<< 2011年 | main | 【ホントのところ】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【追憶のキスを君は奪う】

    0
      杉田智和×笹沼晃

      子安×笹沼が聞きた〜い!!
      猛烈
      にそう思ってしまう一枚だったりしました
      【傲慢な龍のしもべ】でも私
      「これって子安×笹沼じゃないの?」と思ったのですが
      こちらを聞いてますますその気持ちが強くなった 
      【天使の啼く夜】羽多野×遊佐でも子安×遊佐が聴きたくなって
      【BITTER〜彼のひそやかな接吻】買ったのだった
      子安さんの当て馬はズルイよ・・・・
      私特別子安さんが好きなわけじゃないんですよ
      それでも子安さんがちょっとカッコイイ役をやると
      「別に攻め様じゃなくっても子安さんでいいんじゃないの?」てなる
      同じ現象が森川さん小西さん井上さん石川さんあたりでも起きる
      千葉一さん鳥海さん平川さん高橋さん日野さん近藤さんは好きなんだけど
      (声自体は二行上の方々より好きだったりします)
      当て馬やるとちゃんと当て馬でハマるんだけどなぁ


      お気に入りのプロガーさんが紹介していて
      前から欲しかったので購入です
      私メイン二人が沢山話してるモノローグ多いい話が好きです
      さらにお仕事お事件があまりなく、恋愛中心話だと尚良し
      そんな私の好みに沿った作りでした
      演出やBGMや脚本や流れなども丁寧です
      キュンエロもあります


      笹沼さんは本当声質自体が美形
      私が勝手に同じカテゴリーにあるな〜と思っているのが
      立花さんと神谷さんと笹沼さんの3人
      作ったり演技でしてるのではなく、3人とも声質自体が美形美人
      それもヒンヤリとした冷たさと透明感を感じる硬質な美しい声
      透きとおり光を強く反射して煌めくよく研がれた切れ味が良いガラスのような
      透明感と美しさ自体はダイヤのように
      鋭い切れ味と冷たさはナイフのような
      ただの美人・美形声じゃないんですよ〜
      かぶる方が少ない貴重な美しい声だなぁっと思います
      この声質の方の難点は声質が硬質で良すぎるせいに
      モノローグがナレーションのように淡々としやすいんですよね
      演技が下手だとか棒読みとかじゃないんですが
      どこか感情が読み取れないような印象を声から受けやすい
      (私が感じてしまうだけかもしれないけど)
      ですが!!
      【やすらかな夜のための寓話】の神谷さんのモノローグ
      今回の笹沼さんを聞いてそんなこた〜ないんだなっと思いました
      上手く言えないんですが、ダダ漏れじゃないだけなんですよね
      すごく丁寧に感情がこもっているというか
      笹沼さんはどんなセリフを言っても上品で清潔なイメージでした
      感情の起伏があってもキャラ的に取り乱してドロドロになるタイプじゃない
      そういう自分の気持ちを律する理性的なキャラに沿っていた演技でした
      綺麗な声とあいまってすごく良かった





      【DISK1】
      学生時代、先輩の子安さんにされたゲームでのファーストキス
      それで自分の性癖を自覚した笹沼さん
      10年ずっと秘めた思いを抱いていましたが、子安さんが結婚
      ショックを受けた笹沼さんは一夜の相手を求める
      どうしてもどうしてもどうしても
      誰かに抱かれたかったのだ・・・・
      最初の方のモノローグのこの言い方が好き
      「どうしても」の繰り返し方が本当に切羽詰った感じだった

      崎谷作品とかでもビッチちゃん聞いていると
      ちゃんと絡みがあったりするのですが、今回はモノローグ処理されてます
      情熱的な絡みだった・・・・という内容のちょっときわどいことを
      笹沼さんが綺麗な声で淡々と読み上げるのが
      これはこれでとてもエロチックでした



      一度関係を持った相手とは二度と会わないのを信条にしていたが
      関係を持った後に杉田さんが真剣に付き合いたいと言ってきた
      振り切って一度は別れたものの
      編集者として写真家の卵としての杉田さんと出会い言い寄られ・・・・

      【DISK1】
      は出会いと杉田さんが笹沼さんを落とすまで
      年下一生懸命一途攻め×年上ツンビッチ受け
      中々の王道です
      ですが、仕事話や日常が丁寧に描写されていて
      それがしつこくなくサラっとしていて恋愛話の邪魔にならず
      二人の関係を深めるきっかけや心境の変化に役立っています
      また、お互いを意識するきっかけとかが理解しやすい!


      仕事で旅行記事のために二人で旅行することになります
      温泉用の小物が入ってる竹籠を見てちょっと明るい声出したとき
      聞いてる私は「このシーンの笹沼さん可愛いなぁと思ったら
      後ほど杉田さんが竹籠でなごむ様子が可愛いって惚れっけ出すのが
      そうなのよ!!可愛いのよ!!てなった
      無理やりキスされそうになって嫌がって
      「イ・・ヤ・・・・ヤ・・・・て言うのが絡みよりエロかったぁ
      絡み時はツンツンしてなくって奔放に求めちゃってるのが
      通常時との対比があってすごく良かったです
      ギャップ好きの私はたまらなかった


      杉田さんの体だけの関係を結ぶことに合意します
      次第に惹かれていく自分に気づき杉田さんを受け入れる決心をします
      そこで、杉田さんの過去の話や家族の話
      兄へのコンプレックスを聞いてますます惹かれていき
      ついに思いを告白します
      この夜の散歩しながらの思い出話がBL関係なくいい話
      杉田さんの丁寧な静かな童話のような語り口に癒されます
      じゃない意味でキュンとしました



      ツンツンな笹沼さんがともかく素敵でした
      どんなに杉田さんに惚れられてもツンツン
      中々やってこないデレが良かったわぁ
      崎谷作品に良くいるような純情ビッチなのですが
      笹沼さんの冷たさを感じるような声がビッチなのに
      エロエロフェロモン系にならずにピリッとしたツンっぷりを強調していた
      【ダブル・バインド】の興津さん
      【しなやかな熱情】の神谷さん
      【レシピ】の緑川さん
      無慈悲なオトコ】の遊佐さん  などなどみたいに
      ビッチ受けちゃんはツンツンしてもフェロモンダダ漏れが多いいので
      このツンピリッぶりが新鮮で堪らんかった


      杉田さんはこういう丁寧語敬語攻めが私好きです
      【執事の特権】【エゴイストプリンス】みたいなかしずく従者系
      【生徒会長に忠告】【わりとよくある男子校的事情】は後輩
      普通の口調だとどうもアニメの杉田さんがチラついてしまうので
      敬語丁寧語であまりコメディよりにならない演技がBLでは好きかなぁ




      丁寧な仕事描写
      過去の恋愛がトラウマで次の恋に踏み出せない心理
      次第に惹かれていくまでの過程
      体だけの関係から心まで寄せるきっかけ
      一つ一つがすごくわかりやすかったです
      大きな事件が起きないので退屈だったり
      過去の恋を何ども半数するのがくどく感じる場合もあるけど
      それら全てが伏線で二枚目の内容につながってました
      特に後半の杉田さんの兄のくだり&子安さんが上手く繋がります
      ありがちかもしれないけど、一枚目に全て詰め込むのでなく
      二枚目に持ち込むまでそのくだりを入れないあたりが上手いなぁっと


      【DISK2】
      子安さんのことを杉田さんのおかげで
      やっと過去のことができるようになった笹沼さん
      【DISK1】
      で絡みが一回だけだったので
      そこで期待はしていなかったんですがDISK2は初っ端から
      ラブラブエロエロでした
      キスだけでイッちゃう


      杉田さんは笹沼さんの過去を知りたいと思い
      写真を撮りながら昔の恋を語ってくれることを求める
      そこで笹沼さんは初めて他人に子安さんの初恋を語り始める
      自分の秘密とトラウマと真実を初めて信頼できる恋人に語って
      堪らずに写真を撮る杉田さんを遮る
      「やめろ!!写すなっ!!」
      この時の悲痛な涙声が堪らんかった
      恋心を自覚しながらもだからこそ、そのセクシャリティが自分を苦しめる
      DISK1でに渡って何度も過去話を繰り返したのが効いてる
      今まで比較的クールだった笹沼さんが感情を爆発させて
      詰まりながらどもりながら怒鳴るように吐露する
      「あの人が欲しかったんだよ・・・
       ごめさんなさい

      そのまま泣き崩れ方とか切ない
      吹っ切れて全て吐き出して決壊した思いというのが伝わる
      最初の泣きから号泣する時の泣き方が違っていて
      気持ちの変化が表されていました
      優しい冷静な杉田さんとの声の対比が良かった
      それで本当に過去にサヨナラする笹沼さんのモノローグにも
      すごくジーンときました


      ところが笹沼さんの初恋が杉田さんの兄・子安さんであることが発覚
      兄に対して強い劣等感を持っていた杉田さんはります
      自分が兄の代わりかもしれない
      兄には絶対叶わない・・・・と激情をぶつけてします
      それすらも受け入れる笹沼さん

      ちょ〜っと杉田さんがヤンデレ入ります
      暗〜い怒りを内に秘めたまま乱暴な口調の杉田さんが怖い
      詰め寄る時のドロドロした感じが怒ってるだけじゃなくって
      執着が濃くてトラウマありのヤンデレに聞こえるんですよね
      「俺ぐらい愛してる男はいないのに
      そのまま無理やりエッチ
      笹沼さんのモノローグの後ろでの二人の会話がエロ〜い
      モノローグ被せなしで聞きたかったな
      「俺の体いやらしいよな・・・」
      自分で言っちゃうビッチ風なのが色っぽい
      チュウチュウ吸い付く杉田さん・・・・
      吸い付きたくなる色っぽさです
      どんなに乱れてエロいこと言っても何故か上品?な笹沼さんです



      杉田さんの全てを受け止めようとする笹沼さんですが
      何となくギクシャクし始める二人
      子安さんに飲みに誘われて友人として会いに行きます
      ただ、不安定な杉田さんにそのことは言わずに来てしまいます
      「俺に言わずにこそこそ会うなよ・・・・」
      地を這うような声の杉田さん怖〜い

      二人の関係や笹沼さんの初恋が子安さんであることをばらしてしまいます
      そのままもめる二人
      「もういい!!」
      子安さんの怒号に思わず私は泣いてしまいました
      笹沼さんの気持ちを思うと苦しかったの
      本当にやめてくれ!!て言い方なんですよね
      ホモの痴話喧嘩に巻き込まれるだけでもキツそうですが
      それが可愛がっていた後輩と自分の弟だったら尚更ですよね・・・・
      この時の子安さんの怒号がリアルすぎるよ〜

      初恋で初めてのキスで自分の性癖を自覚するきっかけの人で
      気持ちに踏ん切りは付けられたけど、10年間ずっと大事にしていた感情で
      恋愛感情がなくなっても積み上げてきた信頼関係や友情や複雑な気持ちがある
      ある種、主人公にとっては気持ちの中心にずっとあった人物
      今一番大切な人が出来たとしても全てが思い出だとしても
      その人がいて思っていた時間が彼を形作ってきていたのに
      最悪の形で一番知られたくないことを一番知られなくない人に
      それまでの思いやトラウマから解き放ってくれた一番大事な人に言われるって
      相当・・・・ショックだろうなぁ
      杉田さんヒドイよ!と思わず涙が出てしまったわけですよ
      お話の流れ的には無理がないし、攻め君の気持ちもわかるし
      リアルに兄弟の劣等感ってありますし
      (美容師している時にリアル高校生兄弟のイザコザを相談され
       男兄弟も大変だな〜と思ったもので・・・・)
      それでも、私は受けちゃんが可哀想になってしまった〜
      だから「もうお前とはやってられない・・・」て受けから別れ宣言かと思ったら
      愛してるからって
      許してしまうんですよ

      なんて心が広いのでしょうか・・・・
      そして、DISK1のツンツンした笹沼さんはどこに!?
      それなのにですよ〜
      もう笹沼さんを自分のエゴで傷つけたくないから
      杉田さんは放浪の旅に出るというのです
      「傷ついてもいいから一緒にいたい」
      「どんなお前でも受け入れる」
      「離れたくない」
      とまで笹沼さんは言います
      こうなったら
      杉田さんヤンデレ束縛攻でいいじゃない
      笹沼さんはもうヤンデレ束縛年下攻めを受け入れる度量準備万端ですし
      【scarelt】でも思ったけど、杉田さんヤンデレ似合うしね
      ↑の受けちゃんみたいに、どんな攻めでも愛しちゃう包容力があるなら安心
      【課外授業】【個人教授】みたいにヤンデレ同士になればいいじゃないのよ〜
      ヤンデレ好きの私はそう思ってしまいました
      泣いてすがる笹沼さんが可哀想だったんだも〜ん
      無理して離れて優しい攻め様にならずに
      そばにいてヤンデレ束縛ワンコになって美人年上受けちゃんを
      ウリウリ泣かせながら可愛がってればいいじゃない!!
      そんな、私の心の声を虚しく
      二人はお互いのために一時の別れを決断するのでした・・・・
      「俺を好きにさせたくせに
       子安さん
      (本当は役の名
      前です)に何もかも話してくせに
       勝手すぎる・・・」
      もう本当にその通りなんだよね〜
      攻め君の気持ちもわかるし無理ないんだけど
      受けちゃんの気持ちの核になる部分を全部さらけ出させて
      ポリシーや考えを全部変えられて
      大事にしていた人を失わせて
      攻めちゃんだけしか無い状態にさせといてのサヨナラ
      ここまですべてのなくさせて離れるのは酷い
      って、私は思ってしまいましたよ・・・・


      杉田さんを送り出し
      一年ぶりに子安さんと会うことになります
      そこで離婚したこと、自分も笹沼さんを大事に思っていること
      離れていった杉田さんを諦めて自分と付き合って欲しいと
      ここの子安さんがかっこよくってですね〜
      冒頭で私が叫んだ通りのこと思ってしまいました
      子安さんでいいじゃない!!
      よく考えると子安さんも一年ほどほっときぱなしにしてたし
      一度突き放しているし杉田さんとさほどやってることは変わらないんですが
      上記↑の通り、私は攻め君がしたことが受けちゃんにとっては可哀想で
      それなら子安さんでいいじゃない・・・と思ったのですよ


      杉田さんが人間的にも成長して帰ってきて
      両思いラブラブで終了
      ちゃんと両思いエッチもあります
      あんなにあけっぴろげだった受けちゃんが恥ずかしがっています
      初めての時みたいに致すのです
      絡みがDISK2は3回ありますがそれぞれ感情が違っていいです
      一回目はラブラブ&キスイき
      二回目は嫉妬無理やり言葉攻め
      三回目は恥ずかしながらのラブ初エッチ風


      笹沼さんはどんなエロエロなシーンですごいセリフ言っていても
      何故か上品清潔なイメージ
      なので、色っぽいんですがエロエロになりすぎない
      不思議な魅力がありますね〜
      比較的吐息多めで余り高音喘ぎになりすぎないのが
      とっても好みでしたぁ


      フリートークは元気な笹沼さんが可愛かった
      全部は聞いてませんが、笹沼さんはクールビューティ役が似合うのに
      フリトでは結構元気でハキハキしてるんですよね
      BLに対して何となくあっけらかんとした対応な気がするので
      これからも出ていただきたいのですが・・・・・
      年一でいいから聞きたいよ〜!!
      ツンビッチかクールビューティか真面目天然か女王さまとか
      一筋縄じゃいかない受けちゃんで聞きた〜い






      【DISK1】は王道年下攻めモノ
      【DISK2】は切な系ちょっと三角関係
      二枚でひとつの話だけどDISKで違う印象があって面白かった
      脚本が丁寧だし、原作も面白いんだろうな〜と思った
      笹沼さん杉田さん子安さんもイメージにあっている
      演出とかBGMもいい感じでした
      それでいて絡みも二枚目からは濃いめでBLとしてのバランスも良く
      すごく良かったです
      間違いなくお薦め作品


      ただ笹沼さんの声が聞きたかっただけなのに
      思わぬ良作っぷりでした
      原作の鳩村さんは【ドアをノックするのは誰?】もよかったんですよね〜
      【秘書の嗜み】は個人的にイマイチだったんですが
      どれも派手なお話ではなかったので
      これはやっぱ演出や脚本で変わるのかなぁっと思ったりもしました
      この作家さんはたまに読むんですが軽いコメディものより
      シリアス系のが好きだし、言葉のちょっとした使い方やエピソードのいれ方が
      ロマンチックというか上手い印象です

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:24
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ああ、なるほど。と、一つ疑問が解決しました。
        私、最初にモノローグを聴き始めた時、笹沼さんに少しだけ棒っぽさを感じたんです。
        少し後には何の違和感もなくなったのですが、今思うと、

        >すごく丁寧に感情がこもっているというか
        >笹沼さんはどんなセリフを言っても上品で清潔なイメージでした
        >感情の起伏があってもキャラ的に取り乱してドロドロになるタイプじゃない

        こういうことなのだろうな〜と。

        笹沼さんのタイプは声そのものが美人で、神谷さんや立花さんもここに分類されると言うのも納得がいきます。(個人的にはぜひ坪井さんも入れていただきたいですw)

        >笹沼さんの冷たさを感じるような声がビッチなのに
        >エロエロフェロモン系にならずにピリッとしたツンっぷりを強調していた

        ツンピリッというところにすごく感動してしまいました!
        目から鱗でした。
        そういう風に捉えたことが無かったと言いますか、このタイプはフェロモン系だと決めてかかっていました。
        どこか硬質で触れられない=染まらない潔癖っぷりと、少しズレた捉え方をしていたようです。
        今謎が解けてスッキリしました!
        確かに駄々漏れてはいないですよね!!!

        笹沼さんの受けはとても好きなのですが、「迷う男」くらい変態性を出してしまうと濃すぎるかも…と思っていたんです。
        どちらも美人の笹沼さん受けなのに、ではどこで境界線が引かれているのかなと考えていましたが、ようやくわかりました!
        教えて下さりありがとうございます<(_ _)>

        (なんだか、書きたいことがごっちゃになってわかりにくくなってしまったような…。伝わっていなかったらすみません。)

        あははw
        ヤンデレ束縛攻めのままだったらじんわりと怖いBLとして終わっていましたね。
        あのタイプも大好きですが、この作品に関してはあれだけの紆余曲折があったからこそ、安直なハッピーエンドを迎えてもいいように思いましたv
        ヤンデレが自ら気付いて治すと言うのもありだと思いましたし^^


        最後に
        どうしてもどうしてもどうしても誰かに抱かれたかったのだ・・・・
        ここ、私も大好きですv
        • ノルア
        • 2012/01/19 1:46 AM
        ノルアさんへ

        【追憶の〜】はずっと探していて中々手に入らなかったんですが
        ノルアさんのプログ読んで、欲しい気持ちがピークに達していた時にやと手に入りました〜!!お兄さんの子安さんが主役の小説も面白かったのでCD化すればいいのにな〜っと思いました

        笹沼さんは確かにちょっと棒ぽい?かもしれませんね
        というか、私は立花さんや神谷さんも多少棒ぽさが感じる時があります
        硬質な美人声の方の宿命?なのかな〜っと勝手に思っていますが
        この声質だからこそ、気持ちが爆発した時の感情の乗り方とかが崩れないものが崩れたようなえも言われぬ高揚感があり、それは演技が上手いだけでは得られないこの声質の方だけにある強みじゃないかな?と思っています
        あと、声質は変えられないけど演技力は向上しますからね
        最近の神谷さんとかは素直にすごいな!と思いました


        【迷う男】【淫らな躰に堕とされて】は笹沼さんハマってましたよね
        ちょっと何考えてるのかわからない美人っぷりがすごく良かった
        それでいて、過激なことをしてもどこか清潔感があっていやらしすぎないのが笹沼さんならではだったのでは・・・と思います
        下手するとエロエロになりそうなのにそうならない加減がさすがでした


        この作品では感情を自分で律しているところがある役だったので、どこか淡々とした口調やモノローグが反対にあっていたと思いました
        こういう一筋縄でいかない、他人から見たら何考えているのかわからない役がピッタリに感じました〜
        笹沼さんもまたBLCDに出ていただきたいなぁ
        やる役を選びそうですが、ハマるとイイんですよね〜


        ヤンデレは二人がヤンデレであることに幸せを感じないとダメですよね
        片方がヤンデレに悩んでしまうのはBADEDとしてはありですが
        ハッピーEDにならないのは確かに後味わるかったかも〜
        この作品はこれ良かったのかな&#9835;


        素敵な作品を紹介してくださってありがとうございます
        リピ作品です

        • k
        • 2012/01/22 10:19 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM