スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【空と原】中村朝日美子

    0
       石川英郎+福山潤


      すっごいキャストが
      イメージ通りだった!!

      「想像以上に良い」て感動することもありますが
      言葉を変えれば
      「想像以上」=「想像とは違う」でもあるんですよね


      でも、今回は本当に本を読んだまんまの声&演技でした
      声があっていても実際聞くと演じる方の解釈によって
      「あ、ここってそういう言い方なんだとか
      「そういう感情の持ち方もあるんだな〜
      新しい発見があったり、それがよりリアルだったり
      違う見方が新鮮だったり
      音声化ならではで良かったりするのですが

      今回は本当にそれぞれのキャラの声質から
      イントネーションの上げ下げから
      間の取り方までイメージ通りだったんです!!

      【同級生】に出ている石川さん神谷さん野島健さんはもちろん
      メインの福山さんは本当に本当に空くんだったし
      小野友さんのちょっとしか出ないのに印象的な響くんの怒声
      CD化決まる前から有坂先生は飛田さん!!て思ったいたんだけど
      聞いたら本当まんま有坂先生だった〜
      ↑こちらの漫画感想で有坂先生に飛田さんを希望してました〜
      ちなみに、その時は響くんは鈴木達さんイメージだった
      でもでも、小野友さんもすごく良かった


      本当、キャストの方々が良かった


      なので・・・少し残念なのはBGMでしょうか・・・
      【ダブルミンツ】はあの難しい世界観にあう音楽だったんですが
      【空と原】はふんわりと甘く優しく、でも時にリアルで透明感がある
      そういう繊細さが出ていたのか?というと
      ところどころ違う気がするんですよね〜
      後半にかけては結構良くなってきて、すごく素敵なBGMもあって
      ピンポイントで凄く凄く気に入ってる音楽もあるんですが
      「ん?」て思うところが私はあって
      例えば初っ端の曲がエマ〇エル夫人のテーマ曲ぽいような
      気だるげな曲であっているような、そうでないような・・・・
      80年代青春学園モノぽいような曲もあって
      この2曲がちょっと古いというか透明感を感じない
      でも、佐条が原先とデートしてる時や草壁佐条がホテルでの曲は
      瑞々しくって美しいんです
      後半にかけてだんだん良い曲調になってきてるので
      前半とある特定の曲だけがちょっと残念でした(私は
      そんなに気になるほどじゃないのかもしれないけど
      【同級生】が完璧だったのでちょっと違う時がすごく気になってしまった


      演出もイマイチなところが
      空くんは昔の好きだった人と話してるシーンで
      ず〜〜〜〜っと鳥がピーチクパーチク鳴いてるんですよ・・・
      外をイメージさせるために最初に「ピチチチて鳴くのはアリ
      でも、その後もず〜〜〜っとローテーションのごとく
      「ピチチチチ〜ピーピー鳴いてるのはどうなのか!?と
      音量絞ってあるんだけど、イイシーンだったから気になった
      天気がいいのを表したいんだろうけど
      もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ?と

      ↑ここほど気にはならなかったんだけど
      有坂先生から高校生の原がピアノを習うシーンも
      個人的にもう少し拙いゆっくりたどたどしく弾いて欲しかったかな
      これは私の好みの問題なんだけど、結構すんなりと弾きこなしていて
      『ピアノを弾く』ので間違いないんだけど
      『ピアノを一から教えている』感じはしない滑らかな音だったので


      総合的にはすごく良かったんだけど
      【同級生】ほどの丁寧な透明感がやや前半感じなかったかも
      悪くないんだけど、演出次第でもうワンランク良くなった気がします

       

      私が気になるだけで細かいところ突っ込まなければ良いと思いました


      原作は正直最初読んだ時【同級生】【卒業生】ほどの印象がなく
      「あ、こんな感じか〜」と一度読んで置いといたんですが
      その後、再読したらすごく面白いとは違うんだけど
      気がつくと何度も何度も読み返していて
      読み返すたびに好きになっていってます
      今でもまだ好きになる余地があるというか
      読むたびにキュンキュンして



      【DISK1】
      卒業した生徒・佐条(野島健さん)が忘れられない
      音楽教師の原先生(石川さん)
      馴染みの店で気になる眼鏡の子に声をかけたら
      自分の学校の生徒・空乃(福山さん)だった

      初っ端の卒業する佐条の野島健さんの透明感
      もう本当に野島健さんのこの静かな存在感って何なんでしょ〜
      女々しいわけでも女っぽいわけでもないのに
      雄々しさや男っぽさがなく
      ただただ涼やかで綺麗で上品な空気感
      芯の強さと儚さが同居してる感じも素敵
      淡々としてるのに繊細な気持ちがわかる話し方もイイんですよね〜
      それがまた、朝日美子作品にとってもあっていて
      一声聞いて「あ、同級生の作品の中に入ってくんだな」となりました

      卒業アルバムを取りに来た佐条を見た空くんは
      原先の彼への恋心に気づき
      佐条へのメアドと電話番号を聞き出して原先に教えようとします


      福山さんの空くん具合がこれまた本当にイイの
      明るくて天真爛漫で軽いんだけど繊細で
      もしかしたら出てるキャラの中で一番気遣いができて繊細なのは
      空くんなんじゃないかな?
      っと福山さんの演技で思いました
      原作読んでた時は「元気で若くて若さ故のきらめきだな〜」て感じが
      結構あって、それがとても眩しかったんですが
      それだけじゃなくって、空くん自身が若さだけでなく本当にキラキラしてる
      そういうのがCDからはダイレクトに伝わってきました
      福山さんのキャラ自体を作りあげる演技というのがすごいなぁって
      「ばっはは〜い」
      すごい、この言い方がも可愛かった

      屋上での会話も好き
      「俺はいいんだよ・・・大人だから」
      「大人はいいんですか?」
      「大人はいいよ」
      「いいですねぇ・・・大人は」
      「いいぜ、大人は」
      (知らんけど)


      この!!この二人のテンポ良いやりとりがツボだった
      すごい自然に話してるのと意味が途中から変わっていく感じが
      たまらんくらい空原ぽいんですよ〜

      石川さんの原先もため息一つとっても原先で、はわわわ〜てなります

      ただ、難点?は最初のほうに何度もかかる曲が
      エマニエ〇夫人風のアンニュイ曲で
      ま〜・・・アンニュイさはあってるんですが、何か違うなぁって私はなり
      印象的な曲調で気になってしまった


      原先と始めて会った店で変な男に絡まれる空くん
      連絡を受けて助けにいく原先


      「心配かけてごめんちゃいね!先生」
      「ごめんちゃい」の可愛さに原作を読み返したんだけど
      コレ!!原作では普通に「ごめんね」なの〜
      え!?福山さんのアレンジなの??
      そうなのかな〜、素敵すぎるぅぅぅ
      すごく空くんぽいのこの「ごめんちゃい」
      変な話原作で「ごめんちゃい」じゃないのが不思議なぐらい
      空くんなの〜!!
      何度も聞き返してしまった・・・・


      そこで空くんに「佐条さんとデートしてみれば」と言われる原先
      悩みまくって次の日
      もう一度学校で空君と話します
      「デートしたいんだ〜佐条さんと・・・
       ね?」

      この「ね?」も原作にないんですが
      すごい顔を覗き込んでいるのが分かるの〜!!!
      その後のもう一回ある「ね!」がこれでまた可愛らしく感じるし
      原先の「ね?って、待てコラ〜」がポンポンして良かった

      ちなみにここでのBGMが青春歌謡?ぽくて違和感

      振り回されてる原先が可愛く思えてきます

      なんだかんだと空くんとデートすることになった原先
      ところが、そこに行くと佐条くんがいて・・・・
      「あ・・・どうも」
      「ど!」
      「ど?」
      「え?」

      このやりとり好きだった

      そして二人がデートしてる時のBGMが優しくて懐かしい感じがして
      センチメンタルで良かったです

      「一年の時俺のこと好きだった?」と佐条くんに聞いて
      赤くなった佐条くんを見て何かに決着をつけた原先
      着けていた空くんを見つけて感謝します


      デートが終わった佐条くんと着けていた草壁
      ホテルでご休憩
      「言えよ・・・」
      「言ってみろよ」

      なんだか野島健さんの言い方がかっこよかった
      野島健さんが少し低めで神谷さんが少し高め声だったので
      受のがかっこよかった!!
      それが何か良かったよ〜
      佐条くんに草壁はちょっと尻にしかれてるのかな・・・・

      この時のBGMも二人の雰囲気にあっていて可愛くてあっていた


      中学時代に空くんが好きだった野球部のフジノくん
      練習試合で空くんの学校に来ることに
      思わずそれを原先に話してしまう空くん

      そして、いつもの店で空くんに電話で話す原先
      「好きだった奴がでる練習試合を見に来ないか?」と誘います
      「また好きになるとキツイ」と断る空くん


      今まで軽いトーンだったのに
      ここで始めてすごいシリアスで暗いトーンになる空くん
      「自分の気持ちは相手に迷惑だ」という空くんに
      「迷惑じゃね〜よ、自分でそういうことをいうな」と原先は言うんですが・・・

      原先は初恋?の有坂先生といい、佐条くんといい
      多分、他の書かれていない恋人だっただろう人は
      元々男が好きな男だったと思うんですよ
      無自覚に原先はそういう人に惹かれていたというか
      もしかしたら普通に女が好きな人を好きになったりもあったかもだけど
      漫画にはそういうノンケに惚れたことがある描写がないので・・・
      でも、空くんが好きになったフジノは元はノンケで
      やっぱり普通の女が好きな男に普通に戻っていってしまって
      そういう彼に空くんの恋心は重すぎたんだろうな〜っと


      フジノに会って「彼女が出来た」と嘘をつく空くん
      笑って去っていてくフジノ


      バイバイ・・・バイバイ、フジノ

      一度目と二度目で「バイバイ」のトーンが違うんです
      これが福山さんの演技の丁寧さが私はとても好き
      たった一言、同じ言葉でもそのセンテンスだけ
      感情の入れ方、表し方、言い方がその都度違う
      それがただ悲しい嬉しいとかわかりやすい感情じゃなくって
      言葉にできないようなあやふやな複雑な気持ちを
      すごく丁寧にすくいとってたった一言に乗せてくれる
      その繊細な演技力!!
      もう本当にこの二回目の「バイバイ」が悲しいな〜
      切ないな〜っと思いました
      じわっとくる言い方でした


      影から見ていた原先に
      彼女が出来たと嘘をついたことを話す空くんを
      「そういうのは良くない」と言う原先

      「自分の気持ちより
       大切なモノだってあるでしょ!?」

      この怒号がまたすごくドキッ!!とした
      静かな感じからの怒鳴った空くんがそういうキャラに思えないから
      すごくすごく本音だったんだな〜っと
      それとともに、大人な原先よりも空くんは色んなモノが見えてるんだな〜と

      福山さんは【職業、王子】でも思ったけど
      可愛い声してこういう激昂する言葉の強さとかも上手なんですよね〜
      声量や声圧が強いわけでもないのに
      言葉の強さが出せるというか迫力を瞬時に出せる

      その後、笑ったように泣き出してしまうのに苦しくなった




      【DISK2】
      高校生の原と化学教師の有坂先生(飛田さん)の昔話
      音楽室で合唱祭の練習をする原
      そこに有坂先生が来て、ピアノを弾く
      全然知らなかった先生だけど、彼は自分のことを知っていて
      赤面する彼を見て、思わずキスをする原

      この【げに大人というものは】が入ってるのが嬉しかった
      短編だけどすごく好きな話で
      それが飛田さん石川さんで聞けてすごく良かった〜

      石川さんが最初に「燃ゆる若葉を一番全部歌ってるのも良かった
      改めて聞くと、やっぱり歌詞がすごくイイんですよね
      しかもこの【同級生】【卒業生】【空と原】にとってもあってるんですよ

       いつか君と来る 少し大人になった日に
       その時また君の 燃ゆる若葉のうつる目に
       会いたい

      特にここの歌詞が好きだったりします
      佐条くんと草壁くんでもあり
      原先から空くんに対してであり
      有坂先生から原先、響くんに対する思いでもあるんじゃないかな〜っと

      しばらくして、有坂先生が結婚していて
      奥さんが妊娠して産休を取ることを知る
      彼を問い詰めに行くとあの時していなかった
      薬指に指輪をしていて
      「全部なかったことに・・・」と言われる
      を流し背を向ける先生を残して去る原
      「俺のほうがずっとずっと我慢して・・・・
       ずっと大人じゃないか・・・・」


      恋の始まりは突然でそして、すぐに終わってしまう
      それも二人とも好き合っているのに
      大人の分別で先生が耐えて隠して泣きながら別れる・・・という
      先生もズルいんだけどね
      そうする意外、どうにもできない
      何も始まってないんだけど、確かに原を変えてしまった先生は
      すごく残酷だな〜っと思います

      メヌエットが上手に使われていて
      繰り返しの前半から後半へかけて
      物語の最後に帳尻を合わせる演出もあっていて切なくなった
      少〜し残念だったのは、原作では屋上で物思いにふける原ですが
      CDだと歩きなら色々考えてるんですよね
      小さなことですが、あの屋上で一筋涙を流す原が
      高校生ぽく悲しく印象に残ったので、そうして欲しかったかも?

      ちなみに日本では未だに〇ッハのメヌエットっと言われてますが
      実は近年作曲家が違うことがわかったそうです

      そして、その有坂先生が臨時教師として母校にやってきます
      歓迎会の後二人で飲みに行き
      有坂先生が離婚していて、その修羅場っぷりを聞きます


      この時に使われるのがグリーンスリーブスという民謡?曲なんですが
      「夫人にすべてのモノを捧げるほどに献身的に愛しても
      決して彼女は二度と愛してくれない」
      という歌詞なんですよ
      それがまた、この原先にピッタリじゃありませんか!?
      ピアノにアレンジされているのも良かったな〜
      オリジナル曲からへの繋ぎも自然で二枚目からは
      全体にBGMが良かった気がします

      飛田さんのしんみりとした語り口がイメージ通りだった!!
      変な話だけど老けて?からの有坂先生のがイメージ通りだった〜


      色々、思うところがあり原先に電話して
      グデングデンに酔っ払ってる原先のところに向かう空くん
      有坂先生に現在恋人がいるのを知ってヤケ酒をしてしまったのです
      原先を自宅まで送って、家に上がり込む空くん

      石川さんと福山さん二人のテンポ良いやりとりが楽しい
      空くん、と〜っても面倒見です
      そして、原先が面白い
      話してる最中なのに、突然寝てしまう時の空くんのツッコミも息があってる

      この時のガチャガチャしてる時のBGMがなんだかおかしいです
      しんみりしてる時の曲はいいんだけどな〜

      「後ろから抱きしめてもいい?」
      福山さんのこのセリフがすごいカッコイかった
      ぎゃ〜〜!!ってなった
      すごく優しくて色気があってかっこよくって
      何度も聞き返しちゃったよぉぉぉ

      そして石川さんの「どうぞ」も可愛かった

      手を繋いでチャリ漕ぐとを飛べる夢を見る原先
      寝てる原先に思わずキスしてしまう空くんは原先のことを
      「好きなのかなと自覚し始めます


      翌朝、フラフラで学校に行くと頬を腫らした有坂先生
      恋人に殴られたっと思った原先は問い詰めますが
      そこに電話がかかってきて、有坂先生は学校を飛び出そうとします
      を出してあげようと奔走している間に
      有坂先生はメモを残して一人で行ってしまいます

      その頃、空くんは素人モデルやるバイト先
      連絡が取れない男・響を様子見にいくことにします
      そこで、原先と駅で鉢合わせして
      有坂先生の恋人と名前が同じだったので
      空くんについていくことにします



      そこで響の母親とモメてる有坂先生がいました
      「うちの息子に手を出したのよ」
      そこに響(小野友さん)が飛び出してきて
      母親に「また先生を殴ったのか?」と激昂して詰め寄ります
      それを見て響に平手打ちをして土下座する有坂先生
      「僕はもう二度と・・・
       一生響くんには会いません・・・」
      飛田さんの絞りだすような涙にくれたこのセリフが重くて
      「やだ。。。先生・・・
       何でそんなこと言うんだよ」
      「卒業したら付き合ってくれるって・・・・
       好きになってくれるって
       言ったじゃないですか!!」
      それに応える小野友さんの怖いぐらいの迫力ある怒声からの
      喉を詰まらせて涙声での呼びかけの変化がスゴイすごかった
      喉が怒鳴りすぎてガラガラになってるのまでわかるんですよ
      小野友さんメチャクチャ演技上手い!!
      「先生!!先生!!」の叫びとか真に迫っていた
      後ろで泣き崩れるお母さんも上手で
      BLじゃないみたいな修羅場っぷりだった迫力あって
      苦しくて涙がでたわ〜

      その激しい三人のやり取りの中
      静かで穏やかな石川さんの
      「また彼を捨てるんですか?」がまた良くって
      泣き崩れながらグチャグチャになりながら
      「ごめんなさい・・・
       僕は・・・彼が好きです」
      と告白する飛田さんが
      やっぱり本当に有坂先生だった!!!
      本を見てなくっても、その表情が脳裏に浮かぶぐらいでした
      有坂先生を飛田さんにキャスティングしてくれてありがと〜!!

      一番聞きたいシーンがここだったんだけど
      すごく良かったんだよな〜
      本当に出演者のそれぞれのセリフの掛け合い間がピッタリ
      原作通りで苦しくなるほど良かったのです

      流れる曲がまたグリーンリーブス
      それがまたこのシーンにピッタリで盛り上がりました

      原先の報われなさに怒り?イライラを露わにする空くん
      ギャーギャーする空くんがリアルだった
      そこから感極まってポロっとくるところとか
      絵なくても音でポロっがわかるのです
      福山さんのこういう演技がやっぱり素晴らしんだよな〜

      「だぁ〜〜〜」て駆けてるところは可愛かった

      自分のために感情をあらわにする空くんに
      思わずキスする原先

      「逆でしょ・・・」ここ、福山さんが囁きぎみでかっこいい
      「あんたが下でっしょ!」とゴロゴロと上下しながら
      波打ち際まで転がりながらキスする二人


      「俺が先生のこと幸せにしてやるよ」
      「二人で幸せになろうよ」

      大笑いしてる福山さんがとてもキラキラしていました
      幸せそうに笑っていて、彼となら幸せになれる!て思えた
      すごく良かったね〜良かったね〜原先良かったかね〜ってなった

      もう最後の最後で幸せそうな原先の声色に
      こっちまで幸せになりました




      は〜〜〜、もうね!
      本当ラストにかけてはまさに感動でした!!
      惜しむらしくは前半のBGMぐらいです
      石川さんも福山さんも飛田さんも小野友さんもスゴかった〜
      イメージぴったりだった〜

      フリートークも良かった
      作品に対して丁寧に皆さん感想を述べていますし
      石川さんが福山さんを
      「ファンタジックな空くんを上手いことやるな〜」と褒めていましたが
      本当にそうだと思った
      「原先良かったね!」ともおっしゃっていました

      石川さんって結構、作品に対してイイ発言をしてくれますよね〜
      【私説 三国志】でも「この後、別の男とまた関係持つんじゃないのか」と
      その後の展開を知らないだろうに的を得ていたり
      【キャッスルマンゴー】では本編に入ってない
      攻の過去編も読んで「演じたい!」とおっしゃっていたり
      原作好きが聞いても嬉しいことを言ってくれます

      神谷さんも野島健さんも役について語ってくれていました

      飛田さんは相変わらず?可愛かったです
      有坂先生を「懲りない人だよね〜」に笑った
      すごい的を得てるな〜っと
      そして、ちゃんと原作読んでるんだなって思いました
      「福山く〜〜ん、英郎くぅぅ〜ん」が可愛かった
      響有坂編もやってみたい!ようなことをおっしゃっていましたが
      私も是非、聞きた〜い!読みた〜い!
      朝日美子先生・・・お願いします


      色々書いちゃってますが、キャストの方々に本当に感謝感激!
      BGMも後半にかけて良くなってきますし
      脚本?アドリブ?とかの細かいな違いも違和感なく良かった


      原作好き&ピュア好きにお薦めです
      石川さん福山さんが好きな方にも!

      あと、飛田さんがすごいハマってるので
      出番は多くないけどBLで飛田さんが聞きたい方にも







       


      【せつなさは夜の媚薬】和泉桂

      0
         諏訪部順一×福山潤


        清澗寺シリーズでコレは絶対聞きたかったのです


        でも、想像と何となく違いました〜


        複雑な家庭環境の中、悩みながらも健気に頑張る福山さん
        そこに異国からお金持ちで優しい諏訪部さんがやって来て
        甘く優しく煩わしい家から外に攫っていく という

        ハーレークィーン風シンデレラストーリーであり
        少女漫画風胸キュン王道モノを想像していたのです

        大筋は間違っていないのですが
        昼ドラ風血筋と因縁の反乱万丈恋愛モノだった・・・


        思ったよりもシリアスよりだったと言うか
        清澗寺は聞くの初めてじゃないので雰囲気は知っていたのですが
        結構、評判が
        「このシリーズの中で一番甘いとなっていたので
        勝手に私がストーリーを想像していたのです
        ドロドロ系好きなのでいいんですが
        どうも最初のイメージと違うので聞きながら
        「いつ甘くなるのかな〜」と思ってる内に終わってしまったという


        演出や声優さんが良く
        雰囲気があって素敵でした
        さすが人気シリーズらしい納得の丁寧な作り
        間違いなく良作&大作です


        色々教えてくださるプロガー様から
        「清澗寺は全部いいけど
         他のカプ聞いても小西野島カプの話が最終的に聴きたくなりますよ」

        清澗寺シリーズ全体をお薦め頂いたんですが
        本当にそうでした!!
        脇にチョロっと出る小西野島が気になる・・・・
        そして、チョイチョイでる遊佐神谷も気になる・・・・
        置鮎千葉進も気になる・・・・
        結局全部揃えたくなっちゃいました!!!
        (う〜ん・・・手に入るかな〜
         いつか聞きたいと思って後回しにしてしまっていたんだけど
         一気に手に入れるとなるとお金が・・・・



        【DISK1】
        没落しそうになっていた清澗寺家の三男の福山さん
        色事の噂が絶えない父(神谷さん)と次男(野島健さん)
        家のことで色々日々悩みながらも前向きに生きる福山さん
        教会で諏訪部さんと運命の出会いをします


        出だしから諏訪部さんのイタリア男っぷりがスゴイです
        ハンカチーフを渡して手にキスをして
        「君に神のご加護があるように」と甘い声で優しいことを言っちゃうのです

        これには福山さんがポ〜っとなるのも仕方ない


        ちょこっとだけ出てくる遊佐叔父様&神谷父さん
        噂にたがわずエロエロでした〜
        福山さんを誘って軽井沢に行こうとするんですが
        三人で行ったらどうなってしまうのか・・・・
        清純潔白な福山さんはパクリと食われてしまうよ〜
        行かなくて正解・・・


        友達と出かけた先で諏訪部さんと再会
        人目につかぬ場所で秘密のダンス
        コレってBLじゃなくってもトキメクシチュエーションです
        (男女で私がすぐ浮かんだのはo田陸「Mの海に沈む果実」)
        男同士でのダンスというのが、また違った禁断ぽさがあって好き
        (BLではかわい有美子「上海」のダンスシーンが特に印象的
         そして、この萌えるシチュエーションも面白エロにしてしまった
         南原作品「超絶技工練習曲」はスゴイですね

        ロマンチックな状況の中、口説きに甘く口説きにかかる諏訪部さん
        「君のその瞳はずっと神秘的
         星よりも遥かに美しい」
        「運命の女神に任せていれば
         次にはいつ会えるかわからない」

        歯が浮くとはこういうセリフのことを言うんですね
        でも不思議と諏訪部さんのねっとりした声だと違和感がないです


        野島健さんも口説き?にかかります
        「月よりも遥かにあなたの方が美しい
         あなたの美貌には月の女神も嫉妬するでしょう」

        ウヒャ〜・・・
        こちらもスゴイセリフですね
        CDで流れで聞く分には流して聞けたんですが
        文字に起こすとスゴイ威力ですね


        夜中に目を覚ました福山さんは
        小西×野島健さんの目隠し鏡プレイを目撃してしまいます

        相変わらず濃ゆいプレイをしていますね
        そして吐息喘ぎなのに野島健さんはエロいな〜
        名物「おひしい・・・」も聞けます

        まさか聞けるとは思わなかった小西×野島健カプも聞けて
        何だか特した気分になりました


        妹の婚約者の小西さんが兄と関係しているのを知って
        混乱して兄を拒絶してしまう福山さん
        それを小西さんに注意され混乱します

        諏訪部さんと再会を約束するも、大地震に見舞われて果たせません
        帰宅しない野島健兄さんを心配することにより
        兄に対する愛情を自覚し
        自分がしっかりしなければならないと思います
        諏訪部さんへの気持ちを封印しようとします


        兄弟愛イイ
        必死に駆け寄る福山さんの「兄さん」に何故か萌えた
        野島健さんが小西さんに身を寄せる
        「お前の匂いがする」のホッとする言い方が良かった


        最初に出会った教会の神父さんのお見送りに妹と行く福山さん
        そこで電車で去っていく諏訪部さんを見かけます

        名前を呼びながら電車を追いかける福山さんが健気〜

        ここで恋心を自覚するんですが・・・
        う〜〜ん
        これが私のこの話に完璧に浸れなかった原因なんですが
        二人はわずか3回しか会ってないんですよ
        (うち一回は電車から見かける、このお別れシーン)
        先に書いた通り私は甘〜いハレークィーン&少女漫画風想像してたので
        何度も攻が受のところに通って愛を語って口説き落としたと思ってたの
        だから、このわずか3回の解合で自分の人生を変えちゃう愛に飛び込むっていうのが
        しかも男同士で家がゴタゴタしているのに
        どうもここら辺がスッキリしなかったんですよね〜
        お話の筋に説得力あって悪いワケじゃないんですが
        私の理想?と違ったのです
        間違った予備知識がいけなかったんですけど

        ここで諏訪部さんも福山さんへの恋心を自覚しますが
        同じくして彼が自分の家系を滅ぼした
        清澗寺神谷父さんの息子であると知ってしまうのでした

        メロドラマの始まりです


        【DISK2】
        二年後
        いつか小西さんから経済的にも清澗寺を奪還したい
        兄と妹を救いたい!と思い
        諏訪部さんへの恋心を押し殺す決意をする福山さん

        そこへ運命の再再会

        ここらも私がハマり切れなかった要因・・・
        福山さんは何度も「家のために恋心を封印しよう」と決意するんですが
        決意するわりに、結構あっさり恋心に身を委ねてるのね〜
        ダメだダメだって感じがなくって、攻め様がいる時は恋にまっすぐ走ってる
        そのクセ、ちょいちょい「僕がしっかりしないと!」て言うわけですよ

        もうちょっと家と恋の間での逡巡が中途半端に思った
        恋に突っ走てるようにしか思えないのに
        モノローグは「恋は置いといて家のことをしないと」と言ってる
        やってることっと言ってることにちょっと差がある気がしてしまった

        そう感じるのは私だけ???


        そして、あっさり両思い→エッチ
        初夜の褥ってすごい言い方ですね

        エロエロ言われてる諏訪部さんですが
        「深く息を吸ってごらん」
        「動くよ・・・」
        これ、私は何故かワルツのレッスンを受けてるような
        優雅で上品な気分になって色気を特に感じずにリラックスしてしまった
        私の感覚が違うのかな〜

        絡みよりも息を荒げた事後の福山さんの
        「中に・・・出したの?」がエロ可愛かった

        夜会に行った福山さんは
        そこで諏訪部さんの家を滅ぼしたのが自分の父だと知ります
        亡くなった姉に清澗寺への復讐を頼まれた諏訪部さんは
        福山さんへの愛と清澗寺の血筋への復讐心で心を悩ませます
        諏訪部さんの婚約者まで出てきたり
        清澗寺の会社が中国で暴動が起きて
        その首謀者が諏訪部さんかもしれなかったり
        福山さんへの投資の代償としてお見合い話が持ち上がったり
        色々問題が起こり
        福山さんは諏訪部さんのことが信じられなくなります
        怒った諏訪部さんは無理やり押し倒します

        3回エロがあるんですが
        私は甘い二回よりも痛々しいこの絡みが一番好きだったりしました
        福山さんの涙ながらの「おいしい・・・」もあります

        泣きながら喘ぐ福山さんが可愛いし
        怖エロい諏訪部さんも素敵でした
        苦しさと愛情が絡み合ってる複雑な感じが切なかった
        【ダブルバインド】でも思ったけど
        好きなんだけどそれだけじゃないグチャグチャした感情がある関係での
        二人のやりとりが私は好きだったります
        ヤンデレ攻も好きだしな〜
        だから、単純に甘いのもいいけど
        割り切れない思いをたたえての二人ってイイなぁ

        諏訪部さんの愛情を知りながらも過去の因縁を知った福山さんは
        一緒にいればそれだけで傷つけてしまう・・・と
        別れを決意します

        「最後に一つだけ
         あなたに嘘をつくことを許してください」
        「あなたのことが嫌いです・・・
         もう・・・顔も
        見たくない・・・・」

        そして、このセリフが一番好きだった
        福山さんの声の震わせ方とか間の取り方とかともかくスゴイ上手い!!
        「見たくない」と最後の一言の我慢できずに嗚咽する様子が苦しくなる
        セリフごとににいきなり涙声になるんじゃなくって
        一言一言しゃべるたびに次第に声が涙に濡れてきて
        最後の最後で喉を揺さぶるようにしての変化のさせ方がビックリするぐらいイイ
        福山さんの演技の良さって一つのセンテンスの中でも
        キャラの感情によって微妙に演技を変えてるところにあると思います
        同じように「はい」という一言でも
        その時の状況感情人間関係相手との関係によって間合いや言い方が違うのです
        また、少し長いセリフの時も同じ感情で全部話すのでなく
        そのセンテンスにあった間・息・言い方・トーン・緩急など細かく違う

        私は可愛い受け声に苦手意識が強くて
        福山さんは低音受しか聞けない!と思っていたんですが
        その演技の微妙なニュアンスの表現力がすごく良くって
        「この演技力は高音だろうと可愛い声だろうと聞かないと勿体ない!!」
        思ってしまったのです・・・・
        なので、アホエロやトンデモ面白や駄作系も愛する私ですが
        福山さんに対しては声萌というより演技萌なので
        シリアス系や演技力が活かされる作品が聞きたかったりします
        正直、福山さんメインはエロがなくってもいいぐらいです
        (なので【空と原】がすごく楽しみ
        これが福山さんが低音だと声萌が入るのでエロだけでもいいんですが
        地声〜可愛い声の時は演技萌です
        (少数派かもしれませんが福山さんの低音すごく好きです)


        福山さんの健気な気持ちに心を揺さぶられ
        許嫁が清澗寺の中国会社を揺さぶったことを言及し
        身分を捨てて、新しい事業を興して
        福山さんを攫うことにします

        最後まで甘〜いセリフ
        「復讐はいいのか?」という福山さんに
        「清澗寺家のもっとも美しい宝石
         手に入れようとしてるんだから」

        それが復讐として十分らしいですよ〜
        激甘ですね
        そりゃ、お兄ちゃんの野島健さんがわざと咳き込むわけだわ〜

        最後は締めのエロ
        福山さんの吐息がエロいです
        そして、良く喘いでくれています
        最近は吐息喘ぎの方が多いいのでアンアンしまくってくれていて
        満足感が高いです
        私の好みではもうちょっと中音域の方が好きなんですが
        澄んだ高音が好きな方にはたまらんだろうなぁっという
        納得の可愛さでありました
        「もう・・・ダメ〜」
        エロいセリフや喘ぎはありますが、私は↑の言い方がスゴイなっと思った
        吐息とセリフの兼ね合いがちゃんとエロかったのです


        これからは海外に一緒に行く予定でラブラブしながら終わり




        色んな意味で良くできているんですが
        余り演出がよくなく原作などの練り込みが足りない【瞳をすまして】のが
        私は何故か萌えました

        お話自体にはのめり込んで楽しく聞けたんだけど
        萌えたか?というとそうでもないような・・・・
        私、福山さんは健気一途かツンデレか低音が好きなようで
        この「前向きで一生懸命で素直で明るい」というのも求めてないのかも??と
        今回ちょっと思ってしまいました
        そう言えば最初に福山受を聞いた【学園ヘヴン】のCDでも
        「前向きで一生懸命で素直で明るい」受でそれを聞いて苦手意識ができて
        長〜〜い間福山さんを避けていたんですよね〜・・・・
        (キャラ的にはピッタリだし声も高音で可愛かったんですけどね
         元々可愛い受&高音声が苦手だったのもあって・・・)

        福山さんが表現する健気受の時の儚い切なさみたいのと
        福山さんを好きになったのが低音なので低音の響きとかが好きなようです


        平川さんとかもウジウジメソメソしてる受が一番好きだし
        岸尾さんはツンツン美人声は好きだけど元気可愛い声には萌えないし
        近藤さんも全般的に好きだけどキャワワアワワ受は苦手だし
        「好き」の中でも好き嫌いがあったりするようです




        良作と作品が必ずしも一致しないよね?という
        結構な割合でボロクソに言われてるアラブBLが好きな私ですからね!
        ストーリーがない南原作品・みなみ遥作品も楽しめちゃう私だもんね〜
        面白・駄作・トンデモ率が高いシンポ愛の私だも〜ん





        色々書いちゃってますが、出来はすごく良く
        キャストも豪華で演出やBGM等も良いです
        キャスト好きにもお薦めの一枚
        ガッツリ安心出来る、シリアス甘切ないBLを聞きたい時に!






        あと、関係ないんですが
        和泉さんの文体があまり私にはしっくりこないようで
        何度か購入したんですが物語に入りこめないというか
        読み飛ばしてしまいちゃんと腰を据えて読めない
        BL小説の文章というのは上手い下手じゃなくって相性があるので
        私とは相性が悪いんだろうな〜っと思います
        英田サキさんもそうなんですよね
        お話は面白いし文も読みやすいんだけど読んだ後何も残らないというか
        「ここもうちょっと書いて欲しい」みたいなところがあって
        私が求めてる描写とズレがある
        榎田さんは面白いんだけど何故か絡みにエロを感じない
        木原さんは物語に引き込まれるし文章も上手いんだけど、萌はない
        水原さんとかは文が好きなんだけど、やはり萌ないしエロにエロを感じないし

        BL小説は小説や文章技術意外にも
        作者の萌とキャラやシチュエーションなどが自分と合うかどうか?があるので
        色々難しいな〜と思います

        ちなみに上記の作家さんのBLCDは普通に好きだったりします



        BL漫画やBLCDよりもBL小説というは
        自分とマッチする作家さん(作品)を見つけるのが
        私は難しかったりします

        【瞳をすまして】

        0
          中村悠一×福山潤


          購入したはいいが
          私が想像した話と違いそうなので放置してたんですが 
          ついにblcd聞きたい気分に入ったので聞きました〜


          福山さんの高音ホワワン声可愛いですね
          こりゃ、誰が聞いても「可愛いと思うだろう可愛さです
          チョコレートやケーキを見て
          「甘くて美味しそうだな〜みたいな納得の可愛さ


          ところが私の萌とは違う

          可愛いのはわかるんだけど
          私は「男らしさがある中の可愛さが好きなのですが
          今回は「健気で一途で女の子にようにホワワン可愛いのです
          男の子が「女の子」のように可愛いというのがいいんでしょうけど
          可愛いのはわかるんですけどな〜
          ただ、昔はこのホワワン可愛い受けまったく聞けなかった
          「可愛すぎるよ〜ヒィィィィとなって耳が受け付けなかった


          それが、最近は福山さん岸尾さんあたりは聞けるようになったので
          やっと一般的な嗜好に近づいて来たのかなっと
          聞けるものが増えて嬉しかったりします


          中村さんは柔らか〜い声でした
          それが福山さんのホワホワ可愛い声と相まって
          とても耳に優しかったです
          これまたイイ声なんですが、不思議とやはり私のには引っかからない
          中村さんは受けのが好きかもしれないな


          BGMはもうちょっと音が柔らかい方がイイきもしましが
          曲調自体はあってる気がしました

          ただ、何度も流れるBGMが私が勝手に思ってるだけかもしれないけど
          有名ミュージカル曲「メ〇リー」に少〜しだけ似てる部分があって気になった




          耳が聞こえない福山さんは友人や家族の助けによって
          一生懸命大学に通っています
          そこに、友達の花輪さんの紹介で美形モデルの中村さんと出会い
          優しく接してくれる中村さんに次第に好意を持つようになり・・・・



          筆談&メール・手話・モノローグ・セリフを使って二人が会話するのですが
          それがちゃんとそれぞれ音声だけで違いがわかるのがすごかったです
          たまにモノローグとセリフがどっちも違いがわからない人とかもいたので
          その違いが音だけでわかるので物語に入りこみやすかった

          福山さんのモノローグが多いいんですが
          私はモノローグが多いいblcdのが好きなのでそこも良かった
          どうせ聴くなら(早口とかでなく)たくさん話してる方がいいし
          セリフや会話で話が進むのはアニメや他人数のドラマCDとかがあるので
          モノローグが聞けるのがblcdの良さでもあると私は思ってるので

          語り口調も柔らかいのでとても聴きやすいです
          ちょっとした息の入れ方とかで心情を表しているのも
          福山さんの丁寧な演技が活きていて良かった


          すぐ不安になったり
          周りに迷惑をかけてるんじゃないか?と思ってしまう福山さんが
          自分を安心させるために手話で「大丈夫」と胸を叩くところが
          とても健気で可愛かった


          サラっと聞くにはいいんだけど、細かいところ気にするとダメですね
          まず、BLだから仕方がないんだけど皆な優しすぎる〜
          主人公がイイ子だからいい人が集まるのかもしれないんだけど
          ちょっとこの主人公と障害者に優しすぎる世界観に疑問を感じると
          モヤモヤとします


          また、私がBLを見たり聴いたりする時に「そこが大事なんだよ
          勝手に思っているのが
          男同士であることの葛藤なんですが・・・・
          それがここでは全くもってないんですよねぇ
          主人公が悩んでいるのは
          「素敵で人気者の彼を僕なんかが独占しちゃダメなんだです
          え!?そこなの??
          男を好きになっちゃったことに疑問や戸惑いはないの〜?
          攻め様の方は後ほど
          「男も女も関係ない」みたいなバイ宣言されてるので良いとして
          主人公はそういう感じでもないのにな〜


          周りの反応もアレなんですよ
          友達の男が男相手に「こいつに手を出すなよ」て言ったり
          元カノが男の主人公に向かって「彼を取らないで〜」つってきたり
          女から「可愛い」言われまくる主人公

          主人公が男であることに誰も疑問をもってないどころか
          対応が女の子に対するものなんですよね〜
          別にコレ、主人公が女でも普通に話として成立する
          それどころか女の子設定にした方が違和感がないんじゃないかなぁ
          そう思ったらもうダメでして
          福山さんの可憐なホワワン可愛い高音声が
          こういう声の女にしか思えなくなってきた
          たまにちょっとハスキーだったり低音よりの女性とかいるじゃないですか・・・
          BLなんだけど男女もの聞いてる気分になってしまった
          この現象は【オレンジのココロ】の代永さんでもそうなったんだよなぁ
          ただ【オレンジ〜】はまだ設定に男の子っぽさが残っていたので
          声的には代永さんのが女の子声だけどBLだと思えたのです

          福山さんの声や演技自体はすごく良かったので
          もうちょっと男同士である戸惑いが欲しかったな〜



          中村さんの元カノに色々言われてから不安になって遠ざけて
          それでも会いに行こうとします
          ホームの向こう側にいる中村さんを呼び止めようと
          今まで一度も話してないのに名前を叫ぶシーン

          すごく危機迫っていてじんわり感動しました
          たった一言なのに切なくなった〜

          ただどうしてもドラマ「AIしてると言ってくれ」がチラついた〜
          世代的なものなんですけどね


          ボチボチ拙いながらも話始める福山さんの演技について
          美容師をやっていて聴覚障害者の方と接したことがあります
          とても明るくて良く話す方でした
          彼女は鏡ごしに口を見てこちらと会話のやりとりをしていました
          適度にゆっくりはっきりと発音すれば普通に会話が成立しました
          実際に話方を聴いてるので福山さんの喋り方に最初ちょっと違和感があった
          ただ、これは音声ドラマなので試聴者に音だけで伝えなきゃならないんですよね
          そのためにある程度聞き取りやすくするためにこういう演技なんだなと思いました
          テレビとかの映像があれば構わないけど音だけで表現するにはとても難しい
          実際とは違うんですが福山さんは繊細に素敵に演じていました
          たどたどしし話し方がメチャクチャ可愛い
          BL受けとして正しい演技だと思いました


          両思い→エッチ
          ちょっと〜!!!
          展開が早すぎない!?
          恋愛するのもキスするのも初めてで
          男同士で心の準備もしてなくて
          繊細で健気で女の子みたいなカワイコ受ちゃんですよ??
          ここは【DISK1】はキスで止めとこうよ〜
          一ヶ月ぐらいデートして
          二ヶ月目でちょっとお触りして雰囲気に慣らして
          三ヶ月目で気持ちの準備も出来ての嬉し恥ずかし

          みたいな・・・ゆっくり展開でしてあげてよ〜
          もっともっと大事にしてあげてよ〜
          【同級生】
          の草壁くん何か一年以上待ってるんだよ
          【やさしいエピローグ】の組長だって半年以上我慢してるんだから
          そこはせめて一ヶ月ぐらい待って上げて欲しかったわ〜
          BL展開的にはここでエロ入れるほうが正しいんだけど
          「大事にする」てスタンスなんだから大事にして欲しかったのと・・・・
          私が最近エロ薄作品が好きだからかもしれない
          ↑これが大きいんですかね
          濃いエロは思いが通じ合って最後にガッツリじっくりみたいのがイイというか
          【ハピネス】みたいな作りが好きなのです
          【職業、王子】みたいなエロ多いいけどちゃんと話の辻褄が合うのはいいけど
          シリアス系で絡みの展開だけが早いのはどうなんだろう〜
          一枚目はピュアなまんまで良かったんじゃないかな・・・・・


          福山さんはメチャクチャ可愛かったです
          特に我慢できないで「ん〜ん〜」しながらイッちゃうところとか
          その後の恥ずかしがり方とか可憐で可愛いです
          BL受けらしい正統派可愛いです
          中村さんは絡みの時の甘い声色がのった
          「ダメなの?どうして?」
          が、特にイイ声でした〜
          あと、よくポロポロと「可愛い言いまくってるんですが
          そう言いたくなる納得の可愛さの福山さんでした〜


          【DISK2】
          付き合い始めた二人
          でも、派手な見た目の中村さんと変わり始めた福山さんに
          兄・緑川さんは「ああいう男と付き合ってるとロクなことがない
          付き合い自体を反対されます
          中村さんのモデルの仕事が忙しく会えない日々が多くなり
          たまに会ってもイライラしていたり
          兄にも厳しいことを言われて不安になっていた福山さんは
          中村さんのモデル友達と遊びに行って襲われてしまい
          それを中村さんに責められてるところを兄に見られてしまいます
          二人とますます意思の疎通が難しくなって落ち込んでいるところを
          共通の友人花輪さんと話し合い、気持ちを落ち着かせた福山さんは
          緑川兄さんとも中村さんとも和解しました

          これ・・・・
          聴覚障害である意味がまったくなくなってます
          せっかく題名にもなってるのにさほど使わないテーマになってるのが
          少し寂しかったです
          例えば【言ノ葉ノ〜】の二作とかは
          二枚組でちゃんと「心の声が読める能力」というテーマに沿っています

          そして【DISK1】でも疑問だった主人公に対する周りの反応
          友人の花輪さんが当たり前のように男同士付き合ってるの知ってる
          兄の過保護っぷりや心配の仕方が女の子に対するもの
          その他のモブ友達も「最近可愛くなった」とか女っぽい扱い
          極めつけが攻めのモデル友達
          「可愛いねぇ」「俺とも一緒に遊んでよ」「もっと話したい」とか
          乙女ゲの女主人公のようにチヤホヤされまくる受けちゃん
          彼氏いるのにモデル男達が優しくて自覚なしにモテモテ
          原作知らないから流して聞いていたけど
          最初「モデル仲間に合わせる」と攻めが言ったとき
          私は普通にモデルの女友達だと思ったのに
          受けちゃんが行ってみたら男しかいね〜!!!
          なんなのだろう・・・・この受けに対する徹底した女扱いは
          ギャグ・コメディ・アホエロとかならまだしも
          シリアス設定なのに男同士が当たり前なのは違和感
          二人が男同士の葛藤ないのもそうだけど、周りも男同士を普通に認めてる
          アホBLでも「俺たち男同士なのに!」て悩んでいるのに
          まったく本人も周りも受け入れちゃってるのはどうなのよ〜っと


          また、ブラコン緑川兄さんの扱いも適当すぎる!
          兄さんは昔、チャラチャラした男に振り回されて
          同じようなタイプの攻め様に弟が酷い目にあわされるんじゃないか?と
          心配のあまりに過保護になってる
          んだけど
          引張っといて兄さんの昔話はま〜ったくなし
          多少は説明があっても良かったと思うんだよね〜


          基本、ウジウジメソメソ乙女受けは苦手でして
          特に「危ないからやるなよと注意されてるのに
          自ら危険な方向に足を突っ込む受けが嫌〜
          今回の福山さんもそんな感じなんですが・・・・・
          低音で凄みたっぷりにお堅い説教する緑川兄さん
          優しい声から豹変ヤンデレ漂うキツめ声の中村さん
          自分が好きで味方だった二人から責められて
          両方に気を使って頑張ってテンパっていて
          普通ならどっちかが悩みを聞いてくれそうなのに
          その両方ともギクシャクして愚痴も相談もできなくて
          本人達にも意思が伝わらない・・・・
          そりゃ、息抜きしたくなるよ
          ちゃんと判断できなくなって甘い言葉に騙されちゃうよ
          相手のことを解ろうと誰かに話したくなるよ

          本来、騙される受けもどうなのよてなるところが
          受けちゃんに同情しちゃいました
          ホワホワオドオド高音の福山さんモノローグが
          すごくテンパってグルグルしてどうしようもなさを感じさせたからかもしれない
          とは違うんだけど可哀想になっちゃうほどでした


          ちなみに、一番私がたのが
          嫉妬した中村さんが強引に襲いかかってきて
          なんでだかわからない福山さんが怯えて怖がってるエロ

          強引なのが怖くて嫌なのに抵抗できないのが可愛かった
          上手く話せないまま途切れがちにたどたどしく抵抗するのが
          堪らんかった
          「僕・・・・何か、悪いこと・・・・した?」
          涙声で一生懸命ピルピル怯えながら話してるのがわかるので
          乱暴に襲いたくなる攻め様の気持ちもわからなくない
          何か無性に可愛かったんですよね〜


          中村さんは甘い声よりも個人的には
          ヤンデレ漂う嫉妬しまっくっての抑えた怒号が好きでした
          怒ってる声がかっこよかったです
          受けちゃんが注意したのに聞かなかったことに悲しんでるのと
          自分の嫉妬心を持て余してイライラしてるのと
          相手への怒りが爆発したのとかの色んな気持ちが混ざった
          「どこに・・・行ってた?」
          「どうして俺の言うことを
           きいてくれなかったんだ!!」



          今回思ったのは私は中村さんの甘い優しい声よりも
          普通〜低音ぐらいのが好きかもしれない
          購入予定で試聴した【ロッセリーニの息子 捕獲者】も優しい声なんですが
          役にあってるしイイ声なんですが何にも思わなかったんですよね〜
          (野島健さんは相変わらず可愛いかった)
          なので今回一番好きだった中村さんは甘いセリフ言ってる時や
          絡みの時や「かわいい」のつぶやきでもなく怒ってるところです!
          私攻めのヤンデレが好きなので束縛しまくりの攻め様とかいいですね



          最後は福山さんが緑川兄を説得して
          中村さんともキチンと自分から話し合って
          二人の仲もちょっと取り持ってのハッピーED
          でした
          兄と攻め様に流されてどうにかなってしまうのではなく
          主人公自らが決断して納得して強い意思で動いて
          頑な二人を納得させてるのが良かった
          ウジウジ受けなんだけど最後になって
          一番大人だったのは主人公なんじゃないかなぁ?と思わせる展開だったので
          締めはかなり好きでした


          色々苦手要素&ツッコミどころがあるし
          根本的にホワワン受け好きじゃないのに
          福山さんの繊細で多彩なモノローグの心情変化によって
          主人公が憎めない感じになっています

          中村さんの優しい声も耳に優しいし
          友人役の花輪さんもすっごくイイ人で親身な声をしていて
          緑川さんの兄っぷりも固くて融通がきかないんだけど
          本当に弟を心配してるからで嫌味でやってるわけじゃないのがわかるし
          声優さんの演技やイイ声に助けられてるとこがありますね


          なので粗はあるけど駄作ではないです
          これは多分原作がそんなに障害について調べられてないんじゃないかなぁ
          ドリーム全開の展開はBLだからアリだと思うんだけど
          とても繊細な難しいテーマなのだから
          もうちょっと丁寧な下調べとかして欲しかった
          もうちょっとでお気に入りになりそうなのに
          少し原作などに作り込みが足りない・・・
          勿体ない作品だな〜と思いました


          でも、これでホワワン可愛い声の福山さんも平気なことがわかったので
          これから色々福山さんの聞きたかった作品を聞いてみたいです
          色々ピックアップしているので購入するの楽しみです
          一度好きになっちゃうと「何であの時苦手意識があったんだろ〜?」と思います

          【心臓がふかく爆ぜている】 崎谷はるひ

          0

             森川智之×福山潤


            福山さん、やっぱりいいな〜

            しみじみと実感した一枚でした
            演技が上手なのもあるんですが
            役作りが丁寧なんだろうなぁっと言うのが伝わってきます
            言葉につまる「あ・・・」とか
            だたの返事の「はい」とか
            たった一言、一文字であってもちゃんと役作りしていて
            そのキャラになって受け答えして、その時々で言い方を微妙に変えてる
            一言一言を大事にしているな〜というのが何だかわかるんですよね


            感情や思いがこちらに伝わってくることは多々ありますが
            声の演技だけで福山さんは所作や表情まで伝わる
            今、小首を傾げたな!
            上目使いでこっちを見ている・・・
            真っ赤になって首を降ってる  
            眉が下がって口が曲がってる 
              
            などなど
            原作を先に読んでいますが、場面を暗記するほど熟読はしてないし
            読みながら聞くということもしていません
            なのに、ちゃんと人物の動きが何故か感じられるんですよ
            色々聞いてきましたが、こんなにリアルに声だけで表情や所作がわかったのは
            福山さんが初めてでしたので聞き入ってしまいました


            もしかしたら、これらの感覚は私の思い込みなのかもしれないけど
            そうであっても「丁寧に演じてるな」「表情がわかるな」と思わせるというのは
            声だけでそう錯覚させることも難しいことです!なので
            やっぱり福山さんはスゴイ!
            本当に丁寧に演じているにの伝わってない方だっているかもしれませんしね


            声的にはすごく好みってわけではないんですが
            声に艶があっていい声ですし
            この演技力は素晴らしいな〜と思ったので
            今年は福山さんのBLCDを集めていきたいです
            【セブン・デイズ】【桔梗庵のの花盗人と貴族】【夜明けには好きと言って
            プロガーさんにお薦めされたこの↑3作
            瞳をすまして】【いつかじゃない明日のために】【顔のない男】
            【清閑寺家シリーズ せつなさは夜の媚薬】
            なんかを自分的には狙っています
            (手に入りにくいものもありそうですが・・・・)

            私、最初のBLCDに詳しくない頃聞いた福山さんが
            【甘い融点】崎谷作品が好きだったから
            【学園ヘヴン】ゲームをプレイしたから
            この二作で素直可愛い高校生高音だったので苦手意識が出来ていた
            (私BLで王道になるような一途可愛い小動物受けが苦手なのです・・・・)
            確かに福山さんの声は可愛いので、可愛い受けが好きな方にはいいのだろうなぁっと
            でもでも!!!
            私にとって福山さんの良さは演技力
            エロエロ可愛い福山さんには興味がないので
            エロ薄でもいいからイイお話・演技力を活かしてる作品が聞きたいな〜


            今回はモノローグたくさん!
            メインはほぼ3人なのでたくさん話していて満足でした
            音域は低音目
            福山さんの低音が好きな私は嬉しかった
            ですが!!
            今は演技自体が好きなのでもう少し高め音域でも良かったかな?
            私の好み的にはすごく嬉しいのですが・・・・
            昔から福山さんの受けが好きな方は可愛い声を望んでいるんじゃないかなぁ
            などと、いらぬ心配をしてしまったり
            【職業、王子】はそっちで熱く語っておりますが
            王子としての威厳と孤独と過去との対比などを付けるためには
            低音で良かったな思うんですが
            今回の受けちゃんは地味ウジウジオロオロ系
            ある種BLによくいる薄幸一途受けに入ると思うので
            だったらもうちょっと線の細い高音でも良かったかもしれないな〜と
            ネガティブだけど会社の重役で30代で森川さんより年上の役なので
            違和感はないし、何度も書くけど私は低音のが好きなのでいいんですが
            「ラブイチャ・アホエロとかじゃなければ高音福山さんでも平気かも?」と
            チャレンジャー精神がでてきていたので
            もう少〜しだけ高音目でも聞いてみたかったな
            淫らな罠に堕とされて】ぐらいの音域とか
            でも↑この福山さんは他レビューだと低音だと言われているんですよね
            私にとっては普通に高音受けだと思ったんだけど・・・・


            以下、ところどころ辛口感想です
            否定的なことが許せない人は注意してください

            (辛口になる予定じゃなかったのに不思議
             読み返したらちょっと辛口感想だった・・・・)
                ↓↓↓


            ロハスの店を友人の三木さんと経営している福山さん
            そこにイケメンの新人・森川さんが入社してきます
            見た目やゲイであるコンプレックスなどから自信がなく
            会社の役員であることを黙って森川さんに接する福山さん
            最初は苦手意識がありましたが、気さくで優しい森川さんに
            次第に惹かれていき心を開いていきます


            原作小説より私はCDのが聴きやすかったです
            三木さんの亡くなった奥さんで主人公が敬愛するアヤカ
            ネット関係の長い説明とそれに関するトラブル
            主人公の過去の恋愛遍歴のトラウマ
            ロハス関係のウンチク
            グダグダ長かったこれらがCDだとある程度省略されてる
            物語がお仕事中心に回っていた気がします
            仕事を通じて二人の仲の進展していくように物語がすじられてるので
            変にウダウダと話が逸れることがなかった
            そう言えば、崎谷作品って毎回
            「原作よりCDのがコンパクトにまとまっていて好きだなぁ」と思っていた
            去年の臣さんシリーズ&不機嫌シリーズがイマイチだったので忘れていた
            CDのが好きだなって思う作品でも原作に比べて絡みはカットされてるんですよ
            だから、去年の臣さん&不機嫌〜がイマイチだったのは
            絡みカットのせいだけじゃないような
            やっぱり、萌が不足するとダメなんじゃないかな〜?と思いました
            今回は仕事描写多いいんですが、そんな仕事でも合間合間に福山さんが可愛くて
            楽しく聞くことができました
            仕事CDは本来好みではないんですが
            原作に比べて色々省略されてスッキリしてるのがわかるので
            「これぐらいのお仕事具合はいいかなぁ」と思えます


            三木さんは女装をしながら妻が残した会社を
            経営者でもあるゲイの友人が表に出たがらないので表立って仕事をする
            中々、濃いキャラでした
            そして三木さんが演じることによって濃さが倍増していました・・・・
            話が日常仕事系だし、別に三木さんがキーパーソンでもないし
            ある種メイン二人より濃いのは・・・・どうかなぁ?と違和感が最後まで私はあった
            【言ノ葉ノ世界】みたいなちょっとファンタジー入った世界感や
            【二重螺旋】みたいなガッツリドロドロ非現実シリアスや
            臣さんシリーズの浮き世離れした天才画家とかならいいんですよ
            お話が壮大・感動・シリアス・壮絶とかなら三木さんの演技や存在感が活きる
            (ちょっと掴みどころのない役や鬼畜系クール系の三木さんもイイ)
            でも、こういう日常系の脇役で特に大きな事件が起きないものだと
            ちょっと浮いてる気がしましたよ〜
            妻が亡くなって号泣するシーンはすっごく良かったです
            こういうシリアスなところでは三木さんの演技力が出てるんですよね

            三木さんが悪いんじゃなくって、キャスティングした崎谷先生が・・・・・・
            う、う〜〜ん・・・
            英田先生が興津さんを指名してくれたのは感謝したいくらい嬉しかった
            砂原先生はいつもキャストが毎回ハマっていてい大変出来がいい
            原作者のイメージなら仕方ない
            大人の事情で合わないキャスティングでも仕方ない
            でもでも、崎谷先生は本当にこのキャラが合うと思って指名したのかしら・・・・
            「〇〇さんならどうにかしてくれる」と言うのはイメージにあった指名とは違うと思う
            もちろんプロなので寄せることはできるんだけど
            ある種「何にでもなれる人」もプロなら
            「この役はこの人にしかできない!」「どんな役も〇〇さん色に染まる」という
            個性や味が強いプロの方もいるんだから
            もうちょっと上手くキャスティングできなかったものか・・・・


            森川さんも福山さんより年下というのは無理がありそうなんですが
            福山さんが低音目できたのと
            私、別に森川さんの声をたくさん聞いても嫌じゃないんですよね
            すっごく何度も聞きたいぐらい好きってほどじゃないんですが
            囁かれるといい声だな〜と思うし、演技も上手いし
            変なクセがなくてスッ入ってくる
            BLCDでは森川さん目的じゃなくても購入しているものの4分の一ぐらいは
            森川攻めのような気がします・・・・
            何だろう、中毒性はないんだけど飽きませんししつこく感じません
            だからこちらも役にはちょっと合ってないかな?と思ったものの
            「森川さんだからいいか〜」となりました
            最後まで聞いてもやっぱり完璧にあってるとは言い難いんですが
            無難に演じていてクセがなく物語自体には馴染んでいて
            福山さんや三木さんとのやりとりもテンポ良かったので
            最終的にこれはこれで有りだなっと思えます
            原作を読んでイメージが固まっていたり
            年齢を気にしたりしたりしなければこのCDの中では違和感ありませんでした


            【DISK1】
            オドオドウジウジしまくってる福山さんの可愛さ
            私ウジウジ受け嫌いなんですが・・・・可愛かったんですよ
            例外で野島健さん野島裕さん鈴木千さんのウジウジ受けは好き
            でも、福山さんは↑の方々とは違って声自体はハッキリと明瞭
            柔らかさよりもリンとした綺麗な声だな〜と前から思っていた
            だけどオドオドした時の吃り方とかがリアルでした
            文章で読むより主人公がアワアワ焦ってるのが伝わってきました
            ハッキリした声の方が声を震わせるような感じを出しているのが新鮮

            飲んで醜態をさらしてしまった!と焦る福山さんを宥める森川さん
            「安心して眠って・・・・」
            かっこよかったしすごく安心する声なんですよ〜
            翌朝も爽やか
            「おはようございます」が超甘くて優しいのです
            そりゃ・・・・こんな優しくされたら惚れちゃうよね


            月夜の温室でのフットマッサージしながらの告白
            「付き合いません?俺ら・・・」

            ちょっと囁きながら言うのはズルイよ〜!!!
            アワアワしてる福山さんに同感しちゃいます
            森川さんのセリフの間でも「。。。ハッハッ」と息とついてるのが
            動揺しまくってる感じがすごく出ていました〜
            福山さんって相手がセリフを言ってる時もそのキャラで演技をしてるんですよね
            良く聞くと森川さんのセリフに合わせて、ビックリしたように息を吸い込んだり
            小さい声でアワワワワ・・・みたいな雰囲気を今回も出していた
            それが可愛い上にキャラに沿っていて好きでした
            キスし終わった後の声を詰まらせるところなんて
            「何が・・・ですか・・・・?」
            「いい感じ・・・て・・・」
            今にも泣いちゃいそうなくらいのテンパリ具合で声がブルブルしていて
            そのまんま倒れちゃいそうな焦り具合がすごかった


            【DISK2】付き合い始めた二人
            映画館デートでエロい悪戯しかける森川さん
            福山さんの「バカ・・・」イイ

            初エッチ
            「それってそそるね
            この森川さんの囁きが良かった〜

            その後の絡みは言うことないです・・・・
            なんでしょう、この臨場感
            言葉で表せないくらいなので是非聞いていただきた〜い
            ちょっと言うなら、絡みの時は森川さん低音でも良かったのになぁ


            その後ラブラブになるかと思いきや・・・・
            福山さんを避け始める森川さん
            結婚を考えていた元カノと会っていて
            「理由があるから待っていて欲しい」と言われるが
            クリスマス前の約束をドタキャンされたことで喧嘩をしてしまい
            別れを決意する福山さん
            悩ましくて切ない福山さんのモノローグが苦しいの
            涙をこらえて無理やり話したり
            わざと能面みたいな棒読みで突き放したり
            頑張って怒って思いをぶつけたり
            もう福山さんが話すたびに辛くて辛くて切なかったわ〜
            特に言い合いになってる時の、震えながらの敬語とか可哀想で堪らんかった
            抱きしめて優しく甘やかしてあげなよ!!!てなりしたよ

            これね・・・・原作小説でも思ったけど攻め様のが酷いと思うのよ
            理由を言わずに元カノに会って、恋人を遠ざけて
            クリスマスをドタキャンして年末〜正月を一人で過ごさせる
            クリスマス〜正月までって一番寂しい時期じゃないの
            いくら喧嘩して時間を置くにしてもこの時期一人にさせる恋人って・・・
            男同士じゃなくっても普通に男女でも恋人が誤解するの仕方ない状態
            どう考えても攻め様フォローできない・・・・
            原作読んだ時、この後二人がどれだけラブラブになるか楽しみに読んで
            (不幸な地味受けがイケメン攻め様に大事にされるシンデレラストーリーかと思って
             告白したくだりがすごい甘かったから尚更、その後の攻め様のひどさが際立った)
            この展開にとっても萎えたんですが
            CDで聞いてもやっぱり攻め様が酷いと思うんだよね〜
            弁明するところも言い訳ぽく感じてしまって、そのクセ
            「俺も悪いけど、あんたも悪い」て姿勢が納得いかなかった
            イヤイヤ、攻め様のが酷いだろ?
            土下座して謝って許しを乞いなさいよ!!と
            付き合ってる二人のトラブルにしても、もうちょっと攻め様は悪くないよね!みたいな
            アクシデントの付け方はなかったのだろうか〜
            理由を聞いても攻め様がやった&言ったことは酷いと思う
            CDのせいではなくって、ここらは小説の時点でモヤモヤした点でした
            (たまに崎谷作品ってどう読んでも攻め様のが悪いのに
             作中では悪くないって方に持っていく場合がありますよね・・・)


            「恋愛に夢をみないでください」
            そうなんだけど、BLの中でぐらい夢みさしてくれ〜!!!!


            仲直りエッチ
            福山さん・・・・スゴイですね
            何だかそんな言葉しかありません・・・・
            エロ可愛いです

            演出はたま〜に「シリアスなのにそのBGM?」という
            多少の違和感がありました
            脇役の方は下手ではないけど、上手くはないような気がします
            アヤカ役の方はうまかったけど
            (全然知らない方で一言二言の役でも違和感無い方もいるので
             そういう方々と比べてもちょっとイマイチかな?程度なんですか)
            メイン三人でほぼ話が進むので気にならないです
            お話自体は仕事&すれ違いメイン
            ドラマチックでも甘甘でもないので面白みは少ないかなぁ
            福山さんのオドオド具合が可愛いのと森川さんとの掛け合いが良いので
            キャスト目的だと楽しいと思います
            二枚組のわりにサラっと聞くタイプの内容
            悪くないけど特別良くもない
            絡みは最近の崎谷作品の中ではカットされずに長め
            お二人のおかげでエロく素敵になっていました〜
            ただ、小説からして絡みに力は入れてないのですごくエロくはない
            川さん福山さんのおかげで良くなってる!て感じです
            【ねじれたEDGE】【手を伸ばせばはるかな海】【不機嫌で甘い爪痕】とかは
            原作からして絡みが独特に雰囲気があって良く
            それが音声になってパワーアップした感じなんですが・・・・
            上手く言えないけど
            初期崎谷作品にあるしっとりした感じがCDでもなくなってるな〜と


            原作&キャストが好きだと楽しめると思います
            普通に面白いBLCDを聞きたいならコレじゃなくてもな・・・と
            特に大きな不満はないんですが「すごい良かった〜!!!」てな
            高揚感がないのが残念だったりします
            私、崎谷BLCDがすごく好きでして、受けの声が好きだったら
            「崎谷さんのBLCDならハズレがない」という絶対の信頼が一時はあったので
            2011年の「何だかコレじゃない」感はなんなのだろうか?


            最後に福山さんは終始良くって福山さん受け目的では満足

             


            【淫らな罠に堕とされて】

            0
              鳥海浩輔×福山潤


              私が唯一持っている福山さんの低音じゃないメインCD
              (他は【美貌の挑発】【職業、王子】)
              こちらシリーズものです
              森川×置鮎【淫らなキスに乱されて】小西×笹沼【淫らな躰に酔わされて】
              この二作を購入しようとして題名が似ているので
              間違えてこの鳥海×福山を購入してしまったんですよね・・・・
              こちら「福山さんが高音でない!」と色んなところでレビューされていたので
              聞いてみたかったので、まぁいいかな?っと
              (【美貌〜】【職業〜】が出る前のことです) 


              いざ聞いてみたのですが・・・・
              私にとっては十分、福山さん高音!!
              大人ぽいメソメソウジウジ系になってるけど
              音域的には【学園ヘヴン】の啓太くんと変わらないようなぁ
              福山さんがどうのこうのじゃなくって
              私高音受けが苦手なんですよね・・・・
              何というか「別に女性声優さんの少年声でいいんじゃない?」と思ってしまう
              男性が可愛い声を出してるギャップがいいのは最近わかってきた
              そういう良さもあるんだな〜っと
              ただ、私の好みじゃないのです
              私は「男性にしか出せない音域」というのが好きなんです
              例えば野島健さんや鈴木千さんも高音系ですが
              この二人のような少しハスキー?柔らかめの高音は
              女性の少年声じゃ無理だと思うんですよ〜
              男性特有の高音声というか・・・・
              (それでもこの二人の大人or青年声のが高音域より好きなんですが)
              男の人なのに女性声優さん並みの少年声の可愛さというのもスゴイんですが
              私はスゴイのよりが聞きたいので
              私の萌は高音可愛い声にないのです・・・・


              で、このCDは最初の5分を聞いて
              「福山さん高音可愛い声じゃないか〜」と停止していました
              うう、脇役ならいいんですがメインで高音可愛い声をずっと聞くのは
              まだ私にはレベルが高いのです・・・・
              (もともと可愛い受けが苦手で普通に可愛い受漫画を読めるようになるまで
               10年かかったという・・・・)
              ところが、最近【職業、王子】を聞いて福山さんに開眼
              勇気を出して挫折したこちらを聞いてみました


              う〜ん・・・やっぱり可愛いですね
              可愛いだけじゃなくって健気な感じもあって
              そういうのが好きな方には堪らんじゃないのかなぁ?と
              こちら、私が苦手だったのは福山さんが可愛すぎるからだけでなく
              この主人公の受けちゃんの行動や性格が苦手だったのも分かった
              ダメ男に振り回されて浮気されてメソメソして
              仕事も要領よくできないで周りから馬鹿?にされていて
              攻め様が丁寧に「今は危ないから家から出るな」て言ってくれたのに
              わざわざ敵のところに乗り込んで危険にさらされたり
              ダメなの!!私こういう受けちゃんが〜
              せめて、仕事出来る設定であって欲しかったし
              乗り込むなら乗り込むで男気を見せて欲しかったり
              何から何までダメで攻めちゃんが助けてくれる・・・みたいな
              男なんだからちょっとは自分でどうにかしろよ!!と思ってしまいました


              ですが、演技的には福山さん良かったです
              ダメ男が浮気しているのを知って
              「ハハハ・・・・」と自虐的に笑ったあとに
              耐え切れずに泣き出す時の切り替えのスムーズさとか
              本当に悔しそうに泣くんですよね〜
              そして、高音喘ぎ苦手なんですが
              この福山さんのちょっと耐えるような感じはすごく可愛い


              このシリーズお事件BLすぎるんですが
              受けが刑事でも弁護士でもないので初めの方は事件性が低い
              ダメ男に浮気されて鳥海さんと一夜をすごし戸惑う
              その揺れ動く乙女(♂)心が丁寧に語られています
              後半の会社の賄賂とかに気づいてからはお事件です
              3回ほど聞いて前半の30分は聞いてられるのに
              後半は寝てしまった・・・・
              4回目は仕方ないから後半のお事件から聴き始めました


              お事件性が低い福山さんのBLCD聞いてみた〜い
              と、ますます福山さんのBLCD探求心は刺激されました


              声的には・・・・やっぱり美人弁護士の置鮎さんが堪らん
              この低音ながらも柔らかくて色気たっぷりの受声がいいの〜
              色っぽい
              ちょっと話してるだけで嬉しい
              やっぱりこのトーンの置鮎さん好きだな〜




              なんか、内容や萌的にはさほど印象に残るところがありません
              鳥海さんのワイルド強引男前攻めが珍しくって
              そういうのも良いな〜って思ったのと
              福山さんはやっぱり演技達者だな〜っと



              このシリーズはお事件終わった後の後日談が楽しみ
              3バカトリオが楽しかった・・・
              小西さん鳥海さん置鮎さんが20年来の幼馴染なんですよね
              それで鳥海さんに福山さんという恋人ができてお鍋して祝福してます
              そのやりとりがワイワイして面白い


              絡み要素は薄いです
              題名エロそうなんだけど、このシリーズ全部絡み薄いです
              短いです




              なので、ま〜・・・・
              アレなんですがキャラが好きなんですよね
              あと、CDの方が原作より綺麗にまとまってる気がします
              CDで削ってるあるやりとりや恋愛面での補完ができるかと
              小説原作も買ってみたんですが・・・・
              ほとんどCD通りでしたし
              お事件も小説で追うほどのものじゃないんですよね
              しいていえば、絡みが小説ではちゃんと書かれていたかなぁ?と
              挿絵の陸裕千景子さん絵が好きなので
              ほとんど絵と巻末の漫画楽しみに購入しています
              続編4作目で停止してますが続き出たら買っちゃうのに
              置鮎さんと笹沼さんの受けは貴重だし
              キャラ自体は魅力的で好きです





              【職業、王子】砂原糖子

              0
                 日野聡×福山潤



                福山さんの低音ツン受け〜
                ありがとうございます

                ありがとうございます
                もう、私福山低音受けは【美貌の挑発】で最後だと思ったの
                平川攻でエロがあるのだけが救いの
                原作脚本演出イマイチ&脇役下手な微妙な一枚
                (でも私は好きなんですが、BL感想プログで軒並み酷評されてる
                 そしてそれもわかるような出来なのです・・・・)
                でも、高音可愛い声の方の低音受けを望むなんてニッチなこと
                中〜低音受けがブリ高音受けをやると微妙な反応があるように
                反対もまたしかり・・・・
                どんな出来でも高音声の低音受けが出ただけでもありがたかったのです
                なので、このCD出来がイマイチだけど大事に聞いてました


                それが!!!
                砂原作品で日野さん攻めで良演出で福山低音受が来るなんて
                すごい嬉しいのです
                もう福山さんの低音受けがこれ以降でなくっても我慢できます
                感謝感激です



                でも聞いて思ったのは
                今回の王子様は私が低音受け贔屓なのをなくしても
                低音でよかったんじゃないかな?っと
                私がそう思った理由↓↓

                *攻めを無理やり拉致して性奴隷にしたり
                 彼女と勝手に別れさせたり暴君で印象が悪い
                そんな暴君なのに高音可愛い声だと迫力がないというか
                攻めが「イヤな奴だな」と最初思うだけの説得力がある嫌味な声だし
                攻めと対等に言い争いてるのに可愛い声だと違和感あると思う
                *昔はイイ子だったけど父に遠ざけられたり
                 兄弟にいじめられたり、周りから疎まれたりで強くなるしかなかった
                子供時代も福山さんが演じていて高音可愛い声を駆使しています
                素直でイイ子な感じがとてもよく出ていました
                イイ子が辛い目にあって自分で自分を守るしかない
                王子として孤独だけど国を守っていかなければいけない
                そう決断して幼い頃と違った決意を持つ対比として
                子供時代は高音可愛い声→低音ツン声に以降してるのは
                過去との違いが出て有効に作用しているんじゃないかな?っと
                これが高音→高音だとトーンで違いが出せても強調はしずらいと思う
                *強がっているけど本当は寂しい
                高音ツン声だと福山さんは普通に可愛いと思うの!!
                可愛い声が苦手だからこそ、可愛い声に敏感なんですが
                福山さんはブリっこしなくても高音だしたら可愛い
                声質自体だちゃんと可愛いんだと思います
                だからこそ、高音ツン受けなんかだと
                「ツンツンしてるけど本当はカワイコちゃんなんだろ?」て感じ滲んじゃう
                そこを男前の低音にすることによって
                ギリギリまで弱さや寂しさを聞く方にも感じさせないし
                攻め様にも感じさせない風になってると思いました
                だからこそ!最後の方になって泣いて取り乱す様子が強調されていたと思う
                弱く見えるけど芯が強い可愛い受ちゃんじゃなくって
                ちゃんと強くて賢くて自分がするべきことをわかっている
                でも、何かの拍子に仮面が剥がれてその奥にある寂しさが顔を出してしまう
                そういうあくまで強さが表に出すための低音だった気がします
                *王子としての毅然とした気品
                最後の方で国民に対して王子が演説?するシーンがあります
                17歳の若造に国民を納得させるだけの説得力を出すには・・・・
                映像があれが高音でもよかったかもしれませんが
                音だけのCDドラマではある程度迫力や力強さがないとショボイシーンになりそう
                「私の言葉を聞いてください」と大人達が混乱して騒動する中
                子供に言われて耳を傾ける人がどれだけいるのか
                国民を集約するカリスマ性や統率力や討論力を聴かせるには
                地に足がつき朗々とした音域で良かったと思います
                だって、このラストの弁明する福山王子スッゲーかっこいんですよ


                以上の勝手な推測から
                今回は低音王子でよかったんじゃないかなぁ?
                と思います
                王子がこういう性格でなくお話の展開が違っていれば
                高音王子のがあっているんでしょうが・・・
                それでも高音の福山さんが好きな方には歯がゆいものでしょうが
                この作品だからこそこの音域だったのかな〜?と
                だ、、、ダメでしょうか・・・・


                それにしても福山さんイイですね
                今までは低音が好きだったのですが
                今回は演技がすごくイイな〜っと思いました
                【学園ヘヴン】で女王様が好きでCDも聞いてみたのですが
                高音喘ぎが苦手で結局攻め役のしか聞けず
                多カプCDでも聞いたのですが、小さくて可愛い受けだったので
                そういう受けが苦手なのでやはり萌に引っかからず
                「これはそんなんに高音じゃない」と薦められてる福山受CDも聞いたんだけど
                どう聞いても出だしから私には高音声にしか聞こえずに
                脱落して未だに最後まで聞けていません
                でも、そういう私の可愛い受け声苦手な好みを排除して
                福山さんのモノローグの上手さ!セリフの間の摂り方!演技力がすごかった
                好きなトーンじゃなくっても福山さんのBLCDを聴きたくなりました
                切なくてシリアスモノがいいな〜
                高音が苦手な私にそれでも聞きたくさせるなんて
                どれだけ福山さんの演技がよかったのかわかっていただけるかと思います〜
                声が好きじゃないな〜と思っている方にも聞いて欲しいぐらい演技上手〜い
                来年は福山さんのCDをボチボチ購入したいです
                萌とエロがなくてもいいので良作福山BLCDを探します
                (福山さんの声に萌たいわけじゃないという・・・
                 今までにないBLCDの探し方になるな〜)


                福山さん大絶賛ですが、日野さんも良かったです
                相変わらずすごく耳に優しい声でした
                包容力と男ぽさと優しさが交じり合っていて良かった〜
                あと・・・・エロスキル上がってませんか??
                すごく攻め声の息のいれ方がよかったんですが
                福山さんとの相性も良かったのかな〜
                そこそこ日野さん聞いてますが、今回手持ち一番の攻めっぷりでした
                私、羽多野さんの攻め声と息の入れ方が激しくて好きなんですが
                日野さんも今回息多かった!!!
                超〜エロかったです・・・・


                成田さんは側近役なんですが
                いつもの紳士ぽい柔らかさをなくしていて
                すごくビシッと硬い声が脇役として色を添えていました
                ちゃんと脇役の側近声だったんですよ
                役に沿った声質をあてるなんてスゴイな〜っと


                風間さんは・・・・まぁ、、、、
                ちょっと演技過剰で3人から浮いてる感じもありましたが
                作品をぶち壊すほど酷くはなかったです
                たくさん話さなければ大丈夫なのかなぁ〜




                レンタルエロビデオ店長の日野さん
                アラブの福山王子に拉致されてしまいます
                「今日からおまえは俺のDO隷だ」
                この上から目線の福山さんが何か好きだった
                傲慢暴君ワガママ王子ぽく良かったです


                日野さんに媚薬を盛って縛りあげての襲い受け
                アラブ王子が襲っていますが受けです
                乗っかって自ら入れて気持ちよくなっています
                喘ぎは全盛期の福山さんよりキンキンしてなくて可愛かったし
                気持ちよさそうで良かったです
                「扱け!私のPニスだ!」
                女王様受けっぽくもありますね〜
                女王様受け好きなのでそんな雰囲気も味わえて二度おいしい
                それにしてもサラっとすごいセリフだ・・・・
                何となく【東京ディープナイト】小西×千葉進を思い出しました
                この時、ちゃんと日野さんはあんまり気持ち良くなさそうなのが
                原作通りでその後のガッツリ絡みとの対比があります
                やっぱり気持ちを伴ってからのが気持ちよさそうなのです


                誕生日に日野さんからトカゲをもらって喜ぶ福山王子
                すっげ〜可愛かった
                ツンツン生意気なのがここにきてやっと素直になるの
                トカゲを貰ってクルクル回ってるのがちゃんとわかるの
                「アハハハ〜」笑ってる福山さんの声がすごく嬉しそう
                原作を先に読んでる私はこのトカゲの過去話を知っているので
                ここでの王子の無邪気な様子に涙が滲んでしまいました
                そうやって過去を感じさせるぐらい
                ここの福山さんの喜びようは何だかリアルでした
                二回目聞き返した時もやっぱりここでちょっとじんわりきましたねぇ


                ゴム付け忘れて、王子自身が媚薬が効いちゃうエロ
                今まで王子リードのエッチだったのにここで攻めリードに!
                快感にわけわかんなくなっちゃって自分で泣きながら慰めちゃいます
                「熱い・・・熱く・・・て・・痒い・・・」
                「・・・・かない・・・奥。。。届かない・・・・」
                アンアンするんじゃなくって、言葉を噛みながら涙ながらに訴えて
                エグエグアグアグモジモジハァハァしてるのがエロエロ
                BLスキルが高すぎるよ!!福山さ〜ん
                布団に潜り込んで泣いちゃってるのもすごい可愛いの
                BL受って鳴きだけじゃなくって、泣き声も可愛くないといけないと思うの!!
                福山さんは泣き方もとっても可愛らしいのですね
                この時の日野さんの冷静なエロ命令も良いのです
                「腰を高くあげてみろ」ってエロいこと言ってるのに
                「無理じゃねぇって、な?
                この「な?」が優しすぎる〜!!!
                「よ〜し・・・いい子だな」
                爽やかで優しい
                ここのセリフだけピックアップで聞くとエロじゃないみたいですよ
                それなのに、突っ込んでからのハァ〜ハァ〜がスッゲ
                二人の喘ぎ二重奏が素晴らしかったです
                激しい激しい


                二枚目はTNTN祭りでした
                何かすんなりと言ってるのでさほどエロさは感じないというか
                【絶対服従】の鳥海さんのセリフのがスゲーな・・・・と思いました
                セリフよりも二人が両思いぽくなってイチャイチャしてる感じが
                そっちのがました
                あと、中●しされてエッチ後に泣き出しちゃう福山さんが可愛い
                「汚い・・・」て泣いちゃうのですよ
                アンアンからの泣きへの以降がスムーズでBLスキル?が高っ
                変なところに関心してしまいました・・・
                この喘ぎから泣きへの以降がスムーズな方は可愛く思える


                貰ったトカゲが日野さんの懐いていてちょっとスネる福山王子
                「馬鹿・・・」
                出た〜!!!!
                ツン受けの馬鹿ですよ
                この馬鹿の言い方が福山さんは含みのないサラっとした言い方で
                普段から上から目線で見ている者の傲慢さがあって
                ツンも性格の中にすんなり入っていて、また違う良い「馬鹿」でした
                文章で読むには特に意識しないんですが
                BLCDでのツン受けの「馬鹿」大好きなんですよねぇ


                小さい時、兄弟にペットのトカゲを殺される夢を見て飛び降きる福山王子
                父王にも距離を置かれ、金髪碧眼のアラブ人らしくない見た目で周りにも疎まれ
                兄弟からもいじめられて、たった一人の友達がトカゲなんです
                小説でも涙出たけど、飛び起きる福山さんの絶叫が悲痛で
                CDでも涙でてしまいましたよ〜
                子供の頃の福山さんの声可愛いです


                砂漠でのエッチもロマンチックでした
                実質ここが両思いエッチだと思います
                反発しあっていた二人が心を寄せ合う様子が良かったです
                二枚目は福山さんが結構モノローグを担当しています
                揺れ動く切ない気持ちを語っていてその感情の込め方がしっとり
                なのにエロはエロエロです
                日野さんここ一番のエロエロです
                福山さんもここぞとばかりに喘いでいますしTNTN祭りです
                受けがイっちゃったのに攻め様がヤリ続けちゃうってBL定番ですが
                結構BLCDではカットされて攻め受け同時フィニッシュが多いいですよね
                それが今回ちゃんと受けイク→攻めまだ→感じすぎて受けイヤイヤ
                →攻めガンガンやる→受け二度目で同時イキ
                と一通りやってくださいました
                二回目イキで福山さんが本当に感じすぎて身も世もないくらいに喘いでいます
                ちゃんと一回目と違うのがすごいです
                日野さんの攻め喘ぎも激しいな〜
                「イきたい・・・・お前の中に・・・ぃ」

                ハァハァアゥアゥすっげ声が出まくっています
                フィニッシュも声出まくりでした
                抑えてるのに漏れちゃうくぐもった攻め喘ぎっぷりがスッゲ〜です
                ま、ひとまず最近久々にすごい絡みを聞いたなぁって思いました
                萌もあるけどそれを抜かしてもすごい激しい絡みだなぁ・・・・と
                新しめのものでは【不機嫌で甘い爪痕】高橋×鈴木達以来の衝撃でした
                一年ぶりぐらいの何かビビっとくるエロでした
                「普段はひやりと尖っているのが嘘のように、甘えた声が出る」と原作にある一文ですが
                普段の声との絡み声とのギャップがちゃんとあるのも良かったです
                (だから低音王子だったのかな〜・・・・と)



                開港式典で福山さんは暗殺されかけて庇って日野さんが撃たれます
                愛する攻め様がそうなったら弱々しい受けならパニックになりそうなのに
                ざわめく市民達を先に制します
                「静まれ!この愚民どもが!!」

                超〜かっこよかったし
                説得力がすごく高貴で王子ぽかったです
                「誇り高く生きよ!そして私に従え」
                ええ、従いますとも!と思ってしまいました
                ここの演説が原作以上に迫力があって音声化ならではの良さだと思った



                最初から日野さんを日本から連れ出したのは
                自分を暗殺するものをあぶり出すためでした
                (何と賢い受けちゃんでしょうね)
                だから、日野さんを日本に帰そうとします
                今までのことを二人で行った砂漠で振り返る福山さん

                ここで私号泣
                福山さんのモノローグが情感たっぷりですごいんです
                泣きながら語るのではなく、今にも泣きそうな声を震わせながら話す
                でもずっとそのトーンじゃなっくって話す事柄によって
                微妙に変えてるのが細かい演じ分けでした
                耐え切れずに決壊するように泣き崩れる様子は痛々しかった
                今までも泣いてる演技があるのですが、泣き方がその都度違います
                今回は可愛さがないマジ泣きでした
                泣きだけでも演技の幅の広さを感じました



                二人の空港でのお別れシーン
                またまた私、号泣
                ここはどんな言葉よりも聞いて欲しいです
                だって言葉にするとありふれてる良くあるシーンです
                男女ものでも、ドラマでも漫画でも小説でもこういうシーンある
                使い古された空港でのお別れなんて定番シーンなのに泣けるのですよ
                ああ、もう二人ともすごいよ
                成田さんの説得もすごい良かったです
                福山さんの息をのむところ早口なるところとか涙セリフがすごい
                怒鳴っていても日野さんの声が優しいからこそ更に泣けるのです
                福山さんのアラビア語がいいですね
                意味がわからないのと涙を飲んだたどたどしい声だからこそ
                切なさが倍増


                最終的に日野さんはボディーガードとして王子の元に戻ってきます
                ちょっと素直になってイチャイチャする二人にほっこり
                駆け寄る福山さんが可愛いいよ〜



                はぁ〜素晴らしかった
                演出もBGMも脚本も良かったです
                エロをこんだけ削らないでガッツリ入ってるのも
                最近にしては珍しい
                何といってもメイン二人の演技力や声が素晴らしい
                これで私福山さんに開眼してしまいましたよ
                日野さんも受けのが好きでしたが、攻め・・・・いいですね


                砂原さん好きなんですが、正直いいましてこの作品はそんなに・・・・
                私好みではなかったんですよね
                だから、CD聞いたのもつい最近でずっと保留だったんです
                私アラブBL好きなんですが
                アラブBLの良さはあの王道展開にあると思っているので
                王道と少〜しズレているこちらはツボから外れたようでして
                でも、CD聞いたら好きになっちゃいました〜
                砂原さんこの後のラブラブの二人書かないかしら〜
                ただイチャイチャしてる二人が少しでいいから読んでみたい!!


                今年の一番好きなblcd【言ノ葉ノ世界】だったんですが
                こちらは今年二番目に好きなcdになりそうです
                自分の中の最大萌BLCD作家だった崎谷作品が軒並み期待はずれ
                (悪くないんだけど期待を上回らない)
                だったけど砂原作品は今年二作とも原作の良いところを
                さらにCDで増大させたような良作でした
                キャストも毎回イメージあっているし砂原作品がもっとCD化してほしい


                どちらのメインキャストが好きでも沢山話しているのでお薦め
                原作好きにもイメージを損なわないのでお薦め
                普通にBLCDが好きな方にも良作でお薦め
                久々にエロが濃いものが聞きたい方にもお薦め




                フリートークは成田さんがやっぱり成田さんでした
                絡みのシーンで席を外したのに声が外まで聞こえて来たそうです
                (絡みの話はフリートークでも避けそうなのに
                 成田さんはいつもそこを突っ込んくれるから好きです
                 しかもサラ〜っと柔らかい紳士声で)
                日野さんの「激しくてごめんなさい」に笑った
                確かに激しかったな〜

                福山さんモノローグの【心臓がふかく爆ぜている】も楽しみ


                ひっさびさにここまで長い感想書いた気がします
                消されちゃったプログの感想はいつも長ったんですが・・・



                【美貌の挑発】

                0
                  平川大輔×福山潤


                  軒並み低評価の作品なんですが
                  私はかなり好きで一時毎日リピってました・・・・
                  だって、福山さんが
                  低音受けなんだも〜ん!!!
                  私、福山さんの受けは高音喘ぎで苦手だったんです
                  BLで福山さんがやる役のイメージは3パターン
                  元気で素直で明るい王道受けタイプ
                  【学園ヘヴン】【FLESH&BLOOD】の主人公みたいな
                  おっとりしてちょっと天然のアホ可愛いタイプ
                  【きみがいなけりゃ息もできない】【甘い融点】とか
                  大人しくて一途で健気で儚げな守ってあげたいタイプ 
                  花降楼シリーズや淫らシリーズとか
                  BL王道でみんなが好きな受け子ちゃんタイプだと思うんですが
                  私はこの3パターンの受けちゃんが苦手でして・・・・
                  男なら男らしさを見せてみろよ〜!!!
                  流されながらも力いっぱい抵抗しろ!!
                  と思うのです
                  女の子でもこういう子いるよね?というのが男になっただけみたいな
                  そういう女で変わりがきく受けちゃんに魅力を感じにくい
                  最近は結構「そういうのも作品によってはいいな〜」と思うんですが
                  基本はツンツン・男前・強気・ヤンキーとかが好きです


                  福山さんは声綺麗で可愛らしく高音よりなので
                  上記の人気王道受けをやると演技力もあるしハマるのです
                  ハマるが故に私は避けていました
                  レビューとかで「この作品の福山さんは低音より」と紹介されている作品も
                  聞いてみたら私にとっては
                  「全然低音じゃないよ〜!!しかも役の性格が女々しいよ〜」となり
                  作品はいっぱいあるのに中々、挑戦できずにいました


                  ですが、たまたま某皇帝役の福山さんの声を聴いて
                  「な・・・なんて素敵なツン声なの
                  その時は福山さんだと知らなくて、名前を見てビックリ
                  BLCDで声を聴きたいと思って探したものの
                  BLでは大概高音可愛い系で私の惚れた低音素敵声は聞けず
                  基本BLCDしか買わないのに、某皇帝声聞きたさに
                  一般ドラマCDまで買ってしまったよ〜!!!
                  でも、一般CDって登場人物が多くて思ったほどには話してないし
                  女の子キャラも多く(可愛いんだけどね)
                  「やっぱりBLで福山さんの低音が聞きたいな」と思っていたら
                  このCDが発売されてました
                  役柄的にも美人でプライドの高いツンツン受けでして
                  私はこういうのを待っていたの〜
                  だけど、BLでの福山さんを好きな方はやっぱり高音受けが好きなのよね
                  高音受けの福山さんはハマっていて可愛いからわかるんだけど
                  私は・・・・この低音福山さん受けすごく嬉しかった
                  需要がないからもうこの音域での福山受けはないかもしれないから
                  そう思うとますます私にとって貴重なBLCDです



                  でも、この作品が不評なのは福山さんが低音受けなだけではないかと
                  犯罪スレスレ変態ストーカー気質のヤンデレ攻め
                  一見、王子様系で爽やかなのに執着心が強くて腹黒で
                  行動が異常?なんですよね〜
                  それを「気持ち悪い」「嫌悪感がでる」と思う方もいるかと・・・
                  写真・ビデオを撮りたいがためだけに
                  受けを襲わせたり拉致らせたり襲ったり
                  受けは毎回本気で怖がって泣いています
                  トラウマになるほどの和〇・強〇未遂
                  受けの親友も買収済み
                  離れている間も相手をストーキング
                  しかもドエス
                  攻めは罪悪感がなくニコニコ笑いながらやっていることが酷い
                  ですが・・・・・私はこういう攻めが結構好きです
                  ヤンデレ攻めが好きなんです
                  だって、病んでしまうのは愛してるから!!
                  酷いことするのも無理やりなのもなの
                  少女マンガや男女モノでやられると嫌なんですが
                  BLの攻め様が愛故に強引なのは好き
                  愛なの・・・・愛なのよ・・・・
                  それぐらい愛しちゃってるのよ・・・
                  ただし、攻め様以外が受けちゃんにそんなことをしちゃいけませんし
                  酷いことするなら、その分甘さもないといけません
                  【Scarlet】【生徒会長に忠告】の山城とかも好きです
                  なので、私はこういう執着心が強い攻めってイイですが
                  甘くて優しい攻め様が好きだと受けが可哀想になるかもだし
                  それに気づかない受けのアホが気になるかも



                  低音福山さん・犯罪攻めをクリアして
                  初めてこのCDを楽しめるハードルの高いCDです
                  私はその両方がツボだったので楽しかったんですが
                  一般受けはしないと思います
                  で・・・・この高いハードルを飛び越えた後も困難があります


                  メイン平川福山の次にセリフが多いい友人役の方が
                  すごく演技が下手なの・・・・
                  しかもクセの強い演技だし、特別美声でもなく
                  コレはさすがの私も辛かったです
                  無名でもいいからもうちょっとどうにかならなかったのかな
                  名前もないモブの方のがまだ聞ける演技してましたよ


                  お話自体も南原作品のノリに似た内容がない感じ
                  演出?脚本もイマイチです
                  話がぶつ切りで流れや場面展開が悪い


                  そんな悪いところをあげればきりがない作品なんですが
                  やっぱり私は好きなんですよね〜
                  美形だけどプライドが高くて他人を見下していて性格に難がある受けが
                  自分より優れている男に執着されて
                  イヤイヤしてるのにおいしく戴かれてしまう・・・・という展開が好きなの
                  性格悪い受け好き!
                  しかも、変なところで純情だと尚良し!
                  【真夜中に降る光】【透過性恋愛装置】【センチメンタルセクス・アリス】
                  このタイプの受けが好きなんだな〜
                  そのくせ、恋愛面ではアホだといい
                  自分では賢い!と思っているのにアホなのが可愛い
                  普段ならスルーしている初回特典?にあった
                  携帯の【マッチ売りの美貌】もダウンロードしちゃったくらい



                  ともかく基本的なメインが好き
                  変態ドSヤンデレ攻め×生意気アホ受け
                  王子様柔らか声の平川さん×低音ツン福山さん
                  良かったんですよ〜!!


                  後は絡みのシーンが・・・・素晴らしい
                  お二人の職人芸が光っています
                  平川さんのそれどうやって出しているの?のおしゃぶりSE!
                  ジュルジュル・ジュパジュパ
                  【きみのハートに効くサプリ】でもおしゃぶりSEを披露していますが
                  こちらのほうが時間が長い&音が派手&咥えしゃべりもあるよ
                  ウラウラねっちょりした言葉攻めもしっかりあり
                  王子なのに腹黒い裏の顔をのぞかせていたりで
                  エロ方面の聞きごたえがあります
                  福山さんも無理やり襲われた時の怯えっぷりが
                  こんなトンチキCDに合わない危機感ある迫真の演技で
                  「やっぱり演技上手いな〜」と思わせるとともに
                  喘ぎがちゃんと低音よりだったのと可愛らしい・・・・
                  嫌がっているのにちゃんと気持ち良さそう
                  また、平川さんが言葉攻めしている時の吐息の入れ方が職人!!
                  大きな声で喘いじゃ言葉攻めが聞こえないし
                  黙っているとエロの興奮が伝わらない
                  その中間をとった気持ちよさそうで色っぽい吐息が入るのです
                  そんな二人の謎のBLスキルの高さをたんまり堪能できます


                  「こんなの酷い!!」と真剣にならずに
                  トンデモBLCDと割り切って聞くと面白いかもしれません・・・・よ?
                  私は友人役の演技以外は超満足でした
                  エロ目的でもいいかもしれません



                  苦手な人は本当に色々苦手要素が多いいのですが
                  ハマれば私みたいにすごくいいかもしれません
                  攻めの性格とか抜きにすれば
                  平川さんはすごく柔らかい王子声でカッコイイですし
                  そこから計算高さをだす腹黒の加減の演技がいい
                  爽やかな声から黒い声からエロい声まで
                  色んな声を聞けます

                  福山さんは始終低音なんですが
                  ツンとした見下しはカッコイイし
                  襲われたりトラウマに怯える要素は鬼気迫ってるし
                  プライド高いのにアホ純情なのは可愛いし
                  エロい時はしっかり色っぽいので
                  こちらも高音可愛い声に執着がなければ
                  低音と演技を楽しむにはいいかも



                  何度も描いちゃってるけど
                  好きです








                  calendar
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << December 2018 >>
                  PR
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM