スポンサーサイト

0
    • 2014.11.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【無慈悲なアナタ】桜賀めい

    0
       保村真×遊佐浩二

      レーベルが消えて続きでないと思っていたから
      出ただけで嬉しい〜

      本当、久々にすごく発売が楽しみな一枚でした
      出来も満足
      blcd熱が下がってる中、感想書こう!て思うぐらい良かった〜


      遊佐さんが大学生に聞こえないって?
      いいんです、いいんです
      緑川さん檜山さん鳥海さんが高校生やってるんだから
      遊佐さんが大学生でいいんです


      遊佐さんが線の細い美人ちゃんに聞こえないって?
      そんなの小さい問題、小さい問題
      エグエグ泣く可愛さと喘ぎのエロさで無問題

      この七王編だけ聞いてると「イジイジ受け」に思えるけど
      本編の永遠編(緑川×水島)では遊佐さんの役は
      年上らしく食えない人柄でおちょくったり揚げ足とったりからかったり
      弟の恋愛模様をイジってニヤニヤと楽しんでいるようなタイプなのです
      「他人がアワアワしているのを面白がる人の悪さ
      遊佐さんはこういう上から目線の演技がハマると思うんですよね〜
      あと、普通の男もよろめくフェロモンビッチぽさが出てると思う
      (喫茶店の男店員が無料でパフェを持ってきちゃうぐらいのフェロモン)
      このビッチ臭さって出る方と出ない方がどうしてもいるんですよね〜
      そういうキャラなのに真面目だったり、ただ美人なだけだったりすると
      声トーンはあっていてもキャラとして破綻しちゃう
      ビッチフェロモン女王様とかのキャラの時は
      特に「それっぽさ」が私は大事だったりします
      遊佐さんはそういうフェロモンビッチ年上受けぽさが出ていたので
      よかった、よかったのです

      あと、やっぱり演技の仕方が好きだった
      本編脇役時のどこか達観したような年上ぽさと
      主人公になった時の意外と一途なギャップ
      大人声なのにイジイジメソメソ泣いちゃうギャップ
      心は乙女なのに喘ぎはエロい、やっぱり淫乱フェロモンビッチ!!
      このそれぞれの面を遊佐さんが上手〜く、どこも余すところなく演じてるのです
      フェロモン淫乱受けなのに喘ぎがイマイチだと、がっかりするし
      泣き演技が可愛くないと同情心がわかないし

      「この役ならもうちょっと若い人がいいのにな」とか
      「あまり役と声があってないな」とかあるけど
      演技力で役にハマる場合がありますが今回遊佐さんがそうだった気がします
      (まぁ、あまりシリアスだったり感動話だったりじゃないので
       ハマったからって特に何でもないのですが)

      一言で表せば
      遊佐さんがすごいエロ可愛かった

      原作好きよりも遊佐好きさんにお薦めです


      そして、保村さ〜ん
      前回【無慈悲なオトコ】では、ちょっと演技が固いなぁと思ったけど
      今回は硬さの中に複雑な感情がにじみ出てきて良かった
      淡々とした口調なのにムラムラメラメライライラなどの
      心の中のグルグルが現れているのです
      声や演技に強弱を付けて表現するんじゃなくって
      モノローグやセリフ事態は平坦なのに感情がわかる
      始終そういう抑えた演技だから
      激昂する大きな声はビクッてするぐらい怖い
      優しい声は柔らかくて七王への愛しさが溢れる甘さがある
      今回は平常の演技もギャップもどっちも完璧でした!!
      【〜オトコ】で「ちょっとな〜」と思った方も
      今回は「良いてなるかと

      当て馬・七王の元カレは興津さん
      いや〜、興津さんの当て馬いいですねぇ
      鳥海さん千葉一さん高橋さんに次ぐ当て馬声ですね
      こういう当て馬は「優しいけど酷い男」「いい男だけど欠点がある」てな
      一長一短になりますが、そういう良い感じと憎めなさとが相混ぜになって
      良かったです
      興津さん万能すぎる・・・・
      興津さんのメイン受が聞きたい・・・・
      興津さん好きだ〜!!!

      大学教授は声優さんが変わっています
      前回も私はあまり色気がなくてピンと来なかったんですが
      今回は若くなってねっちょりしてました
      飄々しながら食えない包容力と大人ぽさが私はず〜っと
      賢雄さんで読んでいたので誰がきてもモヤモヤしたのかもしれない
      今回は出番少ないのでいいんですが、ちょっと演技とか浮いてたかな
      あと、遊佐さんより年上には聞こえないな〜


      演出は良くもないけど悪くもない
      でも、七王編はシリアス調なので変なノリがなくて聞きやすい
      シリアス時のBGMや雰囲気がやや古臭いのですが
      そういう古風なわかりやすい作りが嫌いじゃないのと
      展開事態はベタBL王道ストーリーなので盛り上がっていいんじゃないかな
      若干、雰囲気が昼メロ調で私は好きです
      古風と言っても清閑寺とかじゃなくって、作りが90年代ぽい???



      付き合い始めた二人
      バイトをする相川久遠(保村さん)の所にいく七王(遊佐さん)
      「君をひとつ・・お持ち帰りで」
        
      キラ〜ン(SE)

      無駄にここの遊佐さんがイイ声でした
      何度も書いちゃうけど
      最初遊佐さんの声聞いたのが【美男の殿堂】
      遊佐さんの声に常時キラキラSEがついていてそれからどうも
      遊佐さん=キラキラて感じが彫り込まれています

      本当は休みに二人で一緒にいたいけど
      迷惑かもしれないと言い出せない七王
      そしたら久遠の方から旅行に誘ってくれて嬉しくなります
      大学の中でもつい遠慮してしまう七王にイライラする久遠
      怒ってる保村さんの怒号が怖くてビクってしました

      旅行先では大浴場にも行かずにイチャイチャする二人
      翌朝、久遠は朝飯を買いに行ってしまい
      ロビーにいるとそこで高校時代の先輩(興津さん)に会います
      部屋の前で七王が先輩ともめてると久遠がわりこみます
      そのまま久遠家に連行

      先輩と七王を見た時の
      「離れろ
      超〜保村さんの声が冷た〜い
      淡々としゃべって温かみのある感じではないけど
      冷酷になった時はもっと声のトーンが落ちて怖くなりますね
      七王が顔色伺っちゃうのもわかるかも

      元から男が好きな性癖に自覚があった七王は
      自分に好意を持っていた先輩に体を委ねます
      だけど、初めての後
      「フツーじゃないよ・・・お前」
      「お前にノセられたんだ」と拒絶され
      そのまま別れを告げらてしまいます

      そんな先輩との昔の夢を見て久遠の家で飛び起きます
      そのまま久遠に襲われます
      「噛んだ後・・・
       優しく舐めるな・・・よ」
      噛まれて痛がって舐められて悶えてる違いが
      吐息でわかります!!
      ちゃんと使いわけていて遊佐さんエロスゲーです
      「・・・」の間の使い方も良くって行間すらエロい!

      「骨までしゃぶりますよ」
      保村さんのこの低音もかっこよったよ〜

      一緒にいても他のことを考えてる七王にイライラ
      思わずいろいろトしゃぶりつきますが
      「お前はそういうことしなくてもいい」と拒否ります
      元々はノーマルなのだから男相手に無理しなくていいっと言うのです

      前から思っていたんですが保村さんあまりBL出てないのに
      チュパ音が上手いですよね〜
      ただ鳴らすんじゃなくって、口が離れる時とかに
      チュルチュル・・チュパッみたいに
      ちゃんと離れたのがわかるんですよ
      地味に毎回「上手いな〜」と思ったりします


      七王はお情けもあって久遠が自分に付き合ってると思ってます
      「わがままも言わない!!
       自分よりお前を優先のすんの!!」
      「しょうがねぇだろ!?
       俺は自分よりお前の方がずっと大事なんだから」
      遊佐さんの怒涛のセリフ回しがここ一番好き
      段々興奮して早口にまくし立てるようになりながらも
      高ぶりすぎて段々語尾が上ずり涙声ぽくなって声をつまらせる
      一連の過程がすごいリアル
      噛まないのもすごいけど、強弱のつけ方や声がつっかえそうになるのとこかも
      一生懸命頭に血がのぼって話すとそうなるよな〜という
      で、最終的にいっぱいいっぱいになって涙が出てくるという
      これって女の人は結構経験あると思うけど、男の人がこうなるのって見たことない
      なのにできるのがすごいな〜
      流れるBGMが冬/ソ/ナみたいなメローな曲調で盛り上がっていました

      「俺はあんたの
       そういうところが嫌いなんだよ!!」
      思わず怒鳴ってしまう久遠
      七王並みに聞いてる方もビクッとくる迫力でした〜
      すぐにハッ!!と我にかえる保村さんの演技の切り替えが良かった

      ショック泣き出してしまう七王
      七王の自分を押し殺して遠慮ばかりして自虐的なところに
      久遠はモヤモヤしていて
      「もっと弱みを見せて欲しい」と抱き寄せます

      我慢できずに泣き出す遊佐さんカワカワワ〜イイ〜
      次第に泣き止んでいく過程も良いし
      震えた声の掠れかたも涙声らしくていい
      泣き演技って泣くのは上手でもたまにすぐ泣き止む人っているんですよねぇ
      丁寧な演技の方は、徐々に泣き止んで涙が止まって
      でもまだ声に涙の余韻が残るという経過をちょっとずつ聞かせてくれる
      演技の良し悪しもあるんだけど、そういう泣き止む過程をやってくれる方は
      演技が細かいな〜といつも思うし好きです
      その泣き止む過程に攻めのセリフがかぶさって
      攻め様によって泣き止んでいく!というシチュエーションがblcdにおいて好きです
      今回はまるっきりそういう感じだったのでこの一連のシーンはエロ関係なく好き

      そして、保村さんの慰める声もすごく柔らかくて優しい
      始終無愛想だからこそ、この優しい声が対比になりますね〜

      貪るようなキスシーンも良かった
      遊佐さんのキスの合間の声がいっぱいいっぱいの戸惑い感があって
      「んん・・・っも・・・っも」てなってる
      この「っも」て何なんだろ〜?
      上手い具合に貪られてる感が出てますが原作にはないんですよね〜
      遊佐さんスゲ〜などうしてこうやろうとなったのだろう

      貪りしゃぶりつくす久遠
      保村さんのお上手なおしゃぶりSEと遊佐さんの泣き喘ぎ
      短いけど満足度高いエロさ
      「す・・き・・・」と途切れ途切れに言うのが
      また・・・また・・・(言葉がない)
      前作の最後の「好き」並の破壊力でした

      自分の七王への執着を確信した久遠
      翌朝、御飯を食べさせて家に七王を閉じ込めて
      先輩に釘を刺しにいきます

      「気難しいところがある奴でね」
      「すいません・・・
       俺が言わなくてもわかってますよね」
      という先輩に対しての久遠の
      「いいえ 俺にはわかりません」
      「俺はあんな可愛い人
       他にいないと思ってます」

      特に演技がどうこうじゃないんだけど、ここ好きだった
      要するに気難しいところも可愛いし、何でも可愛いんだろうよ
      ベタ惚れすぎるんだけど、それを淡々と言ってるギャップがいい
      無自覚の惚れっ気がすごいわ〜久遠


      帰ってきた久遠は玄関で七王を襲います
      遊佐さんのモゴモゴしたキス声がエロカワです
      なんかこういうクチュクチュはいつもしてるけど
      モゴモゴしてるのはあんまり聞かないので新鮮でした
      久遠の執着もすごくて、私は好きすぎてヤンデレになる攻め好きなので
      久遠のほの暗〜い度をすぎた愛情良いです


      久遠に「七王さんに近づくなと釘を刺されたのに
      ノコノコを大学まで会いにくる先輩
      授業中に悶々と七王さんのことを考える久遠

      七王さん・・・
      俺が守らないと・・・
      すっかりヤンデレトーンです
      守るどころかどうにかしちゃいそうな勢いの重い愛情

      昔の態度を謝りに来た先輩
      「お前のこと好きだったよ」と抱きつきます
      (どう考えても現在進行形で今も好きだよな〜)
      授業後、嫌な予感がして七王を探す久遠は
      七王といい感じだった教授の元に行きます
      そこで、見知らぬ男といなくなった七王の話を聞き駆けつけます

      七王は先輩に「今は好きな人がいるから大丈夫」と言います
      「かなり独占欲強いぞ、あのタイプは
       いじめられちゃうぞ」
      「いいの・・・」
      「相川がいいの」

      ここの遊佐さんの言い方がすごく可愛い?切ない?一途で良かった〜
      何だろうなぁ。声は可愛くないんだけど
      ポツポツと話してポロっと本音が出てる感じが絶妙
      一回目は先輩に向かって言ってるけど
      二回目の「いいの」は自分でしみじみ実感してる独り言みたい

      あと、興津さんの先輩もちょっとした言い回しが漫画より
      七王に対して先輩が未練タラタラなのがわかる
      昔好きだったって話なのに、あわよくばもう一度口説いてるようなトーンだし
      好きな人がいると言われた時の「そっかぁ・・・」がすごい残念そうで
      「本気か・・・」も自分に言い聞かせてるように聞こえた

      二人のやりとりで先輩の気持ちも伝わるし
      最後、吹っ切れきれずにフラフラっと七王によろいてるのもわかった

      いい感じになりそうなところで久遠到着
      七王に無理やりキスして先輩と引き剥がします
      そして本当に先輩とサヨナラ〜

      久遠もcdのがヤンデレ度が増してる気がします
      「一体どこに隠せば
       誰もあんたを見なくなるんでしょうねぇ
      怒ってるトーンの久遠怖いな〜
      なのでビクビクして七王の気持ちもちょっとわかる

      学校で親父のような言葉責めエロ
      「する・・よ」
      「う・・・う・・・
       もう・・・許して・・・」
      泣いて震えながら喘いでるのがエッロ〜!!
      絡みの時のセリフの入れ方がうまいんだよ〜
      喘ぎもそうだけど、セリフ時の間や息の入れ方が堪らん
      神谷さん福山さん鈴木千さん平川さん野島健さん鈴木達さんとかも上手だよな
      喘いでる間にしゃべるというか、えづくようにしゃべるというか
      泣いてるのとは違うけど泣きが入るというか
      BLでしか役に立たないスキルだけど、これが上手いと聞いてて楽しい
      あまり聞かないからわからんけど櫻井さん武内さんも上手そう
      我らがシンポは好きすぎて客観的に判断できないんだけど
      どうなんでしょうかね・・・
      シンポの本領発揮はセリフじゃなくって絶叫喘ぎだからな〜

      ちゃんとした絡みは一回ですが
      その一回は濃くてガッツリしてラブラブなので楽しいです
      そうそう、これがblcdの良い絡みだよな〜
      たくさんあっても全部フェードアウトだったり
      やってるんだけどエロいんだかなんだかわかんない感じがじゃなくて
      ちゃんとてエロいのがいいんだよ〜!!!

      最後の「ずっと一緒にいたい」てワガママ言った七王への
      「良く言えました」が甘くて優しい久遠で良かった

      おまけ?は遊佐さんがおっさんみたいです
      なんだろう、若者をたぶらかすおっさんみたいです


      大きなお事件が起きるわけでなく
      女がが出張ることなく
      周りが騒がしいこともなく
      始終二人が相手が好きでモチャモチャしあってるのがいいです
      特に面白いとかじゃなくって、萌ます
      これぞ、BLてな王道ですがこういうのがちゃんと聞きたかったりします
      その合間に、お事件モノやらトンチキやら日常やらが入っていいのです

      いや〜、久々に新作で楽しいBLCDでした

      先に書いたけど原作好きよりも遊佐受け好きだと楽しいと思います
      遊佐さんを受け入れられればほぼ原作どおりなので原作好きにも
      私はシリーズでこのカップルが一番好きだな〜

      正直水島さんの永遠は可愛いんだけど何か違うんだよな〜
      素直なところとトーンはいいんだけどアホさが足りないというか
      檜山鳥海は鳥海さんが格闘喘ぎになってしまってるのでそれだけが残念

      これ聞いた後、何故か無性に羽多野×遊佐が聴きたくなって
      【悪人を泣かせる方法】聞き返しました
      やっぱり羽多野さんの年下攻めいいわ〜
      【悪人〜】は続きあるのでそれもcd化してほしい


      千葉進無き?後、私のBLCD萌を繋ぎとめているのは遊佐さんだなっと実感した
      そんな一枚でした

      【ぼくはすべてを知っている】高久尚子

      0
         遊佐浩二×島崎信長

        島崎くんの初メイン受け

        とっても初々しくって可愛らしかったです

        私あまりBLでメインに来ない方は認識してないんですが
        【キャッスル・マンゴー】で一人
        「演技が棒っぽい人がいるな〜とチェックしたのが
        島崎さんでして・・・珍しいお名前なので印象に残ってました


        なので、正直ちょっと心配してたんですが
        【キャッスル〜】の時よりお上手になっていました

        また、この主人公の歩君が純情大人しい可愛らしいキャラなので
        島崎さんの初々しい演技がとってもマッチしていて
        原作読んでないけどイメージピッタリだったと思われます



        多方は満足なのですが・・・・・
        これ聞く前に清澗寺聞いて皆さんの演技の達者ぶりを堪能し
        鳥海飛田のポンポンとした絶妙な掛け合いを楽しみ
        森川鈴木千の鈴木千さんの吐息まで切ない演技を聞いていたので
        やはりちょっと演技のぎこちなさが気になるかな〜

        遊佐さん野島裕さんの軽妙でナチュラルな会話に比べると
        ややんん??」てなるところがチラホラあって
        たま〜に引っかかるような・・・

        初受けでも小野友さん興津さん間島さんが滑らか〜に
        モノローグ会話喘ぎまでこなしていたのと比べると
        ほんの少〜しですが拙さが見え隠れします

        しかし、その初々しい辿辿しさが
        今回の歩というキャラにはハマっていたのと
        声質自体が可愛く、たまにすごく可愛らしい言い方もあって
        半分は遊佐さんがモノローグを担当していたしで
        こだわらなければ良い感じでした


        以下、ちょっと辛口です
        それでもいいよ!って方のみお読みください
        許せないって方はスルーしてくださいね

          ↓↓↓


        モノローグを全部担当したり
        喜怒哀楽がハッキリした難しい役だったり
        よく話す会話のテンポがある話だったり
        複雑な心情変化があるシリアスの場合は
        この演技力だとちょっと厳しいかなぁっと思ったりしました

        軽いコメディ系の初々しい可愛いキャラだったら今後も大丈夫そうですが
        たどたどしさや初々しさが必要じゃないキャラの時が
        本当の演技力が問われる気がします
        そういう意味ではこの原作で初メインなのは
        とても良かったと思います

        初BLCDなので今後に期待です


        原作を読んでないので演出は普通に感じました
        テンポの良し悪しはどうなのかわかりませんが
        これは原作自体が面白いんだろうな〜と思えました
        大概、CD化するものは原作を聞く前後に読むんですが
        うっかり原作チェックを忘れていました・・・
        面白そうなので原作読んでみたいです!


        男性の下半身専門の医師の遊佐さんは
        ワケアリの汚いチ〇コを見すぎて辟易しています
        そんな時、服の上からでもわかる美チンの携帯販売員
        島崎さんに心を奪われます


        「美しいものが見たい・・・
         この世には僕以外にも
         美しいチン〇があると信じたい!!」
        初っ端から遊佐さんが〇ンコ〇ンコ連呼しています
        美しいモノはチン〇じゃないといけないのだろうか〜


        何度も携帯ショップに通って次第に仲良くなります
        ご機嫌に鼻歌歌う遊佐さんが可愛いかった
        「チ〇コを見せてもらえるような仲になるには
         もう一歩も二歩も進まないと・・・
        仲良くなる動機がスゴイな・・・と
        嫌、そうなんだけどエロであってエロ目的ないというか


        駅で待ち伏せして一緒の電車に乗ります
        「あたってる!!あたってるよ〜!!
         浅野くんのチ〇コがぁぁぁ
        本当に嬉しそうです・・・・

        島崎くんを触ってるチカンを撃退
        「やっぱり美チンがわかる人には
         わかるんだろうな〜」

        そこか!?そこなのか!?

        開始十数分で何回チ〇コと言っているのだろうかぁ〜
        もうこの辺りになると楽しくなってきます
        それにしてもこの攻先生の美チンにかける情熱?愛情がすごいですね


        携帯を迷ってるフリをして会う口実にしていましたが
        一生懸命な島崎くんに嘘を付くのはやめようと決心
        ところがトイレで鼻息荒く真横でガン見して
        「昨日のチカンと同じですよらせてしまいます

        本当にその通りですね・・・・
        そんな人がいたらドン引きしますよ〜

        そこに同僚・野島裕さんが来て
        遊佐さんが下半身専門医だったのを知り
        「美チンの人だ〜と言われ
        混乱した島崎さんに遊佐さんは告白します

        野島祐さんの飄々と明るいキャラがイイ味だしてます

        翌日、フラれたと傷心する遊佐さんですが
        「病気になったと島崎さんが訪れます

        追い出される野島裕さんの
        「グスン・・・酷い〜」が地味に可愛かった

        診察としてや〜っと見ること出来た美チン
        遊佐先生の念願の感動具合が笑えます
        一々キラキラ音が出る美チンっぷりです

        遊佐さんにしか反応しなくなって悩んでいた島崎くん
        両思い

        遊佐さんのチュッチュ音がエロ〜い

        先生の真情
        チン〇が美しい者は心が美しい
        徹底してるな〜


        自分のが本当に美しいのかAVチェックする島崎さん
        そのまま一人エッチ

        初々しくって可愛らしいです

        診察所でイイムードになっても中々初エッチできません
        病院でやるなよ〜
        二人ともそれぞれヤる気なのが可愛いねぇ
        どうしても先生は「最初から気持ちよく」したいらしいです
        あと、一々遊佐さんの「あゆみ・・・」の呼び方が色っぽい


        病院に訪れた島崎さんに
        仕事で疲れたから美チンを見せてとおねだり
        好きすぎるだろ!!チ〇コが〜
        〇ンコを見て癒されるってすごいなぁ

        そして、そのまま遊佐さんがお口でご奉仕
        遊佐さんのクチュクチュSEが素敵でした
        意外と派手じゃないんだけどしっかり音が入っていてエロ〜イ
        島崎さんの声が控えめなのでしっかりチュッチュ音が聞けます

        美人な患者さんにモヤモヤする島崎さん
        勃K不全の七尾さんに遊佐さんはZEN立線マッサージします

        七尾さんの声が思いの他、喘ぎが可愛くって名前チェックしてしまった
        何だか得した気分になりました
        個人的に可愛い声より美人声のが好きなので良かった〜

        仕事といえど他人をイカせた遊佐さんに
        いてもたってもいられず病院を飛び出す島崎さん
        追いかけて来てそのままホテルへ
        初めてのエッチ

        やっぱり泣き演技やモノローグとかイマイチかな〜・・・
        セリフだけならいいんですが

        私、遊佐さんは受のが好きなんですが
        久々に攻を聞いたら良かった
        「平気?」とき聞く時の柔らかい声とかがいいし
        攻め息も良い

        島崎さんは全体的に可愛らしかったんですが
        私が好きだったのに盛大
        ああ〜ああ〜はぁ↑あああん」
        久々に新規作品の若い方でこういう喘ぎ方するのを聞いたな〜
        こういう派手なやりすぎ喘ぎが好きな私としては
        これで島崎さんの株が上がった
        いいよ〜いいよ〜、この調子で力いっぱい喘いで
        多少、棒読みだろうが今時派手喘ぎしてくれる方は無条件で応援します
        でもきっと普通にこれは人気のない喘ぎなんだろうな・・・・
        ちなみに色っぽくはないです
        派手喘ぎしながら色気がでてくれれば嬉しいですね


        美人の七尾さんに対しての攻先生の反応
        「チ〇コを見れば名前が出るけど
         名前も見てもチ〇コは出ないんだよね〜」

        それはそれでスゴイな・・・・
        このキャラはブレずにチン〇なんだなぁ


        遊佐さんに会いに来て、興津さんに患者と間違われてしまいます
        興津さんの携帯を買うのを手伝ったり、一緒に出かけます


        遊佐さんといる島崎さんの思いだし笑いが可愛かった
        「えへへ〜」
        「内緒♪」

        ここ一番可愛かったです〜
        含み笑いの小さな声での「ふふ・・・」みたいのも可愛いの〜

        その後、騎JO位エッチもありますが
        その前のイチャイチャしたやりとりのがました


        興津さんと島崎さんが一緒に出かけているのを知る遊佐さん
        カルテでチ〇コをチェックして
        「〇ンコは僕のが勝っている
        そこか〜〜い

        どこまでもチン〇です

        野島さんの患者の興津さんはT漏
        治療法
        「好きな人を作れ」
        興津さんは「島崎さんを好きになった」と野島祐さんに言います


        この時の野島祐さんの合いの手が面白かった
        「男を好きになった」での
        「大丈夫、アリアリ!!」とか
        少し焦ってるようで無責任な軽いノリが上手かった
        裏表なくってちょっと能天気ぽいところとかイイキャラだな〜
        原作のシリーズではこの二人で何かあるようで・・・・
        製作のムービックがなくなったから続きでないのが残念


        興津さんは遊佐さんに宣戦布告しますが
        敵わないな〜と身を引きます
        島崎さんから興津さんから告白されキスされたのを話されます
        そのまま、仲直りエッチ


        島崎さんのお口ご奉仕
        ぎこちな〜いけど頑張ってました〜
        遊佐さんのご奉仕が最初の方にあるので比べちゃダメ
        頑張ってるし、初めて設定なので一生懸命で良いですね
        ただ遊佐さんのキスするチュッチュ音のがエロい

        絡みはこの最後のが一番がっついていて好きでした
        二回目の島崎さんの「気持ちいい・・・」
        可愛かった
        「今のキタ・・・」
        という攻の気持ちがわかります!!!
        ところどころ島崎さん可愛いんですよね〜



        島崎さんが興津さんと買い物行ったのは
        遊佐さんへのプレゼントを買うため
        それも興津さんが遊佐さんと同じ香水を使っていたからという理由


        最後までラブラブチュッチュっチュッチュ
        そう言えばくっついてからはキスシーン多いいです
        軽いチュって音でも遊佐さんだとヂュゥ?クチュゥ?としている
        軽くなくてディープに聞こえてエロさ倍増です
        ラブ度も倍増



        島崎さんの初々しさ溢れる楽しい今作でした
        特に難しいこと考えずに聞ける楽しい作品なので
        若干の棒ぽさが気にならなければ
        可愛らしくてキャラにもハマって良かったです
        絡みも後半になるにつれて滑らかになってきてるし
        私としては中盤の派手な喘ぎが高評価!!

        遊佐さんもコミカルな感じが楽しく
        時にエロく優しく包容力たっぷりにリードしていました
        〇ンコ連呼しまくっていてお疲れさま

        野島裕さんがチョイチョイイ味を出していて
        何かちょっとした言い方とかがお調子者?ぽくて面白かった
        興津さんは正統派男前声でした!!
        【召し上がれ愛を】の柔らかい美形攻めとはまた違って
        もう少し低音で男ぽくて
        こんな声もでるのね・・・・
        どれだけ万能なのでしょうか〜


        トークCDはボケをことごとくスルーされる遊佐さんと
        真面目で可愛らしい島崎さんで結構楽しかったです
        初受けトークが聞けるのは嬉しい


        続きがでれば聞きたかった・・・・
        勢いで予約したわりに面白くて満足でした
        島崎さんのメインまたあるといいですね!

        【ひみつのセフレちゃん】

        0
          鈴木達央×遊佐浩二
          日野聡×立花慎之介



          正直・・・・私・・・
          オヤジ受けって萌ません
          (ぎゃー!!スイマセン


          私がショタ苦手なのは
          小さくて可愛い受けが苦手だからでして
          小さくても生意気で男前でツンツンしていて可愛さを全面にだしてなければ
          意外とイケそうだな〜と思っていますし
          ショタの「小さくて素直で可愛くて純情なのがいいと言うのも分かる
          私の萌とは違うだけでどこら辺がよさそうなのかは想像できるんですよ
          一応「かわいいなぁ」とは思いますし

          意外と最近はショタや男の娘とかも平気になってきました


          でも、本来私は「攻めより立場が強い受け」「男前受け」など
          受けに対してむさくるしくない程度のらしさを求めているので
          ショタよりはオヤジのがそういうのに当て嵌って好きになりそうなんですが


          どういうワケかオヤジならショタのがイイ程です


          否定してるワケじゃなく、オヤジ受けの良さがよくわからんのですよ
          オヤジ攻は好きだし、単品でオヤジ自体は好きなんですが
          オヤジが受けとなるとイマイチ
          そして、萌ポイントがわからないので
          何で私がオヤジ受けに萌ないのかもわからない
          ショタが苦手だったのは「小さく可愛いという
          本来萌ポイントになるものが、私の萎えポイントだったからなんですが
          オヤジに関しては萌も萎えもどこから来てるのか自分でもわからない


          なので、大概CD化する作品は前後に原作を読んでいるのですが
          今回は「オヤジ受けか〜」と読まずにいました
          (【何か淫魔に憑かれちゃったんですけど】がオヤジ受けで好評だったので
           読んでみたもののやはり私には余り刺さらず
           結局、原作にハマらなかったのでCD購入に踏み切れなかったし)


          ですがエろセットなるえげつないものが出たので
          どうせなら・・・・・と初回セットを公式で購入
          続きの【恋人編】を読みまして
          何とな〜くですがオヤジ受けのポイントが分かった気がします



          酸いも甘いも噛み分けて社会の荒波に揉まれたオッサンが
          今更、甘酸っぱい恋愛にキュンキュンしながらも
          「こんなオジさんなのに君みたいな若い子が・・・」と懊悩する

          これ↑でしょうか?
          (あれ?違う??)
          【恋人編】は今まで解からなかったオヤジ受けのポイントが浮き彫りになった
          気がする・・・・


          くたびれた感と諦めた?感があるオヤジが恋愛で変わっていく
          その年の差自体に悩み若者の未来を案じる分別
          ショタ受けや若者同士や30歳受けにはちょっとないかなぁ?と思います

          別にオヤジ受けが何がなんでも嫌なのではなく
          西野東さん山田ユギさん直野儚羅さん腰乃さん鳥人ヒロミさんとか
          普通に読みますし、ホロっとする話もあります
          好きな作家さんのオヤジ受けはいいんだけど
          新規作家さんで「オヤジ受け」目的で買うことはないし
          どうしても避けてしまいます


          ただし、音声化は別!!
          綺麗な透明感がある高音よりも
          中〜低音よりの掠れ声ハスキー声のが好きなんです
          アニメとかゲームだといいんだけど音だけで聞くと
          キンとする高音は耳に馴染まない・・・・
          高音でも柔らかさがあるといいんですが
          なので神谷さん福山さん鈴木千さん近藤さん鳥海さん岸尾さんなどは
          今の中音ぐらいの地声音域のが好きだったりします
          若い時はトーン自体が高いし透明感があるので
          そういうのが聞きたい時はいいんですが、概ね年齢重ねて
          演技にも慣れが出てきた辺りがblcdでは聴きやすいです

          なので、オヤジ受けBLCDはオヤジ受け原作が余り得意じゃない私でも
          結構嬉しかったりします
          腰乃【幸せになってみませんか】の飛田受も楽しみだぁ



          そんな、色々なことを思ったオヤジ受けBLCDですが
          聞いたら面白かった
          私のようにオヤジ受けに対してモヤモヤしている人も
          楽しく聞けるんじゃないでしょうかぁ?


          オヤジ受けの良さもありながら
          別にすっごい老けたオヤジ声を遊佐さんが出してるわけでもない
          原作の絵からすると、もうちょっとモッサリした声の方があいそうですが
          別にオヤジが聞きたいわけじゃないので
          これぐらいの方が音声として聴きやすいのですよ
          コミカルさと可愛さと切なさとキュンが詰まっていたと思います

          あと、漫画を読んで思ったのは
          私やっぱり絵面でオヤジには萌ないのですが
          アイドル攻め君のお目々キラキラぷに顔ミニキャラが可愛くて
          それだけで萌関係なく面白いのです
          正直、原作は受けのオヤジくささにトキメキ減退したんですが
          (多分、オヤジ受けが好きな方にはそこが萌ポイントなのかな)
          攻め君が可愛くて可愛くて
          私は基本受けちゃん至上主義で攻めが嫌いでも受けが好みなら
          楽しく読めちゃうんですが、今回は攻めが可愛くて楽しかった
          これをまた鈴木達さんが良く表現してるんですよ〜
          私はセットになった【恋人編】しか読んでないから
          CDになった原作知らないんだけど
          ちゃんとミニキャラになった時とかが声だけで頭に浮かぶ・・・・
          トモ(攻め君)がどんな表情なのかが演技で想像できるのです
          やっぱり鈴木達さんの攻めってイイ
          受け聞くと「可愛くていいなぁて思うんだけど
          攻め聞くと「攻めのがイイてなります
          私が鈴木達さんを始めて聞いたのが攻めだったからかもしれない


          ただ、切なさはありながらも全体的にコミカルな作りで
          多少、勢いとBL王道展開で脳内補完しながら進む話なので
          「どこでお互い惹かれあったの?」
          「おっさんのくせにそこは乙女思考なのね〜」
          「こういう展開どこかであったような・・・・」と
          細かいところが気になってしまう方は楽しみきれないかもしれません


          私なんかはBLでの王道が好きなのと
          「ああ、これがオヤジ受けの良さなのかぁ」と実感できたのと
          楽しかったので満足


          BGMはあと一歩かなぁ
          全編コミカルならいいんだけど、途中にあるシリアス?切なシーンの時は
          音量やしっとりしない音楽に勿体なさを感じた
          切ないシーンで切ないBGMが使われていれば
          お話の緩急がついて、もっと素敵になりそうだったのにな〜っと
          7割はコミカルなので悪くはないんだけど、勿体なぁい






          恋人も作らず仕事を頑張っていたのにリストラされた遊佐さん
          ベロベロに酔っ払って勢いで男とエッチしてしまいます
          しかも、その男は国民的アイドルの鈴木達さん
          一度だけのつもりが懐かれてしまい・・・・


          初っ端から3分以上の激しい喘ぎ
          ありがとうございます
          ごちそうさまです
          何となくごめんなさい

          これだけで私は買ってよかったなっと思いました
          近年、エロ薄に慣れそういうのが好きになってきたのに
          久々に新作でガッツリしてるものを聞いたら
          何だかしみじみしちゃいました
          昔の作品は行き成り絡みから!と言うのがそこそこありましたが
          本当最近の作品でこういうのは珍しい
          しかも、ガッチュリがっつりですよ
          とってもいいものを満喫しました
          本当、この出だしだけでお買い得感が私にはありましたよ


          「声、大きい」て攻め君が言うのですが
          本当に喘ぎまくってるのがいいですね
          しかも、ちゃんと気持ちよさそうだし
          鈴木達さんと遊佐さんは息もあっていて激しいです
          二人のキスSEは他の組み合わせより水音増し増し
          クチュクチュぴちゃぴちゃしていて、そこもエロくていいです


          「おま・・へえ〜」
          遊佐さんの喘ぎきった後の呂律の回ってないこの言い方良かった
          本当に舌が回らなくってグニャグニャしてるんですよ〜
          エロの時のこういう不明瞭なセリフって好き


          アイドルくんが仕事のないおじさんの家に通ってくる日々
          中々、再就職が決まらない遊佐さんが
          アイドルは気楽な仕事でいいな〜だと愚痴ります

          「ありえなくねぇ↑?」
          「やってらんなくねぇ↑?」

          この言い方がすごく面白かった
          こんなダルダルな口調の遊佐さんって新鮮

          めんっどくっせぇ↑〜なぁ〜

          本当に面倒くさくてしょうがない感じが出ています
          ここ聞くたびに笑っちゃうんですよねぇ
          私はあんまり聞いたことない遊佐さんだったので楽しかった


          意外と真剣に仕事をしていた鈴木達さん
          「遊びじゃないやぁ↑〜い
          か、可愛い
          悶絶ものの可愛さですよ
          頬っぺ膨らましてブスくれている顔が浮かびます
          漫画ではどんな表情なのかな〜
          原作買ってみようかな〜


          なんだかんだと押し切られてエッチしちゃいます
          話してる途中に無理やりキスされた時の
          「そんだけじゃ終わらせ・・・
           
          ん・・・(チュゥ
          この!!いきなりされちゃってます感がすごい臨場感でした
          何度聞いてもスゴイ
          遊佐さんも鈴木達さんもエロいよ


          事後、お風呂に入ってる遊佐さん
          ドアの前でグズグズする鈴木達さん

          「だって、気持ちイ↑かったんだもん」
          出た!!
          「もん」
          BLに置ける「〜もん」は可愛さの代名詞ですね
          でも、それを女の子のような可愛らしさで言われると私は萎える
          男の子でありながら「もん」を使うというのがポイントなのです(私は
          それを鈴木達さんは攻めでありながら、あざといぐらいに可愛く
          わかってる・・・・こいつ自分が可愛いのわかってる・・・・と思うほどなのに
          やっぱり可愛くて逆らえないような絶妙な可愛さで言ってくださります
          イジイジグズグズしょんぼりしてるのが可愛いですよ

          この時のギャンギャンした二人のやりとりが
          これまた面白すぎる
          オヤジ受けとか関係なくなるぐらいテンポ良くって面白い
          【部活の後輩に迫られています】みたいな
          攻め受けのギャイギャイしたやりとりが好きな人にはお薦めかも
          それでいて、二人ともちゃんと可愛く思えるのです


          言い争いの末、鈴木達さんを叩き出したら
          家のドアの前で大泣きされます
          二度目の
          めんっどくせぇ〜!!!

          最初の「めんどくせぇ」より
          パワーアップした「めんどくせぇ」でした
          この「めんどくせぇ」がツボった

          結局、嘘泣きの鈴木達さんに根負けして
          家に入れてしまう遊佐さんでした・・・・



          その後もアイドル君が通ってきて
          次第にそれが慣れてき始める遊佐さん

          洗い物をしてる最中に地味にイチャイチャしてるのが好き

          失業中の落ち込みもキラキラしたアイドルくんのおかげで
          現実逃避すること出来て、慰められほだされてきます
          でも、こういうみたいな現実が続くはずがない・・・・
          深入りしないようにしないとと思いづつける遊佐さん

          比較的短めですが、お風呂上りに布団に入ってから
          自然な流れでのエロがラブラブです
          「こ〜ら〜」とたしなめる遊佐さんの年上ぽさと

          「んふふしてもいい?」
          幸せそうに柔らかいけどエロいお誘いモードが対比でいいです
          年下×年上がblcdでは好きです
          この声の高低の差が音で聞くBLの良さなんですよね
          そして、キスの音がエッロい


          帰ってきた鈴木達さんの
          「おかえりのハグ&チュー
          「ハグ〜!!」
          「そして、ちゅぅ〜
          ここも絵でみたいな
          すごい、かわいいし
          この後テレてる遊佐さんも可愛いんです
          おかえりの軽いキスのわりに、チュパ音が激しいです

          「おれって超バカ〜も可愛かった
          そのバカなところと言い方が可愛い


          鈴木達さんに本気で告白されるも
          「セフレでいいだろ?」と言ってしまいます
          それ以降、接触してこようとしない鈴木達さん
          体だけの関係じゃイヤだと好きになって欲しい我慢しています
          そして再就職したら、ちゃんと向き合おうとしている遊佐さん

          面接が上手くいってベロベロに酔っ払ってる遊佐さんが
          クダ巻きすぎ!!
          ちょ〜オッサンです
          受けの酔っぱらい演技が好きなんですが
          遊佐さんはいつもちょっとオッサンぽくなりますね
          それが面白いやら可愛いやらです
          何となく遊佐さんなのに色っぽくはならないのが不思議というか
          毎回、酔っぱらい演技も聞くと
          あまりにグダグダがリアルで笑ってしまいます


          再就職が決まって、二人でお祝いをしようとしますが
          週刊誌に女とスクープ撮られたアイドル君を知り
          我に返り、別れを決断します

          20歳の子供で芸能人でアイドルで
          俺なんかに本気になるわけない

          ここら辺の分別がオヤジ受けの良さかなぁ?と私は気づいた
          「離れなきゃ・・・・俺から」とか思ってるんですよね
          「本気になったら怖ぇもん」
          「お前の将来を奪う未来」
          「お前がいなくなる未来」
          「この手が本当に届かなくなる未来」

          そういう保身を含んだ思いやりで葛藤している・・・・・というのが
          いいのかな〜
          障害が増えますもんねぇ
          男女モノだったら、相手がアイドルである身分差
          普通のBL的に、男同士
          そこに+して、相手の将来を見据えての年齢差
          壁が厚いほどそれでも好き!!というのが
          強調されるのでしょう、一応三重苦ですし


          鈴木達さんが幸せならいい
          自分の決断は間違ってない・・
          ・と言い聞かせながら
          寂しさを紛らわせる遊佐さん
          悩みまくった鈴木達さんはTVで愛の告白をします


          やってることは昔ながらの少女漫画だ〜
          それが、BLでヤラれると古臭いのではなく
          王道は王道で良く思えるのですよ
          テレビ見ないように避けていたのに
          この時だけたまたまラーメン屋で見てしまうっていうね!

          「一緒にいたいだけだもん
          「一緒にいたいもん
          「バカでいいもん↑
          最後は最終兵器的な可愛い「もんもん」攻撃に撃沈です
          「お前もう・・・・本当バカぁ
          諦めたような愛しい「バカ」がすごく良かったぁ
          もう本当、私は何故か受けの「バカ」呼びが好きなんだけど
          今回もすっごく良いバカでした
          特に遊佐さんの「バカ」って格別にいいんですよね〜




          【ひみつのDO貞くん】日野×立花

          同じアイドルグループ同士の日野さん立花さん
          10年前に日野さんが立花さんを襲ってから
          日野さんにFェラだけさせて虐げてきました


          こっちのが漫画は好きでした
          立花さん声質的にはイメージ通りなのですが
          もうちょっと色気があるしっとりお兄さんトーンが良かったな〜
          元気で溌溂としたトーンで何か違う・・・
          CDだけだと違和感がないんですが、漫画見ながらだと
          ちょっと若若しい感じがするなぁっと思いました
          グループでのお兄ちゃんキャラなので、もう気持ち年上感が欲しかったかも
          ただ、2回目以降はそんなに気にならなくなりました


          初っ端から日野さんのおしゃぶり音が素晴らしいです

          ジュパジュプピチャピチャしていますよ
          前は全然、自前SEを気にしてなかったんですが
          平井さんの職人芸を聞いてから
          BLでのひとつの楽しみになってしまいました
          その中でも日野さんはベスト5に入ります


          「とっとしゃぶれ
           DO貞ヤロー」
          「下手くそ・・・
           ちゃんと奥まで銜えろ」
          「ほら出るぞ・・・飲めよ」
          女王様受けっぽい立花さんっていいですね〜!!
          ドS・小悪魔・女王様受けの立花さんが聞きたいよ
          そういう原作で立花さん受けないかな

          DO貞×女王様っていいですね
          そして日野さん×立花さんもイイ


          尊敬していた先輩の番組が終わったり
          移り変わりが激しく変わりやすい芸能界で生きる中で
          10年間変わらず日野さんへ思われ続けられていて
          この関係と自分への思いを変えたくない立花さん
          そんな時に日野さんから「脱DO貞宣言」されて
          自分から日野さんが離れていくと思い
          追い詰められるように仕事に打ち込む立花さん


          昔の日野さんとのことを思い出して帰宅したら
          玄関で待ち伏せしている日野さん
          そこで気持ちをぶつけ合います


          「お前・・・・今泣いてるよ」
          「ん・・・ごめん」
          「今までもこれからもずっと好きでいるから」

          日野さんメチャクチャかっこいい〜
          優し〜い包容力たっぷりの声なの


          恋人関係を始めたら、いつか終わりが来ちゃうから・・・・と思ってる
          受けちゃんに「ずっと好きでいる」ってイイ
          そして、わざと女王様受けが自分への気持ちに気づかせるように仕向けるなんて
          DO貞攻めなのに腹黒すぎます



          絡みは極短
          原作でも短いから仕方ないんですけどね
          両思い後だし、長く聞きたいよね

          そして、期待?したセリフ↓
          「やだやだ
           もう広がんないぃ」
          原作ではメロメロで切羽詰った印象でしたが
          思いの外、可愛らしい言い方でした




          本編もスピンオフも楽しかったです
          正直、そんなに期待してなかったのですが面白かった〜
          メイン二人が好きならお薦めです
          原作好き&オヤジ受け好きにもイイかも
          ちなみにスピンオフは16分ほど
          原作は短編一本なのでどこも削られてないと思われます
          日野立花【恋ひめもめ】手に入らないんだけど欲しくなりました


          【悪人を泣かせる方法】雨隠ギド

          0
            羽多野渉×遊佐浩二

             原作が大好き

            原作感想→【悪人を泣かせる方法】

            前作の【恋する百輪】もよかったよね


            てな感じで、すご〜く発売楽しみにしていました
            遊佐さんのキャラ・鷹尾がすごく好きなんですよ
            キャスト知ってから原作を読んだんですが、キャスト決まってない状態でも
            鷹尾は遊佐さんで!!って

            絶対思った

            それぐらい遊佐さんが本当にピッタリなんですよね〜


            で、攻めは羽多野さん
            日野さんで読んでましたが羽多野×遊佐好きなので嬉しい
            羽多野さんはヘタレで可愛いワンコ攻めが一番好きなので
            ちょっと今回の茅野は可愛い成分が少なくて、中々イイ男な気がしたので
            年下攻めをしても不思議な包容力を発揮する日野さんかなぁ?と


            で、原作好き&キャストも好き&前作のキャラも好きっと
            久々にか〜な〜り〜期待していた作品でした


            ですが・・・・う〜ん
            何かちょっとイマイチなんですよね・・・・
            遊佐さんや羽多野さんや脇役含めてキャストは申し分ないんですが


            羽多野さんは中学の時、公園で傷ついた遊佐さんに会う
            惹かれた羽多野さんは遊佐さんに家庭教師を頼むが
            程なく、母親に無断で頼んでいたことが発覚して遊佐さんは離れていく
            遊佐さんが「お金に執着していること知った羽多野さんは
            大人になり60億の金を貯めて遊佐さんに迫るが・・・・


            この大事な子供時代のBGMはいただけない
            結構な音量でラジオ体操みたいな曲が流れているんですよ
            母親に不信感を抱く思春期の少年
            の公園で傷ついた美少年に会う

            そんな神秘的なシーンなのにま〜ったくそんな雰囲気がありません!!
            ここはもうちょっとしっとりしたBGMでしょうが〜
            何か変に気楽で軽い安穏としたBGMなんですよ

            夢の中のBGMは結構イイ感じなんですが
            ちょっとビヨ〜ンビヨ〜ンとした金属音?が気になってしまいました


            遊佐さんが幼い時に親に捨てられ、自分も弟妹を捨ててしまい
            「だからお前は犬を捨てるな」と言い
            羽多野さんは初めて弱った遊佐さんに触れてドギマギしちゃう


            ここでの少し暗めのピアノBGMは良かったです
            でだしもこの音楽で良かったんじゃないかな〜
            同じ音楽の繰り返しでいいから場面にあったBGMを使って欲しい!!

            ちなみに、この回想の子供の頃のちょっと高め声の遊佐さんが可愛いです
            あとクシャミする演技がまた新鮮でいい〜


            出だしの方からこんな感じでBGMがたびたびイメージを壊すというか
            そのせいで、後半やくっつく過程の二人の気持ちに何か説得力ない
            (全てが悪いわけじゃないんですが・・・・)
            鷹尾(遊佐さん)の性格の悪さ?人を食うような強かさ?で
            お金好きの弁護士というギャップと
            そうなる理由になった過去と子供時代の二人の接点
            それが活かされてない気がしたんですよ〜!!!
            そこら辺がに繋がるのに、そこがダメになっていちゃ面白くないでしょう


            あと、それ以外のところの生活音?とかも余りない
            羽多野さんが女友達と飲んでいる時に後ろの音が
            飲み屋独特の雰囲気?生活音ががまったくないので飲み屋っぽくない
            競馬場でも競馬場らしい音がない
            (原作の騒がしい中での二人のみの静寂みたいなのがないんですよ
            変な場違いなBGMが半分ほどありますし
            ドラマCD独特のその場の雰囲気を音で盛り上げて臨場感を出すというのが
            あまり機能してない


            私がこの漫画好きで読み返しすぎて、楽しみにしすぎただけかもしれないけど
            ちょっと残念すぎました


            良いところは
            鷹尾を遊佐さんにしてくれたありがとう〜!!!

            コレに付きます
            以下、特に好きだった遊佐さんのシーン中心感想↓↓


            「お金・・・好きでしょ?」
            「大好き

            この「大好き」が本当にお金好きそうで想像まんまでした
            原作でも目をキラキラさせて胸の前で手を組んで
            お金大好き具合がわかって好きだった


            押し倒されて60億の通帳見せられてのうっとりした
            「あ・・・ハァが色ぽかった
            流石、遊佐さんだわ〜
            お金が好きでクラクラきちゃってるのがわかる


            我にかえっての
            「私、がおりますので!!」の必死さと
            その後の余裕をとり戻した時の遊佐さんの他人を見下したような
            丁寧な分、距離がある声も鷹尾だった〜
            受けなのに何!?このドSな声は
            私も見下されたい・・・・・・とMじゃない人でも思うことでしょう

             
            部屋を出る時の「ふん・・・て鼻で嗤う声も見下してる感じがいい
            遊佐さんのこの「ふん」て笑い方いいよねぇ
            たった一言なのにイイ意味で意地悪そうなんですよ〜
            その意地悪さが汚い?感じじゃなくって、ちょっと色っぽいというか
            かっこいいというか
            遊佐さん独特の持ち味だと思う



            家に帰っても妻と不仲な遊佐さん
            羽多野さんとの過去を思い出します
            また、ここのBGMが3分クッ〇ングみたいなんですよ
            二人の仲がこれから進展するための大事な回想だし
            攻めちゃんが60億貯めるきっかけになるトラスマ過去だし
            妻とギクシャクして鷹尾はすご〜く落ち込んでいて
            一人でご飯食べて寂しい気持ちでいるのに
            随分、気楽な回想シーンになってるんです



            翌朝、仕事場まで会いに来る羽多野さん

            ここのBGMも幼稚園のお遊戯みたいな木琴?がポンポンするBGMで
            やっぱりシーンに合わないと思うの〜!!!
            二人の微妙な距離感や
            軽い感じでいながらも真剣に告白する羽多野さんに
            気づかれないようにしながらも動揺する遊佐さんとかが感じられない



            妻が自分の友達と浮気一緒にいるのを見て
            思わず深夜に羽多野さんを呼び出す遊佐さん
            そのままホテルに行きます

            ここまでBGMで雰囲気をぶち壊しながら話が進んでいるので
            何か、全然物語に入り込めないんですよね〜
            原作読んでいる私でこうなので、CDのみだと
            「何で鷹尾は簡単にホテル行っちゃうの!?」てなると思う


            あ、でも酔っ払ってる演技の遊佐さんは可愛かった
            ちょっと呂律まわってゆっくり話してます
            個人的にbl受けの酔っぱらいシーンが好きだ
            何か可愛い


            「援交とかしてた?」
            「するわけないだろ〜?」
            この笑いながらバカにしたような言い方がツボった
            笑いながら話す遊佐さんが個人的には好きなようだ・・・
            大笑いじゃなくってちょっと小馬鹿にしような笑いがいい
            【恋する百輪】での兄バレする前の鷹尾とかだからすごく好きだった




            自分の友人と妻の裏切りを見て、傷ついたから
            「慰められたかった?」と聞く羽多野さんに
            「どうでもいいから傷つけてもらいかった」
            ただ単に自暴自棄になり酷いことを酷いことで上書きしようとする鷹尾

            これね・・・・CDで聞くと意味わからん
            (BGMも不思議なピロピロピラピラ〜てRPG魔法系でよくわからん)
            ようするに、慰めを羽多野さんに期待しているなら
            それだけ心を許して甘えていることになるけど
            傷つけられたくて羽多野さんとのエッチに応じるということは
            妻の裏切りの心の傷=酷いこと=男とのエッチ=攻めとのエッチという
            攻め君に対して心を許してないどころか、
            攻め君が自分に愛情を持ってるのを知りながら、その気持ちを
            自分を罰するための「酷いこと」として利用している
            しかも攻め君とのエッチを「酷いこと」として捉えている・・・という

            ちょっと複雑な鷹尾の心理なんですが・・・・・
            ま〜ったくここら辺が伝わらないために鷹尾がどうしたいんだか
            サラっと聞くとよくわからんのじゃないだろうか??


            そんなわけで無理やりしようとしますが上手くいかずに
            遊佐さんは失神してしまい、その時に過去を思いだします
            母に捨てられ父に捨てられ親戚に預けられることになり
            いつか弟妹を迎えにいくつもり、自分は別の親戚の元に行くことして
            弟妹を捨てたことになってしまったのです

            無理やりされて痛そうにしている遊佐さんにちょっとます
            ちゃんと気持ちい時と声が違うのです


            「今日はしないと帰ろうとする羽多野さんを呼び止めます
            「お前となら試してもいいっと言ってるだろ?」
            「ためしてみて・・・案外悪くなかったら
             好きになっちゃうかもしれないぞ?」

            ここいらのBGMはそんなに悪くなかったです
            呼び止めているのに、このちょっと上から目線の言い草と
            遊佐さんのちょっと戸惑ったような逡巡具合のギャップが良かった〜
            この色んな気持ちがこもった言い方が遊佐さん上手い



            初エッチ
            原作よりちょっと長めでした〜!!!
            やっぱり羽多野×遊佐っていい
            遊佐さん色っぽいよ〜


            翌朝のこれ↓妙に好きでした

            「俺は昨日一度死んだ・・・・
             (ガバッ!!と起き上がる音)
             そして産まれ変わったっっ」

            「妙にスッキリしたいい気分だ」
            「なんかちょっと失礼な言い方じゃない?」
            このやりとりがないのがちょっと残念だったかな〜
            ここにてBGMがまたプワ〜プワ〜という謎音楽です


            妻との離婚を決意する遊佐さん
            ですが、妻は自分に興味を持ってもらうためにした嘘で
            浮気はしてなかった・・・・というオチでした
            離婚は保留で別居することにします
            そのまま、ムシャクシャした気分を晴らすために競馬に行きます

            「んん〜?」
            羽多野さんのこの声が可愛かった
            鷹尾に手を握られてテレちゃうところなんだけど
            鷹尾のデレが感じられた





            万馬券当てる羽多野さん
            「これ〜・・・当てちゃった
            「は・・・おお。。。。
             お前は俺の福の神
            「んん〜〜〜!!」
            チュバッッ
            (←キス音)
            「俺と結婚してくれ
            このやり取り好きだった〜
            二人とも可愛い


            事務所でキスしまくる二人
            「今そういう気分で・・・ダメか?」
            「良かった
            ここのチュチュ音と遊佐さんのこの言い方が堪らんの
            めっちゃエロ色っぽいよ〜
            こんな風に言われたら堪らんでしょうよ〜
            何でもよくなっちゃうよねぇ




            浜田弟の恋人の吉野さんところに行く遊佐さん
            吉野さんの兄貴(浜田さん)に対する惚れっ気が可愛い
            ここいらは【恋まで百輪】聞いてると倍楽しいです
            そして、原作で好きだったやりとり↓↓
            「俺としてみる?
             俺どっちでもいいよ?
             ちょっと一回やってみる?」
            「ね・・・小太郎君かわいいし・・
            ね?」

            吉野×遊佐も遊佐×吉野もどっちでもいい
            夢オチでいいから聞いてみたいものです
            怒鳴り込んでくる攻めコンビ羽多野&浜田もいいです
            鷹尾の食えなさが出ていてやっぱり良かった
            私、受け二人がキャイキャイ?してるシーンが好きなのです



            「冗談でも・・ああいうこと言うのやめろよな
            「興奮してきた
            「ああ・・・もう!!」
            ちゅっちゅっちゅ〜〜〜

            攻め君のヤキモチと怒られてるのに興奮しちゃう鷹尾のっぷりが


            元妻の浮気相手のふりをした友人と飲みに行きます
            「俺さぁ 実は
             が好きだったんだよ
            絶っ対っ!!ない!!て思ってたのに
             意外とよかったんだよ〜 」
            この人を食ったような言い方が鷹尾ぽかった〜
            友人君をおちょくってる感じが意地悪そうでいいの
            攻めくんに対しても余裕ありそうに意地悪そうにしてる時の鷹尾が一番好き


            幸せすぎるのが怖くて友人とエッチしようとする遊佐さん
            絶望して家を出ようした羽多野さんは事故にあいます
            駆けつけた遊佐さんは亡くなると思っていたので大泣き

            ここでのBGMや雰囲気良かったです
            羽多野さんの事故は自分のせいだとギャンギャン泣いてる吉野さんが可愛い
            この世に大切な人が一人しかいないのは怖いっと泣く遊佐さん
            抑えたような泣き方と羽多野さんの優しい声がいいですね


            両思いに完全になって〇〇ランドへ
            そこでエッチを恥ずかしがる鷹尾が可愛い!!!
            「いや・・・なんかこう・・・
             恥ずかしい?」
            聞き返し方がいいの〜〜〜
            ガッツリ羽多野さんに襲われてのたまらなそうなキス声がエロい

            これまた絡みが長めです
            甘くていいです〜〜〜




            単行本の書下ろしも全部入れて欲しかったな〜
            後半になるにつれてBGMがましになってきてます
            合うの合わないの半々ぐらいなんですが
            合わないBGMが致命的な合わなさで印象に残ってしまうんですよね

            ブックレットの漫画も可愛かった
            同棲前のショートなんですが、実は浮かれてる鷹尾が可愛い
            弟君が「鷹尾は鈍感だから」と言っていて
            「え?どこが??」とずっと思っていたんですが
            このショートを読んで、浮かれてるのに無自覚な鷹尾の鈍感ぷりがわかりました



            色々不満を書いちゃいましたが、CD化してくれて嬉しかった
            羽多野×遊佐が好きな方
            原作の鷹尾が大好きな方
            遊佐さんが好きな方は気楽に楽しめると思います


            原作者さんが収録レポで「鷹尾がエロかった」を強調してますが
            BL受けにある線の細い美人受けみたいな艶っぽさとは違うんですが
            ちゃんと男をしているのにあくどい感じが確かにエロかったよ〜!!

            最後に
            鷹尾を遊佐さんにしてくれてありがとう〜!!

            【SIMPLEX DEADLOCK外伝】

            0
              遊佐浩二×遠近孝一


              ツン美人男前受けが遠近さんにピッタリでした 
              もうちょっと細くて高い音域でもいいかな〜っと思いましたが
              他出演者の方が堅実な演技をしていて
              BLCDなのに「映画吹き替えのようだ」と言われているのも納得
              何か、他のBLCDと雰囲気と違います
              これで遠近さんだけ「いかにも受け声」ぽかったら違和感あったかも
              BLはファンタジーなので細い美人声でもいいんですが
              普通に男の人って中〜低音が多いいですもんねぇ
              お話が結構丁寧に男同士の恋愛を乗り切る踏ん切りや戸惑いを描いていて
              「好きだけど男同士だし・・・」というのを受けが2時間ドラマの中
              1時間半以上悩んでいます
              BLってそこは意外とで乗り切ってしまうので、この丁寧な心理描写
              結構、内容も現実よりですし
              受けが可愛くて美人でウジウジ系ならはともかく
              性格は真面目で融通が効かないけど男前なところもあり
              腕っ節が攻め様より強い受けちゃんなのです
              中身も見た目も乙女受けならばともかく、比較的全てが現実よりなので
              この遠近さんのプレーンな声がすごく良かった
              私、中低音が一番好きなんです
              高音にもならず、低音でもない中音域が一番耳馴染みいい
              だから、遠近さんの落ち着いたこの音域がすごく好きでした
              鳥海さん平川さん千葉進さん千葉一さん遊佐さん緑川さん近藤さんあたり
              (ラジオで鳥海さんと緑川さんが「自分たちは中音だ」とおっしゃっていて
               高音でも低音でもどっちでもない・・・・感じらしい)
              鈴木達さん野島健さん鈴木千さん神谷さん立花さん当たりだと
              ちょっと低めか落ち着いたトーンのが私は好きだったりします



              あと、この遊佐さんはすごく魅力的ですよねぇ
              優しくて賢くて包容力があって大人で・・・・
              乙女系キャラやBL攻め様にときめいたりしますが
              ロブに関してはリアルにそばにして欲しいタイプです
              ヨシュアが羨ましい〜!!!
              「OK。。。わかった」
              「ハニー」
              「OK、ベイビー」
              「いいよ・・・ベイビー」
              普通ならちょっとキザで笑ってしまいそうな言い回しなんですが
              遊佐さんがカッコイイ声というよりも
              甘さをふくみながらも相手に言って聞かせるような
              ゆっくりとした柔らかみのある声なのがすごく良かった!
              これが、いかにも囁き系とかだったら「狙ってるな〜」と思うんですが
              そういうのではなく、キャラとして知的さとユーモアが相まって
              本当に素敵だったんです


              あと、関さんが何気に良かった〜
              関さんの声やっぱり好きだなぁ
              私が声優さんを意識したのって緑川さんと関さんなので
              (ちなみに別に某ロボットアニメじゃありません・・・
               別々にいい声だなぁっと思った)
              何だか、ついつい関さんの声に耳が持っていかれました
              あと、檜山さんの声も好きなので好きな声がいっぱいで良かった
              演技もさすがでした
              女言葉の鈴木千さんもたおやかで好きだなぁ
              中〜低音ばかりの中で鈴木千さんの柔らかい声が心地よい
              あと、ケラー役の井上さん初めて聞いたんですが
              演技上手いしいい声で好きな感じでした
              【DISK2の交渉人役の方だけがちょっとイマイチだったかなぁ・・・・
              中〜低音ばかりのメインの中、声が高目のせいもあったかも



              お話の筋はちょっと説明するのが難しいのと
              原作なりCDなりのがあらすじ読むより面白いと思います
              基本ネタバレプログなのですが
              話の流れは私の感想だけでは
              良くわからないと思います
              良作なので是非聞いてみてほしい一枚!
              お事件CDって一度聞くと犯人や流れがわかってしまうので
              面白みが半減してしまう!と私は思っているのですが・・・・
              【ダブル・バインド】とこちらし英田サキ先生作品聞いてませんが
              シリアスな声優さんの演技の聴きどころや細かい心理描写が聞いていて
              繰り返して聞くたびに「こんな演じ方していたのね!」とか
              「ここがあの後半に繋がるからこういう演技プランなんだな」とか
              細かい発見があって面白かったです
              ヨシュアは猫舌なのでコーヒーを飲む時も遠近さんは活かしてるようです
              珍しい繰り返して聞いても楽しいお事件BLCDだと思います
              ちょっとお事件苦手で避けていましたが【Sーエス】【DEADLOCK】
              聞いてみようかな〜?となりました


              演出的な難点は音を左右に振り分けているので聞きずらい!!
              左右に音を振ると酔ってしまう方もいるそうなんですが・・・・
              寝っ転がって聞くときはいいけど、起きてる時にイヤホンで聞くと
              少し酔ったような気持ち悪さ&頭が痛くなりました
              私は電車に10分乗っても体調が悪いと酔いやすいタイプなんですが
              同じように酔いやすい方は注意したほうがいいかもしれません



              好きだったシーン↓↓↓

              料理を手伝っての中村さんの得意気な
              「背わたもとった」
              フフンってご機嫌なのが可愛かった


              ツンツンした遠近さんを懐柔しようと頑張る遊佐さん
              ミートローフを薦めて「肉を食べない」と断れた時のつぶやき
              「俺の自慢の一品なのに・・・
              遊佐さんの悔しそうなションボリ声が可愛かった


              パンダが草を食べるマネをする遊佐さんも可愛かった
              「アウ・・・アウ・・・!」
              て、聞いてるこっちも遠近さんと一緒に笑ってしまった



              夢の中でケラーに襲われる遊佐さんがリアルすぎて
              何度聞き返してもすごく怖いです
              聞いていて思わすこっちも耳を触ってしまうんですよね


              姉のことを思い出して泣き出す遠近さん
              声を抑えるようにたまらなそうに泣くのが辛いです
              可愛さとかそういうのがなくって本当に悲しくなる泣き方でして
              ちゃんと男っぽくて、BL受けちゃんぽくないんです
              可愛さがなくって普通のドラマCDの泣き方というか・・・・
              だからこそ、強くて真面目な男が耐え切れずに泣いてしまうというのが
              可愛いの〜
              そして、姉のことを語ってるのが切なくて
              一番私が泣いてしまったのがここだったりします


              酔っ払った遠近さんが甘えて抱きついてきての遊佐さん
              「いけない子だね・・・
               俺を困らせて楽しい?」

              この!!「いけない子だね」の言い方が堪らん
              いけない子になりた〜い
              酔っ払った遠近さんのデレもすごい可愛い
              その後のキスする時の二人の息のいれ方が色っぽい
              相変わらず遊佐さんのキス音がまたエロ〜い
              「ハァ・・・ヨシュア」
              遊佐さんのキスの間から漏れる吐息&名前呼びが
              うっとり甘くてまたまた素敵なのです
              キスの途中で寝ちゃうヨシュアも可愛さ倍増ですね〜
              完璧に見えてちょっと隙があるヨシュアがいいなぁ


              遊佐さんを助けに来て安心して泣いてしまう遠近さん
              ロブの耳を見て「ハァ・・・」という満足気な溜め息と
              その後すぐに鼻をすすっているのがリアルだった
              モノローグはないのにヨシュアの気持ちが遠近さんの声と演技だけで
              どれだけ気持ちが入っていて、どう思っているのかすごくわかった
              ボロボロの状態でヨシュアを口説くロブが流石でした
              そして、意識が途切れて気絶する時のとぎれとぎれの遊佐さんが上手い!
              声が段々遠くなるのと意識がなくなる様子がすご〜い


              【DISK2】は正直前半は二人にるよりも
              お事件の遊佐さん&犯人の切迫したやりとりに聴きっていってしまいました
              モノローグがやや遠近さんよりなのが
              BLCDでメインが少ない遠近さんの声をたくさん聞けて嬉しかった
              どちらかというと感情の起伏が激しいわけではないヨシュア
              胸の中ではグルグルとたくさんの感情が渦巻いているのに
              表情や態度に上手く表すことができずに頑なになってしまう
              共するとぶっきらぼうすぎて淡々とした感じになりすぎそうな感じですが
              不器用で表面に出せないだけでとっても感情豊かというのが
              上手くでていてヨシュアが更に魅力的に移りました
              また、本当に遠近さんの声がいいんですよ〜


              安元さん中村さんカプで変われてるワンちゃん
              音だけの犬なのにすごく可愛かった
              犬好きとしては堪らん可愛さだった
              犬を諌めてる中村さんも何だか良かったわぁ


              事件を終え、お互いの気持ちを確認する二人
              このちょっと不器用なやりとりが


              「私は可愛くなんてありません・・・」
              「い〜や・・・可愛い
              「可愛すぎてまるごと食べてしまいたいくらいだよ」

              もう、二人とも可愛すぎる!!!
              緊張するヨシュアを受け止めるようにユーモア交えるロブが
              これまたいい男なんですよ〜

              絡みは遠近さんが・・・・遠近さんがっっ!!!
              大変な色気と可愛さを振りまいております
              吐息がめいっぱいなんですよ〜
              アワワワ・・・・・・良いです



              「何だったら君が入れてみる?」
              遊佐さんの言葉にえ?っと一瞬止まってしまいました
              ですが、受けだけど男前なヨシュア君はどっちでもいい!と
              「私は男ですから!
              少しぐらい乱暴されても平気です」

              BL受ちゃんって「優しくしてねと言うイメージなので
              この男らしさが素敵ですね
              ロブも↓と言ってますが、本当にね
              「ほんとに男らしいな」
              攻め様に男らしさを褒められる受けが私は好きです


              そんな男らしいヨシュアなのに絡みでは可愛いのですよ
              「息を詰めないで・・・ゆっくり吐いて
               リラックスして力を抜くんだ・・・・」
              遊佐さんの優しいリードに合わせて
              ちゃんと遠近さんの吐息が詰める→ゆっくり吐き出すとなってます
              そして、初々しくて慣れない感じがあってすごくいいんですよ〜
              遊佐さんも年上らしくリードしながらも気持ちくていっぱいいっぱいな感じが
              二人相乗効果で堪らんかった
              最後の「はあぁぁぁ」ていう遠近さんが何かいいの
              エロいだけじゃなくって、長々と聞いてやっと気持ちを通じ合わせた二人に
              幸せになってね〜よかったね〜っというのがあるのです


              ヨシュアが大学生時代に一度会っていた二人
              その時を思い出す遠近さんのモノローグが優しいのです
              ずっと前から出会っていたのね!と二マニマしました

              「ねぇ・・・勝手に帰らないでくれよ?
               朝起きた時隣に君がいて欲しいんだ」
              「帰りません・・・
               あなたが目覚めるまで隣にいますから」
              「絶対・・・だよ?
               おはようのキスをして、それから・・・
               一緒に朝ごはんを食べて・・・・」

              そして、この完全に思いを通わせた事後の二人の会話
              今まで大人で余裕を見せていたロブが甘えてるんですよ〜!!
              すこし不安そうにしながらも聞き返してる遊佐さんの声が堪らん
              寝落ちしそうになりながらの翌朝の幸せプランを話す声の途切れ方もいい
              ツンだったヨシュアの声もすごく丸く柔らかくなっていて
              【DISK1】とはトーンが違いますね〜
              本当の意味でロブをヨシュアは受け入れて
              愛情を得ることが出来たんだな〜っと聞いていて幸せな気分になりました
              あまりに幸せな気持ちになったので、てっきり翌朝の甘い二人が聴けるかと思って
              ずっと放心状態で待ってしまったのですが・・・・・
              ここまで!でした
              「あれ?トラックこれだけ?」と見返しましたが
              いくら待っても続きはながれませんでした・・・・




              ラブラブロブヨシュアが聞きた〜い!!!


              小冊子とかをまとめたのをCDにして欲しい!という方が多いいようですが
              まったくもって同感であります!
              エロなくても30分3千円でも買ってしまうよ・・・・


              絡みの回数が少なくてもお話がしっかりしていればこれだけ楽しい
              そういうイイ二枚組だったと思います
              (最後の一回がガッツリしているのも良かったのかな〜?
               私の好きな【ハピネス】とかも一回だけどラストガッツリだし)




              聞いた後に幸せな気分になれる良いお話でした
              遠近さん遊佐さん両ファンにもお薦めです

              【P.B.B.プレイボーイブルース 3】鹿乃しうこ

              0
                 森川智之×遊佐浩二


                大好きな作品です
                それとともに遊佐受け初聞きだったシリーズであります
                思えば、このシリーズと【PUNCH↑】を聞いたがBLCDにハマるきっかけだった
                初めてガッツリしたBLCDを聞いたのは鹿乃さんの二作だったんですよね
                で、ず〜っと【PBB】は続き待っていたから出て嬉しかった
                しかも書下ろしシナリオ加えての二枚組!


                良く作られているし、脇まで丁寧にキャスティングされています
                演出や脚本も良い
                だけど、ファン向けかな〜?と思います
                忍や純佑に思い入れある原作ファンが楽しめる作り
                続きモノのためもあってキャラに思い入れがないとコレだけでは楽しめないかも?
                (こう書くのは私続きモノCDって結構一巻買わないで途中から聴いたりするので)
                お話自体もそんなに大きな動きもないのです
                【2】のがバタバタと動きが大きくてCDとして面白かったかな?
                自分はすご〜く良かったです
                しかもお事件性が低いために、聞き返すたびによりじんわりと感動する
                メインキャストの演技の丁寧さとかもまったりしたお話なので堪能


                遊佐さんのシャンパンコールも二回
                雑誌特典のシャンパンコールとは違う撮り下ろしです
                今回も頑張ってるな〜っと
                実際のホストのシャンパンコールとは勢い?が違う気がしますが
                遊佐さんの美声でのコール
                満喫しました〜


                【DISK1】はお互いの家庭事情に突っ込んでいます
                純佑の弟は鳥海さん!!
                個人的に・・・・鳥海さんでも悪くないんですが
                【PUNCH↑】チンピラくずれでヒモで料理上手
                ヤサグレているんだけど悪になりきれないフェロモン系色男
                浩太の初恋の相手を鳥海さんにしてもらいたかった〜
                そして、真面目でイイ子ブラコン純佑の腹違いの弟を前野さんのが
                キャストイメージがあっていたかな〜?とか
                悪くはないんですがよりピッタリキャストにその方がお互いなりそうだし
                私がただ単にフェロモンダダ漏れ気だるいヒモ攻めの鳥海さんと
                鳥海×中村の絡みが聞いてみたかっただけなんですけどね・・・・


                ホストの店に来た鳥海さんが女客にホストと間違われて
                絡まれてるのを助ける時の遊佐さん
                「エッチな手で触らないでね〜」
                「触り放題
                「触る?」
                客「触る〜
                客の女の子のテンションがわかります・・・・
                触りたくなる言い方です
                このポンポン話す感じが忍っぽいし
                軽いんだけど遊佐さんの声って色気が出てるし
                このやりとりが妙にツボでした


                忍のお母さんへの手紙が漫画の時から好きです
                『モテモテなのに俺一筋で
                 働き者で料理上手な
                 そしてアッチが獣みてーに情熱的な
                 あんたが見たら悔しがるような素敵な彼氏
                 愛ある家庭を築いています』
                サラっとカミングアウトしているんですが・・・・・
                純佑が万能するぎるだろう!!と
                ここまで明るいトーンで読み上げて行くんですが
                最後の一言
                『追伸 もうたくさんです』
                これが!!漫画では普通に読んでいたんですが
                遊佐さんがここだけトーンを変えます
                ただ悲しい苦しいだけやシリアストーンにするだけじゃなくって
                一言だけなのにちゃんと色んな複雑なものが混じっているトーン
                しかも、最初の出だしの読み方との対比が出ていて
                私は全部フラットに読んでいると思っていたのでビックリ
                そして、遊佐さんのキャラへの読み込みの深さに感動
                BLCDで嬉しいのって、声優さんが演じることによって
                読み手が思ってもみなかったキャラの側面が見えるところがあるな〜っと
                最近思ったりします
                私はどちらかというと声優さんでBLCDにハマったというより
                お恥ずかしいことに根っからの腐りきったBL好きでして
                その好きな世界を自分が解釈したのとは違う視点で入り込むというのが
                blcdの面白さに感じています
                作者と読者という閉じきった関係性に他者の技術(演出や声優さんなど)が入り込むことで
                また違った方向に向かうのがすごいな〜と
                なので、自分が思ってもみなかったキャラの一面が見れると嬉しいんですよね


                ろくでもない男ばかり連れてくる母
                その男が母親を殴るので庇って忍が殴られたりしているのですが
                傷ついた忍に対して「お前さえいなければ良かった」みたいに言います
                それでも、自分だけは彼女を傷つけてはいけない・・・と
                忍は大人になってからも母親に優しく明るく接してるんですよね

                これ・・・普通の話だったら主人公グレたりツンだったりトラウマ持ちだったり
                母と仲違いにしているものですが、ここで冷たくなりきれないのが
                忍の懐の深いというか寂しい悲しい優しさだな〜っと

                自分一人だと上手に嘘が付けないで酷いことを言いそうだからっと
                元カノに頼んで母親と会うのに付き合って欲しいと頼む忍
                それに対して元カノは
                「全部ぶちまけてしまえばいい」「一人で会いなさい」と言います
                そんなシビアな対応を忍は「純佑ぽい」と感じるんです
                でも、実際に全てを純佑に言ったとき
                純佑は「そんな嘘なら付き合ったのに」と抱きしめます
                忍は純佑ならぶつかってもいいから母親を会え!と言われると思っていたのに
                本当のことを知った時に忍の優しい嘘を肯定してくれるんですよね
                ここ!!原作でもよかったんですが・・・・
                遊佐さんの慟哭っぷりがすごい切なくてですね
                それとともに、原作では何となくわかったつもりになっていただけなんですが
                cd聞いた時に、男と女の違いで元カノと男恋人の態度の違いが分かれたんだな〜と
                元カノは女性目線で母親との関係修復が可能だと踏んでいて
                それは間違ってないんですよね
                女ってある程度年を取ると母娘だけど女同士にもなる
                そうした時に、ぶつかっても修復が可能な場合ってわかるし
                時間が解決して許せたり、受け入れたりできるようになることもある
                血の繋がりの信頼感と女同士である受け入れ方というか
                娘意外の視点で母を見れるようになれるというか
                そういうのもあって元カノは「全部ぶちまければいい」と言ったんだと
                決して、冷たいだけの態度ではないんですよ〜
                でも、忍は男だから母親はいつまでも「母」なんです
                歳をとっても「一人の女」じゃなくって「母」で
                幼い頃に「自分だけは傷つけたりしない」と誓っている
                男性にとっての母親はまた別物なんです
                そして純佑は男だからこそ「母を大切にして傷つけたくない気持ち」がわかるんだと
                原作ではふんわりとしかわからなかった二人の気持ちが
                森川さんと遊佐さんの声が乗ることによって
                何か「ああ、そうだな〜」とみえてくる気がしました
                悲しいわけじゃないけど、忍の優しさが切な〜い
                私BLって男同士である意味がないとイヤなんですが
                ここでこういう対応が出来るのは純佑が男だからだな・・・と思いました
                それでますますこの作品が好きになった


                忍が仕事中の純佑に思わず電話しちゃうのも好きです
                「この指がっ!!悪い子」
                って、遊佐さんが可愛いんです
                仕事を早退して優しくする純佑にもホロリ
                この時点で純佑は忍の家庭事情しらないんですよ
                なのにすっごい優しい〜の
                森川さんの囁きモードが優しい〜




                【DISK2】は短編オムニバスみたいでした
                ホストで働き始めたばかりの純佑と先輩ホスト忍
                (くっつく前の二人)
                お店での浴衣デー
                ナンバー2の安元さんがいい味だしてました
                純佑が帯びを占めてくれた時の声が無駄にエロかったです
                イチャイチャしながらの二人の帰り道も微笑ましい
                電車内の女の子たちのイケメンに色めき立つ黄色い声も面白かった

                浩太&牧同行の社内旅行
                二枚目のメインみたいなもんです
                牧さんの子安さんがやっぱりいい味だしていますね〜
                私受けちゃん達がキャッキャッ?しているのを好きなので
                浩太と忍が仲良くしているの好きなんですよね〜

                酔っ払った忍と浩太が同僚の末次(DO貞ノンケ)に迫るシーン
                「チュッチュするぅ〜」とベロベロになった二人なんですが
                末次くんが困りながらも満更じゃない感じなのと
                純佑と牧さんがそれにモヤモヤしているのが楽しかった
                純佑と牧さんは奥さん方に捕まります
                そこで今度は忍と浩太がしゃしゃり出てきて
                「この色男は売約済み〜」
                「誰って?俺が〜あひゃひゃひゃひゃ〜」
                「その眼鏡は俺のだかんな〜」
                二人に対する奥さん達の対応も面白かったです
                中村さんの浩太くんの酔っ払い方は可愛いんですが
                遊佐さんのはちょっとタガが外れてる感じがするんですよね〜
                それがリアルというか・・・・
                遊佐さんは酔っ払うとこんな感じなのか??と何か思ってしまう
                BL受けなのにあひゃひゃひゃ笑いが聞けます
                また、遊佐さんのあひゃひゃひゃ笑いって人が悪そうというか
                板について好きなんですよね〜
                楽しそうだし聞いてるほうも楽しくなれます


                このCD絡みがフェードアウトだったり薄いです
                一回目聞いたときは物足りなかったんだけど
                二回目以降はお話や二人の心情を思うとそれでもいいかな〜て感じ
                んが!!
                書下ろしで鹿乃先生はサービスしてくれましたよ〜
                しゃぶりっこ(シック〇ナイン)
                ムグムグんぐんぐしながら我慢できずに声が漏れてしまって
                旅館だから声を我慢しようとする忍がエロ〜い
                BLCDで意外としゃぶりっこって多くはないんですよねぇ
                それをたんまりと堪能できてよろしかったです
                声を我慢できなくてキスでふさいであげるのもベタだけど
                また森川さんの声が優し〜くてエロい


                浩太くん&牧さん組も楽しかった
                牧さんの安定した変態っぷりと浩太のツン
                でも何気に浩太は忍よりエロだと思うのです


                純佑の母のお墓参りのいい話で終わるとおもいきや
                温泉で忍にエロい悪戯する純佑とそれを眺めて興奮する牧
                この三つ巴感がよかったし
                恥ずかしながら感じちゃう忍に
                牧さんの妄想で浩太もちょっぴり喘いでいます


                盛りだくさんでありました〜



                脇役も安元さん千葉一さん鳥海さんと豪華
                末次もイメージピッタリでした
                末次がかっこよい声すぎなくてちょっとコミカルなのがいい!
                サトルいい声だな〜っと思ったら興津さんでした・・・・
                コージは野島裕さんなんですが
                私が認知している野島裕さんの声より可愛い系で
                まだまだ私野島裕さんの声覚えられてないな〜と思いました
                PBBは脇キャラ達もいい味だしているんですよねぇ
                BL絡めないホスト日常とかも読んでみたい&聞いてみたい
                また雑誌付録みたいなの出て欲しいです



                原作好きには絶対お薦めCD
                鹿乃先生のオリジナルシナリオが良いのですよ
                作りも役者さんも原作に沿っていると思います
                また、音で聞くことにより何度も何度も読み返しているのに気付かなかった
                忍や純佑の気持ちが声優さんの演技を通して発見できたりも私はしました
                牧&浩太目的だと2〜30分のうち半分しか出ないので薦められませんが
                鹿乃キャラが好きなら忍純佑も気に入ってくれるはず!
                今でも純佑忍を漫画で読めるのをまってます
                なのでCDで再開できて嬉しかった〜
                いつか、牧忍浮気編はCD化されるのかな???

                【寝技には秘密がある】

                0
                   羽多野渉×遊佐浩二



                  この作品で初めて南原小説を購入しました・・・
                  CDは何枚か聴いてるんですが原作に手をだしたことはなかった
                  なんで購入したか?というとワンコ×ツンデレ好きだったのもあるし
                  受けがツリ目黒髪短髪で柔道段持ちと私の好みを突いていた
                  キランキランウルウルして余り見ないタイプの華やか絵で目を引いた
                  一番の理由は
                  「話やエロがブツ切り感があるけど原作がそうなのか?
                   脚本や演出でブツ切り感があるのか?」

                  そんな疑問が湧いたからです
                  結論から言いますと
                  丸っきり原作そのまんま!でした
                  全ては原作通り・・・・
                  原作と同じ流れで同じセリフで同じやり取りです
                  cd聞いたあとに原作を読んで、わからなかった所を補完するとか
                  結構やりますが、南原作品にはそういうの必要ないかも


                  あれですね、CDは毎回キャストが豪華だしアホエロ嫌いじゃないので
                  これからも好みにあえば購入しますが小説はもう買わないかな・・・
                  (スターライトショパンも予約しましたし



                  このCDは何気にすごくリピートしています
                  【天使の啼く夜】の方が遊佐さんの受けトーン好きだし
                  【未完成】のが話も遊佐先生具合も好きだし
                  【レオパード白書2】のが演技スゴイし萌るんですが
                  このサクサク何も考えないで聞けるアホエロ具合が気楽なの〜
                  リピCDも感想を上げるのもイイ話やお気に入りや良作じゃなく
                  何故かギャグ・コメディ・アホエロ・軽い話・そこそこお気に入り作品
                  BEST10ぐらいに入るお気に入り作品って反対にめったに聞き返さない
                  気合を入れて時間を作って聞きたい作品だから
                  聴きながら寝落ちしたり作業したり途中で切り上げたりしたくないんですよねぇ
                  そんなワケでよく聞くリピCDベスト10に入ってたりします
                  ワンコ年下羽多野攻×ツンデレ年上遊佐受
                  これだけでどんな内容だって堪らんものがあるんですよ〜!!!
                  もう一つ、このCDの好きポイントがありまして
                  T首攻めがしつこいんです
                  どういうわけか好きなんですBLのT首攻めが
                  なんで好きなのか自分でもわかりかせんが
                  チュッチュっより合体より私はるのです
                  T首攻めがたっぷりあるなら合体しなくてもイイ!ぐらい好きです
                  またもマイナーな好みです
                  (バーバラ片桐、夜光花、砂原糖子、かわい有美子が好きなのも
                   そういうのがちょっとあります・・・・)



                  柔道部長・遊佐さんは可愛い顔して強い猛者姫(♂)惚れていましたが
                  あえなく失恋同じように猛者姫に惚れていた後輩の羽多野くん
                  ちょっとした間に逞しくなった羽多野くんはモテモテなのですが
                  実は猛者姫にふられたショックでイ〇ポになっていて
                  成り行きで遊佐さんがイン〇解消への手伝いをするようになったのだが
                  羽多野くんが言い寄ってきて・・・・

                  もう!!出だしからアホっぽくて反対に好きです
                  狙ってなのかヨイショヨイショで寂しいそうな顔する羽多野くんが
                  大きなワンコに見えてほっとけなくなってしまう遊佐さんとか
                  そのまんまですが楽しい
                  二人のエロに対する攻防がアホすぎて面白いんですよね〜
                  もう何かとエロに結びつけて押せ押せワンコな羽多野くんに
                  自分は可愛い男の子が好きな攻めだ!と思っているのに
                  羽多野くんのフェロモンにアワアワしてる遊佐さん
                  柔道部主将として男らしさがあったりするのに
                  年上受けらしく年下君の可愛さについついほだされて
                  いいように食われちゃうあたりも可愛かったです
                  遊佐さんのツンツンからアワアワ演技まで聞けて
                  ま〜・・・ブックレットの絵と声はあわないんですが
                  キャラ設定にはあっていてさらに可愛らしいと思いました


                  柔道しながらT首攻めされてる悶えてるあたりが
                  T首攻め好きには堪らんかった
                  こんなアホな設定普通のBLじゃやってくんないもの〜
                  受けのT首イジイジしながら
                  「(T首ばかり攻めてしまうのは)
                   母親に早く捨てられたせいかな?」

                  と、のたまう攻めもアホくて面白かった


                  マッサージオイルでマッサージしながらエロに流れ込むのも
                  定番だけど好きでした
                  アホ?な受けを「専用トレーナーになってもいいですよとヨイショしながら
                  気持ち良い方に持っていちゃう計算高い攻めくんが素敵です



                  羽多野さんはワンコ年下攻めですがフェロモン美形でもありまして
                  チョイチョイエロく囁いてます
                  特に今回エロ〜いと私が思ったセリフの言い方↓

                  「もしかして・・・たまってた?」
                  「俺のを握って・・・」
                  「シックス〇イン♪」
                  この3セリフがすっごい吐息たっぷりでございました!!
                  少しかすれ気味の低音囁き甘声だったんですよ〜
                  セリフがエロいのもあるけど
                  羽多野さんの言い方がともかく甘かったぁ
                  他のシーンでも甘い声使ってるんですが
                  聞き返すたびにこの3セリフにはシビビビッってなります


                  くっついた後に、少しだけお風呂イチャイチャがあるのも好きです
                  自分・・・・お風呂イチャイチャ好きなのかなぁ
                  自覚なかったんですが最近のかわい有美子さんの小説2冊でも
                  お風呂イチャイチャがあってすごくたんですよねぇ
                  普通のイチャイチャより何故か甘い気がするんです・・・




                  このCD【秘密があるシリーズ】でして、こちらは3カプ目
                  【男の子には秘密がある】子安×佐藤
                  【片思いには秘密がある】森川×水島
                  前2カップルも出てきます
                  オムニバス多カップルBLCDが好きな自分ですが・・・・
                  ただエロするためだけに登場したようなものだったのと
                  2カプとも可愛い高音受けだったのもあって
                  羽多野×遊佐カプだけにして欲しかったな〜っと思ってしまいました
                  絡みへの雪崩込み方が突然すぎるのと
                  厳密にきっちりこの2カプのみ!とトラック分けされてないので
                  一々飛ばすのが面倒なんですよね・・・・
                  これは私は高音受けが苦手なせいもあると思います

                  佐藤さんはちょっと特徴的な高音少年声で癖がありますね
                  水島さんは相変わらず可愛いし演技も上手いんですが・・・・・
                  可愛いのはいいことなんだけどやっぱり私には可愛すぎるぅぅぅ





                  そんなワケで声優さんの組み合わせや
                  攻め受けの関係性や受けの性格や見た目
                  T首攻めやらオイルマッサージやらお風呂やら
                  私の萌が細かく網羅されていて好きなCDでした〜

                  【レオパード白書 2】

                  0
                    鈴木達央×遊佐浩二



                    前作の子安×近藤が私的にちょっとガッカリ
                    原作も好きだし、キャストもあっていたし、原作通りの話なんですが
                    何故かあまり萌なかった・・・・
                    今回は二冊を一枚にまとめてやや駆け足なんだけど
                    萌たよ〜
                    エロは全体に大分短くなっていました・・・
                    だけど、エロたっぷりの【1】より楽しかった
                    う〜ん エロってあればイイってワケじゃないのねぇっと
                    この二枚を比較して思いました
                    【1】もキャスト&原作好きですし、悪くはなかったんですよ
                    でも、今回の方がよかったんだよな〜
                    扇はるか先生の作品が大ゴマ絵で見せる系漫画でもあるので
                    二冊を一枚にギュッと凝縮したのが功を成したのかもしれない
                    そんな感じで上手く2冊を一枚にまとめあげているものの・・・
                    せっかく鈴木達×遊佐なんだし、もうちょっとエロじっくりでもよかったのにな
                    回数は減ってないけどすっごく毎回短いんです
                    時間いっぱいいっぱいだったし、二枚組にするとダラけそうな気もするしで
                    この物足りない感じでよかったのかも・・・・
                    CDの出来はDear+は毎回漫画片手推奨みたいな感じで
                    漫画読んでないと若干わかりにくいです





                    キャストはイメージピッタリ
                    Dear+はキャストを外さないイメージがあるので安心できます
                    私、鈴木達さんの年下チャラ強引攻めが好き
                    【アンバランスな熱】【3シェイク】【個人教授】【勘弁してくれ】とか
                    今回もすごく良かったです
                    ちょうど【透過性恋愛装置】聞き返してから聞いたんですが
                    この時より演技もすごく鈴木達さん上手になっていますね〜
                    原作ではなんともなかったシーンも
                    ドキドキしたりキュ〜ンとしたりホロリときたりしました
                    鈴木達さんは役にハマると凄いイイ
                    低音目攻めだったんですが【3シェイク】の時よりも低音も滑らかで聴きやすかった
                    過去作と聴き比べすると声が若かったり
                    演技が変わっていたりして面白いです
                    私はやっぱり鈴木達さんは受けより攻めのが好きだな〜と思いました




                    遊佐さんの先生役は楽しみだったんですが
                    予想以上にすごく良かった!!
                    先生の時と不倫相手と暴力的な二面性と
                    全部声のトーンが違うのが想像以上に良かったです
                    声で二面性がすごい出ていて迫力がありました
                    遊佐さんの役って精神的に弱々しい役って聞いたことなかったんですよね
                    ツンだったり大人だったり賢かったり強がっていたりとかで
                    喜怒哀楽の感情が出て一時的に弱くはなっても
                    キャラ自体が弱々しい声ってなかったので新鮮でした
                    気の弱〜い地味先生の時の声が本当に弱そうなのです
                    なので、攻めと殴り合う時に別人ぽさが出ていて対比がありました
                    ガスガス殴り合って上から見下ろすように
                    「クソガキっ」と吐き捨てる遊佐さんはかっこよすぎて
                    遊佐攻めでもいいな〜と思いました
                    ツンツン生意気な鈴木達さんをこのまま押し倒してもいいのよ・・・みたいな
                    でも、こういう強い男が年下のチャラ高校生にヤラれちゃうのが
                    いいんですよね〜
                    不倫相手と話してる時やその出会いとかを告白してる時は
                    声自体がブルブル小刻みに震えていて
                    漫画を見たらセリフの吹き出しが震えていて
                    それを表現してるんだな〜と思ったらスゴイな!と
                    ままならない恋の状態の苦しさや切なさが伝わってくるんですよ
                    「あなたを愛しています」て不倫相手に泣きながらすがるところとか
                    男同士なのに何かリアルでした




                    小さい頃からモテモテでそれを活かして
                    ホストをしている高校生・鈴木達さんは
                    最近、女に飽きてイ〇ポぎみ
                    地味な遊佐先生がおっさんと不倫してることを知り
                    からかったらブチキレて豹変して殴りかかってきた
                    そんな先生の凶暴な二面性に惹かれ・
                    ・・

                    絡みも多いいですが、ボコボコ殴り合いがスゴイです
                    受けが攻め並みに強くて
                    また遊佐さんの殴りにくる声とかが男前すぎて
                    攻め×攻め同士に聞こえてトキメキます


                    「愛だの恋だのくだらね〜と言っていた鈴木達さんが
                    年上の地味先生に恋をしてデートに誘えなくて悩んだりし
                    6時間待ちぼうけ食らわされてすっぽかされたり
                    休みの日に合う約束を取り付けようとすれば
                    「なんで休日にまで生徒にあわなきゃならないんだよ」と拒否され
                    だから、近くのコンビニでこっそり待ち伏せして
                    偶然を装って食事に誘ってみたり
                    同窓会にこっそりついてみたりと・・・
                    最初の30分は喧嘩&マウントエッチで愛って感じじゃなかったから
                    後半の豹変するほどの健気なほどの一途な年下くんが堪らんかった
                    モテモテで女で苦労したことない男が
                    馬鹿にしていた恋愛にズブズブにハマって振り回されてるのに
                    素直になれなくって心と裏腹なツンな態度をとってしまって
                    後で反省してモヤモヤしてるのが可愛い
                    遊佐さんの「生徒なんかどうでもいいよ〜」て無意識に振り回してるのがいい
                    やっぱり年下攻め君にはガツガツしていて欲しいんですよ
                    好きで好きで仕方ない!!て感じが後半すごく出ていて
                    それも前半の鈴木達さんのモテモテチャラツンイケメンっぷりがあるから



                    絡みは殴り合って無理やり・合意が各一回ずつ
                    遊佐さんのおしゃぶり二回
                    途中まで一回、合意一回
                    ・・・こうやって書くと思ったより絡みが多いいな〜
                    最初のおしゃぶりはゴホゴホ咳き込む感じがリアル
                    【YEBISUセレブレティーズ5】でもゴホゴホ具合が良かったの〜
                    「青くて美味い」
                    だ、そうです
                    二回目はしゃぶしゃぶ→んっんっ→ゴックン
                    一通りありました〜
                    鈴木達さんの攻め喘ぎも気持ちよさそうです
                    そんなおいしいシチュエーションですが、滅茶苦茶短いです



                    あと、入れて一瞬でイッちゃう鈴木達さんがツボった
                    「あ・・あ・・
                     きもち・・・いい・・・」
                    この遊佐さんが色っぽくて気持ちよさそうで
                    そりゃ〜、ね〜って感じです
                    「ちょっと早くイッちまうぐらいなんだよ!
                     気になるな!な?」
                    すごくションボリする攻めちゃんを慰める遊佐さんもリアルだった
                    何か面白かったです




                    ガンガン口説きにくる鈴木達さんとまた不倫相手とフラフラする遊佐さん
                    でも、家族から見放されてる鈴木達さんに触れてほっとけない遊佐さん

                    この!!かわいそうな年下くんに思わず優しくしちゃう年上っぷりがいいの〜
                    【未完成】【寝技には秘密がある】とかでね
                    強がってる年下君の弱いところに弱い年上受けって好きです
                    その時ただ優しいだけじゃなくって「仕方ないなぁ」て感じが出てるんですよ
                    鈴木達さんのラストの告白
                    「好きです  好きだ・・・
                     あんたがずっと・・・ずっと・・・好きでした」
                    真摯で一途で素敵でした
                    こりゃ、キュンキュンしちゃうよ〜





                    何だか最後はあっさりでした・・・
                    原作も結構あっさりなんだけど〜
                    二枚組にして書き下ろしのラブラブとかも入ってれば良かったのに・・・
                    全体にメイン2人すごく好きでした
                    お話も出来も好きで何回も聞いてました
                    最初に書いたけど、一枚でキレイにまとまってますが
                    二枚組で聞きたかった・・・・





                    ちなみに「どうかなぁ?」と思った武内さんの雛湖さん
                    年上であだっぽい感じがある役で、武内さんは可愛い美人イメージ
                    個人的には千葉進さんや遠近さんさんとか?
                    【3シェイク】よりは低音すぎず、でも武内さんにしたら低め声で
                    思ったより普通にイメージにあっていました!
                    これなら・・・次作がCD化したら買ってもいいかな?と思わなくもないです
                    でも、扇先生のCDなら【ダーリン】の美人医者野島裕さん受け
                    【東京心中】のスピンオフのアイドル同士・羽多野×鈴木達
                    この二作のが聞きたいな〜





                    小冊子はチクB攻め祭りでした〜
                    私、T首攻め好きなんですよ・・・・
                    これ・・・Dear+の付録cdとかにならないかなぁ
                    ペーパーも面白かったな〜
                    このカプは漫画でまた読みたい


                    【天使の啼く夜】

                    0
                       羽多野渉×遊佐浩二


                      年下羽多野攻と年上遊佐受と私の好きな組み合わせです
                      ちゃんと年下と年上に聞こえてるのもそうだけど
                      この二人は年下攻めと年上受けがすご〜くハマるんだよね


                      羽多野さんの年下攻めは
                      受けちゃんへの愛がとめどなく溢れていて
                      その愛情自体に振り回されてるコントロールできない必至さ
                      必死さ故に攻めなのに可愛らしくて
                      なのに、ちゃんとヨイショヨイショで男らしくて包容力もある
                      そういう微妙なキャラ作りがすごいお上手なんですよね
                      カワイイだけでもカッコいいだけでも必至なだけでもダメで
                      色んなその時々での年下らしさが上手く出ているんです
                      私はBLCDで羽多野年下攻めを聞くまでは
                      そんなに年下攻めっていうジャンルが好きじゃなくって
                      やっぱり年上攻めで受けちゃんを甘やかしているのが好きでした
                      でも、音で羽多野さんの声で年下攻めを聞いた時に
                      「な。。。。なんだかすごくイイ」と思ったのです
                      私、特に羽多野さん目的でCDを買う事はないんですが
                      羽多野さんが年下攻めしてる作品はすごく気になる・・・・
                      反対に言うと、年下攻めじゃない時の羽多野さんにあまり興味が無いというか
                      もう本当に羽多野さんの年下攻めっていいんですよ〜


                      遊佐さんの年上受けもすごく好き
                      声や演技で表現するとかだけじゃなくって
                      ちょっとした間や息の入れ方、さり気ない一言に
                      「年上の余裕」みたいのが年上受けの時はあるんですよね〜
                      何だかんだ年下ちゃんがワガママ言ったりしても
                      「仕方ないな〜」て赦しちゃうみたいな
                      それが受けちゃんっぽい、諦めじゃなくって
                      相手を全て受けいれ許してあげる包容力のある「仕方ないなぁ」がある
                      そういう、年上としての優しさみたいのがあるのがいい



                      お話自体はちょっと一枚で納めるには駆け足かな・・・・と
                      でも、原作読んでもちょっと釈然としない
                      「それってどうなのよ!」というツッコミどころや
                      感情の移り変わりがわかりにくいところがあったので
                      二枚組にしても大作や良作になるとは思えない
                      一枚でサクサクと聞けて、これはこれで良かったかな〜
                      話はシリアス系なのに掘り込みが浅いのが残念ではあるけど
                      原作からしてそうだったので、出来としてはまあまあ
                      メイン二人がハマり役だったのと、演技的には聞くところがいっぱいあって
                      メイン二人が好きだと面白いと思います



                      羽多野さんは顔が良いのを利用して女を騙して生活していた
                      チャラチャラした男
                      そんな羽多野さんを復讐の駒として利用しようとする遊佐さん
                      遊佐さんのところに身を置く羽多野さんは
                      思わず遊佐さんを犯してしまいます
                      クールな遊佐さんは何故か次もエッチの誘いをします

                      私、羽多野さんは真面目・ワンコ系のイメージが強かったので
                      このチャラチャラした悪色っぽい感じが意外でした
                      でも、こういうちょっと色っぽいのも似あいました〜
                      ちゃんと声が口説く時甘いんですよ
                      最初のエッチの時の悪〜い男で無理やりぽさが良かった
                      ただ、その後の段々遊佐さんに惹かれて年下攻めぽく
                      必死になってからのが可愛くてやっぱり好きだった


                      遊佐さんがピッタリのクールツン美形
                      冷たい彼がベットの上で喘ぐ様子が色っぽかった
                      二回目を自分から誘ってのお口ご奉仕が長くて


                      それと、すご〜く良かったのが異父兄の子安さん
                      カッコ良かった
                      ブラコンで遊佐さんを大事にしてるのにえた
                      思わず子安×遊佐【BITTER】を購入してしまいました
                      ハッキリ言いまして、攻めの羽多野さんより
                      この子安さんのがカッコ良くって
                      兄弟BLが好きな私は子安×遊佐でも良かった〜
                      親の都合で離れ離れになった兄弟が再び出会う!という
                      設定もすごくいいよな〜・・・と
                      「友則(遊佐さん)に何かあった時は・・・
                       俺が許さない」
                      す・・・・素敵すぎるよ〜



                      自分を引きとってくれた父親の不自然な死の復讐
                      それに関係していたヤクザの愛人を羽多野さんに誘惑させます
                      そして、相手を追い詰めようとするんですが・・・・
                      「俺は天涯孤独で何かあっても悲しむ人間なんていないって」
                      色々ムチャをする羽多野さんい対して遊佐さん
                      「私が悲しむっ!」
                      「お前を失いたくない」
                      もうね・・・・こんな事言われたら命かけちゃうよね〜
                      遊佐さんの年上受けの良さはここですよ
                      あんなにワルだった羽多野さんがこんなに一途なワンコ攻めに変化
                      小さくて可愛い健気な受けちゃんに対して
                      「頼りないから俺が守ってあげたいという
                      保護欲庇護欲を掻き立てる女の子に向ける愛情と似たものでなく
                      「この人のためなら自分の人生をかけてもいい」
                      「見返りがなくってもあの人のために何かしたい」
                      そういう風に全てをかけて相手のために尽くしたくなる
                      受けちゃんを守るとか甘やかすとかじゃなくって
                      相手に幸せになってもらいたくなるんです
                      出会う前と後では年下攻め君の人生感が変わってしまうんですよね〜
                      【未完成】【ブロードキャストを突っ走れ】【くちびるに銀の弾丸】
                      【YEBISUセレブレティーズ5】【無慈悲なオトコ】【忘れないでいてくれ】
                      【レオパード白書2】も年上受遊佐先生に鈴木達さんが人生観変えられちゃうし
                      そういう年上なりの包容力がある優しさと愛情で
                      攻め君を無自覚にメロメロにして人生かけさせちゃう
                      自己犠牲もいとわない気持ちにさせるのがいいの〜
                      ちなみに平川さん年上受けも好きですが
                      平川さんの場合は年上故の包容力に甘えて
                      年下君は酷いことしたくなっちゃうんだよね〜
                      イイ大人が泣いて許しをこうのを見たい!という被虐心をそそります
                      どっちにしろ年上受けならでは!の愛情のかけ方がいい



                      結局ピンチになった羽多野さん遊佐さんを
                      颯爽と子安さんが助けに来ます

                      最後まで子安さんが一番カッコイイ〜



                      最後何だかんだで両想い
                      両想いエッチもちゃんと入ってます
                      ハァハァ余裕のない攻めっぷりと
                      遊佐さんの艶やかな色気がやっぱり素敵でした



                      秘書役の下野さんが低音よりで
                      綺麗な美人声だったな〜
                      最初誰だかわからなかった・・・・
                      高音声優さんの低音が好きなので
                      このトーンの下野さんの受けCDなら聞いてみたい




                      トークCDは子安さんが面白かった
                      「遊佐君が大好きなので
                       そこだけは僕と一致している」
                      「僕は羽多野君が大好きなので〜」とか
                      羽多野くんが色々弄られてるのも楽しかった







                      お話は細かいツッコミどころがあったり
                      受けがいつ攻めを好きになったのかわからなかったり
                      シリアス系なのに何故か軽い印象だったり
                      色々ありますが・・・・
                      キャストが好きなので結構聞き返しています


                      【美男の殿堂】

                      0
                        小野大輔×中井和哉
                        遊佐浩二×成瀬誠

                         

                        まだちゃんとしたBLCDを5枚ほどしか聞いてない頃
                        原作買い&中井買いしたCDです
                        絡みがあっさりしていて、お話もドタバタで楽しいので
                        BLCD初心者には優しいCDでした


                        今、改めてキャストを見て聞き返すと
                        中井さん・小野さん・中村さんと豪華ですね〜
                        私はどうも小野さん&中村さんは乙女&アニメの人って認識が強くって
                        BLでの執着心が薄いのです
                        何かBLで聞くと「あわわわわ〜」てなるというか
                        何となくメインにくるのを避けてしまう・・・・
                        櫻井さん石田さん神谷さん杉田さん福山さんなど
                        アニメなどで活躍の方を聞いても何も思わないのに
                        何故かこの二人にはアワアワしてしまう不思議な感じです
                        (自分でも何故かわからん)
                        色んなBLCD・声優プログやらを回ると
                        「すごい人気なんだな〜」と思います
                        ちなみにこの時、小野さんはアニメで中村さんは乙女ゲで声を認識してました
                        このCDでは小野さんはヘタレな美形外人役
                        情けなくて一生懸命でちょっとおかしいくらい姫くんが好きなところが
                        気持ち悪さ?(褒めてます)が出ていてリアルで可愛かったです
                        声質が甘いので美形外人役がすごくハマってました
                        男らしい声よりも私はこういう甘い美形声のイメージが小野さんに強くて
                        聞くとピッタリなんだけど【是】隆生とかの男前声はムズムズします
                        中村さんは太目の低音
                        酔っぱらって秋田弁がでるシーンが面白かった
                        アニメでも乙女でもBLでも未だに余り声を聴かないので
                        (私が中村さんが出ているものにほとんど行き当たらない)
                        未だにどのトーンが自然な声なのがわかりません
                        唯一ちゃんと聞いてるのは【Punch↑】だけだからな〜


                        中井さんは私の好きなタイプばかりをアニメで演じていまして
                        ツリ目・短髪・強気・強い・男らしい・腹筋がもれなく好きでして
                        これで黒髪だったりすると堪らんのですよ
                        昔からこのタイプが大好きなんです・・・・
                        声質的にも私は低音で男らしい声が好きなのでタイプ〜
                        しかも、どう聞いても受けには聞こえないのに受け!て言うのが好きでして
                        なので、中井受けCDを探してみました・・・・
                        (何かBLCD聞きたいな〜っと思って行き着いたのが
                         自分の好きな男らしい声の受けCDって。。。。本当私腐ってる)
                        もともと、この作品の姫くんが大好きで
                        (黒髪短髪性格男前のツンデレ)
                        今でも続編を待ち望んでいて単行本持っているのに
                        愛蔵版を買ってしまうぐらい好きなのです
                        それが中井さんで聞けるってスゴイ嬉しかった〜


                        宮田さん遊佐さん成瀬さんはこの時、初聞きでした
                        子安さんも乙女ゲで声を知ってるぐらいの認識
                        (元々アニメとかもあんまり見るタイプじゃなくって
                         声優さんに詳しくなかったので、初聞きの方が多かった)
                        成瀬さんは高音可愛い系
                        自分の好みが確立してなかったので「カワイイな〜」と思ったけど
                        不思議としっくりこなくて??てなった
                        「可愛いくて上手くてエロいのに何故萌えない!?」と
                        私がただ単に高音可愛い系が苦手なだけなんですよね
                        ちなみに私が苦手だ!と思う方はもれなく
                        『普通に演技が上手くて可愛い一般受けする高音系』なので
                        BLでの大衆受けがイイタイプです
                        なので、間違いなく成瀬さんは可愛いです


                        宮田さんは高音可愛い系が苦手な私が唯一好き・・・というか
                        メイン受けに来ても聞けてしまう人です
                        高音可愛い系の方ってBL華奢目が大きい可愛い少年ぽいですよね
                        BL用のカワイイ少年というか
                        受けるために作られた可愛い少年というか
                        宮田さんの場合は小さい=可愛いみたいな!
                        BLとか関係なく、宮田さんが演じる少年はショタぽいんですよ
                        そりゃ、小さければ可愛かろう・・・・と
                        演じて小さくなってるというより、もう宮田さんの声が小さい男の子
                        BLのために作られたカワイ子ちゃんじゃないというか
                        上手く言えませんが
                        「もう素で可愛いんだから仕方ないようね」と思ってしまう
                        ちなみに代永さんもこの部類だったりします
                        でも、普通のカワイ子ちゃんよりちょっと腹黒カワイ子ちゃんを演じるてる
                        すごく好きだったりします
                        あと、最近だと人外マスコット系が可愛くて好きだな〜
                        大人美人声も宮田さんはイイので、大人声受けが出たらメインCDも買うのに
                        このCDでは可愛い顔して腹黒なのがすごくイイです


                        遊佐さんはこれで声聞いてビックリしてしまった
                        「こんなに声がキラキラしてる方っているのか!!」
                        超美形役だったので、登場してしゃべるたびに
                        キラキラ〜というSEが付くのですが
                        そのSEが本当に声から出てるようなキラキラ感でして
                        演技とか以前に
                        「そりゃ、こんだけ声がキラキラしてれば声でお仕事できるような」と
                        変な納得をした記憶があります
                        思えば、このキラキラ声を聴いて遊佐BLCDを集めるようになったワケです
                        「この声好きだなぁ」「イイ声だなぁ」とCD買うきっかけにはなっても
                        「声がキラキラしている」と思ったのは遊佐さんが最初で最後な気もします
                        (ちなみに緑川さんはBLじゃなくって乙女ゲで「声がツヤツヤしている」と思った)



                        そんなワケで、このCDを聞く時、お話よりも
                        最初に聞いた時の皆の声の印象が強いです
                        大勢出ているのに、どのキャラも声がピッタリイメージ通り
                        原作目的で聞いても満足です
                        また、キャラが立っていてバタバタしているので
                        BL的な楽しみは少ないものの面白い
                        特に酔っぱらってドンチャンするところは楽しいです
                        エセ外国人な小野さん
                        男前可愛い中井さん
                        秋田弁の中村さん
                        腹黒可愛い宮田さん
                        BL王道少年声の成瀬さん
                        キラキラ声の遊佐さん
                        いつもの子安さん
                        声を聴くだけでも楽しいかも〜です


                        ちなみに小野×中井の絡みシーンはすごく少ない・・・
                        最後まで致していませんし・・・
                        でも、何故かガッツリしてるのより恥ずかしいので
                        「もうちょっと聞きたい」てなこの辺で良いのかもしれません
                        その代り遊佐×成瀬が結構エロエロでした


                        ともかく
                        ツンデレな中井さんがすごく可愛くて好きです

                        calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM