が一時はあったので
      2011年の「何だかコレじゃない」感はなんなのだろうか?


      最後に福山さんは終始良くって福山さん受け目的では満足

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:16
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは^^
        また来てしまいました!
        前回色々コメントさせていただきましたが、寝ぼけていたのか意味不明な部分が少々あったような…。失礼しました<(_ _)>


        さて、「心臓がふかく爆ぜている」の感想、まるで私の感想を代弁してくださったかのような…!それほどまでのシンクロ率で驚きました!!!

        特に最後の一行に尽きますが、攻めに対する苛立ちも同感です。
        喧嘩した後捨て台詞を吐いて攻めは出ていってしまいましたが、なんで受けは悪くないのにこんな酷い言い方されなきゃならないんだろうと終始もやもやしてたんです。
        それ以前の仕打ちが本当に酷く…受けの性格をわかっていればこんなことできないよね?と…結局彼も無神経で体目当てなのではないかと疑ってしまった程です。
        あとであっけなく声を掛けてくるのも、さっぱりしているのはいいことですが、言い合いのシーンを思い出すと複雑で…。

        私も夢を見たいです。夢を見ないで下さいと言われても、わざわざ夢を買って楽しくない現実を見させられるのはいかがなものかと(^^;

        Hシーンや、Kさんの分析を拝見する限りシナリオの起こし方はとても良いようなので、結果的には可もなく不可も無く…なのでしょうか。
        (福山さんの演技は本当に最高でした!)

        森川さんに対する思いも全く同じで驚きました。
        ここは一言一句同じです!

        あと、三木さんについてですが、お気持ちはとても理解できます。
        日頃この役は三木さんでないと駄目!という個性があるからこそ、今作は平凡なのに少々浮いてしまったというのは一理あると思います。
        ただ、崎谷先生の収録レポを拝見しましたら、三木さんは崎谷先生に、毎回色々な役を振って下さるから嬉しいというようなことをおっしゃったそうなんですよね。
        確かに今回の役が相応しかったのかは何とも言えませんが、ストレートなかっこよさを久々に聴きましたし、御本人が前向きに取り組んで下さったなら、(役者として演技の幅を再確認することも含め)歓迎すべきことなのではないかとちょっと思いました。
        三木さんの言葉を信じて今回は納得したいと思います。

        ただ、今後の事を考えると、崎谷先生にはキャスティングする際に客観視する必要性を私も感じます。
        今回のキャラは書いている時から三木さんをと思っていらしたらしいので、そう言われてしまうと何も言えませんが…
        全てに通用するわけではないとどこかでお気づきいただきたいです。


        すみません。ぶつぶつと長くなってしまいまして(;´Д`A ```
        改めて作品に向き合う機会をいただき、つい思ったことをそのまま書いてしまいました。
        結局意味不明になってしまいましたので、お返事いただかなくて構いません。
        お目汚し失礼しました<(_ _)>
        御迷惑でしたら消して下さい!
        • ノルア
        • 2012/01/21 2:23 AM
        ノルアさんへ

        お忙しい中、連日コメントありがとうございます
        この【ロハスシリーズ?】と【信号機シリーズ】は原作からして萌やラブが少ないのでその割りにはラブの部分が良くピックアップされていたと思います。本編でも絡みが特に多くはなかったのに、森川福山両氏のおかげでエロくもなっていたかと・・・・

        三木さんですが。私が崎谷CD作品には思い入れがあるのと
        このシリーズの続きが出るなら次は三木さん攻めになり、【ロハスシリーズ】の中では次作が一番好きなカプなんです。更に【信号機シリーズ】も三作目が出るなら次は三木鳥海でこれまた【信号機】は5カップル出ている中で一番好きなカプ。そして崎谷作品で一番好きなのは【慈英臣シリーズ】でこちらの三木さん攻めはすごくハマっている・・・。という
        私の好きなシリーズ内の好きカプがたまたま全て三木さんになっていたのでちょっとモヤモヤしてしまったのでした。シリーズ揃えなくても受けが誰でも「このカプのCDだけは買っちゃうだろうなぁ」と思っていたほどなのでモヤモヤしたのでした
        下手に棒読みの方がくるよりは全然三木さんで良いですし
        ノルアさんのコメントを見て私も踏ん切りを付け納得したいと思います♪


        キャスティングで原作者の客観視は本当必要ですよね〜
        出来や好みや原作者が関与しているのかはともかく
        凪良さん砂原さん夜光さん和泉さん愁堂さん木原さんとかは
        毎回キャスト外れてないと思いますし・・・
        同じ人で回してもいいから合うキャスてイングにして欲しいものです


        色んな捉え方があってもいいですし
        私の間違っていたり傲慢なところもあると思いますので
        どんなことでも気軽にコメント下さいね
        ではでは、お忙しいようなので体に気を付けてください
        プログの更新も楽しみに待っています
        • k
        • 2012/01/25 4:08 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM