<< 【悪人を泣かせる方法】雨隠ギド | main | 【恋愛前夜】 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【リナリアのナミダーマワレ】

    0

      辛口感想です
      読むときは注意してください


      今回もお事件トラウマBLでした
      最近の崎谷さんは全てこんな感じですね
      もう慣れたのとなんだかんだと好きなので面白く感じた
      ただ昔の作品が好きだと
      ラブ&エロが少ない今の作風はちょっと物足りないかな?


      良かったのは変な女が出張りすぎてなかったこと
      攻めにまとまりつく女性はいるんですがあくまで脇キャラで
      ストーカーになったり
      電波入ったオカシナ女だったり
      変に男同士恋愛に口出してきたり
      何でもできるサバサバ女だったり
      聖母のような理想的な女だったり 
      そういう個性が強すぎて現実にはいないリアル感のない
      読者が女性なのに感情移入ができないどころか
      行動原理がよくわからない女性が出張って来ないのは良かった
      崎谷さんって女性キャラ書くのが致命的にダメだなっと私は思います
      (そうじゃない人もいるんでしょうが、私はダメなんですよね)
      嫌な女は読者が「嫌だな」と感じるように書く必要があるのでしょうがないけど
      描写が執拗でそこまで書く必要ないのにな〜と思うし
      イイ女&物わかりのイイ女系はもっとダメな気がする
      作者は「イイ女」と思って書いているのに
      読んでる方は高確率でイライラする・・・・と思う
      少なくとも私はダメなんです


      あと、お事件の書き方が今回恋愛にスポットが当たってた
      攻めは家庭事情に悩みながらも受けのことをずっと考えてるし
      受けも昔の恋愛のトラウマに囚われている
      お事件なんだけど恋愛が絡みが強い気がしました
      お事件と恋愛が一体化してる感じがそこそこあるというか
      お事件はお事件で進んで〜
      恋愛はまた別ベクトルって感じが少なかったです
      あと、過去の話をガッツリ入れなかったのも今回は読みやすかった
      受けが攻めを守るってスタンスも好きでした


      ただ。。。面白いのか?と言われると
      私の好みなんですがそこまでではない・・・かな?
      上手く言えないんですが、崎谷さんのお事件って結構どうでもいい
      夜光花さんはどんな解決になるのか気になる
      木原音瀬さんは最終的にイタイ展開もありうるので最後がわからない
      お事件じゃないんですが物語の展開やお仕事描写にしても
      岩本薫さんは王道展開なので安心できるし
      砂原糖子さんは切なさとシリアスのバランスがいい
      凪良ゆうさんは心理描写の移り変わりが読み手に納得できる
      でも、別に崎谷さんのお事件やお仕事要素ってなくてもかまわない
      そこが面白いんじゃなくって、bl要素が絡んでくるから読める
      謎解きして犯人捕まえても爽快感がないんですよね
      大体、犯人や事件起こす奴や問題児か同情もできない酷い奴だし
      (その酷い奴描写が毎回やりすぎ・・・・
       もうちょっとシンプルな設定でもいいのに)
      問題解決した後の犯人に対してのカタルシスもないし
      その犯人が捕まって新たな謎が明らかになったり
      犯人の感情や裏事情にまた別の読み手の感想が出てきたり
      そういうお事件・お仕事が解決した後のスッキリ感が少ない
      「あ〜やっと終わった!これでラブが読める」てなる
      だったら、最初から恋愛ものが読みたいってなります

      今回は私のなかでは結構お事件が許容範囲だったので
      昔よりは崎谷さんお事件の書き方になれたのかも
      もしくは読む私のほうがお事件になれたのか



      お事件やお仕事の説明する時って
      文をまとめるのが上手かったり
      省略するところと最低限伝わらないと話がわからないとこの選別
      そういうテクニックが必要だと思うんです
      あと、かわい有美子さんなどは好きなことを題材にしているのが
      文章から伝わることによって文がただの説明文にならずに
      情緒感やそこにちょっとしたこだわりが感じられる

      例えば・・・・
      『カルボナーラの話をして』と言われて
      思入れもないし作ったことがない場合
      頑張って調べて作り方や由来などを語ります
      ですが、特に好きでもないので調べたことしか話せない
      (崎谷さんのお事件お仕事はこういう感じ
       実際はそうじゃないのかもしれないけどただ長い説明)
      話がうまい人はそれを伝わりやすく魅力的に説明する
      (文章が上手い木原さんなど)
      カルボを食べるのも料理するのも好きな場合
      調べるのも楽しいしそれを他人に話すのも楽しい
      だから調べたことを話してもいてもそのハマリ具合が聞き手に伝わる
      また、自分がどういう風に好きなのか自分のオリジナルの作り方など
      自分なりの考えも話におりまぜられる
      (かわい有美子さんがそうかな〜と)
      調べることはあまりしないけど大好きなモノの場合
      細かな調理法や分量や由来などは話せないけど
      自分がどんなにそれが好きなのか楽しく話せるし
      自分の知識の範囲内で話す
      (BL作家さんはこういう人が多数かな〜)


      崎谷さんは前は一番下のタイプの作家さんで
      しかもそれが上手だったんです
      崎谷さんの好きを読者が共有できるというか
      崎谷さんの話すものが楽しい・・・・というか
      でも、最近は文章力が上達して説明上手になったわけでもない
      取り上げるテーマが特に好きじゃないのに
      一生懸命調べて全部書いちゃってる気がします
      もしくは書きたいものがあるんだけどそこまでの筆力が追いついてないのか
      いや、普通に面白さもあるんですが
      BL小説に大事なのはお事件じゃなくって萌じゃないの??と
      そして、崎谷さんはあんなに萌を上手に書いてたじゃない!!
      なぜに得意でもないお事件にこんなにも執着するのかなぁ?と思ったり
      恋愛面をクローズアップして書いてるシーンは好きなんですが・・・・



      このままお事件BL作家になるなら
      説明をまとめる能力とお事件自体を面白く読ます展開力
      ただ悪い奴を悪くするだけでないオチの付け方など
      そういう技術力が向上すれば昔の崎谷作品とは違うけど
      別の意味で面白い作品を書ける作家さんになれると思います
      (上から目線ですいません・・・・
       今もある種面白くはあるんですが
       お事件部分があまり面白くない気がします)

      ただ・・・・ちょっと残念なのはこの信号機シリーズは毎回お事件主体
      最初に出た「アオゾラ〜」が2008年発売で3年立ちますが
      劇的にお事件に関する文や説明が上手くなったようにも思えない・・・・
      A川賞作家さんで受賞作はそんなに私はお上手だとおもわったかった方が
      二年後に文体や作風をすごく向上させた小説を出したりしています
      同じ作家さんでも二年あればここまで別世界の感動する本が書けるのか!!と
      読んだときに驚いたものです
      反対に文やテーマが好きで長〜く追っていて
      「あと何か変化があれば賞作家になれそうだ」と応援している方でも
      何年たっても変わらない方は変わらないし、賞もとれない
      「この人は何だかすごく好きだな」って作家さんで賞を取っている方は
      どこかで技術の向上をしているんですよね
      そのまんまで賞作家になったり売れっ子作家にはなってない


      崎谷さんが好きなんですが3年たっても変化がないなら
      ちょっとお事件BL路線は向かないんじゃないかな〜と思っています
      どうなんでしょうね
      崎谷さんがこういう作風でいくなら読者はただ読むだけですね
      そして、そのうち耐えられなくなったら読まなくなるだけだし
      他に作家にない語り口や良さもあるし
      キャラ作りがよかったりするので読み続けたいなぁとは思います
      色々書いちゃってますが
      崎谷さん好きなんです

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.05 Wednesday
        • -
        • 06:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        最近、読ませて頂いております。
        わー、私が最近の崎谷作品にぼんやり感じてたことを言葉にして書いていらっしゃる…。
        特に数名の作家さんのお事件描写の特徴のところ、うんうんと頷いてしまいました。A川賞作家〜のくだりも、あるある(笑)
        本当にお事件描写を突き詰めていくなら英田先生路線ですよね。
        (以前の)崎谷作品の魅力は恋人たちのすれ違いとぐるぐる、ねちっこい仲直りエロだと思ってたのですが最近は…。先生、無理して本を分厚くしなくていいんですよと言いたくなります。
        買わなくなっちゃいました。好きだったんですけどね。
        • くもすけ
        • 2011/12/08 1:01 AM
        コメントありがとうございます
        英田作品をちゃんと読んだことないのですが、CDの「ダブルバインド」「SIMPLEX」を聞いてお事件を面白く展開できる作家さんだな〜と思っていました。崎谷さんもお事件自体も面白く展開できれば過去作品とはまた違うけど読んで楽しいBL小説になると思うんですが。
        崎谷さんの扱うお事件自体が魅力がない・・・というか、興味を惹かないんですよね。
        細かい仕事・事件描写を簡潔にわかりやすく説明できる能力と、引き込まれるような展開力、人物それぞれに感情移入できるような心理描写、先が読めないお話の筋(プロット)などお事件を中心にするなら色々大変そう。BL主体でお事件がおまけ的なBL小説なら細かい技術は必要ないんですが、最近の崎谷作品はBLがおまけですからね。せめてにラブ&エロを本が厚くなってもいいからお事件以上にガッツリ書いてくれればいいんですが・・・・・厚くなるのはお事件描写ばかり。
        私は分厚い本が好きなんですが、崎谷さんの最近の分厚さにはお事件と欝展開とウザ女が詰まってるようで寂しいです。

        それでも好きなところがあるので買い続けていますが・・・・
        慈英臣シリーズはこのまま行くとダメかも
        どこまでついてこれるか、読者の忍耐力が試されてる気がします


        よろしかったらまたコメント気軽にくださると嬉しいです。
        • k
        • 2011/12/08 12:49 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM