スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【生徒会長に忠告 5】門地かおり

    0
       杉田智和×鳥海浩輔


      脇役・雛森の千葉進について

      暑苦しく語り尽くしています

      一般的なBLCD感想としては
      なんの役にも立たないことをご了承ください
      それでもいいのよ・・・という心広い方はどうぞ


          ↓↓↓







      やっぱり千葉進が好き



      私にとっての千葉進の良さとは何といっても
      脇腹をドスでさされたような
      にくくられて引きずり回されているような
      毒薬を飲んで悶絶しているような

      喉奥から絞りだされる断末魔の絶叫イキ声
      です


      その見事まなでの叫びっぷりには
      フルマラソンを完走しきったような爽快感を感じます

      こんな人、他にいない・・・と思うと
      何とも胸がときめき陶酔感すら覚えます
      (別の項で熱く語っているのでこのぐらいで・・・・)

      まぁ・・・こういうのは一部のBLシンポ好きだけですよね



      一般的な千葉進のスゴさというのは
      レギュラーアニメで野太いおっさん低音声を出しているのに
      40overで未だに美人声が出ることでしょうか

      ねっとり女王様、ツンツン美形、儚げ美人、口が悪い男前
      若い時はほわわんアホの子やキャンキャン可愛い子ちゃんもやってましたねぇ

      声色を何種類も使い分けるわけでも
      そこまで誰だかわからない空気声なわけでもないのに
      色んな役を出来るのです

      声質も高すぎず低すぎずの中音で
      どちらにも合わせることができ
      キンキンせずに柔らかさもありながら
      硬質な上品さもある声だと思います
      若干、鼻にかかったハスキーさもありますが
      それが聞き取りにくいほどではなく透明感も感じます

      硬質で気品のある声って好きなのですが
      どうしても声が固くなりすぎて感情表現が伝わりにくくなるのに
      ハスキーさがそれを緩和しているのがいいです
      (私は気品あるツンとした透明感ある硬質声が好きな反面
       どうやら一部では鼻声と言われる篭った声の方も好きなのです
       高音で澄んだ声よりもハスキー?鼻声系の方々のが
       耳に優しくて聴きやすかったりします
       特に「ガ行」の発音が鼻濁音がぁ」となるのが好ましい)

      私の好きな硬質さとハスキーさ二つを併せ持っているのが千葉進の声なのです


      ただ、これだけではありません
      やはり声質の硬さは演技の硬さに結びつきやすい・・・・
      それをカバーするのが
      昼メロのような情熱的で熱苦しい演技力

      最近の方々の演技って聴きやすいのですが
      結構あっさり風味ですよね〜(嫌いじゃないです)
      でも、私ちょっとオーバー気味の演技が好きなのです
      音だけで聞くのだからそこは情熱的であってもいいじゃない・・・・と
      鈴木千尋さんや平川さんもこの部類ですねぇ


      こってり重めなやりすぎパッションのシンポの演技の仕方ですが
      それがどうして・・・・癖自体は少ないのです
      ギャンギャンしていたり、ギャグでワタワタしていても不思議とうるささはない
      言い回しとか間や語尾に強い癖はないので
      演技自体は暑っ苦しい部類なのにしつこさは少ない

      それはまるで上質のトンコツラーメンのよう
      醤油ほど定番ではなく
      味噌ほど根強い人気があるわけでなく
      塩ほどあっさりしてはいない
      苦手な人もいるし、胃の調子によっては食べられないよ〜なトンコツ

      ですが!!本当においしいトンコツたるものは
      余分な脂身を丁寧にこした
      しつこい脂ぽさは感じず旨みとコクを抽出したモノなのです

      ええ、ええ。。。
      トンコツですから完璧に脂っぽくないとは言いませんが
      それが胃にもたれたり、くどさになったりはしないのです
      トンコツの良さをキープしながら
      普通のトンコツにはない箸のすすみ具合
      コッテリの中のあっさりと言いましょうか

      千葉進の熱い演技力はその他の複合要素によって
      そこまでしつこくなく緩和されているという
      この絶妙なバランス・・・・素晴らしい


      今回の雛森くんはそこら辺りが遺憾なく発揮されていると思われます
      【ファミリーバイブル】の何が悲しいって
      BL展開の少なさ、ロリのキンキン声、元妻への態度、うんざりする家族問題
      これらよりもショックだったのは

      「千葉進の演技が
       気の抜けた炭酸水みたいになってた
      ことです
      ねっとり色気はあるけど、パッションがないんだよ〜〜!!


      雛森くんは通常のこってり演技です
      相手がこれまたテンション高めの岸尾さん
      ねっとりじっとり妖しさ満載のキレキレ具合が光る檜山さんとあって
      濃さ倍増!!
      エロがないのが、なんだ!
      脇カプなのがなんだ!
      三人の相乗効果で胸焼け必須の暑苦しさになっています
      褒めていますよ
      去年の【自分的ベストBLCD】を見ると何ともあっさりした作品が多く
      それも好きだし、慣れていたけど
      やはりたまにはこってり重いものが食したいじゃないの

      「ああ、コレコレ。このやりすぎ感が欲しかったのよ」

      そう私はうっとりした一品でした




      メインの千賀国斉(杉田鳥海)
      「やっとカップルになれたよぉぉぉぉ
      知「イチャイチャしたいよ」
      国「恥ずかしいからヤダよぉ
      知「あの先生(檜山さん)怪しいよ近づくなよ
      国「俺にとってはイイ先生だよ面倒臭い嫉妬するなよ
          痴話喧嘩
      知「ごめんよ

      本当にこれだけの話で二人がイチャイチャしてるだけです
      前回もそうですが私は今は脇カプのが楽しみだったりします
      杉田さんは前回ちょっとギャグぽいというか役がブレている気がしましたが
      今回はちゃんと知賀していました〜
      (テンション上がると役より杉田さんぽさがでる気がします)
      そして、鳥海さんは国斉は相変わらずボンヤリでした
      フリートークでも話していますが、この鳥海さんのしゃべりかたは
      このcdならではですよね
      毎回共演者にビックリ?されるそうです
      私は鳥海さんのBL聞いたのがコレが始めてなので違和感なく
      慣れましたが他の方はどうなんだろ〜とか聞くたびに思います


      前回は山城川和(森川遊佐)が私のメインでしたが
      今回は雛森近藤(千葉進岸尾)が私のメインでした〜
      岸尾さんの一人ノリツッコミが楽しかった
      わちゃわちゃギャーギャーと一人心の中で騒いでる近藤が面白かった
      その横でオロオロもちゃもちゃ頑張ってる雛森がまた可愛い

      近藤(岸尾さん)のテンションの高いアップダウンが良かったな〜
      男同士に対してちょっとドン引きしてるノンケなのに
      一生懸命頑張ってる雛森(千葉進さん)を無下にはできない
      でも雛森のラブにはこたえられないよ〜〜という葛藤




      知賀が国斉さんと付き合い初めて
      優しくてキラキラ綺麗になって戸惑う近藤

      男同士の恋愛チックなことは
      今考えぬぅ↑あーーい!!

      何故なら  
      今俺・・・
      男に懐かれてるぅーー!!


      はっちゃけたツッコミモノローグが必死さが出ていて面白かったです
      岸尾さんこういうのも上手ですね
      絵がなくても表情が分かる
      ある種、漫画より表情豊かだった気がします
      伸ばした語尾の上げ方が特徴掴んでいて良かった



      付き合っている方の国斉を見に行くと
      こっちは変わってなくって変わり何故か
      雛森が髪を染めてイメチェンしている


      「近藤君・・・髪型・・・褒めて

      漫画だと表情で期待いっぱい感があるんですが
      声だけでもキラキラしているのがわかるの
      可愛いんですよ〜、一生懸命で

      雛森の期待を無視する近藤は
      国斉さんに代わりに褒めさせようとするんだけど

      「お〜 何か印象変わったな〜」

      あんたも大雑把だな!!(心の声)

      ここいらの三人のやり取りも可愛かった
      全体的にこの三人のやりとりが可愛くて好きだった
      私は鳥海さんも千葉進も声が好きなのと
      岸尾さんも好きな方なので尚、ハマったのかも

      近藤は国斉さんに課題を手伝って貰うつもりで来たけど
      国斉は忙しくって代わりに雛森がやろうとしてくれるんだけど
      あまりの「近藤くん好き好きオーラーにドン引きして逃げ出してしまいます
      結局追いかけて廊下で近藤の課題やってあげるものの
      それは病気で入院していた近藤用にわかりやすいように出来た例題で
      「俺がやってもしょうがないんじゃないかな?」と雛森は思うんだけど
      結局やってあげちゃう・・・その言いなりになる態度が近藤は気に入らない
      思うことはあってもやってあげたい雛森とちょっと揉めます

      「舎弟でもいいもん

      「よくないでしょ!?」

      「いいもん

      ハァハァ・・・シンポの「もん
      BLにおいて可愛い子ちゃん受だけが使うのが許されてる

      (私の中の)魔法の語尾「もん

      別に「〜もん」が特別好きな語尾ではないのですが
      私の特に好きな声優さんは余り可愛らしい口調が似合わない方が多いい
      (私は高音透明感たっぷり可愛い子声が苦手なので)
      ですが、たまに「〜もん」を聞くと毎回苦手な音域の方でも

      カワエエ・・・・と思っていたのですよ
      今の千葉進に「もん」が似合うと思わなかったし
      まさか聞けると思わなかった

      だがあえて言わせてもらおう!!

      スッゲ〜可愛かった!!

      やっぱりシンポは私の中のたった一つの輝ける星だなっと実感した
      ほかの人が何にも思わなくっても私は思った
      は〜、ありがたや、ありがたや
      40のおじさんの可愛い「もん」が聞けただけでシンポが雛森になって良かった
      (もうこの時点で私はかなり満足してしまったので
       まさか、これから更に雛森に萌えるとは思いもしませんでした・・・・
       そして、薄々お気づきでしょうがメイン杉田鳥海の感想はこれからほぼありません
       この気持ち悪いテンションに付いて行ける方のみ、以下お読みください




      もうね、本当に雛森可愛かった
      原作ではそうでもなかったし
      【生徒会長に忠告2】の雛森を聞いたときも何とも思わなかったんだけど
      今回の雛森は近藤の一挙一動に一喜一憂していて
      好かれたくて頑張っていて、攻めなのに思考が乙女回路
      声も若干・・・・攻なのに高音目というか
      受でもおかしくない音域だし
      近藤は結構サバサバして男前だったり気が回ったりするので
      その対比がすごく良かったのです


      「髪型変えたんだろが!!」と普通のテンションで近藤に言われて

      「気づいてくれてたんだ・・・嬉しい

      乙女思考すぎるよ〜!!!
      「嬉しい」の言い方が何というか乙女だった
      恋する乙女の言い方だった
      好きな男子に前髪切ったのを気づいて貰った時の女子学生の反応ぽかった
      いい意味でカマっぽかった!!

      前髪を触られて「は・・・離れて」も乙女だった・・・・
      千葉進よ。。。。その声は攻で出す声じゃない受声だ!!
      (それで私はいいけど)


      そして一転、今までの自分を反省しての決意表明

      俺は変わるよ・・・君のために」

      言い方は気弱で乙女なのにしっかりしていてよかった
      それもイイ声出すからかっこいいんじゃなくって
      決意を感じられるのと
      本来はカマっぽいというか優しいというか乙女っぽいキャラが
      好きな人のために決意を固めていながら恋してる切なさがあった

      俺関わるのやめよ〜↑

      距離とろう〜・・・・

      そこまでされた近藤はトキメクでなく、やっぱりちょっと引いてしまうのでした
      ここの岸尾さんの言い方も面白かった


      知賀が部活の先輩らと仲良くなっているのを知って
      イライラしているところに雛森が課題をやって届けにきてくれるも
      八つ当たりしてしまいます

      ずるいーーー!!
      お前かよ!!
      やっぱり岸尾さんテンションの高い
      そして、雛森はこんなに邪険にされているに
      息を飲んだり「うん」一言だけでも恋する気持ちがダダ漏れ

      メール送る送らないでモチャモチャする雛森

      近藤君・・・大好き〜

      乙女すぎる・・・乙女すぎるよ・・・雛森さん
      千葉進の演技が恋する乙女すぎる
      だから千葉進よ・・・・それは受の恋する演技だよ・・・・と
      何度も思いましたが私は楽しいので満足しきりでした
      可愛いし暑苦しいし面白かった
      ここまで一生懸命に恋してると応援したくなります


      メッチャクチャ怪しく雛森を呼び出ししたり
      国斉をねっとり触りまくる類家先生(檜山さん)
      さっそく気づいて国斉に釘をさす知賀
      何で先生にそんな態度とるのかわけわかんなくて突っかかる国斉


      イヤイヤ、イヤイヤど〜考えても類家先生危ないだろ・・・・
      檜山さんの声がまたプッツンキレキレね〜っとりムワムrワしていて
      これを怪しく思わない国斉はどうなってるのか・・・・
      原作でもアレでしたが
      檜山さんのおかげでパワーアップしてました
      ジメジメイライラしながらの行き成りキレる怒号が怖い・・・
      この静か〜にイライラしてるのと、プッツンの対比が激しくて
      素晴らしくサイコでした
      檜山さんの声自体は好きなので気持ち悪さはないんだけど
      怖さが絶妙でした〜


      雛森を呼び出し定規でビシビシ叩きながら
      知賀と国斉とのことで揉めたことを責め立てます

      メチャクチャ檜山さんが怖いです

      一種のマインドコントロールというかヤクザのやり口というか
      怒号がすごいのですよ〜
      ねこなで声のねっとりとの対比に怒鳴る時の声量というか
      声のハリがさすが勇者王は違うなという・・・
      こんなでっかい声だしても声が掠れず割れずにいて
      素直に本当にすごいな・・・と
      この雛森追い詰めシーンはどこもすごいのでピックアップできいのですが

      なあ!ええ!?おい!!

      ビシバシ定規で叩きながらのこの声だけで追い立てるところが
      特にビビりました

      すごいクオリティーで怖い気持ち悪いので必聴です
      元気がないときに聞くとグラグラするほどすごいですよ〜
      あと、音量注意です

      BLですごい演技聞いちゃったよプッツンベスト3に入ります
      ちなみに他ノミネートはこの二つ
      【絶対服従2 絶対束縛】鈴木千
      【ANSWER2 sugession】千葉進
      (【あざやかな恋情】の関俊さんもいいのですが
       上手いけどプッツンキレキレ具合を評価してこの二つです)
      ただこの二つは面白さがあるけど
      この檜山さんはひたすら怖かったです〜
      他のプッツン演技も聞いてみたいなぁ


      ビビって泣き出しちゃう雛森にはすごい共感するとともに
      セクハラ?ぽいしオドオドしてる千葉進声には萌ました
      戸惑い困惑からの恐怖懺悔悲しみと暗黒面に引きずられそうになる熱演
      檜山さんのすごさに引っ張られて埋もれるのではなく
      ビビり方や気持ちの移り変わりや涙の意味が変わってくるところまで
      繊細で引き立っていました
      サイコ演技はビビる人の演技があって引き立つのもありますね〜
      そういう意味では野島兄弟、鈴木千さん、平川さんとかは
      ビビリ方が本気度入っていて責め立てがいがある声&泣き演技だな〜と
      個人的に思います
      そしてこのカテゴリーには入ってなかったけど
      意外と千葉進さんもビビリ演技や泣きの過程がいいなぁっと思いました


      近藤の機転で知賀が来て
      全てを知賀にかぶせようとするも二人の友情と素直さ?の前に完敗
      逆ギレするも定規が(足に)刺さって恥ずかしくなって退場
      残された雛森を慰める近藤

      ここの近藤がえらく男前だった
      ちゃんと雛森を褒めて認めてあげて
      その上で自分が一緒にいたほうがいいのか、一人になりたいのか聞きます

      この気のききよう・・・そりゃ、人間関係に不器用な雛森は憧れちゃうよな〜と
      普通に恋愛なしにしても嬉しいと思う近藤の態度でした

      「いい人だよ・・・」
      「はは・・・やめて」
      ここの岸尾さんの言い方が素ぽくてツボった
      ず〜っとテンション高い演技でのボソっとした感じが良い

      どさくさにまぎれキスする雛森

      近藤君 近藤君 近藤くん・・・
      名前連呼の切なさがMAX感がヤバかった
      もう本当に好きなんだな〜って感じです

      シリアスからのコメディ
      上に下にアワアワもっちゃもっちゃしあってる二人が面白い
      二人とも演技が濃い?全力投球タイプなので
      独特のこってり感がありました
      良いです良いです好きです


      雛森さんにのしかかられての近藤の

      おわちょちょちょ・・・どわ〜!

      これなんて言ってるんでしょうかね・・・・
      原作にはないセリフなのでなぞ
      言葉にならないセリフでも岸尾さん上手い

      俺がどくーー!!

      これも↑よかった
      色々抜粋しちゃってるけど
      一々岸尾さんのイントネーションのテンションの高さがハマるのです


      屋上階段付近でイチャイチャする知賀国斉
      それを雛森から逃げた近藤はロッカーで聴いてるのです・・・

      今回の短いサービスシーン
      国斉が喘いでいます
      最近鳥海さんの喘ぎがいわゆる格闘系になっていたので
      ここで久々に可愛らしい色気があって何だか安心しました・・・・




      いやはや、思いのほか熱く語ってしまうぐらい良かったです
      正直私は山城川和の関係やら見た目やらか好きなので
      今回にさほど期待してなかったのですが
      メインモノローグを多く担当した岸尾さんのはっちゃけ具合
      久々のシンポのやりきった感のある攻なのに乙女なのと喜怒哀楽の緩急
      檜山さんの予想以上にキレキレプッツンサイコ怖い演技

      あまり動きのないあっさりした展開だったにもかかわらず
      昔の奇想天外トンデモBLを聴いてるような面白さがありました
      最初に書いたけど、やっぱりこってり演技っていいですね

      あっさり演技をテレビドラマだとするなら
      こってり演技は舞台演劇みたいな感じ
      どっちも悪くないけど、どちらも違う魅力があるのです
      そして、演じ方や見せ方が舞台とテレビでは違よね〜という


      トークcdも昔の大勢一斉収録系でした
      最近は少人数やメイン二人+別取りコメントのフリートークばかりなので
      このワイワイがやがやしてるのが楽しかった
      あまりフリートークを重視しない私ですが大人数系のが楽しい気がします
      そして、久々に聞いたシンポのBLトークはさすがでした
      今はそんなにBL出てないのにブレないのね・・・・と嬉しかった
      「Mキャラ」「くんずほぐれず」「調教」
      岸尾さんがのっかてくれて、檜山さんが優しくて、鳥海さんが空気読んでくれて
      良かったね・・・・という感じなのに本人がほんわりしているのに癒されました
      そして、檜山さんが森川さんの話をしているのが印象的だし
      意外と?BLに対してオープンだな〜と思いました
      杉田さんの最後のマイペース具合も楽しかったです
      前回の山城、今回の類家とヤンデレキャラ続出で話へのツッコミもされてました
      最近は定期的(一年一枚ペース)に出る続編ものってほぼないので
      その時だけじゃないそれぞれのキャラについてとかも考えがあって面白かった
      前回のフリートークも面白かったですが、今回も良かったです
      前回今回とある程度BLに慣れているメンバーなので
      自然にBLに触れながらもギクシャク感?がないのに無理なく作品に触れていて
      和気あいあいといい雰囲気もあったと思います
      フリートーク込でお薦め



      そんなこんなで新年一発目はとても偏った長い感想になりました
      今年もよろしくお願いします

      【幸せになってみませんか】腰乃

      0
         鳥海浩輔×飛田展男

        トークCDの飛田さんが
        なんか・・・
        なんか・・・・
        可愛かった〜

        イヤイヤ、可愛いというのは語弊があるかもしれないけど
        私はトークCDの飛田さんがすごく好きだった

        思わず「ノブオ〜〜〜と悶えてしまった
        (基本私は声優さんの名前は〇〇さん呼びでして
         愛称?で呼ぶのは恥ずかしいというか
         アニメ乙女とかに詳しくなく
         あまり声優さんの色々を認識してないのに愛称?呼びはおこがましく
         唯一、萌が加速して堪らなく自分的相性で呼んでるのはシンポぐらいです
         そんな私が下の名前で悶えるのはとっても珍しい・・・)

        本編のトーンよりトークのトーンのが好きだったのもあります

        鳥海さんとのやりとりもほのぼのしていたし
        飛田さんの穏やかで良いお人柄が見え
        演技での取り組み方もわかり
        更に、BL原作なのにとっても真摯に役作りしてくださって
        癒されてしまいました〜

        「イエ〜イ!!パフパフ〜
        すでに出だしのテンションを上げた様子に引き込まれ
        「買ってくださったんですね!嬉しい
        言い方に心を奪われて
        鳥海さんに褒められての「やった〜
        テレてる時の
        「くぅぅぅ〜ちっくしょ〜」で萌え転がりました
        「うふふ」「へへへていう小さな笑い方も可愛い
        「聞き終わったらまた最初から聞いてね〜ドラマ〜」
        最後の最後のフニャフニャした声でのお願いも癒される!!
        可愛い・・・可愛いよ・・・・ノブオ!!

        アニメとは違うドラマCDならではの良さも語ってくださっています
        鳥海さんも飛田さんを尊敬してるんだな〜というのが伝わるし
        原作やキャラについても始終触れていました
        (結構フリートークは原作に関係ない話をすることが多いいからね〜)
        良いトークCDだったと思います
        個人的にはこのトークCD聞けただけでも
        購入した価値が私はありましたぁ

        本編一回聞いたあとに、トークCDは5回以上聞いてしまった・・・・
        しかもしばらく寝る前に毎回聞いてしまうぐらいお気に入りです
        クソ〜、ノブオが可愛すぎるんだよ!!



         
        本編のお話自体原作通りです
        腰乃さん独特のポンポンした会話が軽妙で楽しかった
        堅物オヤジ受なので飛田さんの声も年齢相応で堅め
        もうちょっと若い声や麗しい声も出ると思われますが
        原作のキャラを思うとイメージ通り
        (某看護師ロボットの柔らかい声とか好きだし
         本編よりトークCDの声のが若いです)
        鳥海さんは若干オネエ口調があるのですが
        テンションが高くて面白さと真面目な時のかっこよさ
        二つの対比が出ていてどちらも楽しめてお得でした


        若干・・・不満があるとすれば演出かな〜
        悪くはないんだけど他の既に出ている腰乃作品に比べると
        もう気持ちテンポが悪い
        会話自体はポンポンしているけど
        演出での切り替えとかがイマイチテンポを悪くしてるところがチラホラ
        あと「ここでこのBGM?」というところが

        で、この演出家さん調べたら
        【ファミリーバイブル】【秋山くん】【夢のような話】とかの
        イマイチ演出が良くないやつなのです・・・・
        今回は飛田さん鳥海さんのキャラ作り良かったけど
        上記三作は声優さんは演技上手い方ばかりなのに
        原作のちょっとしたニュアンスが伝わらなかったり
        明るい話なのに暗いトーン作りしていたり
        私のシンポが棒読みだったり
        声優さんへの演技の指定も私好みじゃないというか
        原作標準ではない気がします・・・
        BGMは百歩譲って我慢できますが、声優さんの演技指定はしっかりやって〜!!
        と、思わずにはいられませんでした


        今回は上記三作に比べれば良い方です
        【僕はすべてを知っている】も良くはないけど悪くなかったので
        コメディ系の軽い話ならそこまで悪くならないのかな?と思われるけど
        どうせなら今まで腰乃作品演出した方で聞きたかった気もします


        脚本は良かったです
        原作にないセリフも入っていたりして
        音声化にあたってわかりにくい説明的なものを追加されていて
        キャラを壊さず過不足なく状況がわかりやすいです

        付き合ってる相手にプロポーズをしたら
        断られて傷心の飛田さん
        やけ酒を煽っていたら隣にいた鳥海さんも
        電話で男の恋人にフラれてしまい意気投合
        なんやかんやとノリでラブホテルに行くことになり・・・

        トークCDで転がった私ですが
        オヤジ受がそんなに好きじゃないのもあり
        本編自体は面白いけどはあまりなかったです

        初っ端の女性のフリっぷりが見事です
        ここまでバッサリなのは女性的には気持ちいいな〜

        酔っぱらい泣きながらおネエ言葉の鳥海さんインパクトあります

        「でしょ!!そうでしょ!?
         そうなのよ〜
         ふざけんなっつてんだよ〜
         くそったれぇぇ

        ここアドリブなのかなぁ?
        脚本で+されたのかな〜?
        「でしょ!!」以降のセリフは原作にはないんですが
        すごくキャラの性格を掴んでいるし
        鳥海さんのテンションだけで一発でキャラの性格がわかる


        ラブホでプロポーズを断られたことを言う飛田さん
        婚約指輪を鳥海さんの小指に付けて
        「君にあげよう」と言います

        「うわ〜すご〜い
         光ってるぅぅ キレ〜イ

        「いいの?本当に俺でいいの?」

        言い方が可愛かった
        トークCDは飛田さんが可愛いけど本編は鳥海さんのが可愛い


        弱ってる飛田さんに襲いかかる鳥海さん
        「そんなつもりで君と来たんじゃない」

        漫画だと冷静そうですが声がひっくり返って
        すごい動揺と慌てっぷりだった
        キスされて咳き込むところとか
        声の裏返り方とかすごいリアルで飛田さん上手い!!と思った

        blcd出てる方って音だけで演技してるから上手いの当たり前なんですが
        細かいところが飛田さんはすごいベテランだな〜という
        細やかで自然で技術職的な上手さがあってすごかったです

        そのまま鳥海さんのお口ご奉仕
        普段おネエ言葉なのに、襲うときは普通に男言葉でカッコイイ
        鳥海さんのSEは派手なわけじゃないんですが
        鼻にかかった声とジュプ音とゴックンがいつもワンセットであるので
        地味に好きです


        二度と会うことはないと思った鳥海さんですが
        同じ会社の仕事が出来る男だと知ります
        そして、左手小指にはあの婚約指輪がはめてあり
        返して貰おうと奮闘することに!


        飛田さんの同期に【隣りの】【幸せなら手をつなごう】の檜山さんが出ています

        「こちょこちょこちょ〜」
        「あっはっ☆」


        これがすごいイイ味だしてまして
        檜山さんののんびり飄々とマイペースおじさんっぷりが面白〜い
        この口調でこのキャラもっと聞きたい!!て思います
        これ聞いた後【隣りの】聞き返しちゃいました
        檜山さんイイな〜
        好きだな〜

        「指輪は返さないし付き合ってくださいと鳥海さん

        「やだ〜、ど〜しよ〜
         テンション上がるぅぅぅ
        「きゃ
        おネエ語が面白可愛かったぁ

        そのクセ
        「何で信じてくれないのぉ?」とかはカッコイイ

        二週間、指輪を取り戻せないまま
        エレベーターで元カノに会いそこで
        「追いかけてもくれなかったね、あなた」
        最後のダメ出しをされます
        そこに指輪をしたままの鳥海さんが現れ
        無理やり連行します


        また、この元カノがすごく辛辣なんですが・・・・
        その言い分もわかるというか
        確かにこういう人と結婚・一緒に住むことは難しそうだなぁっと
        思わずにはいられませんでした
        『適齢期に長く付き合ったから結婚する』って感じで
        そこに恋愛感情があったのかちょっと疑問ですもんね〜
        でも、いくら本当のことなのに最後の最後に言わなくってもね・・・と
        ちょっと可哀想ではあります
        本当のことでも言わなくていいことってありますからね
        指輪とりあげようとするも腕上げられて届かない
        鳥海さんの「高い高〜い」
        ムキこいて背伸びしてる飛田さんの様子が浮かんで可愛かった

        まったくBL的な萌がここまでなかったんだけど
        ここはちょっとました


        言い合いしてるところに電話が入り
        空き巣が入ったことを知らされます
        素泊まりを提案する鳥海さん

        明るくてポジティブで気遣いができて頼りになる
        おネエ言葉だけど男前というかイイ男です

        お茶入れたりお菓子だしたり髪吹いてあげたり
        悩みを聞いてあげ、嫌味も言わず、悪いことも後残ししない
        かなり尽くしっこ体質でお買い得な男です

        ですが強かでもあり
        結局また腕を縛りあげてエロいことされてしまいます

        エロいことはエロいんですが色っぽくはありません
        ですが、何というかオヤジ受けとしてトーンとか喘ぎとか
        リアルだな〜と思います

        リアルと言えば
        チョイチョイ入る咳き込み音が飛田さんうまいです


        外れないと思った指輪は外れ騙されていたことを知ります

        鳥海さんの色んな鼻歌が聞けます
        二人のギャンギャンしたやりとりが楽しい
        絡みが色っぽくないので、このギャンギャンを楽しむ感じです


        そして、空き巣が入った部屋には帰れず
        寝食無料の鳥海さん宅に住むことになります
        至れり尽せりで居心地の良さを感じ始めます


        や〜ん、ケーキだぁ〜嬉しい〜」
        ここ、やっぱり可愛い

        仕事ができて家事ができて
        家庭の愚痴を言わず明るく愛情たっぷり

        なんて良い嫁っぷりなんだ!!!!


        怒涛の勢いで口説きにかかる鳥海さん
        「ほら、どうすんの?」
        「逃げちゃってください・・・・」
        「嘘です
        おネエ言葉で可愛いのに、攻める時はカッコイイです
        しかも、甘優しいかっこよさだったりします


        翌朝 飛田さんがいなくなり
        帰宅時に「指輪は返して欲しい」と言われ
        ダメだったと思う鳥海さんですが
        「スライドしたモノを大事にされるのは罪悪感を感じる」
        「君と向き合いたい」
        「欲しいモノがあるなら買ってやる」
        と言い
        露天の指輪を買ってあげ
        飛田さんは鳥海さんを受けれいて両思い

        指輪買ってやる時に
        「何でもいいぞ!」
        「ホント?」

        のやりとりが良かったんですが、ここも原作にありません
        でも、受の堅物具合と攻の必死さが表されていて
        良い追加セリフだと思いました〜

        オヤジ受のが男らしく
        まるでプロポーズ?してるような感じでした〜



        その後の二人
        上をやりたがる飛田さんを丸め込んで
        最後までエッチしちゃうまで

        やっぱり、あんまり色気はない気がするので
        絡みより会話のが楽しいんですが
        これは単行本書下ろしなので入ると思わなかったので嬉しかった


        でも、反面エロなくってもいいから
        檜山伊藤組が出る
        ショートとカバー裏入れて欲しかった!


        萌はないけど面白かったですよ〜
        どちらかというと、漫画の同時収録の
        純情高校生コンビニバイト×ピッチギラギラリーマン
        このカプのが萌えて好きだったりします
        こっちもCD化してほしかったな〜


        こちらの飛田さん
        【ひみつのセフレちゃん】の遊佐さん
        【ファミリーバイブル】の千葉進さん

        オヤジ受ばかりだわ〜
        声優さん目的なのが
        高くて透明感ある声より少し篭ったりハスキー声のが好きです
        演技も初々しい若さよりも安定感ある方がいいしな〜
        でも鈴木達さんや羽多野さんや小野友さんや日野さんなどなども好きで
        「ベテランじゃないと嫌!!」ということはありません
        BLに出てくださる方は皆好きです



        飛田さん萌に開眼したので
        【空と原】がメチャクチャ楽しみになってしまった!!
        響くん有坂先生の番外編を朝日美子先生描いてくれないかな・・・・
        そしてCD化してほしい



        【生徒会長に忠告 4】門地かおり

        0
          杉田智和×鳥海浩輔 森川智之×遊佐浩二



          【3】より更に音だけだと何してんだかわからない内容です
          私は原作読み返しすぎて物語の進行にあわせて
          漫画が頭の中で駆け巡っていくので問題ありませんでしたが
          CDだけで内容を追っている方や
          そこまでは原作読みこんで無い方には不親切な作りな気がします
          でも、Dear+のCDっていつもこんな感じなんですよねぇ
          ただ、今回は内容が内容だけに本当によくわからん

          まず、モノローグがしょっちゅう移動します
          杉田さん鳥海さんと2人で回すのはわかりますが
          遊佐さん森川さん鈴木達さんと脇まで自分の気持ちや考えてることを
          モノローグで語っていたりするんですよね
          場面展開も鳥海遊佐・森川杉田・子安鈴木達と3組みが別行動していて
          3つの場面に短いスパンで視点が変わります
          漫画だと違和感ないんですが、CDだとどこに誰がいるのかわかりにくいですねぇ
          鳥海→杉田と電話していたり、森川杉田子安鈴木達と4人揃ったりっと
          移動も激しいですし・・・・
          これ、本当原作知らない人はわかったのだろうか?

          Dear+のキャスティングは外さないことが多いいので嬉しいんですが
          もう少しCDだけでわかる内容だと嬉しいかな?と
          その反面、漫画のまんまだったりするので原作ファンは嬉しい作りなんですが
          今回は漫画どおりじゃなくって削ってるシーンなどもあるので
          原作ファンにも微妙だし、CDだけの人には不親切だし
          もう少しどうにかならなかったのかなぁ?
          う〜ん・・・・でも門地作品はモノローグもセリフの応酬も独特のテンポだし
          難しいのかもしれませんね〜
          仕方ないのかなぁ



          森川さんの執着心に対して
          「ただ手近な男が欲しいだけだろうから
           男を差し出せば自分に変なことをしなくなるだろう」
          と考えた遊佐さん
          鳥海さんを生贄?にしようと企てます
          何も知らない鳥海さんはぼんやりと杉田さんのことを考え中
          杉田さんは森川さんから遊佐さんに告白したけど
          なかったことにされてフルことするされなかったと語ります
          この時の遊佐さんのモノローグが病んでいます
          「どぉ〜して?」
          ただ電話に出るだけなのに
          鳥海さんに詰め寄る遊佐さんの声が怖〜いんですよ
          そこに鳥海さんに執着する檜山先生が登場
          遊佐vs檜山がどんより怖い
          二人ともベクトルが違うけどヤンデレ同士だからね!
          ポヤポヤしてる鳥海さんの対比がますますヤンデレ二人が際立ちます
          檜山さん怪しくていいな〜
          檜山さんの本領が発揮されるのは続編からなんですけど聞きたい!
          プチヤンデレだった千葉進さんが可愛く思えます
          千葉進さんを虐めまくる檜山さんを想像すると今から楽しみです
          それにしてもキャストはヤンデレ上手な方ばかり揃えてますね
          檜山さん遊佐さんはもちろんヤンデレ演技の不気味さが出ていますが
          鈴木達さんも【勘弁してくれ】【個人教授】の病みっぷりよかったし
          杉田さんも【scarlet】の病みっぷりスゴかった
          千葉進さんは壊れちゃった系の【Answer2 SUGGESTION】
          鳥海さんはスペック高いのに受けに執着しすぎて病む攻めが上手いし
          子安さんは病むというより【喝愛】の人を人とも思わない冷淡で
          受け関係でおかしいというよりちょっと人格がひねってる役がハマったし
          森川さんは病み属性感じなかったんですが
          ↑メンバーとは違う心の中が空っぽになっておかしくなっちゃうような
          ヤンデレを聞かせてくれました
          私はヤンデレBL好きだったりします
          ちょっと間違うとBLじゃなくってジュネ入りそうな感じが堪らんのですよね
          (別にジュネ好きでもないんですが・・・・
           BLと違うベクトルとしてたまに読むと新鮮なんですよね)


          鳥海さんと電話している内に杉田さんは
          外に取り付けてあるダクトに人が入ってることに気づいてしまいます
          そこで杉田さんを締め落とそうとする森川さん
          子安さんや鈴木達さんを交えて乱戦
          何だろう激しい乱闘まがいで、3人は焦った声を出しているのに
          三人を相手している森川さんだけ場違いなぐらいゆったりしていて
          まるで全然違うことを考えてここにいないような
          全部がどうでもいいような感じで
          がっつりおかしいわけじゃないんですが、静かにゾッとしました


          遊佐さんの恋人だった姪っ子を縛ってボックスに森川さん入れていたんですね
          それがバレて、その場に遊佐さんもやってきます
          森川さんは彼女に頼まれたからやっただけ・・・と悪気?がありません
          何度も遊佐さんの名前を呼びかける森川さんの声がスゴイ
          ずっと呼んでいるんですが、遊佐さんは無視しきります
          周りのメンバーは森川さんのことを遊佐さんに問いますが遊佐さんは無視
          この空気感がすごく寒いんですよ・・・・
          面白キャラだった子安さんの焦った声がますます雰囲気のヤバさが出てる
          遊佐さんが去った後の本当にどうでもいいような
          「ま・・・いっか・・・・」
          上手く言えないけどすごいんです
          過去を回想しながらどんだけ自分が好きだったかの森川さんモノローグ
          「欲しいのはお前だ・・・・公四郎」
          「どうしたら愛してもらえるんだろう・・・」
          感情を抑えていて何もない疲労と擦り切れてしまって何にもないのに
          寂しさと辛さが滲んでいるんです
          原作ではサラっと山城の気持ちとして読んでいましたが
          もうこの森川さんの言い方が辛くてですね
          ただでさえ山城川和カプ好きだったんですが、これは幸せになってもらいたい!!と
          山城を寂しくて辛いままでいてほしくない!!と
          川和だって山城を何とも思ってないなら世話焼いたり友達付き合いをしないで
          もっとあからさまに遠ざけるだろうし
          山城の執着が怖いのと、それによって暴かれる自分の性癖が怖いんじゃないかな?と
          CDではサラっとかわされていますが
          原作では子供時代の川和に山城の目線がSYOKU手になってヌラヌラ絡まって
          思わず一人でいたす川和少年が書かれていますからね!
          いくら執着されてるからって、その想像は川和少年エロエロだと思います
          よって、エロくなるのが怖くて川和は逃げ惑ってるんだ!と勝手に思っているので
          この後の堕とされてエロエロになる川和を期待しています
          (門地さんってコメディBLで人気が出たけど、それ以前は暗い話も多かったです
           古い作品はジュネに片足ぐらいは突っ込んでいるかと・・・
           ジュネ受けってエロに対してストイックというか自虐的なんですよね
           エロい自分が許せない!!そんな自分はおかしい!みたいな
           最近の【私説三国志】の受けちゃんもそうですが)
           



          その後両思いになった杉田鳥海のラブラブエロがあるんですが・・・・
          結構長いし原作ではエロエロだった印象なんですが・・・・
          なんでしょうね〜
          音になったらあんまりエロくなかった!!
          喘ぎより「両思いになって嬉しい」というモノローグ
          言葉責めじゃなくてどんだけ今幸せなのか語る
          ガンガンアンアンハァハァしてるわけじゃないま〜ったりした空気感なんですよね
          あれは原作のじっとりした絵がエロかったのかな?と思ったり
          【3】【4】通して一番エロかったのは車の中で森川さんに襲われる遊佐さん
          未遂だけどここのがエロかった気がします・・・・
          メインカプは【2】の病院エッチのがエロかったです
          それと、両思いになる前の森川さんのモノローグがすごくてですね
          すぐにメインカプのラブラブにモード変換できない
          いつまも森川さんのあのシリアス演技が頭から離れない
          何回か聞き返したら違うかな?と思ったんですが
          発売してからそこそこ聞き返していますが・・・・・
          やっぱり森川さんのところで一つお話が終わっちゃ感じがして
          その後のメイン二人のやりとりが上の空で聞いちゃうんですよね
          なので、両思い後の二人は一日置いてから聴いたりしないと
          内容がちっとも入ってこないというね・・・・


          あと、ちょっと残念だったのが攻めのお母さん役の方
          演技がちょっとキャピキャピしすぎだった
          もっと落ち着いて大人美人がギャグぽくなるのが面白いのに
          あれだと安い水商売の母っぽい・・・・
          愛人だけど安っぽくはないのに〜!!!!
          もうちょっと演技どうにかして欲しかったです
          声はいい感じなのに残念でした・・・・



          原作すきなので、このままスムーズにCD化していって欲しいです
          こんなにボンヤリ話す鳥海さんはここでしか聞けない気がします

          演出とか思うところはありますが概ね満足だったりします
          やっぱりキャストがイメージにあっているのが大きい気がします
          今回は本当森川さんが全部持っていちゃった話でした



          初回特典にはフリートークCDが付いています
          森川さんが鳥海さんの力が抜けた演技にビックリしてましたね
          遊佐さんが檜山さんが【1】に出ているキャラだと思っていたり
          最後に「生徒会長は君なの?」と鳥海さんに聞いていたり
          面白かったのでフリートーク毎回付いていて欲しいな〜

          【生徒会長に忠告3】

          0
             杉田智和×鳥海浩輔
            森川智之×遊佐浩二


            続編をず〜っと待ち望んでました!!
            2年ほどあいての続編発売・・・
            この三巻はすごく好きな山城×川和カプ話が入っていて
            他の巻は実家においてあるのに3巻のみ手元に置くぐらい好き
            前作で川和が遊佐さんに決ってからず〜っと楽しみにしていたんです


            このシリーズは他キャストも私の好きな方がばかりです
            ちょっと変わってる友人役に子安さん
            このキャラ用のボ〜っとした話方が面白い
            イメージにも意外とあっています
            いつも役作りに苦戦している様子でした
            漫画読んでいても何考えてるのかわかんないキャラだもんな〜

            主人公の友人役の岸尾さん
            可愛い受けが私は苦手で、岸尾さんは結構BLでは可愛い系多いいんですが
            今回は性格男前サッパリの(今のところ)唯一のノンケ役
            自由な演技が発揮されていて楽しいです
            私は大人しくて健気で可愛い受けが苦手なので
            岸尾さんの若干キャラを壊す演技が好きです
            (その方が可愛くなりすぎないので面白く聞ける)

            そして、前回活躍?した国斉(鳥海さん)に片思いヤンデレ君に千葉進歩さん
            千葉さん自体がスゴク好き〜
            お話しが進むと千葉進さん×岸尾さんになるみたいなので楽しみです
            残念なのは3・4と千葉進さん&岸尾さんの出番がまったくなかったとこ
            漫画だとちょっとあったんですがバッサリカットされていました
            続きが出るなら千葉進×岸尾です


            国斉に執着するちょっと怖い?先生に檜山さん
            今回出番がないんですが、【4】で結構出て来ます
            檜山さんは個人的に好きなので嬉しい
            独特のじ〜っとりしかヤンデレの不気味ぽさがいいですね
            こちらも続きが出ての檜山さんの演技が楽しみ
            どれぐらい気味悪くなれるんだろう


            国斉の川和先輩に遊佐さん
            もう川和さんが遊佐さんですごく嬉しかった〜
            幼馴染の山城に執着されてどんどん追い詰めらていくところが
            遊佐さんが演じることによって変にヤンデレに感じます
            原作よりさらにネ〜ットリして感じられるし色っぽいんです
            何故か川和のがヤンデレに聞こえるような
            遊佐さんの怯えきったグルグルしたモノローグが必聴です
            想像以上の良さでした

            川和に執着する山城に森川さん
            前作で遊佐さんのキャストは決まっていたので山城が誰になるのか
            楽しみにしていたんですが森川さんですよぉ
            森川さんはカッコイイ攻め役イメージなので
            ヤンデレ執着攻めをどう演じるんだろう?と思っていましたが
            すごくかっこよかった・・・
            ちょっと爽やかさもあるんだけど、何考えてるか解んないような
            底知れない感じと山城が好きなところがあわさっていて魅力的に!
            遊佐さんの役が原作より病んで聞こえるので、少し軽いトーンと
            シリアスのグッと抑えた声との対比が活きていました
            また、森川さんの声がかっこよすぎて
            「もう川和こんなカッコイイんだから受け入れちゃいなよ!!」と思った


            主役のお二人も良かったです
            前作は鳥海さん目的で買ったCDだったんですが
            他CDにはないぽんや〜りした口調が可愛いの
            門地先生お墨付きだけある可愛さ
            杉田さんは嫌いじゃないけど、何をやっても杉田さんが出てくるのですが
            敬語でゆっくり丁寧な抑えた声の時はやっぱりいい声ですよねぇ
            【執事の特権】【エゴイストプリンス】など
            敬語攻めは結構いいと思います




            出だしの鳥海さんのモノローグ
            「病院でだってしちゃうよ〜」
            言い方がすごく可愛くて好きです
            すごい事言ってるのにぽんやりのったり口調なので笑える


            遊佐さん鳥海さんが好きなので二人の会話シーンも好きでした
            何故か受け同志のはずなのに鳥海さん相手だと
            遊佐さんが攻めっぽく聞こえます
            話をさえぎる時のかぶせるような
            「なぁい!」
            少し責めるような
            「お前はどっちの味方なわけぇ?」
            車のハンドル切りながらイライラ不機嫌そうに話す遊佐さんがカッコイイ
            受けなのにカッコイイんですよ


            女装するシーンが色々面白かったです
            「俺・・・可愛くないか?」と言ってる子安さんに対する
            周りの非難と好奇の目がざわめき
            原作どおりなんですがザワザワ感がでていました〜
            あと、原作にないやりとりも!
            国斉(鳥海さん)と川和(遊佐さん)のやりとり
            「俺〜、川和さんの女装姿も見たかったなぁ」
            「ざぁんねぇ↑ん!」
            こ、この「残念」の言い方が全然残念そうじゃなくていいの
            遊佐さんてこういうちょっと小憎たらしい役すごくハマりますねぇ
            ニヤニヤ笑いながら話してたり、含み笑いしながらのセリフが上手っ
            そして、私も原作で川和の女装みたいっと思いました
            千賀(杉田さん)に対する余裕た〜っぷりの
            「千賀君!大丈夫」
            小憎たらしいほどでしたよ〜
            (褒めています)
            それなのに、山城(森川さん)がくるといきなり慌てまくりなの
            ツン!
            ツンツン!
            なの〜

            女装した杉田さん&子安さんが自分のパートナーのを求めて
            女装パートナーを作れずにいた唯一の男鈴木達さんを追いかける
            「俺の男〜!!」
            のやりとりも面白かった
            子安さんも杉田さんも野太い声で男を追い求めるのですよ
            原作でも柔道やってる190cmのガタイの男の酷い?女装姿なんですが
            鈴木達さんの必死に逃げ惑う悲痛な叫びが何だかリアルでした
            原作とはちょっと違うやりとりになってますがコレはコレで面白かった


            今回一番の聞きどころ
            車の中で山城(森川さん)に迫られて拒否するシーン
            ここに行くまでの遊佐さんのモノローグがじっと〜りしていて
            何というか怖グルグル懊悩ヤンデレって感じなんですよ
            声だけなのに薄暗い背景が見えるような
            ただ、遊佐さんなのでただ暗いだけじゃなくって
            エロ悩ましいの!!
            追い詰めらえた感がある声が色っぽいの〜
            普段シラッとしてるのに森川さんに対してだけビクビクしてるのがいい
            怯えてるのに森川さんがすごく普通ぽいのがまた怖いというか・・・・
            そして、囁き本気声の森川さんがカッコイイの〜!!!!
            「お洋服めくらせて」
            「お前がイイ・・・」
            「いないよ・・・」
            と、吐息交じりなんですよ
            いけ!!このままいけ!!と思いました
            ヤンデレの執着まじりで嫌がっているのにグイグイ攻め込んでくる
            空気の読めない自分勝手で愛情過多の攻めちゃんなんですが
            森川さんが演じることによってちょっと爽やかで上品でかっこいいですよ
            もう抵抗しないで受け入れちゃなよ!と何度思ったことが
            それでいて、他のシーンは高め音域の飄々とした何考えてるわからない
            軽〜い男に思えるのでこのいきなりのヤンデレ具合が二面性出てます
            それを拒否しまくる遊佐さんのモノローグが・・・
            入ってくる・・・入ってくる・・・・
            な・・・何が入ってくるの???て感じで無駄にエロいです
            無理やりキスされたり体を触られて拒否しまくってる時の怯えてる遊佐さんが
            と〜ってもと〜ってもエロ
            森川さん以外と接してる時は先輩ぽいし
            鳥海さんと話してる時は攻めっぽいほどなのに
            森川さんに対しては急に受けっぽくなるんですよ
            嫌がりながらも微妙に気持ちよさそうなのがまた被虐心をそそっちゃいますね
            原作どおりなんですが遊佐さんモノローグもあるので
            程々話しています


            メインカプ杉田×鳥海カプはすれ違いながらもラブラブ
            謎の携帯プレイを披露してくれます
            ここでの鳥海さんの心の叫びが激しくて、これまた面白かったです
            この一人ノリツッコミがこのCDの面白さだな・・・と



            全体に待っていただけあってすごく面白かったです
            ですが、前回CDまでにあった漫画のセリフを全部入れるやり方でなく
            千葉進&岸尾カプ丸々カットしていたり
            ちょっとずつ違います
            私の聞きたかった国斉さんの千賀に対する一言も入ってなかったし
            その割にそれぞれのキャラが別行動していて
            場所を動く&思惑があるので音だけでは
            どこにいるのか?何してるのか?がわかりにくい気もしました
            これは次作になるともっと謙虚でして
            バタバタして何してるのかわからないんだよな〜
            人も増えてるし、ますます良く移動するし


            ただ、この国斉鳥海さんが本当可愛いのと
            森川遊佐カプが予想以上に良かったの
            それだけで聞いてよかった〜!!
            ヤンデレ森川攻め×怯えるエロ悩ましい遊佐さんに満足です





            【恋じゃないけど】桜賀めい

            0
               檜山修之×鳥海浩輔


              【嫌いじゃないけど】が全体にイマイチだったので
              続編購入迷ったんですが・・・
              原作とキャストが好きなので購入しました
              思ったよりこちらは良かったです
              前作にあった、昭和ラブコメ少女マンガみたいな擬音が少なかった
              多少はあるんですがお話自体が恋愛メインになったためか
              絡みは少ないんですが全体にラブな雰囲気が出てました
              檜山さんが始終エロ〜く囁きまくってますし
              鳥海さんはツンツンデレで可愛い
              【嫌いじゃないけど】では何故か喘ぎが手持ち鳥海受けCDの中で
              ワースト1の色っぽくないクオリティだったのですが
              【恋じゃないけど】ではいつもの色っぽい鳥海さんになってました〜
              もわ〜んもや〜んとした紫ピンク色が浮かぶような出来です




              個人的に檜山さんは声などがイメージ通りでしたが
              鳥海さんは原作好きでもある身で思うと
              もうちょ〜っと線の細い美人声のが良かったかなぁ
              鳥海さんの声好きだしフェロモン出てるし元ヤン設定にはあってるんけど
              鳥海さんだと若干美人より男前かも
              神谷さんや野島裕さんやツン声の近藤さんとかならあっていたかなぁ?
              高音すぎる方がきても私は聞けなかったのかもしれないので
              (好き原作でも高音受けが苦手で購入してないものもある・・・)
              原作考えないでツンデレ鳥海さんを楽しむにはすご〜く良かったです
              ツンデレ好きには嬉しい







              年下チャラ男×年上美人生徒会副会長
              鳥海さんは小さい時から美人だったために変態に会いまくり
              中学時代はグレていました
              高校生から真面目になりますが、その頃を知っていた檜山さんに脅されて
              エロいことをしていましたが、檜山さんは本当に鳥海さんが好きで・・・
              今回は無自覚に周りにモテているのに何も気づかない鳥海さんを
              檜山さんが頑張って守って&くどいています
              なのに、檜山さんに好かれてる実感もモテている実感もない鳥海さんは
              檜山さんの女友達にヤキモチを妬いたりしてます

              ・・・・ようするに、二人ともメチャクチャ好き合ってますよねぇ
              特に檜山さんはフェロモンでまくりの吐息声なんですよ〜
              「幸ちゃん・・・」(鳥海さんの役)の名前を呼ぶだけで
              ムワ~ンと色気が出ているのです
              吐息が・・・吐息が・・・
              檜山さん好きなのでそこそこ聞いてますが
              こんなに色っぽい声はあまりない気がします
              始終フェロモン声なので檜山さん好きにお薦めです






              不審な男が学校をウロついているので取り締まる副会長・鳥海さん
              チョッカイを出す檜山さんに物陰に連れて行かれます
              「押し倒してヤッたろうかな・・・って間」
              「凛とした顔が歪む瞬間ってさ〜
               最高にそそるんだぜ・・・?」
              (↑なんとツンデレ受けの良さを的確に言い当てている一言!!)
              この檜山さんの囁き声が〜




              そんな二人のキスシーンを見てしまった生徒会役員に
              冗談だ!と取り繕うんですが
              「経験豊かな人間はそれぐらいで動じないのだ」
              そんなワケあるか〜!!!
              どんな人間だそれはっっ!!

              この心の声での一人ノリツッコミが面白かった
              【生徒会長に忠告】と言い、鳥海さんこういうの上手いな〜




              学校で二人っきりになってムラムラした檜山さん
              見られたまま自家発電し始めがあげくに
              無理やり握らせてイタすのですが
              ・・・この時の檜山さんの息が!!息が!!
              「何・・・そのエロい反応・・・わざとやってるの?」
              って、檜山さんもエロいよ〜!!
              「舐めて・・・俺のが付いた指・・・」
              吐息もれもれの声がすごく色っぽいです





              何だかんだと付き合うことになる二人
              おしゃぶりを鳥海さんに要求しますが
              「無理ならいいよ」て檜山さんはいうのに
              「付き合うって言うのは・・・
              こういうこと・・・するものなんだろ?」

              頑張っちゃうのです
              わ〜い!ツンデレ〜
              鳥海さんのおしゃぶりって派手なSEはないんですが
              鼻息&SE&声とちゃんと3つ音が同時に出ていてスゴイです
              SEだけ、鼻声だけとかに結構皆さんなってるので
              地味にスキル?が高いとおもいます




              汚れちゃうから離していいよ〜」と言ってるのに
              頑張っちゃうのに「かわいいなぁと呟くんですが
              本当に可愛いっと思いましたぁ
              もう鳥海さんが可愛いのかユキちゃんが可愛いんだか・・・




              イタしてる最中の鳥海さんの「・・・バカ」が本当に可愛いの
              ツンデレ受けの「バカ」が好きなのに
              吐息まじりの最中にだなんて
              「その言い方も好きって聞こえる・・・」
              ツンデレ受けの「バカ」「好きに変換できるなんて
              攻め様の鏡だと思います
              ここでも「かわいいな〜」と呟いてますが聞いてる方もそう思います
              あと、檜山さんは結構古くからBLに出ているので
              攻めっぷりやら吐息やらがやっぱり上手いんですよね
              すごくイイ声だし!!





              翌朝のやりとりもツンデレ&年下攻めで二人とも可愛い
              くっついってイチャラブじゃなくってツンデレとのやりとりなの
              ユキちゃんの二連続の「バーカ」







              檜山さんの声が本当に始終色っぽいですし
              キャラには合わないけど鳥海さんが可愛いので
              何だかんだとリピートしやすかったりします
              王道ツンデレBLが基本私は好きなんですよね〜
              リピCDは軽いCDがいいなぁって改めて思います
              【無慈悲なオトコ】カプとこちらのカプが好きなので
              もっと漫画も出てほしいな〜っと思っています
              【嫌いじゃないけど】はあまりお薦めできないけど
              こちらは結構良い感じで全体にイイです




              【Love Seeker 3】

              0
                成田剣×鳥海浩輔 高橋広樹×福山潤


                シリアス・二枚組が苦手
                軽くコミカルでエロく多カップモノが好きな時に
                こちらを購入しました〜


                お話自体はくっついてる2カプの短編色々でして
                漫画を三巻読んでいるので前後の関係性を知っているから
                CDは続きから&番外編?みたいな扱いですが楽しかったです
                軽いオムニバス話でエロも多いいです
                (そういうのが聞きたくて購入したわけですし)
                ただ、ワヤワヤやかましい?ので寝る前に聞くのには向きません
                若干テンションが上がって目が覚めます


                成田×鳥海がメインでこちら目的でしたが
                高橋×福山組もイタしています
                私の福山さんの初聞きがこのCDでして・・・・
                高音可愛い受けが苦手な私は
                すっかりコレで福山さんに苦手意識が出来てしまいました
                演技は上手いし可愛いし色っぽいし
                小さくて大人しくて可愛いくてキュルルンてな受けが好きな方は
                すご〜く好みの可愛らしい受けちゃんっぷりで
                私が苦手なだけで人気があるのもわかるな〜って感じでした
                その後、アニメやゲームなどで高音可愛い系じゃない声を聴いて
                苦手意識はなくなりました
                ただ、BLCDで福山さんが演じる受けちゃんは
                小さくて可愛い子ばかりなので手に取ることはほとんどないですねぇ
                【華は貴族に手折られる】のイヤ〜な美人っぷり
                【美貌の挑発】の某皇帝風低音
                とかがBLCDでは好きだったりします



                福山さんは地味だけど眼鏡を外すと可愛い天然っ子
                高橋さんは優しくてヘタレな福山さんの恋人
                鳥海さんは昔、福山さんを口説いていた元・攻め
                三人が務める会社の社長の成田さん

                私は本編では攻めなのにスピンオフで受けになる作品が好きです
                攻め(強い立場)からの受けって
                「こいつだから押し倒されてもイイ」というギャップが好き〜!!
                このCDがやかましい(悪い意味ではなく)のは
                鳥海さんの役が明るくて軽くてちょっとチャラくてテンション高いんです
                女の子にもモテる美形さんです
                全体的にうるさくて、ウザ可愛い感じなので
                そのウザさが気になると楽しめないかもしれませ〜ん




                成田さんが仕事でほっとかれて浮気をしようとバーに行って
                成田さんの元彼に止められて最後は成田さんに甘えてラブラブ
                成田さんの元恋人が石川さんです
                これ原作でも恋人の時どっちが攻めだか受けだかわからないんですよ
                石川さんの役がメチャクチャ男前でカッコイイんです
                そして、成田さんの役も一筋縄ではいかないかんじで・・・・
                どういう恋人同士だったんだろ?とCD聞いてますます気になりました
                石川さん相変わらず素敵な声でした
                このCDでの石川さんのタバコ吸うシーンがスゴク好きです
                個人的に石川さんのタバコ演技がどの方よりも
                一番色っぽいっと思っています
                キャンキャンしてる鳥海さんですが絡みは色っぽいです
                甘〜くて可愛くて喘ぎながらのセリフがとてもエロい


                鳥海さんは成田さんと同棲することになります
                成田さんは社長で忙しいのに鳥海さんは家事をしません
                二人の翌朝が面白かった
                朝ご飯を作って貰いたくての一言
                「昼も夜も・・・ベットの上でも恭介さんのが・・・
                 食・べ・た・い・な うふっ
                これがわざとらしくて
                なのに、成田さんがご機嫌で鼻歌しながら料理してるのも良かった
                そこに石川さんが乱入してワヤワヤ
                石川さんと成田さんが小競り合いしてる後ろで
                オムライスを食べまくってる鳥海さんが可愛かった



                高橋×福山カプが温泉に行くのに付いて行っちゃう鳥海さん
                福山さんにチョッカイ出して高橋さんをモヤモヤさせたり
                福山さんがお酒飲みすぎてウブ→色っぽくなったり
                中々エッチできない!!と高橋さんが嘆いたり
                ドタバタしたコメディテイストが強いです
                鳥海さんと高橋さん二人のやり取りが楽しかった
                酔っ払ってる設定なので二人ともスゴクテンション高いんです
                「お邪魔虫!お邪魔虫!!お邪魔虫
                この言い方とかクダの巻きっぷりが
                高橋さんのギャグティストって面白〜い


                確かに、高橋×福山目的だと鳥海さんがお邪魔に思えるかも
                酔っ払って襲い受けになる福山さんとタジタジの高橋さん
                この二人のやりとりも良かったです
                絡みは福山さん色っぽく可愛いんですが
                何というか男同志というか声が可愛すぎて男女ぽく聞こえますね
                男女の絡みぽく思えるから私は高音受けが苦手だったりします
                「男の子なのに女の子みたいに可愛い」と言うのが好きな人には
                野太さがなく高音で澄んだトーンなので良いと思います




                成田×鳥海は温泉エッチ→痴話喧嘩→仲直り野外エッチ
                エロエロでした
                15分で二回絡みがあり、どちらもしっかり致しています
                どちらもお外なので鳥海さんがちょっとイヤイヤしていて
                成田さんが優しいのに強引でエッチィです
                ギャグの時とのギャップがあって鳥海さんがエロカワいい




                VD絡みの成田×鳥海の痴話喧嘩
                鳥海さんが受けなのに女の子にモテモテです
                ちょっといい話的で特に何ともない話
                成田さんの秘書が平川さんで結婚して妻子がいます
                良いお父さんっぷりにほんわりしてそこが一番の聞きどころかも





                短編を集めた一枚なので話の筋はありません
                なので、お話自体を楽しみたい方には向かないCD
                原作好きやこれまでのCDを聞いてき方へのサービス的内容です
                メインの成田×鳥海がエッチ3回、高橋×福山が一回
                どれも甘イチャイチャで中々しっかり致しています
                最近(2011年)のCDと比べるとエロがしっかりしてますねぇ
                なので、それ目的だと楽しめるかな〜
                随時、鳥海さんがギャグテイストの声なので
                その浮ついた声をウザ可愛く思えないと辛いかな?
                絡みの時は今より若干高音よりでスッゴイ可愛いです
                成田さんのホンワリネッチョリした攻めっぷりとの相性も良い感じで
                鳥海さんの喘ぎ的には手持ちCDで5本に入るぐらい私は好きでした
                (キャラ的にはそんなに好きでもないんですが・・・
                 ただ単に絡みのシーンのみ聞くなら声が近年のモノより可愛いです)






                トークは平川さん司会で皆さんテンション高め
                石川さんの旅の話にビックリした・・・
                皆さんの旅行の話でたっぷり15分です
                アニメとかの製作チームで旅行とかあるんですね〜


                楽しい気分でサクッと聞けて
                5分、15分のお話とトラックごとに話が違うので
                短いのをちょっと聞きたい時にいいです
                大作やシリアスって感動するんですが
                良く聞き返しやすのはオムニバス形式の軽い話が多かったりします



                【秘書の嗜み】

                0
                   遊佐浩二×鳥海浩輔


                  久々にこのCDでレビュープログなどを回ってみたら
                  私がこれを聞いた当時と感想のありようが変わっていました〜
                  何でかな?と思ったらアレですね
                  某人気幕末隊士乙女ゲのキャラですねぇ
                  サンプルボイスぐらいしか聞いてないんですが
                  鳥海さんが低音ツンデレキャラなので声的に近いのかな??
                  私は本来乙女ゲ好きでして、何をどうしたのかBLCDにハマってしまい
                  BLCDにハマってからまったく乙女ゲをやらなくなってしまった・・・
                  10本ぐらい購入したのにプレイしてない乙女ゲがあります
                  たま〜に手を出してみるのですが、まったく萌えない!!!
                  あんなにキュンキュン楽しくプレイしていたのに・・・・
                  私の乙女心はどこに行ってしまったのか??
                  今の乙女ゲの販売数や声優さんの豪華さや美麗スチルを見ると
                  (やらないけど新作チェックは何故かしてしまう・・・・
                   そして、サンプルボイスを聞くのは楽しい)
                  今乙女ゲにハマっていたらすごく楽しいだろうな〜と思います




                  そんな、時代の流れ?を感じながらレビュー巡りをして
                  これを引っ張りだして聞き返してみました
                  クールビューティーツンデレ秘書受けなので
                  何となく遊佐さんイメージですし
                  販売元のインタビューを読んでみますと
                  お二人も最初遊佐さんが秘書役だと思っていたみたいです
                  遊佐さんはちょっとチャラっとした年下攻め
                  【PBB】の忍きゅんに近い感じでしょうか〜
                  鳥海さんは↑にも書きましたが低音ツン秘書です
                  【嫌いじゃないけど】のユキちゃんみたいな低音ですが
                  こちらは社会人受けなのでイメージ的にあっている気がしました
                  私はお二人好きだし、これはこれで良かったんですが
                  反対のキャスティングでも聞いてみたかったな〜とやはり思います
                  ツンデレ秘書受けの遊佐さんがやっぱり好きなので



                  どうも、このCD私の好み?や話の流れが予測からチョイチョイ外れてまして・・・・
                  例えば、受けの鳥海秘書さんは酔っぱらうと記憶をなくしたり
                  ハメを外してしまう・・・というのがお話のキーになっているんですが!!
                  鳥海さんの酔っ払い演技って可愛いんですよ〜
                  酔っ払いっぷりが聞きたいじゃないですか〜?
                  ツンデレ受けが酔っぱらってデレてるのが聞きたいじゃないですか?
                  それなのに・・・・
                  酔っ払いっぷりが短っっ!!


                  攻め様の押しっぷりも優しすぎて私には物足りない
                  ツンデレで堅物に対しての年下攻めなんだから
                  グイグイ強引にいって欲しいのに優し〜いのです
                  堅物秘書が戸惑わないように気を使って周りから緩く落としていくような?
                  これ、好みなんですよねぇ
                  年下攻めには好きで好きで仕方ないガムシャラさが欲しいんです!!
                  トラウマ受けには優しくしてほしいけど
                  堅物受けにはグイグイ強引にその殻を破ってほしい!!
                  愛があるならヤンデレ攻めや犯罪者ぽい攻めや監禁攻めを許せる私なので
                  この優しさが物足りなかった〜
                  それと、誕生日にこっそり何かたくらんでいるのはいいんだけど
                  そこは二人っきりの甘いデートでしょう〜
                  何故か、女性社員&上司込みで和気藹藹と誕生日祝いしてるんです
                  個人的にそこが物足りなかったよぉぉぉ
                  せっかく、ツン秘書が心開いて来てるのに何故にみんなでお祝いになるのぉ?
                  BL的にはイイ話よりも、二人のラブがほしいのに・・・・
                  その後二人っきりのデートがあるものの
                  ジェル?がないからって擦りっこで我慢しちゃうんです
                  鳥海さん痛がっていたらね・・・・
                  遊佐さん優しいね〜
                  って!!そこは遊佐さんならガッツリやってくださいよ〜
                  大丈夫だよ!BL攻めと遊佐さんはテクニシャンなのがお約束だから!
                  平気だよ!鳥海さんは最終的にイイ声で気持ちよくなってくれるから!
                  そんな私のBL心の叫び・・・・



                  その後の展開も???
                  新聞の秘書紹介のページに鳥海さんが載って
                  昔のお酒で失敗したことが噂になってマスコミに叩かれます

                  一介の有名人でもない秘書が何で?と
                  あまりにも無理がある展開に呆然
                  せめて解決方法がここまできたらBLファンタジーらしく
                  攻め様が王子様みたいに大々的に誤解を解いてくれれば
                  面白トンデモBLとして聞けたのに
                  元婚約者が出てきて、ゴシップは裏付けなしのものだったとかで
                  サラ〜っと尻すぼみの解決法
                  落とした石は大きく無理やりなのにラストはあっけない・・・・



                  全体的に何だかな〜・・・と
                  恋愛話が思ったより中心になくって
                  会社の話やら昔のなんたらやらが多くて散漫な印象だし
                  せっかくの年下攻めの良さが出てなくって
                  これなら別に年下設定いらなかったんじゃないかなぁ?と思うほど
                  後半のお事件も無理やり感が強くてですね
                  もうちょっと王道チャラ年下攻め×ツンデレ美人受け話で良かったんじゃない?と
                  【YEBISUセレブレティーズ】の久世×益永みたいなのでいいじゃない・・・と



                  こちら、小説だと面白そうなんですよね
                  細かいところがちゃんと書かれていて
                  でもCDになると何だかイマイチな気がします
                  私は面白かったり気になるとBLCD原作を読むんですが
                  「音化に向く作品と向かない作品があるな〜」と常々思います
                  この作品はあまり向いてないような気がしました
                  音にするには展開が地味といいますが・・・
                  もっと丁寧に作らないとこの手の話は良さが伝わらない気がします


                  それでも遊佐×鳥海の絡みはやっぱり良かった〜
                  ツン低音秘書の鳥海さんは新鮮で好きでした〜
                  遊佐さんの攻めは受けもいいけど好きだ〜



                  ただ、同キャストならこの作品より【トラさんとオオカミさん】のが好き
                  【トラさん〜】は原作よりCDのが良くできている気がします



                  キャストは好きだったんだけど
                  要するに私の好みじゃなかったようです






                  【嫌いじゃないけど】

                  0
                     檜山修之×鳥海浩輔


                    原作が好きで鳥海さん檜山さんが好きで
                    CD化が嬉しくて楽しみにしていた作品でした


                    ですが・・・・正直言いまして
                    良作とは言い難い出来だと思います


                    これの前に借り物で【ワルイコトシタイ】も聞いてるんですが
                    ところどころのノリ&BGM&SEが古臭い!!
                    昭和の少女マンガみたいなんですよ
                    頭の上に豆電球が光ってピカ〜ン☆とか
                    タライが頭に落ちてきてガ〜ン!!とか
                    そういう昔ながらの演出を音でしているのです・・・・
                    (例えなのでこういう音が使われてるワケじゃないんですが
                     雰囲気的にはこういう感じっと伝わるかと・・・・)
                    そのコメディノリが古いために
                    学園モノ特有のバタバタした感じがサムイギャグみたいになってます
                    もっと普通にSEを付けてくれればいいのに
                    間の取り方もとかも若干古い気がしました


                    また、メイン二人の声好きなんですが
                    高音ではなく中〜低音のお二人でまず高校生に聞こえない
                    でも、それはいいんですよ・・・
                    私は高音受けが苦手なのと
                    こういうのは雰囲気で聞くものだと思うので
                    ただ古臭い演出&SEのせいでますます高校生らしくないの
                    雰囲気自体が古っぽくなってるから〜!!!


                    それと、鳥海さん好きですがこの受けのイメージではなかったかな・・・・
                    もう気持ち高音で細い美人声の方のが良かったかも
                    神谷さんとか若い時の千葉進さんとか
                    ツン声の時の近藤さんとか
                    硬質でピりッとした感じが欲しかったです
                    原作イメージとは違うんですよねぇ
                    原作と切り離して鳥海さんのツンデレを楽しむには良かった
                    聞き返すうちに鳥海さんのユキちゃんはアワアワして可愛いんですけどね
                    ただ、いつもの鳥海さんに比べて喘ぎが色っぽくない!!
                    何でなのだろうか・・・?
                    これ以降喘ぎが変わったのか?というとそうでもなく
                    他作品は色ぽかったり可愛かったりちゃんとしてるんですよねぇ
                    そういう意味でもこの作品はイマイチだったりします


                    檜山さんは私的にはすご〜くイメージ通りでした
                    低音のが好きなんですが
                    やや高音よりのおかげで飄々とした感じが良く出ていた




                    そんな感じでず〜とメインの二人の演技以外が気になる作品でした
                    このカプの次作【恋じゃないけど】はまあまあ
                    こちらよりはマシな気がします
                    演出が良くなったのではなくって
                    お話自体がギャグノリじゃなくって恋愛メインになったので
                    変なSEや古いセンスを発揮するシーンが少なくいんですよね
                    ただ、やっぱりギャグっぽいノリの時はSE&演出が古いです
                    別カプ【無慈悲なオトコ】は演出家の方変わって
                    シリーズ中一番安心して聞けました


                    あまり演出とか意識してなかったんですが
                    こんなにも演出やSEでCDのイメージって変わるんだな〜と思いました



                    漫画原作でこの作家さんはお話よりも絵の可愛さで見せるタイプなので
                    CDにすると起承転結が緩いのかもな〜とも思いました


                    緑川さんの「ギザかわゆす」が聞けたので
                    そこだけは満足です



                    【伯爵様は秘密の果実がお好き 3】

                    0
                      杉田智和×鳥海浩輔


                      何となく購入・・・
                      【生徒会長に忠告】と同キャスト
                      どこを見ても結構評価がよい作品みたいです
                      ワヤワヤしたノリの良さとキャストのイメージピッタリ具合
                      甘甘ラブラブカプだからかな〜


                       こおろぎさんや中田さんや子安さんも出ていて
                      脇キャストもいい感じです
                      また演出自体も結構凝っていて
                      場面展開も丁寧ですし
                      確かに綺麗にまとまった良作でした


                      ただ・・・私はあんまり好みじゃなかったかな〜
                      何となくメインはラブラブなんですが
                      メイン同志の会話よりも脇キャストとのやりとりが活発で
                      さらにお話自体も恋愛絡みであってそうでないような・・・・
                      二人の中の行き違いとかではなく
                      やはり脇が色々ちょっかいを出してきて
                      鳥海さんがそれに巻き込まれる感じがある
                      私は基本的にお事件・謎解き・お仕事BLよりも
                      メイン二人の気持ちに焦点をあてた恋愛メインBLCDのが好きなんですよ
                      ラブラブだし、二人の間の障害もあるんだけど恋愛メインに聞こえない


                      そういうの関係なくお話自体は飽きないし面白いし
                      キャスト全員が楽しいし


                      こうもりになった時のこおろぎさん・杉田さんとかの
                      可愛い〜声が聞けます
                      媚薬でメロメロになったエロ可愛い鳥海さん
                      譲治さんのイイ〜お声
                      声優さん好きとかも色々楽しめるかと・・・・



                      多分、本当に好みだと思います
                      私はこの原作者さんの作品と余り相性が良くなくって
                      聞き終わった後にしっくり来ないんですよね
                      そして、基本杉田さんは
                      敬語低音落ち着き攻めが聞きやすいのです・・・・


                      鳥海さんのカッコ可愛いツンキャラは好きでした


                      色々書きましたが、私は好みにあわないだけで
                      丁寧な作りの良い作品です
                      この感じが好きだとハマると思います

                      【あなたのためならどこまでも】

                      0
                         三木眞一郎×鳥海浩輔


                        中村朝日美子さん原作なのですが・・・・
                        原作は好きだけどCD化するほどの作品ではないようなぁ
                        軽いラブコメノリ
                        【ダブルミンツ】の方がCD化してほしい!!!


                        キャスティングも鳥海さん受け好きですがあってるようのも思えず
                        購入を迷っていたんですが・・・
                        昨今の毎月のBLCD発売数が少ないので
                        何となく勢いで購入!



                        演技がお上手な二人なので
                        「キャラとあってない〜」て思っていたわりに
                        それなりにあっていました!
                        【同級生】でも思ったんですが中村さんの絵柄は独特なので
                        「あってない?」となっても
                        だったら誰がベストキャスティングかと言われると
                        誰も浮かばなかったりするんですよね〜
                        だから、これはこれで良いのかなぁってなります
                        今回もそんな感じでした
                        以外にもそれなりに原作通りのイメージになっていたので
                        「絶対違う!」という先入観がなければ楽しめる感じ


                        お話はドタバタ愛の逃避行?ラブコメ
                        〇パンととっちゃんみたいな感じのBLです
                        二人の演技テンションが高くて楽しく聞けます
                        寝る前にお布団の中で聞く私としては
                        ちょっとこのノリはお休み前に向かないかな〜と
                        楽しいんだけど話の筋があるわけでなく
                        噴き出すほど面白いわけでもなく
                        二人がイイ声を出しまくるわけでもなく
                        エロくもなく・・・・
                        何か作業しながらきくにはいいかな・・・・と


                        原作に忠実なので悪いとこもないです
                        二人の演技は息があってるし、楽しい
                        演出も取り立てて私は気になりませんでした
                        でもあんまりリピートはしないかなぁ
                        可もなく不可もなく・・・・です


                        フリートークのテンションの高い三木さんが珍しかったです
                        何となくこのフリートークだけで軽く満足しました
                        (特別面白い話をしてるわけじゃないんですが)

                        calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << August 2019 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM